Home
  By Author [ A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z |  Other Symbols ]
  By Title [ A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z |  Other Symbols ]
  By Language
all Classics books content using ISYS

Download this book: [ ASCII | HTML | PDF ]

Look for this book on Amazon


We have new books nearly every day.
If you would like a news letter once a week or once a month
fill out this form and we will give you a summary of the books for that week or month by email.

Title: 刺靑
Author: Tanizaki, Junichiro, 1886-1965
Language: Japanese
As this book started as an ASCII text book there are no pictures available.
Copyright Status: Not copyrighted in the United States. If you live elsewhere check the laws of your country before downloading this ebook. See comments about copyright issues at end of book.

*** Start of this Doctrine Publishing Corporation Digital Book "刺靑" ***

This book is indexed by ISYS Web Indexing system to allow the reader find any word or number within the document.



Title: 刺靑 (Shisei)
Author: 谷崎潤一郞 (Junichiro Tanizaki)
Language: Japanese
Character set encoding: UTF-16
Text preparation by Kaoru Tanaka

-------------------------------------------------------
Notes on the signs in the text

《...》 shows ruby (short runs of text alongside the base text to indicate pronunciation).
Eg. 其《そ》

| marks the start of a string of ruby-attached characters.
Eg. 十三|年目《ねんめ》

[#...] explains the formatting of the original text.
Eg. [#ここから3字下げ]
-------------------------------------------------------

 刺靑 谷崎潤一郞著


 刺靑《しせい》

 其《そ》れはまだ人々《ひと/″\》が「愚《おろか》」と云ふ貴《たうと》い德《とく》を持《も》つて居《ゐ》て、世《よ》の中《なか》が今《いま》のやうに激しく軋《きし》み合《あ》はない時分《じぶん》であつた。殿樣《とのさま》や若旦那《わかだんな》の長閑《のどか》な顏《かほ》が曇《くも》らぬやうに、御殿女中《ごてんぢよちゆう》や華魁《おいらん》の笑《わらひ》の種《たね》が盡《つ》きぬやうにと、饒舌《ぜうぜつ》を賣《う》るお茶坊主《ちやばうず》だの幇間《はうかん》だのと云《い》ふ職業《しよくげふ》が、立派《りつぱ》に存在《そんざい》して行《ゆ》けた程《ほど》、世間《せけん》がのんびり[#「のんびり」に傍点]して居《ゐ》た時分《じぶん》であつた。女《をんな》定《さだ》九|郞《らう》、女《をんな》自雷也《じらいや》、女《をんな》鳴神《なるかみ》――當時《たうじ》の芝居《しばゐ》でも草雙紙《くさざうし》でも、すべて美《うつく》しい者《もの》は强者《きやうしや》であり、醜《みにく》い者《もの》は弱者《じやくしや》であつた。誰《だれ》も彼《かれ》も擧《こぞ》つて美《うつく》しからむと努《つと》めた揚句《あげく》は、天禀《てんりん》の體《からだ》へ繪《ゑ》の具《ぐ》を注《つ》ぎ込《こ》む迄《まで》になつた。芳烈《はうれつ》な、或《あるひ》は絢爛《けんらん》な、線《せん》と色《いろ》とが其頃《そのころ》の人々《ひと/″\》の肌《はだ》に躍《おど》つた。
 馬道《うまみち》を通《かよ》ふお客《きやく》は、見事《みごと》な刺靑《ほりもの》のある駕籠舁《かごかき》を選《えら》んで乘《の》つた。吉原《よしはら》、辰巳《たつみ》の女《をんな》も美《うつく》しい刺靑《ほりもの》の男《をとこ》に惚《ほ》れた。博徒《ばくと》、鳶《とび》の者《もの》はもとより、町人《ちやうにん》から稀《まれ》には侍《さむらひ》なども入墨《いれずみ》をした。時々《とき/″\》兩國《りやうごく》で催《もよほ》される刺靑會《しせいくわい》では參會者《さんくわいしや》おのおの肌《はだ》を叩《たゝ》いて、互《たがひ》に奇拔《きばつ》な意匠《いしやう》を誇《ほこ》り合《あ》ひ、評《ひやう》しあつた。
 淸吉《せいきち》と云《い》ふ若《わか》い刺靑師《ほりものし》の腕《うで》ききがあつた。淺草《あさくさ》のちやり[#「ちやり」に傍点]文《ぶん》、松島町《まつしまちやう》の奴平《やつへい》、こん/\[#「こん/\」に傍点]次郞《じらう》などにも劣《おと》らぬ名手《めいしゅ》であると持《も》て囃《はや》されて、何《なん》十|人《にん》の人《ひと》の肌《はだ》は、彼《かれ》の繪筆《ゑふで》の下《もと》に絖地《ぬめぢ》となつて擴《ひろ》げられた。刺靑會《ほりものくわい》で好評《かうひやう》を博《はく》す刺靑《ほりもの》の多《おほ》くは彼《かれ》の手《て》になつたものであつた。逹摩金《だるまきん》はぼかし[#「ぼかし」に傍点]刺《ほり》が得意《とくい》と云《い》はれ、唐草權太《からくさごんた》は朱刺《しゆぼり》の名手《めいしゆ》と讚《たゝ》へられ、淸吉《せいきち》は又《また》奇警《きけい》な構圖《こうづ》と妖艶《えうえん》な筆《ふで》の趣《おもむき》とで名《な》を知《し》られた。
 もと豐國國貞《とよくにくにさだ》の風《ふう》を慕《した》つて、浮世繪師《うきよゑし》の渡世《とせい》をして居《ゐ》ただけに、刺靑師《ほりものし》に墮落《だらく》してからの淸吉《せいきち》にもさすが畫工《ゑかき》らしい良心《りやうしん》と、銳感《えいかん》とが殘つて居《い》た。彼《かれ》の心《こゝろ》を惹《ひ》きつける程《ほど》の皮膚《ひふ》と骨組《ほねぐみ》とを持《も》つ人《ひと》でなければ、彼《かれ》の刺靑《ほりもの》を購《あがな》ふ譯《わけ》には行《ゆ》かなかつた。たまたま描《か》いて貰《もら》へるとしても、一|切《さい》の構圖《こうづ》と費用《ひよう》とを彼《かれ》の望《のぞ》むがままにして、其《そ》の上《うへ》堪《た》へ難《がた》い針先《はりさき》の苦痛《くつう》を、一《ひ》と月《つき》も二《ふ》た月《つき》もこらへねばならなかつた。
 この若《わか》い刺靑師《ほりものし》の心《こゝろ》には、人知《ひとし》らぬ快樂《くわいらく》と宿願《しゆくぐわん》とが潛《ひそ》むで居《ゐ》た、彼が人々《ひと/″\》の肌《はだ》を針《はり》で突《つ》き刺《さ》す時《とき》、眞紅《まつか》に血《ち》を含《ふく》んで脹《は》れ上《あが》る肉《にく》の疼《うづ》きに堪《た》へかねて、大抵《たいてい》の男《をとこ》は苦《くる》しき呻《うめ》き聲《ごゑ》を發《はつ》したが、其《そ》の呻《うめ》きごゑが激《はげ》しければ激《はげ》しい程《ほど》、彼《かれ》は不思議《ふしぎ》に云《い》ひ難《がた》き愉快《ゆくわい》を感《かん》じるのであつた。刺靑《ほりもの》のうちでも殊《こと》に痛《いた》いと云《い》はれる朱刺《しゆざし》、ぼかしぼり――それを用《もち》ふる事《こと》を彼《かれ》は殊更《ことさら》喜《よろこ》んだ。一|日《にち》平均《へいきん》五六百|本《ぽん》の針《はり》に刺《さ》されて、色上《いろあ》げを良《よ》くする爲《ため》湯《ゆ》へ浴《つか》つて出《で》て來《く》る人《ひと》は、皆《みな》半死半生《はんしはんしやう》の體《てい》で淸吉《せいきち》の足下《あしもと》に打《う》ち倒《たふ》れたまま、暫《しばら》くは身動《みうご》きさへも出來《でき》なかつた。その無殘《むざん》な姿《すがた》をいつも淸吉《せいきち》は冷《ひやゝ》かに眺《なが》めて、
「嘸《さぞ》お痛《いた》みでがせうなあ。」
 と云《い》ひながら、快《こゝろよ》ささうに笑《わら》つて居《ゐ》た。
 意氣地《いくぢ》のない男《をとこ》などが、まるで知死期《ちしご》の苦《くる》しみのやうに口《くち》を歪《ゆが》め齒《は》を喰《く》ひしばり、ひいひいと悲鳴《ひめい》をあげる事《こと》があると、彼は、
「お前《めへ》さんも江戶兒《えどつこ》だ。辛抱《しんばう》しなさい。――この淸吉《せいきち》の針《はり》は飛《と》び切《き》りに痛《いて》へのだから。」
 かう云《い》つて、淚《なみだ》にうるむ男《をとこ》の顏《かほ》を橫眼《よこめ》で見《み》ながら、委細《ゐさい》かまはず刺《ほ》つて行《い》つた。また我慢《がまん》づよい者《もの》がグツと膽《きも》を据《す》ゑて、眉一《まゆひと》つしかめず堪《こら》へて居《ゐ》ると、
「ふむ、お前《めへ》さんは見掛《みか》けによらねえ突强者《つツぱりもの》だ。――だが見《み》なさい、今《いま》にそろそろ疼《うづ》き出《だ》して、どうにもかうにも堪《たま》らないやうにならうから。」
 と、白《しろ》い齒《は》を見《み》せて笑《わら》つた。

 彼《かれ》が年來《ねんらい》の宿願《しゆくぐわん》は、光輝《くわうき》ある美女《びぢよ》の肌《はだ》を得《え》て、それへ己《おのれ》の魂《たましひ》を刺《ほ》り込《こ》む事《こと》であつた。その女《をんな》の素質《そしつ》と容貌《ようばう》とに就《つ》いては、いろいろの注文《ちうもん》があつた。啻《たゞ》に美《うつく》しい顏《かほ》、美《うつく》しい肌《はだ》とのみでは、彼《かれ》は中々《なか/\》滿足《まんぞく》する事《こと》が出來《でき》なかつた。江戶中《えどぢう》の色町《いろまち》に名《な》を響《ひゞ》かせた女《をんな》と云《い》ふ女《をんな》を調《しら》べても、彼《かれ》の氣分《きぶん》に適《かな》つた味《あぢ》はひと調子《てうし》とは容易《ようい》に見《み》つからなかつた。まだ見《み》ぬ人《ひと》の姿《すがた》かたちを心《こゝろ》に描《ゑが》いて、三|年《ねん》四|年《ねん》は空《むな》しく憧《あこが》れながらも、彼《かれ》はなほ其《そ》の願《ねがひ》を捨てずに居《ゐ》た。
 丁度《ちやうど》四|年目《ねんめ》の夏《なつ》のとあるゆふべ、深川《ふかがは》の料理屋《れうりや》平淸《ひらせい》の前《まへ》を通《とほ》りかかつた時《とき》、彼《かれ》はふと門口《かどぐち》に待《ま》つて居《ゐ》る駕籠《かご》の簾《すだれ》のかげから眞白《まつしろ》な女《をんな》の素足《すあし》のこぼれて居《ゐ》るのに氣がついた。銳《するど》い彼《かれ》の眼《め》には、人間《にんげん》の足《あし》はその顏《かほ》と同《おな》じやうに複雜《ふくざつ》な表情《へうじやう》を持《も》つて映《うつ》つた。その女《をんな》の足《あし》は、彼《かれ》に取《と》つては貴《たつと》き肉《にく》の寶玉《はうぎよく》であつた。拇指《おやゆび》から起《おこ》つて小指《こゆび》に終《をは》る繊細《せんさい》な五|本《ほん》の指《ゆび》の整《とゝの》ひ方《かた》、繪《ゑ》の島《しま》の海邊《うみべ》で獲《と》れるうすべに色《いろ》の貝《かひ》にも劣《おと》らぬ爪《つめ》の色合《いろあひ》、珠《たま》のやうな踵《きびす》のまる味《み》、淸冽《せいれつ》な岩間《いはま》の水《みづ》が絕《た》えず足下《あしもと》を洗《あら》ふかと疑《うたが》はれる皮膚《ひふ》の潤澤《じゆんたく》。この足《あし》こそは、やがて男《をとこ》の生血《いきち》に肥《こ》え太《ふと》り、男《をとこ》のむくろを蹈《ふ》みつける足《あし》であつた。この足《あし》を持《も》つ女《をんな》こそは、彼《かれ》が永年《ながねん》たづねあぐむだ女《をんな》の中《なか》の女《をんな》であらうと思《おも》はれた。淸吉《せいきち》は躍《をど》りたつ胸《むね》をおさへて、其《そ》の人《ひと》の顏《かほ》が見《み》たさに駕籠《かご》の後《あと》を追《お》ひかけたが、二三|町《ちやう》行《ゆ》くと、もう其《そ》の影《かげ》は見《み》えなかつた。
 淸吉《せいきち》の憧《あこが》れごこちが、激《はげ》しき戀《こひ》に變《かは》つて其《そ》の年《とし》も暮《く》れ、五|年目《ねんめ》の春《はる》も半《なか》ば老《お》い込《こ》むだ或《あ》る日《ひ》の朝《あさ》であつた。彼《かれ》は深川《ふかがわ》佐賀町《さがちやう》の寓居《ぐうきよ》で、房楊枝《ふさやうじ》をくはへながら、錆竹《さびたけ》の濡《ぬ》れ椽《えん》に萬年靑《おもと》の鉢《はち》を眺《なが》めて居《ゐ》ると、庭《には》の裏木戶《うらきど》を訪《おとな》ふけはひがして、建仁寺《けんにんじ》の袖垣《そでがき》のかげから、ついぞ見馴《みな》れぬ小娘《こむすめ》が這入《はい》つて來《き》た。
 それは淸吉《せいきち》が馴染《なじみ》の辰巳《たつみ》の唄女《はおり》から寄《よ》こされた使《つかひ》の者《もの》であつた。
「姐《ねえ》さんから此《こ》の羽織《はおり》を親方《おやかた》へお手渡《てわた》しして、何《なに》か裏地《うらぢ》へ繪模樣《ゑもやう》を畫《か》いて下《くだ》さるやうにお賴《たの》み申《まを》せつて‥‥」
 と、娘《むすめ》は鬱金《うこん》の風呂敷《ふろしき》をほどいて、中《なか》から岩井杜若《いはゐとぢやく》の似顏繪《にがほゑ》のたたう[#「たたう」に傍点]に包《つゝ》まれた女羽織《をんなばおり》と、一|通《つう》の手紙《てがみ》とを取《と》り出《だ》した。
 其《そ》の手紙《てがみ》には羽織《はおり》のことをくれぐれも賴《たの》んだ末《すゑ》に、使《つかひ》の娘《むすめ》は近々《きん/\》に私《わたし》の妹分《いもとぶん》として御座敷《おざしき》へ出《で》る筈故《はずゆゑ》私《わたし》のことも忘《わす》れずに、この娘《こ》も引《ひ》き立《た》ててやつて下《くだ》さいと認《したゝ》めてあつた。
「どうも見覺《みおぼ》えのない顏《かほ》だと思《おも》つたが、それぢやお前《まへ》は此《こ》の頃《ごろ》此方《こつち》へ來《き》なすつたのか。」
 かう云《い》つて淸吉《せいきち》は、しげしげと娘《むすめ》の姿《すがた》を見守《みまも》つた。年頃《としごろ》はやうやう十六か七かと思《おも》はれたが、その娘《むすめ》の顏《かほ》は、不思議《ふしぎ》にも長《なが》い月日《つきひ》を色里《いろざと》に暮《くら》して、幾《いく》十|人《にん》の男《をとこ》の魂《たましひ》を弄《もてあそ》んだ年增《としま》のやうに物凄《ものすご》く整《とゝの》つて居《ゐ》た。それは國中《くにぢゆう》の罪《つみ》と財《たから》との流《なが》れ込《こ》む都《みやこ》の中《なか》で、何《なん》十|年《ねん》の昔《むかし》から生《い》き外《かは》り死《し》に代《かは》つたみめ[#「みめ」に傍点]麗《うるは》しい多《おほ》くの男女《なんによ》の、夢《ゆめ》の數々《かず/″\》から生《うま》れ出《い》づべき器量《きりやう》であつた。
「お前《まへ》は去年《きよねん》の六|月《ぐわつ》ごろ、平淸《ひらせい》から駕籠《かご》で歸《かへ》つたことがあらうがな。」
 かう訊《たづ》ねながら、淸吉《せいきち》は娘《むすめ》を椽《えん》へかけさせて、備後表《びんごおもて》の臺《だい》に乘《の》つた巧緻《かうち》な素足《すあし》を仔細《しさい》に眺《なが》めた。
「ええ、あの時分《じぶん》なら、まだお父《とつ》さんが生《い》きて居《ゐ》たから、平淸《ひらせい》へも度々《たび/″\》まゐりましたのさ。」
 と、娘《むすめ》は奇妙《きめう》な質問《しつもん》に笑《わら》つて答《こた》へた。
「丁度《ちやうど》これで足《あし》かけ五|年《ねん》、己《おれ》はお前《めへ》を待《ま》つて居《ゐ》た。顏《かほ》を見《み》るのは始《はじ》めてだが、お前《まへ》の足《あし》にはおぼえがある。――お前《めへ》に見《み》せてやりたいものがあるから、まあ上《あが》つてゆつくり遊《あそ》んで行《い》くがいい。」
 と、淸吉《せいきち》は暇《いとま》を吿《つ》げて歸《かへ》らうとする娘《むすめ》の手《て》を取《と》つて、大川《おほかは》の水《みず》に臨《のぞ》む二|階《かい》座敷《ざしき》へ案内《あんない》した後《のち》、大幅《おほはゞ》の卷物《まきもの》を二|本《ほん》とり出《だ》して、先《ま》づ其《そ》の一《ひと》つをさらさらと娘《むすめ》の前《まへ》に繰《く》り展《ひろ》げた。
 それは古《むかし》の暴君《ばうくん》紂王《ちうわう》の寵妃《ちようひ》、末喜《ばつき》を描《ゑが》いた繪《ゑ》であつた。瑠璃珊瑚《るりさんご》を鏤《ちりば》めた金冠《きんくわん》の重《おも》さに得堪《えた》へぬなよやかな體《からだ》を、ぐつたり勾欄《こうらん》に凭《もた》れて、羅綾《らりよう》の裳裾《もすそ》を階《きざはし》の中段《ちうだん》にひるがへし、右手《めて》に大杯《たいはい》を傾《かたむ》けながら、今《いま》しも庭前《ていぜん》に刑《けい》せられんとする犧牲《いけにえ》の男《をとこ》を眺《なが》めて居《ゐ》る妃《ひ》の風情《ふぜい》と云《い》ひ、鐵《てつ》の鎖《くさり》で四|肢《し》を銅柱《どうちう》へ縛《ゆ》ひつけられ、最後《さいご》の運命《うんめい》を待《ま》ち構《かま》へつつ、妃《ひ》の前《まへ》に頭《かしら》をうなだれ、眼を閉《と》ぢた男《をとこ》の顏色《かほいろ》と云《い》ひ、此《こ》の種《しゆ》の畫題《ぐわだい》にややともすると陷《おちい》り易《やす》き俗氣《ぞくけ》を離《はな》れて、物凄《ものすご》い迄《まで》に巧《たくみ》に描《か》かれて居《ゐ》た。
 娘《むすめ》は暫《しばら》くこの奇怪《きくわい》な繪《ゑ》の面《おもて》を見入《みい》つて居《ゐ》たが、知《し》らず識《し》らず其《そ》の瞳《ひとみ》は輝《かゞや》き其《そ》の唇《くちびる》は顫《ふる》へた。怪《あや》しくも其《そ》の顏《かほ》はだんだんと妃《きさき》の顏《かほ》に似通《にかよ》つて來《き》た。娘《むすめ》は其處《そこ》に隱《かく》れたる眞《しん》の「己《おのれ》」を見出《みいだ》した。
「この繪《ゑ》にはお前《まへ》の心《こゝろ》が映《うつ》つて居《ゐ》るぞ。」
 かう云《い》つて、淸吉《せいきち》は快《こゝろよ》げに笑《わら》ひながら、娘《むすめ》の顏《かほ》をのぞき込《こ》むだ。
「どうしてこんな恐《おそ》ろしいものを、私《わたし》にお見《み》せなさるのです。」
 と、娘《むすめ》は靑褪《あをざ》めた額《ひたひ》を擡《もた》げて云《い》つた。
「この繪《ゑ》の女《をんな》はお前《まへ》なのだ。この女《をんな》の血《ち》がお前《まへ》の體《からだ》に交《まじ》つて居《ゐ》る筈《はず》だ。」
 と、彼《かれ》は更《さら》に他《た》の一|本《ぽん》の畫幅《ぐわふく》を展《ひろ》げた。
 それは「肥料《ひれう》」と云《い》ふ畫題《ぐわだい》であつた。畫面《ぐわめん》の中央《ちうわう》に、若《わか》い女《をんな》が櫻《さくら》の幹《みき》へ身《み》を倚《よ》せて、足下《そくか》に累々《るゐ/\》と算《さん》を亂《みだ》して斃《たふ》れたる幾《いく》十の男《をとこ》の屍骸《むくろ》を見《み》つめて居《ゐ》る。女《をんな》の身邊《しんぺん》を舞《ま》ひつつ凱歌《かちどき》をうたふ小鳥《ことり》の群《むれ》、女《をんな》の瞳《ひとみ》に溢《あふ》れたる抑《おさ》へ難《がた》き誇《ほこり》と歡《よろこ》びの色《いろ》。それは戰《たゝかひ》の跡《あと》の景色《けしき》か、抑《そもそ》もまた花園《はなぞの》の春《はる》の景色《けしき》か。それを見《み》せられた娘《むすめ》は、われとわが心《こゝろ》の底《そこ》に潛《ひそ》むで居《ゐ》た何物《なにもの》かを、探《さぐ》りあてたる心地《こゝち》であつた。
「これはお前《まへ》の未來《みらい》を繪《ゑ》に現《あらは》したのだ。此處《こゝ》に斃《たふ》れて居《ゐ》る人逹《ひとたち》は、皆《みんな》これからお前《まへ》の爲《た》めに命《いのち》を捨《す》てるのだ。」
 かう云《い》つて、淸吉《せいきち》は娘《むすめ》の顏《かほ》と寸分《すんぶん》違《ちが》はぬ畫面《ぐわめん》の女《をんな》を指《ゆび》さした。
「後生《ごしやう》だから、早《はや》く其《そ》の繪《ゑ》をしまつて下《くだ》さい。」
 と、娘《むすめ》は恐《おそ》ろしい誘惑《いうわく》を避《さ》けるが如《ごと》く、畫面《ぐわめん》に背《そむ》いて疊《たゝみ》の上《うへ》へ突俯《つツぷ》したが、やがて再《ふたゝ》び慄《ふる》へ慄《ふる》へに唇《くちびる》をわななかした。
「親方《おやかた》、白狀《はくじやう》します。私《わたし》はお前《まへ》さんのお察《さつ》し通《どほ》り、其《そ》の繪《ゑ》の女《をんな》のやうな性分《しやうぶん》を持《も》つて居《ゐ》ますのさ。――だからもう堪忍《かんにん》して、其《そ》れを引込《ひつこ》めてお吳《く》んなさい。」
「そんな卑怯《ひけふ》なことを云《い》はずと、もつとよく此《こ》の繪《ゑ》を見《み》るがいい。それを恐《おそ》ろしがるのも、まあ今《いま》のうちだらうよ。」
 かう云《い》つた淸吉《せいきち》の顏《かほ》には、いつもの意地《いぢ》の惡《わる》い笑《わらひ》が漂《たゞよ》つて居《ゐ》た。
 然《しか》し娘《むすめ》の頭《つむり》は容易《ようい》に上《あが》らなかつた。襦絆《じゆばん》の袖《そで》に顏《かほ》を蔽《おほ》うていつまでもいつまでも突俯《つツぷ》したまま、
「親方《おやかた》、どうか私《わたし》を歸《かへ》しておくれ。お前《まへ》さんの側《そば》に居《ゐ》るのは恐《おそ》ろしいから。」
 と、幾度《いくたび》か繰《く》り返《かへ》した。
「まあ待《ま》ちなさい。己《おれ》がお前《まへ》を立派《りつぱ》な器量《きりやう》の女《をんな》にしてやるから。」
 と云《い》ひながら、淸吉《せいきち》は何氣《なにげ》なく娘《むすめ》の側《そば》に近寄《ちかよ》つた。彼《かれ》の懷《ふところ》には嘗《かつ》て和蘭醫《おらんだいしや》から貰《もら》つた麻酔劑《ますゐざい》の壜《びん》がいつの間《ま》にか忍《しの》ばせてあつた。

 日《ひ》はうららかに川面《かはづら》を射《ゐ》て、八|疊《でふ》の座敷《ざしき》は燃《も》えるやうに照《て》つた。水面《すゐめん》から反射《はんしや》する光線《くわうせん》が、無心《むしん》に眠《ねむ》る娘《むすめ》の顏《かほ》や、障子《しやうじ》の紙《かみ》に金色《こんじき》の波紋《はもん》を描《ゑが》いてふるへて居《ゐ》た。部屋《へや》のしきりを閉《た》て切《き》つて刺靑《ほりもの》の道具《だうぐ》を手《て》にした淸吉《せいきち》は、暫《しばら》くは唯《ただ》恍惚《うつとり》として坐《すわ》つて居《ゐ》るばかりであつた。彼《かれ》は今《いま》始《はじ》めて女《をんな》の妙相《めうさう》をしみじみ味《あぢ》はふ事《こと》が出來《でき》た。その動《うご》かぬ顏《かほ》に相對《あひたい》して、十年《じふねん》百年《ひやくねん》この一|室《しつ》に靜坐《せいざ》するとも、なほ飽《あ》くことを知《し》るまいと思《おも》はれた。古《いにしへ》のメムフイスの民《たみ》が、莊嚴《さうごん》なる埃及《エジプト》の天地《てんち》を、ピラミツトとスフインクスとで飾《かざ》つたやうに、淸吉《せいきち》は淸淨《しやうじやう》な人間《にんげん》の皮膚《ひふ》を、自分《じぶん》の戀《こひ》で彩《いろど》らうとするのであつた。
 やがて彼《かれ》の左手《ゆんで》の小指《こゆび》と無名指《むめいし》と拇指《おやゆび》の間《あひだ》に挿《はさ》んだ繪筆《ゑふで》の穗《ほ》を、娘《むすめ》の背《せ》にねかせ、その上《うへ》から右手《めて》で針《はり》を刺《さ》して行《い》つた。若《わか》い刺靑師《ほりものし》の靈《こゝろ》は墨汁《すみじる》の中《なか》に溶《と》けて、皮膚《ひふ》に滲《にじ》むだ。燒酎《せうちう》に交《ま》ぜて刺《ほ》り込《こ》む琉球朱《りうきうしゆ》の一|滴《てき》一|滴《てき》は、彼《かれ》の命《いのち》のしたたりであつた。彼《かれ》は其處《そこ》に我《わ》が魂《たましひ》の色《いろ》を見《み》た。
 いつしか午《ひる》も過《す》ぎて、のどかな春《はる》の日《ひ》は漸《やうや》く暮《く》れかかつたが、淸吉《せいきち》の手《て》は少《すこ》しも休《やす》まず、女《をんな》の眠《ねむり》も破《やぶ》れなかつた。娘《むすめ》の歸《かへ》りの遲《おそ》きを案《あん》じて迎《むかへ》に出《で》た箱屋《はこや》迄《まで》が、
「あの娘《こ》ならもう疾《と》うに獨《ひとり》で歸《かへ》つて行《ゆ》きましたよ。」
 と云《い》はれて追《お》ひ返《かへ》された。月《つき》が對岸《たいがん》の土州《としう》屋敷《やしき》の上《うへ》にかかつて、夢《ゆめ》のやうな光《ひかり》が沿岸《えんがん》一|帶《たい》の家々《いへ/\》の座敷《ざしき》に流《なが》れ込《こ》む頃《ころ》には、刺靑《ほりもの》はまだ半分《はんぶん》も出來上《できあが》らず、淸吉《せいきち》は一|心《しん》に蠟燭《らふそく》の心《しん》を搔《か》き立《た》てて居《ゐ》た。
 一|點《てん》の色《いろ》を注《つ》ぎ込《こ》むのも、彼《かれ》に取《と》つては容易《ようい》な業《わざ》でなかつた。さす針《はり》、ぬく針《はり》の度每《たびごと》に深《ふか》い吐息《といき》をついて、自分《じぶん》の心《こゝろ》が刺《さ》されるやうに感《かん》じた。針《はり》の痕《あと》は次第《しだい》々々《/\》に巨大《きよだい》なお女郞蜘蛛《ぢよらうぐも》の形象《かたち》を具《そな》へ始《はじ》めて、再《ふたゝ》び夜《よ》がしらしらと白《しろ》み初《そ》めた時分《じぶん》には、この不思議《ふしぎ》な魔性《ましやう》の動物《どうぶつ》は、八本《はちほん》の肢《あし》を伸《の》ばしつつ、背《せな》一|面《めん》に蟠《わだかま》つた。
 春《はる》の夜《よ》は、上《のぼ》り下《くだ》りの河船《かはふね》の櫓聲《ろごゑ》に明《あ》け放《はな》れて、朝風《あさかぜ》を孕《はら》んで下《くだ》る白帆《しらほ》の頂《いたゞき》から薄《うす》らぎ初《そ》める霞《かすみ》の中《なか》に、中洲《なかず》、箱崎《はこざき》、靈岸島《れいがんじま》の家々《いへ/\》の甍《いらか》がきらめく頃《ころ》、淸吉《せいきち》は漸《やうや》く繪筆《ゑふで》を擱《お》いて、娘《むすめ》の背《せな》に刺《ほ》り込《こ》まれた蜘蛛《くも》のかたちを眺《なが》めて居《ゐ》た。その刺靑《ほりもの》こそは彼《かれ》が生命《せいめい》のすべてであつた。その仕事《しごと》をなし終《お》へた後《のち》の彼《かれ》の心《こゝろ》は空虛《うつろ》であつた。
 二つの人影《ひとかげ》は其《そ》のまま稍《やゝ》暫《しばら》く動《うご》かなかつた。さうして、低《ひく》く、かすれた聲《こゑ》が部屋《へや》の四|壁《へき》にふるへて聞《きこ》えた。
「己《おれ》はお前《まへ》をほんたうの美《うつく》しい女《をんな》にする爲《た》めに、刺靑《ほりもの》の中《なか》へ己《おれ》の魂《たましひ》をうち込《こ》むだのだ。もう今《いま》からは日本國中《にほんこうちう》に、お前《まへ》に優《まさ》る女《をんな》は居《ゐ》ない。お前《まへ》はもう今迄《いままで》のやうな憶病《おくびやう》な心《こゝろ》は持《も》つて居《ゐ》ないのだ。男《をとこ》と云《い》ふ男《をとこ》は、皆《みんな》お前《まへ》の肥料《こやし》になるのだ。‥‥」
 其《そ》の言葉《ことば》が通《つう》じたか、かすかに、絲《いと》のやうな呻《うめ》き聲《ごゑ》が女《をんな》の唇《くちびる》にのぼつた。娘《むすめ》は次第《しだい》々々《/\》に知覺《ちかく》を恢復《くわいふく》して來《き》た。重《おも》く引《ひ》き入《い》れては、重《おも》く引《ひ》き出《だ》す肩息《かたいき》に、蜘蛛《くも》の肢《あし》は生《い》けるが如《ごと》く蠕動《ぜんどう》した。
「苦《くる》しからう。體《からだ》を蜘蛛《くも》が抱《だ》きしめて居《ゐ》るのだから。」
 かう云《い》はれて娘《むすめ》は細《ほそ》く無意味《むいみ》な眼《め》を開《あ》いた。其《そ》の瞳《ひとみ》は夕月《ゆふづき》の光《ひかり》を增《ま》すやうに、だんだんと輝《かゞや》いて男《をとこ》の顏《かほ》に照《て》つた。
「親方《おやかた》、早《はや》く私《わたし》の背《せなか》の刺靑《ほりもの》を見《み》せておくれ。お前《まへ》さんの命《いのち》を貰《もら》つた代《かは》りに、私《わたし》は嘸《さぞ》美《うつく》しくなつたらうねえ。」
 娘《むすめ》の言葉《ことば》は夢《ゆめ》のやうであつたが、しかし其《そ》の調子《てうし》には何處《どこ》か銳《するど》い力《ちから》がこもつて居《ゐ》た。
「まあ、これから湯殿《ゆどの》へ行《い》つて色上《いろあ》げをするのだ。苦《くる》しからうちツと我慢《がまん》をしな。」
 と、淸吉《せいきち》は耳元《みゝもと》へ口《くち》を寄《よ》せて、勞《いたは》るやうに囁《さゝや》いた。
「美《うつく》しくさへなるのなら、どんなにでも辛抱《しんばう》して見《み》せませうよ。」
 と、娘《むすめ》は身内《みうち》の痛《いた》みを抑《おさ》へて、强《し》ひて微笑《ほゝゑ》むだ。

「ああ、湯《ゆ》が滲《し》みて苦《くる》しいこと。‥‥親方《おやかた》、後生《ごしやう》だから妾《わたし》を打捨《うつちや》つて、二|階《かい》へ行《い》つて待《ま》つて居《ゐ》てお吳《く》れ。私《わたし》はこんな悲慘《みじめ》な態《ざま》を男《をとこ》に見《み》られるのが口惜《くや》しいから。」
 娘《むすめ》は湯上《ゆあが》りの體《からだ》を拭《ぬぐ》ひもあへず、いたはる淸吉《せいきち》の手《て》をつきのけて、激《はげ》しい苦痛《くつう》に流《なが》しの板《いた》の間《ま》へ身《み》を投《な》げたまま、魘《うな》される如《ごと》くに呻《うめ》いた。狂《きちがひ》じみた髮《かみ》が惱《なや》ましげに其《そ》の頰《ほゝ》へ亂《みだ》れた。女《をんな》の背後《はいご》には鏡臺《きやうだい》が立《た》てかけてあつた。眞白《まつしろ》な足《あし》の裏《うら》が二つ、その面《おもて》へ映《うつ》つて居《ゐ》た。
 昨日《きのふ》とは打《う》つて變《かは》つた女《をんな》の態度《たいど》に、淸吉《せいきち》は一方《ひとかた》ならず驚《おどろ》いたが、云《い》はるるままに獨《ひとり》二|階《かい》に待《ま》つて居《ゐ》ると、凡《およ》そ半時《はんとき》ばかり經《た》つて、女《をんな》は洗髮《あらひがみ》を兩肩《りやうかた》へすべらせ、身《み》じまひを整《とゝの》へて上《あが》つて來《き》た。さうして苦痛《くるしみ》のかげもとまらぬ晴《は》れやかな眉《まゆ》を張《は》つて、欄杆《らんかん》に凭《もた》れながらおぼろにかすむ大空《おほぞら》を仰《おふ》いだ。
「この繪《ゑ》は刺靑《ほりもの》と一|緖《しよ》にお前《まへ》にやるから、其《そ》れを持《も》つてもう歸《かへ》るがいい。」
 かう云《い》つて淸吉《せいきち》は卷物《まきもの》を女《をんな》の前《まへ》にさし置《お》いた。
「親方《おやかた》、私《わたし》はもう今迄《いままで》のやうな臆病《おくびやう》な心《こゝろ》を、さらりと捨《す》ててしまひました。――お前《まへ》さんは眞先《まつさき》に私《わたし》の肥料《こやし》になつたんだねえ。」
 と、女《をんな》は劍《つるぎ》のやうな瞳《ひとみ》を輝《かゞや》かした。其《そ》の瞳《ひとみ》には「肥料《ひれう》」の畫面《ぐわめん》が映《うつ》つて居《ゐ》た。その耳《みゝ》には凱歌《がいか》の聲《こゑ》がひびいて居《ゐ》た。
「歸《かへ》る前《まへ》にもう一|遍《ぺん》、その刺靑《ほりもの》を見せてくれ。」
 淸吉《せいきち》はかう云《い》つた。
 女《をんな》は默《だま》つて頷《うなづ》いて肌《はだ》を脫《ぬ》いだ。折《をり》から朝日《あさひ》が刺靑《ほりもの》の面《おもて》にさして、女《をんな》の背《せなか》は燦爛《さんらん》とした。


 麒麟《きりん》

   鳳兮。鳳兮。何德之衰。
   往者不可諫。來者猶可追。已而。已而。今之從政者殆而

 西暦《せいれき》紀元前《きげんぜん》四百九十三|年《ねん》。左丘明《さきうめい》、孟軻《もうか》、司馬遷《しばせん》等《ら》の記錄《きろく》によれば、魯《ろ》の定公《ていこう》が十三|年目《ねんめ》の郊《かう》の祭《まつり》を行《おこな》はれた春《はる》の始《はじ》め、孔子《こうし》は數人《すうにん》の弟子逹《でしたち》を車《くるま》の左右《さいう》に從《したが》へて、其《そ》の故鄕《ふるさと》の魯《ろ》の國《くに》から傳道《でんだう》の途《みち》に上《のぼ》つた。
 泗水《しすゐ》の河《かは》の畔《ほとり》には、芳草《はうさう》が靑々《あを/\》と芽《め》ぐみ、防山《ばうざん》、尼丘《じきう》、五峯《ごほう》の頂《いたゞき》の雪《ゆき》は溶《と》けても、砂漠《さばく》の砂《すな》を摑《つか》むで來《く》る匈奴《きようど》のやうな北風《きたかぜ》は、いまだに烈《はげ》しい冬《ふゆ》の名殘《なごり》を吹《ふ》き送《おく》った。元氣《げんき》の好《よ》い子路《しろ》は紫《むらさき》の貂《てん》の裘《かはごろも》を飜《ひるがへ》して、一|行《かう》の先頭《せんとう》に進《すゝ》んだ。考深《かんがへぶか》い眼《め》つきをした顏淵《がんえん》、篤實《とくじつ》らしい風采《ふうさい》の曾參《さうしん》が、麻《あさ》の履《くつ》を穿《は》いて其《そ》の後《うしろ》に續《つゞ》いた。正直者《しやうぢきもの》の御者《ぎよしや》の樊遲《はんち》は、駟馬《しば》の銜《くつわ》を執《と》りながら、時々《とき/″\》車上《しやじやう》の夫子《ふうし》が老顏《らうがん》を
窃《ぬす》み視《み》て、傷《いた》ましい放浪《はうらう》の師《し》の身《み》の上《うへ》に淚《なみだ》を流《なが》した。
 或《あ》る日《ひ》、いよいよ一|行《かう》が、魯《ろ》の國境《くにざかひ》までやつて來《く》ると、誰《たれ》も彼《かれ》も名殘惜《なごりお》しさうに、故鄕《ふるさと》の方《はう》を振《ふ》り顧《かへ》つたが、通《とほ》つて來《き》た路《みち》は龜山《きざん》の蔭《かげ》にかくれて見《み》えなかつた。すると孔子《こうし》は琴《こと》を執《と》つて、
    われ魯《ろ》を望《のぞ》まんと欲《ほつ》すれば、
    龜山《きざん》之《これ》を蔽《おほ》ひたり。
    手《て》に斧柯《ふか》なし、
    龜山《きざん》を奈何《いか》にせばや。
 かう云《い》つて、さびた、皺嗄《しわが》れた聲《こゑ》でうたつた。

 それからまた北《きた》へ北《きた》へと三日《みつか》ばかり旅《たび》を續《つゞ》けると、ひろびろとした野《の》に、安《やす》らかな、屈托《くつたく》のない歌《うた》の聲《こゑ》が聞《きこ》えた、それは鹿《しか》の裘《かはごろも》に索《なは》の帶《おび》をしめた老人《らうじん》が、畦路《あぜみち》に遺穗《おちほ》を拾《ひろ》ひながら、唄《うた》つて居《ゐ》るのであつた。
「由《いう》や、お前《まへ》にはあの歌《うた》がどう聞《きこ》える。」
 と、孔子《こうし》は子路《しろ》を顧《かへり》みて訊《たづ》ねた。
「あの老人《らうじん》の歌《うた》からは、先生《せんせい》の歌《うた》のやうな哀《あは》れな響《ひゞき》が聞《きこ》えません。大空《おほぞら》を飛《と》ぶ小鳥《ことり》のやうな、恣《ほしいまゝ》な聲《こゑ》で唄《うた》うて居《を》ります。」
「さもあらう。彼《あれ》こそ古《いにしへ》の老子《らうし》の門弟《もんてい》ぢや。林類《りんるゐ》と云《い》うて、もはや百歲《ひゃくさい》になるであらうが、あの通《とほ》り春《はる》が來《く》れば畦《あぜ》に出《で》て、何年《なんねん》となく歌《うた》を唄《うた》うては穗《ほ》を拾《ひろ》うて居《ゐ》る。誰《たれ》か彼處《あすこ》へ行《い》つて話《はなし》をして見《み》るがよい。」
 かう云《い》はれて、弟子《でし》の一人《ひとり》の子貢《しこう》は、畑《はたけ》の畔《くろ》へ走《はし》つて行《い》つて老人《らうじん》を迎《むか》へ、尋《たづ》ねて云《い》ふには、
「先生《せんせい》は、さうして歌《うた》を唄《うた》うては、遺穗《おちぼ》を拾《ひろ》つて居《ゐ》らつしやるが、何《なに》も悔《く》いる所《ところ》はありませぬか。」
 しかし、老人《らうじん》は振《ふ》り向《む》きもせず、餘念《よねん》もなく遺穗《おちぼ》を拾《ひろ》ひながら、一|步《ぽ》一|步《ぽ》に歌《うた》を唄《うた》つて止《や》まなかつた。子貢《しこう》が猶《なほ》も其《そ》の跡《あと》を追《お》うて聲《こゑ》をかけると、漸《やうや》く老人《らうじん》は唄《うた》うことをやめて、子貢《しこう》の姿《すがた》をつくづくと眺《なが》めた後《のち》、
「わしに何《なん》の悔《くい》があらう。」
 と云《い》つた。
「先生《せんせい》は幼《おさな》い時《とき》に行《おこなひ》を勤《つと》めず、長《ちやう》じて時《とき》を競《きそ》はず、老《お》いて妻子《つまこ》もなく、漸《やうや》く死期《しご》が近《ちか》づいて居《ゐ》るのに、何《なに》を樂《たの》しみに穗《ほ》を拾《ひろ》つては、歌《うた》を唄《うた》うておいでなさる。」
 すると老人《らうじん》は、からからと笑《わら》つて、
「わしの樂《たの》しみとするものは、世間《せけん》の人《ひと》が皆《みな》持《も》つて居《ゐ》て、却《かへ》つて憂《うれひ》として居《ゐ》る。幼《をさな》い時《とき》に行《おこなひ》を勤《つと》めず、長《ちやう》じて時《とき》を競《きそ》はず、老《お》いて妻子《つまこ》もなく、漸《やうや》く死期《しご》が近《ちか》づいて居《ゐ》る。それだから此《こ》のやうに樂《たの》しんで居《ゐ》る。」
「人《ひと》は皆《みな》長壽《ながいき》を望《のぞ》み、死《し》を悲《かな》しむで居《ゐ》るのに、先生《せんせい》はどうして、死《し》を樂《たの》しむ事《こと》が出來《でき》ますか。」
 と、子貢《しこう》は重《かさ》ねて訊《き》いた。
「死《し》と生《せい》とは、一|度《ど》往《い》つて一|度《ど》反《かへ》るのぢや、此處《こゝ》で死《し》ぬのは、彼處《かしこ》で生《うま》れるのぢや。わしは、生《せい》を求《もと》めて齷齪《あくそく》するのは惑《まどひ》ぢやと云《い》ふ事《こと》を知《し》つて居《ゐ》る。今《いま》死《し》ぬるも昔《むかし》生《うま》れたのと變《かは》りはないと思《おも》うて居《ゐ》る」
 老人《らうじん》は斯《か》く答《こた》へて、また歌《うた》を唄《うた》ひ出《だ》した。子貢《しこう》には言葉《ことば》の意味《いみ》が解《わか》らなかつたが、戾《もど》つて來《き》て其《そ》れを師《し》に吿《つ》げると、
「なかなか話《はな》せる老人《らうじん》であるが、然《しか》し其《そ》れはまだ道《みち》を得《え》て、至《いた》り盡《つく》さぬ者《もの》と見える。」
 と、孔子《こうし》が云《い》つた。

 それからまた幾日《いくにち》も/\、長《なが》い旅《たび》を續《つゞ》けて、箕水《きすゐ》の流《ながれ》を渉《わた》つた。夫子《ふうし》が戴《いたゞ》く緇布《くろぬの》の冠《かんむり》は埃《ほこり》にまびれ、狐《きつね》の裘《かはごろも》は雨風《あめかぜ》に色褪《いろあ》せた。

「魯《ろ》の國《くに》から孔丘《こうきう》と云《い》ふ聖人《せいじん》が來《き》た。彼《あ》の人《ひと》は暴虐《ばうぎやく》な私逹《わたしたち》の君《きみ》や妃《きさき》に、幸《さいはひ》な敎《をしへ》えと賢《かしこ》い政《まつりごと》とを授《さづ》けてくれるであらう。」
 衞《ゑい》の國《くに》の都《みやこ》に入《はい》ると、巷《ちまた》の人々《ひと/″\》はかう云《い》つて一|行《かう》の車《くるま》を指《ゆびさ》した。其《そ》の人々《ひと/″\》の顏《かほ》は饑《うゑ》と疲《つかれ》に羸《や》せ衰《おとろ》へ、家々《いへ/\》の壁《かべ》は嗟《なげ》きと愁《かな》しみの色《いろ》を湛《たゝ》へて居《ゐ》た。其《そ》の國《くに》の麗《うるは》しい花《はな》は、宮殿《きうでん》の妃《きさき》の眼《め》を喜《よろこ》ばす爲《た》めに移《うつ》し植《う》ゑられ、肥《こ》えたる豕《ゐのこ》は、妃《きさき》の舌《した》を培《つちか》ふ爲《た》めに召《め》し上《あ》げられ、のどかな春《はる》の日《ひ》が、灰色《はひいろ》のさびれた街《まち》を徒《いたづら》に照《て》らした。さうして、都《みやこ》の中央《ちうあう》の丘《をか》の上《うへ》には、五彩《ごさい》の虹《にじ》を繡《ぬ》ひ出《だ》した宮殿《きうでん》が、血《ち》に飽《あ》いた猛獸《まうじう》の如《ごと》くに、屍骸《しがい》のやうな街《まち》を瞰下《みおろ》して居《ゐ》た。其《そ》の宮殿《きうでん》の奧《おく》で打《う》ち鳴《な》らす鐘《かね》の響《ひゞき》は、猛獸《まうぢう》の嘯《うそぶ》くやうに國《くに》の四方《しはう》へ轟《とゞろ》いた。
「由《いう》や、お前《まへ》にはあの鐘《かね》の音《ね》がどう聞《きこ》える。」
 と、孔子《こうし》はまた子路《しろ》に訊《たづ》ねた。
「あの鐘《かね》の音《ね》は、天《てん》に訴《うつた》へるやうな果敢《はか》ない先生《せんせい》の調《しらべ》とも違《ちが》ひ、天《てん》にうち任《まか》せたやうな自由《じいう》な林類《りんるゐ》の歌《うた》とも違《ちが》つて、天《てん》に背《そむ》いた歡樂《くわんらく》を讚《たゝ》へる、恐《おそ》ろしい意味《こゝろ》を歌《うた》うて居《を》ります。」
「さもあらう。あれは昔《むかし》衞《ゑい》の襄公《ぢやうこう》が、國中《くにぢゆう》の財《たから》と汗《あせ》とを絞《しぼ》り取《と》つて造《つく》らせた、林鐘《りんしよう》と云《い》ふものぢや。その鐘《かね》が鳴《な》る時《とき》は、御苑《ぎよゑん》の林《はやし》から林《はやし》へ反響《こだま》して、あのやうな物凄《ものすご》い音《おと》を出《だ》す。また暴政《ばうせい》に苛《さいな》まれた人々《ひと/″\》の呪《のろひ》と淚《なみだ》とが封《ふう》じられて居《ゐ》て、あのやうな恐《おそ》ろしい音《おと》を出《だ》す。」
 と、孔子《こうし》が敎《をし》へた。

 衞《ゑい》の君《きみ》の靈公《れいこう》は、國原《くなばら》を見晴《みは》るかす靈臺《れいだい》の欄《らん》に近《ちか》く、雲母《うんも》の硬屛《ついたて》、瑪瑙《めなう》の榻《とう》を運《はこ》ばせて、靑雲《せいうん》の衣《ころも》を纒《まと》ひ、白霓《はくげい》の裳裾《もすそ》を垂《た》れた夫人《ふじん》の南子《なんし》と、香《かほり》の高《たか》い秬鬯《きよちやう》を酌《く》み交《か》はしながら、深《ふか》い霞《かすみ》の底《そこ》に眠《ねむ》る野山《のやま》の春《はる》を眺《なが》めて居《ゐ》た。
「天《てん》にも地《ち》にも、うららかな光《ひかり》が泉《いづみ》のやうに流《なが》れて居《ゐ》るのに、何故《なぜ》私《わたし》の國《くに》の民家《みんか》では美《うつく》しい花《はな》の色《いろ》も見《み》えず、快《こゝろよ》い鳥《とり》の聲《こゑ》も聞《きこ》えないのであらう。」
 かう云《い》つて、公《こう》は不審《ふしん》の眉《まゆ》を顰《ひそ》めた。
「それは此《こ》の國《くに》の人民《じんみん》が、わが公《きみ》の仁德《じんとく》と、わが夫人《ふじん》の美容《びよう》とを讚《たゝ》へるあまり、美《うつく》しい花《はな》とあれば、悉《こと/″\》く獻上《けんじやう》して宮殿《きうでん》の園生《そのふ》の牆《かき》に移《うつ》し植《う》ゑ、國中《くにぢゆう》の小鳥《ことり》までが、一羽《いちは》も殘《のこ》らず花《はな》の香《か》を慕《した》うて、園生《そのふ》のめぐりに集《あつま》る爲《た》めでございます。」
 と、君側《くんそく》に控《ひか》へた宦者《くわんじや》の雍渠《ようきよ》が答《こた》へた。すると其《そ》の時《とき》、さびれた街《まち》の靜《しづ》かさを破《やぶ》つて、靈臺《れいだい》の下《した》を過《す》ぎる孔子《こうし》の車《くるま》の玉鑾《ぎよくらん》が珊珊《さん/\》と鳴《な》つた。
「あの車《くるま》に乘《の》つて通《とほ》る者《もの》は誰《たれ》であらう。あの男《をとこ》の額《ひたひ》は堯《げう》に似《に》て居《ゐ》る。あの男《をとこ》の目《め》は舜《しゆん》に似《に》て居《ゐ》る。あの男《をとこ》の項《うなじ》は皐陶《かうやう》に似《に》て居《ゐ》る。肩《かた》は子產《しさん》に類《るゐ》し、腰《こし》から下《した》が禹《う》に及《およ》ばぬこと三|寸《ずん》ばかりである。」
 と、これも側《かたはら》に伺候《しこう》して居《ゐ》た將軍《しやうぐん》の王孫賈《わうそんか》が、驚《おどろ》きの眼《め》を見張《みは》つた。
「しかし、まあ彼《あ》の男《をとこ》は、何《なん》と云《い》ふ悲《かな》しい顏《かほ》をして居《ゐ》るのだらう。將軍《しやうぐん》、卿《おまへ》は物識《ものしり》だから、彼《あ》の男《をとこ》が何處《どこ》から來《き》たか、妾《わたし》に敎《をし》へてくれたがよい。」
 かう云《い》つて、南子《なんし》夫人《ふじん》は將軍《しやうぐん》を顧《かへり》み、走《はし》り行《ゆ》く車《くるま》の影《かげ》を指《ゆびさ》した。
「私《わたくし》は若《わか》き頃《ころ》、諸國《しよこく》を遍歷《へんれき》しましたが、周《しう》の史官《しくわん》を務《つと》めて居《ゐ》た老聃《らうたん》と云《い》ふ男《をとこ》の他《ほか》には、まだ彼《あ》れ程《ほど》立派《りつぱ》な相貌《さうばう》の男《をとこ》を見《み》たことがありませぬ。あれこそ、故國《ここく》の政《まつりごと》に志《こゝろざし》を得《え》ないで、傳道《でんだう》の途《みち》に上《のぼ》つた魯《ろ》の聖人《せいじん》の孔子《こうし》であらう。其《そ》の男《をとこ》の生《うま》れた時《とき》、魯《ろ》の國《くに》には麒麟《きりん》が現《あらは》れ、天《てん》には和樂《わがく》の音《おと》が聞《きこ》えて、神女《しんによ》が天降《あまくだ》つたと云《い》ふ。其《そ》の男《をとこ》は牛《うし》の如《ごと》き唇《くちびる》と、虎《とら》の如《ごと》き掌《てのひら》と、龜《かめ》の如《ごと》き背《せ》とを持《も》ち、身《み》の丈《たけ》が九尺《くしやく》六寸《ろくすん》あつて、文王《ぶんわう》の容體《かたち》を備《そな》へて居《ゐ》ると云《い》ふ。彼《かれ》こそ其《そ》の男《をとこ》に違《ちがひ》ありませぬ。」
 かう王孫賈《わうそんか》が說明《せつめい》した。
「其《そ》の孔子《こうし》と云《い》ふ聖人《せいじん》は、人《ひと》に如何《いか》なる術《じゆつ》を敎《をし》へる者《もの》である。」
 と靈公《れいこう》は手《て》に持《も》つた盃《さかづき》を乾《ほ》して、將軍《しやうぐん》に問《と》うた。
「聖人《せいじん》と云《い》ふ者《もの》は、世《よ》の中《なか》の凡《す》べての智識《ちしき》の鍵《かぎ》を握《にぎ》つて居《を》ります。然《しか》し、あの人《ひと》は、専《もつぱ》ら家《いへ》を齊《とゝの》へ、國《くに》を富《と》まし、天下《てんか》を平《たひら》げる政《まつりごと》の道《みち》を、諸國《しよこく》の君《きみ》に授《さづ》けると申《もを》します。」
 將軍《しやうぐん》が再《ふたゝ》びかう說明《せつめい》した。
「わたしは世《よ》の中《なか》の美色《びしよく》を求《もと》めて南子《なんし》を得《え》た。また四|方《はう》の財寶《ざいはう》を萃《あつ》めて此《こ》の宮殿《きうでん》を造《つく》つた。此《こ》の上《うへ》は天下《てんか》に覇《は》を唱《とな》へて、此《こ》の夫人《ふじん》と宮殿《きうでん》とにふさはしい權威《けんゐ》を持《も》ちたく思《おも》うて居《ゐ》る。どうかして其《そ》の聖人《せいじん》を此處《こゝ》へ呼《よ》び入《い》れて、天下《てんか》を平《たひら》げる術《じゆつ》を授《さづ》かりたいものぢや。」
 と、公《こう》は卓《たく》を隔《へだ》てて對《たい》して居《ゐ》る夫人《ふじん》の唇《くちびる》を覗《うかゞ》つた、何《なん》となれば、平生《へいぜい》公《こう》の心《こゝろ》を云《い》ひ表《あら》はすものは、彼自身《かれじしん》の言葉《ことば》でなくつて、南子《なんし》夫人《ふじん》の唇《くちびる》から洩《も》れる言葉《ことば》であつたから。
「妾《わたし》は世《よ》の中《なか》の不思議《ふしぎ》と云《い》ふ者《もの》に遇《あ》つて見《み》たい。あの悲《かな》しい顏《かほ》をした男《をとこ》が眞《まこと》の聖人《せいじん》なら、妾《わたし》にいろいろの不思議《ふしぎ》を見《み》せてくれるであらう。」
 かう云《い》つて、夫人《ふじん》は夢《ゆめ》みる如《ごと》き瞳《ひとみ》を上《あ》げて、遙《はるか》に隔《へだ》たり行《ゆ》く車《くるま》の跡《あと》を眺《なが》めた。

 孔子《こうし》の一|行《こう》が北宮《ほくきう》の前《まへ》にさしかかつた時《とき》、賢《かしこ》い相《さう》を持《も》つた一人《ひとり》の官人《くわんじん》が、多勢《おほぜい》の供《とも》を從《したが》へ、屈產《くつさん》の駟馬《しば》に鞭撻《むちう》ち、車《くるま》の右《みぎ》の席《せき》を空《あ》けて、恭《うやうや》しく一|行《かう》を迎《むか》へた。
「私《わたくし》は靈公《れいこう》の命《めい》をうけて、先生《せんせい》をお迎《むか》へに出《で》た中叔圉《ちゆうしゆくぎよ》と申《まを》す者《もの》でございます。先生《せんせい》が此《こ》の度《たび》傳道《でんだう》の途《みち》に上《のぼ》られた事《こと》は、四|方《はう》の國々《くに/″\》までも聞《きこ》えて居《を》ります。長《なが》い旅路《たびぢ》に先生《せんせい》の翡翠《ひすゐ》の蓋《がい》は風《かぜ》に綻《ほころ》び、車《くるま》の軛《くびき》からは濁《にご》つた音《おと》が響《ひゞ》きます。願《ねが》はくは此《こ》の新《あたら》しき車《くるま》に召《め》し替《か》へられ、宮殿《きうでん》に駕《が》を枉《ま》げて、民《たみ》を安《やす》んじ、國《くに》を治《をさ》める先王《せんわう》の道《みち》を我等《われら》の君《きみ》に授《さづ》け給《たま》へ。先生《せんせい》の疲勞《ひらう》を癒《い》やす爲《た》めには、西圃《さいほ》の南《みなみ》に水晶《すゐしやう》のやうな溫泉《をんせん》が沸々《ふつ/\》と沸騰《たぎ》つて居《を》ります。先生《せんせい》の咽喉《のど》を濕《うる》ほす爲《た》めには、御苑《ぎよゑん》の園生《そのふ》に、芳《かん》ばしい柚《ゆず》、橙《だい/″\》、橘《たちばな》が、甘《あま》い汁《しる》を含《ふく》んで實《みの》つて居《を》ります。先生《せんせい》の舌《した》を慰《なぐさ》める爲《た》めには、苑囿《ゑんいう》の檻《をり》の中《なか》に、肥《こ》え太《ふと》つた豕《ゐのこ》、熊《くま》、豹《へう》、牛《うし》、羊《ひつじ》が蓐《しとね》のやうな腹《はら》を抱《かゝ》へて眠《ねむ》つて居《を》ります。願《ねが》はくは、二月《ふたつき》も、三月《みつき》も、一年《いちねん》も、十年《じふねん》も、此《こ》の國《くに》に車《くるま》を駐《とゞ》めて、愚《おろか》な私逹《わたしたち》の曇《くも》りたる心《こゝろ》を啓《ひら》き、盲《し》ひたる眼《まなこ》を開《ひら》き給《たま》へ。」
 と中叔圉《ちゆうしゆくぎよ》は車《くるま》を下《お》りて、慇懃《ゐんぎん》に挨拶《あいさつ》をした。
「私《わたくし》の望《のぞ》む所《ところ》は、莊麗《さうれい》な宮殿《きうでん》を持《も》つ王者《わうしや》の富《とみ》よりは、三|王《わう》の道《みち》を慕《した》う君公《くんこう》の誠《まこと》であります。万乘《ばんじよう》の位《くらゐ》も桀紂《けつちう》の奢《おごり》の爲《た》めには尙《なほ》足《た》らず、百里《ひやくり》の國《くに》も堯舜《げうしゆん》の政《まつりごと》を布《し》くに狹《せま》くはありませぬ。靈公《れいこう》がまことに天下《てんか》の禍《わざはひ》を除《のぞ》き、庶民《しよみん》の幸《さいはひ》を圖《はか》る御志《おこゝろざし》ならば、此《こ》の國《くに》の土《つち》に私《わたくし》の骨《ほね》を埋《うづ》めても悔《く》いませぬ。」
 斯《か》く孔子《こうし》が答《こた》へた。

 やがて一|行《かう》は導《みちび》かれて、宮殿《きうでん》の奧深《おくふか》く進《すゝ》んだ。一|行《かう》の黑塗《くろぬり》の沓《くつ》は、塵《ちり》も止《とゞ》めぬ砥石《といし》の床《ゆか》に戞々《かつ/\》と鳴《な》つた。
    摻々《さん/\》たる女手《ぢよしゆ》、
    以《もつ》て裳《しやう》を縫《ぬ》ふ可《べ》し。
 と、聲《こゑ》をそろへて歌《うた》ひながら、多勢《おほぜい》の女官《ぢよくわん》が、梭《おさ》の音《おと》たかく錦《にしき》を織《を》つて居《ゐ》る織室《しよくしつ》の前《まへ》も通《とほ》つた。綿《わた》のやうに咲《さ》きこぼれた桃《もゝ》の林《はやし》の蔭《かげ》からは、苑囿《ゑんいう》の牛《うし》の懶《ものう》げに呻《うな》る聲《こゑ》も聞《きこ》えた。
 靈公《れいこう》は賢人《けんじん》中叔圉《ちゆうしゆくぎよ》のはからひを聽《き》いて、夫人《ふじん》を始《はじ》め一|切《さい》の女《をんな》を遠《とほ》ざけ、歡樂《くわんらく》の酒《さけ》の沁《し》みた唇《くちびる》を濯《そゝ》ぎ、衣冠《いくわん》正《たゞ》しく孔子《こうし》を一|室《しつ》に招《せう》じて、國《くに》を富《と》まし、兵《へい》を强《つよ》くし、天下《てんか》に王《わう》となる道《みち》を質《たゞ》した。
 しかし、聖人《せいじん》は人《ひと》の國《くに》を傷《きずつ》け、人《ひと》の命《いのち》を損《そこな》ふ戰《たゝかひ》の事《こと》に就《つ》いては、一言《ひとこと》も答《こた》へなかつた。また民《たみ》の血《ち》を絞《しぼ》り、民《たみ》の財《ざい》を奪《うば》ふ富《とみ》の事《こと》に就《つ》いても敎《をし》へなかつた。さうして、軍事《ぐんじ》よりも、產業《さんげふ》よりも、第《だい》一に道德《だうとく》の貴《たうと》い事《こと》を嚴《おごそか》に語《かた》つた。力《ちから》を以《もつ》て諸國《しよこく》を屈服《くつぷく》する覇者《はしや》の道《みち》と、仁《じん》を以《もつ》て天下《てんか》を懷《なづ》ける王者《わうしや》の道《みち》との區別《くべつ》を知《し》らせた。
「公《こう》がまことに王者《わうしや》の德《とく》を慕《した》ふならば、何《なに》よりも先《ま》づ私《わたくし》の慾《よく》に打《う》ち克《か》ち給《たま》へ。」
 これが聖人《せいじん》の誡《いましめ》であつた。

 其《そ》の日《ひ》から靈公《れいこう》の心《こゝろ》を左右《さいう》するものは、夫人《ふじん》の言葉《ことば》でなくつて聖人《せいじん》の言葉《ことば》であつた。朝《あした》には廟堂《べうだう》に參《さん》して正《たゞ》しい政《まつりごと》の道《みち》を孔子《こうし》に尋《たづ》ね、夕《ゆふべ》には靈臺《れいだい》に臨《のぞ》んで天文《てんもん》四時《しじ》の運行《うんかう》を、孔子《こうし》に學《まな》び、夫人《ふじん》の閨《ねや》を訪《おとづ》れる夜《よ》とてはなかつた。錦《にしき》を織《お》る織室《しよくしつ》の梭《おさ》の音《おと》は、六藝《りくげい》を學《まな》ぶ官人《くわんじん》の弓弦《ゆづる》の音《おと》、蹄《ひづめ》の響《ひゞき》、篳篥《ひちりき》の聲《こゑ》に變《かは》つた。一日《いちにち》、公《こう》は朝早《あさはや》く獨《ひと》り靈臺《れいだい》に上《のぼ》つて、國中《くにぢゆう》を眺《なが》めると、野山《のやま》には美《うつく》しい小鳥《ことり》が囀《さへづ》り、民家《みんか》には麗《うるは》しい花《はな》が開《ひら》き、百姓《ひやくしやう》は畑《はた》に出《で》て公《こう》の德《とく》を讚《たゝ》へ歌《うた》ひながら、耕作《こうさく》にいそしんで居《ゐ》るのを見《み》た。公《こう》の眼《め》からは、熱《あつ》い感激《かんげき》の淚《なみだ》が流《なが》れた。
「あなたは、何《なに》を其《そ》のやうに泣《な》いて居《ゐ》らつしやる。」
 其《そ》の時《とき》、ふと、かう云《い》ふ聲《こゑ》が聞《きこ》えて、魂《たましひ》をそそるやうな甘《あま》い香《かほり》が、公《こう》の鼻《はな》を嬲《なぶ》つた、其《そ》れは南子《なんし》夫人《ふじん》が口中《こうちう》に含《ふく》む鷄舌香《けいでつかう》と、常《つね》に衣《ころも》に振《ふ》り懸《か》けて居《ゐ》る西域《せいゐき》の香料《かうれう》、薔薇水《しやうびすゐ》の匂《にほひ》であつた。久《ひさ》しく忘《わす》れて居《ゐ》た美婦人《びふじん》の體《からだ》から放《はな》つ香氣《かうき》の魔力《まりよく》は、無殘《むざん》にも玉《たま》のやうな公《こう》の心《こゝろ》に、銳《するど》い爪《つめ》を打《う》ち込《こ》まうとした。
「何卒《どうぞ》お前《まへ》の其《そ》の不思議《ふしぎ》な眼《め》で、私《わたし》の瞳《ひとみ》を睨《にら》めてくれるな。其《そ》の柔《やはらか》い腕《かひな》で、私《わたし》の體《からだ》を縛《しば》つてくれるな。私《わたし》は聖人《せいじん》から罪惡《ざいあく》に打《う》ち克《か》つ道《みち》を敎《をそ》はつたが、まだ美《うつく》しきものの力《ちから》を防《ふせ》ぐ術《じゆつ》を知《し》らないから。」
 と靈公《れいこう》は夫人《ふじん》の手《て》を拂《はら》ひ除《の》けて、顏《かほ》を背《そむ》けた。
「ああ、あの孔丘《こうきう》と云《い》ふ男《をとこ》は、何時《いつ》の間《ま》にかあなたを妾《わたし》の手《て》から奪《うば》つて了《しま》つた。妾《わたし》が昔《むかし》からあなたを愛《あい》して居《ゐ》なかつたのに不思議《ふしぎ》はない。しかし、あなたが妾《わたし》を愛《あい》さぬと云《い》ふ法《ほふ》はありませぬ。」
 かう云《い》つた南子《なんし》の唇《くちびる》は、激《はげ》しい怒《いかり》に燃《も》えて居《ゐ》た。夫人《ふじん》には此《こ》の國《くに》に嫁《とつ》ぐ前《まへ》から、宋《そう》の公子《こうし》の宋朝《そうてう》と云《い》ふ密夫《みつぷ》があつた。夫人《ふじん》の怒《いかり》は、夫《をつと》の愛情《あいじやう》の衰《おとろ》へた事《こと》よりも、夫《をつと》の心《こゝろ》を支配《しはい》する力《ちから》を失《うしな》つた事《こと》にあつた。
「私《わたし》はお前《まへ》を愛《あい》さぬと云《い》ふではない。今日《けふ》から私《わたし》は、夫《おつと》が妻《つま》を愛《あい》するやうにお前《まへ》を愛《あい》しよう。今迄《いまゝで》私《わたし》は、奴隸《どれい》が主《しゆ》に事《つか》へるやうに、人間《にんげん》が神《かみ》を崇《あが》めるやうに、お前《まへ》を愛《あい》して居《ゐ》た。私《わたし》の國《くに》を捧《さゝ》げ、私《わたし》の富《とみ》を捧《さゝ》げ、私《わたし》の民《たみ》を捧《さゝ》げ、私《わたし》の命《いのち》を捧《さゝ》げて、お前《まへ》の歡《よろこび》を購《あがな》ふ事《こと》が、私《わたし》の今迄《いままで》の仕事《しごと》であつた。けれども聖人《せいじん》の言葉《ことば》によつて、其《そ》れよりも貴《たうと》い仕事《しごと》のある事《こと》を知《し》つた。今迄《いままで》はお前《まへ》の肉體《にくたい》の美《うつく》しさが、私《わたし》に取《と》つて最上《さいじやう》の力《ちから》であつた。しかし、聖人《せいじん》の心《こゝろ》の響《ひゞき》は、お前《まへ》の肉體《にくたい》よりも更《さら》に强《つよ》い力《ちから》を私《わたし》に與《あた》へた。」
 この勇《いさ》ましい決心《けつしん》を語《かた》るうちに、公《こう》は知《し》らず識《し》らず額《ひたひ》を上《あ》げ肩《かた》を聳《そび》やかして、怒《いか》れる夫人《ふじん》の顏《かほ》に面《めん》した。
「あなたは決《けつ》して妾《わたし》の言葉《ことば》に逆《さから》ふやうな、强《つよ》い方《かた》ではありませぬ。あなたはほんたうに哀《あはれ》な人《ひと》だ。世《よ》の中《なか》に自分《じぶん》の力《ちから》を持《も》つて居《ゐ》ない人程《ひとほど》、哀《あはれ》な人《ひと》はありますまい。妾《わたし》はあなたを直《ぢ》きに孔子《こうし》の掌《て》から取《と》り戾《もど》すことが出來《でき》ます。あなたの舌《した》は、たつた今《いま》立派《りつぱ》な言《こと》を云《い》つた癖《くせ》に、あなたの瞳《ひとみ》は、もう恍惚《うつとり》と妾《わたし》の顏《かほ》に注《そゝ》がれて居《ゐ》るではありませんか。妾《わたし》は總《す》べての男《をとこ》の魂《たましひ》を奪《うば》ふ術《すべ》を得《え》て居《ゐ》ます。妾《わたし》はやがて彼《あ》の孔丘《こうきう》と云《い》ふ聖人《せいじん》をも、妾《わたし》の捕虜《とりこ》にして見せませう。」
 と、夫人《ふじん》は誇《ほこ》りかに微笑《ほゝゑ》みながら、公《こう》を流眄《ながしめ》に見《み》て、衣摺《きぬず》れの音《おと》荒《あら》く靈臺《れいだい》を去《さ》つた。
 其《そ》の日《ひ》まで平靜《へいせい》を保《たも》つて居《ゐ》た公《こう》の心《こゝろ》には、旣《すで》に二《ふた》つの力《ちから》が相鬩《あひせめ》いで居《ゐ》た。

「此《こ》の衞《ゑい》の國《くに》に來《く》る四方《しはう》の君子《くんし》は、何《なに》を措《お》いても必《かなら》ず妾《わたし》に拜謁《はいえつ》を願《ねが》はぬ者《もの》はない。聖人《せいじん》は禮《れい》を重《おも》んずる者《もの》と聞《き》いて居《ゐ》るのに、何故《なぜ》姿《すがた》を見《み》せないであらう。」
 斯《か》く、宦者《くわんじや》の雍渠《ようきよ》が夫人《ふじん》の旨《むね》を傳《つた》へた時《とき》に、謙讓《けんじやう》な聖人《せいじん》は、其《そ》れに逆《さから》ふことが出來《でき》なかつた。
 孔子《こうし》は一|行《かう》の弟子《ていし》と共《とも》に、南子《なんし》の宮殿《きうでん》に伺候《しこう》して北面稽首《ほくめんけいしゆ》した。南《みなみ》に面《めん》する錦繡《きんしゆう》の帷《まく》の奧《おく》には、僅《わづか》に夫人《ふじん》の繡履《しゆうり》がほの見《み》えた。夫人《ふじん》が項《うなじ》を下《さ》げて一|行《かう》の禮《れい》に答《こた》ふる時《とき》、頸飾《くびかざり》の步搖《ほえう》と腕環《うでわ》の瓔珞《えうらく》の珠《たま》の、相搏《あひう》つ響《ひゞき》が聞《きこ》えた。
「この衞《ゑい》の國《くに》を訪《おとづ》れて、妾《わたし》の顏《かほ》を見《み》た人《ひと》は、誰《たれ》も彼《かれ》も『夫人《ふじん》の顙《ひたひ》は妲妃《だつき》に似《に》て居《ゐ》る。夫人《ふじん》の目《め》は褒姒《ほうじ》に似《に》て居《ゐ》る。』と云《い》つて驚《おどろ》かぬ者《もの》はない。先生《せんせい》が眞《まこと》の聖人《せいじん》であるならば、三王《さんわう》五帝《ごてい》の古《いにしへ》から、妾《わたし》より美《うつく》しい女《をんな》が地上《ちじやう》に居《ゐ》たかどうかを、妾《わたし》に敎《をし》へては吳《く》れまいか。」
 かう云《い》つて、夫人《ふじん》は帷《まく》を排《はい》して晴《は》れやかに笑《わら》ひながら、一|行《かう》を膝近《ひざちか》く招《まね》いた。鳳凰《ほうわう》の冠《かんむり》を戴《いたゞき》き、黃金《わうごん》の釵《しや》、玳瑁《たいまい》の笄《かうがい》を挿《さ》して、鱗衣霓裳《りんいげいしやう》を纏《まと》つた南子《なんし》の笑顏《ゑがほ》は、日輪《にちりん》の輝《かゞや》く如《ごと》くであつた。
「私《わたくし》は高《たか》い德《とく》を持《も》つた人《ひと》の事《こと》を聞《き》いて居《を》ります。しかし、美《うつく》しい顏《かほ》を持《も》つた人《ひと》の事《こと》を知《し》りませぬ。」
 と孔子《こうし》が云《い》つた、さうして南子《なんし》が再《ふたゝ》び尋《たづ》ねるには、
「妾《わたし》は世《よ》の中《なか》の不思議《ふしぎ》なもの、珍《めづ》らしいものを集《あつ》めて居《ゐ》る。妾《わたし》の廩《くら》には大屈《たいくつ》の金《きん》もある。垂棘《すゐきよく》の玉《たま》もある。妾《わたし》の庭《には》には僂句《るく》の龜《かめ》も居《ゐ》る。崑崙《こんろん》の鶴《つる》も居《ゐ》る。けれども妾《わたし》はまだ、聖人《せいじん》の生《うま》れる時《とき》に現《あらは》れた麒麟《きりん》と云《い》ふものを見《み》た事《こと》がない。また聖人《せいじん》の胸《むね》にあると云《い》ふ、七《なゝ》つの竅《あな》を見《み》た事《こと》がない、先生《せんせい》がまことの聖人《せいじん》であるならば、妾《わたし》に其《そ》れを見《み》せてはくれまいか。」
 すると、孔子《こうし》は面《おもて》を改《あらた》めて、嚴格《げんかく》な調子《てうし》で、
「私《わたくし》は珍《めづ》らしいもの、不思議《ふしぎ》なものを知《し》りませぬ。私《わたくし》の學《まな》んだ事《こと》は、匹夫匹婦《ひつぷひつぷ》も知《し》つて居《を》り、又《また》知《し》つて居《を》らねばならぬ事《こと》ばかりでございます。」
 と答《こた》へた。夫人《ふじん》は更《さら》に言葉《ことば》を柔《やはら》げて、
「妾《わたし》の顏《かほ》を見《み》、妾《わたし》の聲《こゑ》を聞《き》いた男《をとこ》は、顰《ひそ》めたる眉《まゆ》をも開《ひら》き、曇《くも》りたる顏《かほ》をも晴《は》れやかにするのが常《つね》であるのに、先生《せんせい》は何故《なにゆゑ》いつまでも其《そ》のやうに、悲《かな》しい顏《かほ》をして居《を》られるのであらう。妾《わたし》には悲《かな》しい顏《かほ》は凡《す》べて醜《みにく》く見《み》える。妾《わたし》は宋《さう》の國《くに》の宋朝《そうてう》と云《い》ふ若者《わかもの》を知《し》つて居《ゐ》るが、其《そ》の男《をとこ》は先生《せんせい》のやうな氣高《けだか》い額《ひたひ》を持《も》たぬ代《かは》りに、春《はる》の空《そら》のやうなうららかな瞳《ひとみ》を持《も》つて居《ゐ》る。また妾《わたし》の近侍《きんじ》に、雍渠《ようきよ》という宦者《くわんじや》が居《ゐ》るが、其《そ》の男《をとこ》は先生《せんせい》のやうに嚴《おごそか》な聲《こゑ》を持《も》たぬ代《かは》りに、春《はる》の鳥《とり》のやうな輕《かる》い舌《した》を持《も》つて居《ゐ》る。先生《せんせい》がまことの聖人《せいじん》であるならば、豐《ゆた》かな心《こころ》にふさはしい、麗《うらゝ》かな顏《かほ》を持《も》たねばなるまい。妾《わあし》は今《いま》先生《せんせい》の顏《かほ》の憂《うれひ》の雲《くも》を拂《はら》ひ、惱《なや》ましい影《かげ》を拭《ぬぐ》うて上《あ》げる。」
 と左右《さいう》の近侍《きんじ》を顧《かへり》みて、一《ひと》つの函《はこ》を取《と》り寄《よ》せた。
「妾《わたし》はいろいろの香《かう》を持《も》つて居《ゐ》る。此《こ》の香氣《かうき》を惱《なや》める胸《むね》に吸《す》ふ時《とき》は、人《ひと》はひたすら美《うつく》しい幻《まぼろし》の國《くに》に憧《あこが》れるであらう。」
 かく云《い》ふ言葉《ことば》の下《した》に、金冠《きんくわん》を戴《いたゞ》き、蓮花《れんげ》の帶《おび》をしめた七|人《にん》の女官《ぢよくわん》は、七つの香爐《かうろ》を捧《さゝ》げて、聖人《せいじん》の周圍《しうゐ》を取《と》り繞《ま》いた。
 夫人《ふじん》は香函《かうばこ》を開《ひら》いて、さまざまの香《かう》を一つ一つ香爐《かうろ》に投《な》げた。七すぢの重《おも》い煙《けむり》は、金繡《きんしゆう》の帷《まく》を這《は》うて靜《しづか》に上《のぼ》つた。或《あるひ》は黃《き》に、或《あるひ》は紫《むらさき》に、或《あるひ》は白《しろ》き檀香《だんかう》の煙《けむり》には、南《みなみ》の海《うみ》の底《そこ》の、幾百年《いくひやくねん》に亙《わた》る奇《く》しき夢《ゆめ》がこもつて居《ゐ》た。十二種《じふにしゆ》の鬱金香《うつこんかう》は、春《はる》の霞《かすみ》に育《はぐゝ》まれた芳草《はうさう》の精《せい》の、凝《こ》つたものであつた。大石口《だいせきこう》の澤中《たくちう》に棲《す》む龍《りう》の涎《よだれ》を、練《ね》り固《たか》めた龍涎香《りうえんかう》の香《かほり》、交州《かうしう》に生《うま》るる密香樹《みつかうじゆ》の根《ね》より造《つく》つた沈香《ちんかう》の氣《き》は、人《ひと》の心《こゝろ》を、遠《とほ》く甘《あま》い想像《さうざう》の國《くに》に誘《いざな》ふ力《ちから》があつた。しかし、聖人《せいじん》の顏《かほ》の曇《くもり》は深《ふか》くなるばかりであつた。
 夫人《ふじん》はにこやかに笑《わら》つて、
「おお、先生《せんせい》の顏《かほ》は漸《やうや》く美《うつく》しう輝《かゞや》いて來《き》た。妾《わたし》はいろいろの酒《さけ》と杯《さかづき》とを持《も》つて居《ゐ》る。香《かう》の煙《けむり》が、先生《せんせい》の苦《にが》い魂《たましひ》に甘《あま》い汁《しる》を吸《す》はせたやうに、酒《さけ》のしたたりは、先生《せんせい》の嚴《いかめ》しい體《からだ》に、くつろいだ安樂《あんらく》を與《あた》へるであらう。」
 斯《か》く云《い》ふ言葉《ことば》の下《した》に、銀冠《ぎんくわん》を戴《いたゞ》き、蒲桃《ほとう》の帶《おび》を結《むす》んだ七|人《にん》の女官《じよくわん》は、樣々《さま/″\》の酒《さけ》と杯《さかづき》とを恭々《うや/\》しく卓上《たくじやう》に運《はこ》んだ。
 夫人《ふじん》は、一《ひと》つ一《ひと》つ珍奇《ちんき》な杯《さかづき》に酒《さけ》を酌《く》むで、一|行《かう》にすすめた。其《そ》の味《あぢ》はひの妙《たへ》なる働《はたら》きは、人々《ひと/″\》に正《たゞ》しきものの値《あたひ》を卑《いや》しみ、美《うつく》しき者《もの》の値《あたひ》を愛《め》づる心《こゝろ》を與《あた》へた。碧光《へきくわう》を放《はな》つて透《す》き徹《とほ》る碧瑤《へきえう》の杯《はい》に盛《も》られた酒《さけ》は、人間《にんげん》の嘗《かつ》て味《あぢ》はぬ天《てん》の歡樂《くわんらく》を傳《つた》へた甘露《かんろ》の如《ごと》くであつた。紙《かみ》のやうに薄《うす》い靑玉色《せいぎよくしよく》の自暖《じだん》の杯《はい》には冷《ひ》えたる酒《さけ》を注《そゝ》ぐ時《とき》は、少頃《せうけい》にして沸々《ふつ/\》と熱《ねつ》し、悲《かな》しき人《ひと》の腸《はらわた》をも燒《や》いた。南海《なんかい》の鰕《えび》の頭《かしら》を以《もつ》て作《つく》つた鰕魚頭《かぎよとう》の杯《はい》は、怒《いか》れる如《ごと》く紅《あか》き數尺《すしやく》の鬚《ひげ》を伸《の》ばして、浪《なみ》の飛沫《しぶき》の玉《たま》のやうに金銀《きん/″\》を鏤《ちりば》めて居《ゐ》た。しかし、聖人《せいじん》の眉《まゆ》の顰《ひそ》みは濃《こ》くなるばかりであつた。
 夫人《ふじん》はいよいよにこやかに笑《わら》つて、
「先生《せんせい》の顏《かほ》は、更《さら》に美《うつく》しう輝《かゞや》いて來《き》た。妾《わらは》はいろいろの鳥《とり》と獸《けもの》との肉《にく》を持《も》つて居《ゐ》る。香《かう》の煙《けむり》に魂《たましひ》の惱《なや》みを濯《そゝ》ぎ、酒《さけ》の力《ちから》に體《からだ》の括《くゝ》りを弛《ゆる》めた人《ひと》は、豐《ゆた》かな食物《しよくもつ》を舌《した》に培《つちか》はねばならぬ。」
 かく云《い》ふ言葉《ことば》の下《した》に、珠冠《しゆくわん》を戴《いたゞ》き、菜莄《さいかう》の帶《おび》を結《むす》んだ七|人《にん》の女官《ぢよくわん》は、さまざまの鳥《とり》と獸《けもの》との肉《にく》を、皿《さら》に盛《も》つて卓上《たくじやう》に運《はこ》んだ。
 夫人《ふじん》はまた其《そ》の皿《さら》の一《ひと》つ一《ひと》つを一|行《かう》にすすめた。その中《うち》には玄豹《げんぺう》の胎《はらゝご》もあつた。丹穴《たんけつ》の雛《すう》もあつた。昆山龍《こんざんりう》の脯《ほしにく》、封獸《ふうじゆう》の蹯《あしにく》もあつた。其《そ》の甘《あま》い肉《にく》の一|片《ひら》を口《くち》に啣《ふく》む時《とき》は、人《ひと》の心《こゝろ》に凡《す》べての善《ぜん》と惡《あく》とを考《かんが》へる暇《いとま》はなかつた。しかし、聖人《せいじん》の顏《かほ》の曇《くもり》は晴《は》れなかつた。
 夫人《ふじん》は三度《みたび》にこやかに笑《わら》つて、
「ああ、先生《せんせい》の姿《すがた》は益《ます/\》立派《りつぱ》に、先生《せんせい》の顏《かほ》は愈《いよ/\》美《うつく》しい。あの幽妙《いうめう》な香《かう》を嗅《か》ぎ、あの辛辣《しんらつ》な酒《さけ》を味《あぢ》はひ、あの濃厚《のうこう》な肉《にく》を啖《くら》うた人《ひと》は、凡界《ぼんかい》の者《もの》の夢《ゆめ》みぬ、强《つよ》く、激《はげ》しく、美《うつく》しき荒唐《くわうたう》な世界《せかい》に生《い》きて、此《こ》の世《よ》の憂《うれひ》と悶《もだえ》とを逃《のが》れることが出來《でき》る。妾《わたし》は今《いま》先生《せんせい》の眼《め》の前《まへ》に、其《そ》の世界《せかい》を見《み》せて上《あ》げやう。」
 かく云《い》ひ終《おは》るや、近侍《きんじ》の宦者《くわんじや》を顧《かへり》みて、室《しつ》の正面《しやうめん》を一|杯《ぱい》に劃《しき》つた帳《とばり》の蔭《かげ》を指《ゆびさ》し示《しめ》した。深《ふか》い皺《しわ》を疊《たゝ》んでどさりと垂《た》れた錦《にしき》の帷《まく》は、中央《ちうわう》から二《ふた》つに割《わ》れて左右《さいう》へ開《ひら》かれた。
 帳《とばり》の彼方《かなた》は庭《には》に面《めん》する階《きざはし》であつた。階《きざはし》の下《した》、芳草《はうさう》の靑々《あを/\》と萠《も》ゆる地《ち》の上《うへ》に、暖《あたゝか》な春《はる》の日《ひ》に照《て》らされて或《あるひ》は天《てん》を仰《あふ》ぎ、或《あるひ》は地《ち》につくばひ、躍《をど》りかかるやうな、鬪《たゝか》ふやうな、さまざまな形《かたち》をした姿《すがた》のものが、數知《かずし》れず轉《まろ》び合《あ》ひ、重《かさな》り合《あ》つて蠢《うごめ》いて居《ゐ》た。さうして或《あ》る時《とき》は太《ふと》く、或《あ》る時《とき》は細《ほそ》く、哀《あはれ》な物凄《ものすご》い叫《さけ》びと囀《さへづり》が聞《きこ》えた。ある者《もの》は咲《さ》き誇《ほこ》れる牡丹《ぼたん》の如《ごと》く朱《あけ》に染《そ》み、ある者《もの》は傷《きずつ》ける鳩《はと》の如《ごと》く戰《おのゝ》いて居《ゐ》た。其《そ》れは半《なかば》は此《こ》の國《くに》の嚴《きび》しい法律《ほふりつ》を犯《をか》した爲《た》め、半《なかば》は此《こ》の夫人《ふじん》の眼《まなこ》の刺戟《しげき》となるが爲《た》めに、酷刑《こくけい》を施《ほどこ》さるる罪人《ざいにん》の群《むれ》であつた。一人《ひとり》として衣《きぬ》を纏《まと》へる者《もの》もなく、完《まつた》き膚《はだ》の者《もの》もなかつた。其《そ》の中《なか》には夫人《ふじん》の惡德《あくとく》を口《くち》にしたばかりに、炮烙《はうらく》に顏《かほ》を毀《こぼ》たれ、頸《くび》に長枷《ぢやうか》を篏《は》めて、耳《みゝ》を貫《つらぬ》かれた男逹《をとこたち》もあつた。靈公《れいこう》の心《こゝろ》を惹《ひ》いたばかりに夫人《ふじん》の嫉妬《しつと》を買《か》つて、鼻《はな》を劓《そ》がれ、兩足《りやうあし》を刖《た》たれ、鐵《てつ》の鎖《くさり》に繫《つな》がれた美女《びぢよ》もあつた。其《そ》の光景《くわうけい》を恍惚《くわうこつ》と眺《なが》め入《い》る南子《なんし》の顏《かほ》は、詩人《しじん》の如《ごと》く美《うつく》しく、哲人《てつじん》の如《ごと》く嚴肅《げんしゆく》であつた。
「妾《わたし》は時々《とき/″\》靈公《れいこう》と共《とも》に車《くるま》を驅《か》つて、此《こ》の都《みやこ》の街々《まち/\》を過《す》ぎる。さうして、若《も》し靈公《れいこう》が情《なさけ》ある眼《め》つきで、流眄《ながしめ》を與《あた》へた往來《わうらい》の女《をんな》があれば、皆《みな》召《め》し捕《とら》へてあのやうな運命《うんめい》を授《さづ》ける。妾《わたし》は今日《けふ》も公《こう》と先生《せんせい》とを伴《ともな》つて都《みやこ》の市中《しちゆう》を通《とほ》つて見《み》たい。あの罪人逹《ざいにんたち》を見《み》たならば、先生《せんせい》も妾《わたし》の心《こゝろ》に逆《さから》ふ事《こと》はなさるまい。」
 かう云《い》つた夫人《ふじん》の言葉《ことば》には、人《ひと》を壓《お》し付《つ》けるやうな威力《ゐりよく》が潛《ひそ》むで居《ゐ》た。優《やさ》しい眼《め》つきをして、酷《むご》い言葉《ことば》を述《の》べるのが、此《こ》の夫人《ふじん》の常《つね》であつた。

 西暦《せいれき》紀元前《きげんぜん》四|百《ひやく》九十三|年《ねん》の春《はる》の某《ばう》の日《ひ》、黃河《くわうが》と淇水《きすゐ》との間《あひだ》に狹《はさ》まれる商墟《しやうきよ》の地《ち》、衞《ゑい》の國都《こくと》の街《まち》を駟馬《しば》に練《ね》らせる二|輛《りやう》の車《くるま》があつた。兩人《りやうにん》の女孺《によじゆ》、翳《は》を捧《さゝ》げて左右《さいう》に立《た》ち、多數《たすう》の文官《ぶんくわん》女官《によくわん》を周圍《しうゐ》に從《したが》へた第《だい》一の車《くるま》には、衞《ゑい》の靈公《れいこう》、宦者《くわんじや》雍渠《えうきよ》と共《とも》に、姐妃《だつき》褒姒《ほうじ》の心《こゝろ》を心《こゝろ》とする南子《なんし》夫人《ふじん》が乘《の》つて居《ゐ》た。數人《すうにん》の弟子《ていし》に前後《ぜんご》を擁《えう》せられて、第《だい》二の車《くるま》に乘《の》る者《もの》は、堯舜《げうしゆん》の心《こゝろ》を心《こゝろ》とする陬《すう》の田舍《ゐなか》の聖人《せいじん》孔子《こうし》であつた。
「ああ、彼《あ》の聖人《せいじん》の德《とく》も、あの夫人《ふじん》の暴虐《ばうぎやく》には及《およ》ばぬと見《み》える。今日《けふ》からまた、あの夫人《ふじん》の言葉《ことば》が此《こ》の衞《ゑい》の國《くに》の法律《はふりつ》となるであらう。」
「あの聖人《せいじん》は、何《なん》と云《い》ふ悲《かな》しい姿《すがた》をして居《ゐ》るのだらう。あの夫人《ふじん》は何《なん》と云《い》ふ驕《たかぶ》つた風《ふう》をして居《ゐ》るのだらう。しかし、今日《けふ》程《ほど》夫人《ふじん》の顏《かほ》の美《うつく》しく見《み》えた事《こと》はない。」
 巷《ちまた》に佇《たゝず》む庶民《しよみん》の群《むれ》は、口々《くち/″\》にかう云《い》つて、行列《ぎやうれつ》の過《す》ぎ行《ゆ》くのを仰《あふ》ぎ見《み》た。

 其《そ》の夕《ゆふべ》、夫人《ふじん》は殊更《ことさら》美《うるは》しく化粧《けしやう》して、夜《よる》更《ふ》くるまで自分《じぶん》の閨《ねや》の錦繡《きんしゆう》の蓐《しとね》に、身《み》を橫《よこた》へて待《ま》つて居《ゐ》ると、やがて忍《しの》びやかな履《くつ》の音《おと》がして、戶《と》をほとほとと叩《たゝ》く者《もの》があつた。
「ああ、たうとうあなたは戾《もど》って來《き》た。あなたは再《ふたゝ》び、さうして長《とこし》へに、妾《わたし》の抱擁《はうえう》から逃《のが》れてはなりませぬ。」
 と、夫人《ふじん》は兩手《りやうて》を擴《ひろ》げて、長《なが》き袂《たもと》の裏《うら》に靈公《れいこう》をかかへた。其《そ》の酒氣《しゆき》に燃《も》えたるしなやかな腕《かひな》は、結《むす》んで解《と》けざる縛《いまし》めの如《ごと》くに、靈公《れいこう》の體《からだ》を抱《いだ》いた。
「私《わたし》はお前《まへ》を憎《にく》むで居《ゐ》る。お前《まへ》は恐《おそ》ろしい女《をんな》だ。お前《まへ》は私《わたし》を亡《ほろ》ぼす惡魔《あくま》だ。しかし私《わたし》はどうしても、お前《まへ》から離《はな》れる事《こと》が出來《でき》ない。」
 と、靈公《れいこう》の聲《こゑ》はふるへて居《ゐ》た。夫人《ふじん》の眼《め》は惡《あく》の誇《ほこり》に輝《かゞや》いて居《ゐ》た。

 翌《あ》くる日《ひ》の朝《あさ》、孔子《こうし》の一|行《かう》は、曹《さう》の國《くに》をさして再《ふたゝ》び傳道《でんだう》の途《みち》に上《のぼ》つた。
「吾未見好德如好色者也《われいまだとくをこのむこといろをこのむがごとくなるものをみざるなり》。」
 これが衞《ゑい》の國《くに》を去《さ》る時《とき》の、聖人《せいじん》の最後《さいご》の言葉《ことば》であつた。此《こ》の言葉《ことば》は、彼《あ》の貴《たうと》い論語《ろんご》と云《い》ふ書物《しよもつ》に載《の》せられて、今日迄《こんにちまで》傳《つた》はつて居《ゐ》る。


 少年《せうねん》

 もう彼《か》れ此《こ》れ二十|年《ねん》ばかりも前《まへ》にならう。漸《やうや》く私《わたし》が十《おを》ぐらゐで、蠣殻町《かきがらちやう》二|丁目《ちやうめ》の内《うち》から水天宮《すゐてんぐう》裏《うら》の有馬《ありま》學校《がくかう》へ通《かよ》つて居《ゐ》た時分《じぶん》―― 櫻《さくら》が咲《さ》いて空《そら》が霞《かす》んで人形町《にんぎやうちやう》通《どほ》りの紺暖簾《こんのれん》にぽかぽかと日《ひ》があたつて、取《と》り止《と》めのない夢《ゆめ》のやうな幼心《をさなごゝろ》にも何《なん》となく春《はる》が感《かん》じられる陽氣《やうき》な時候《じかう》の頃《ころ》であつた。
 或《あ》るうらうらと晴《は》れた日《ひ》の事《こと》、眠《ねむ》くなるやうな午後《ごゞ》の授業《じゆげふ》が濟《す》んで墨《すみ》だらけの手《て》に算盤《そろばん》を抱《かゝ》へながら學校《がくかう》の門《もん》を出《で》ようとすると、
「萩原《はぎはら》の榮《えい》ちやん。」
 と、私《わたし》の名《な》を呼《よ》んで後《うしろ》からぱたぱたと追《お》い縋《すが》つた者《もの》がある。其《そ》の子《こ》は同級《どうきふ》の塙信一《はなはしんいち》と云《い》つて入學《にふがく》した當時《たうじ》から尋常《じんじやう》四|年《ねん》の今日《こんにち》まで附添《つきそ》ひ人《にん》の女中《ぢよちゆう》を片時《かたとき》も側《そば》から放《はな》した事《こと》のない評判《ひやうばん》の意氣地《いくぢ》なし、誰《だれ》も彼《かれ》も弱蟲《よわむし》だの泣《な》き蟲《むし》だのと惡口《わるくち》をきいて遊《あそ》び相手《あひて》になる者《もの》のない坊《ぼつ》ちやんであつた。
「何《なに》か用《よう》かい。」
 珍《めづ》らしくも信一《しんいち》から聲《こゑ》をかけられたのを不思議《ふしぎ》に思《おも》つて、私《わたし》は其《そ》の子《こ》と附添《つきそ》ひの女中《ぢよちゆう》の顏《かほ》をしげしげと見守《みまも》つた。
「今日《けふ》あたしの内《うち》へ來《き》て一|緖《しよ》にお遊《あそ》びな。内《うち》のお庭《には》でお稻荷樣《いなりさま》のお祭《まつり》があるんだから。」
 緋《ひ》の打紐《うちひも》で括《くゝ》つたやうな口《くち》から、優《やさ》しい、おづおづした聲《こゑ》で云《い》つて、信一《しんいち》は訴《うつた》へるやうな眸《まなざし》をした。いつも一人《ひとり》ぼつち[#「ぼつち」に傍点]でいぢけて居《ゐ》る子《こ》が、何《なん》でこんな意外《いぐわい》な事《こと》を云《い》ふのやら、私《わたし》は少《すこ》しうろたへて、相手《あひて》の顏《かほ》を讀《よ》むやうにぼんやり立《た》つた儘《まゝ》であつたが、日頃《ひごろ》は弱蟲《よわむし》だの何《なん》だのと惡口《あくこう》を云《い》つていぢめ散《ち》らしたやうなものの、かうやつて眼《め》の前《まへ》に置《お》いて見《み》ると、有繫《さすが》良家《りやうか》の子息《しそく》だけに氣高《けだか》く美《うつく》しい所《ところ》があるやうに思《おも》はれた。絲織《いとおり》の筒袖《つゝそで》に博多の《はかた》獻上《けんじやう》の帶《おび》を締《し》め、黃八丈《きはちぢやう》の羽織《はおり》を着《き》てきやらこ[#「きやらこ」に傍点]の白足袋《しろたび》に雪駄《せつた》を穿《は》いた樣子《やうす》が、色《いろ》の白《しろ》い瓜實顏《うりざねがほ》の面立《おもだち》とよく似合《にあ》つて、今更《いまさら》品位《ひんゐ》に打《う》たれたやうに、私《わたし》はうつとりとして了《しま》った。
「ねえ、萩原《はぎはら》の坊《ぼつ》ちやん、内《うち》の坊《ぼつ》ちやんと御一緖《ごいつしよ》にお遊《あそ》びなさいましな。實《じつ》は今日《こんにち》手前共《てまへども》にお祭《まつり》がございましてね、あの成《なる》る可《べ》く大人《おとな》しい、お可愛《かあい》らしいお友逹《ともだち》を誘《さと》つてお連《つ》れ申《まを》すやうにお母樣《かあさま》のお云《い》ひ附《つ》けがあつたものですから、それで坊《ぼつ》ちやんがあなたをお誘《さそ》ひなさるのでございますよ。ね、入《い》らしつて下《くだ》さいましな。それともお嫌《いや》でございますか。」
 附添《つきそ》ひの女中《ぢよちゆう》にかう云《い》はれて、私《わたし》は心中《しんちゆう》得意《とくい》になつたが、
「そんなら一|旦《たん》内《うち》へ歸《かへ》つて、斷《ことわ》つてから遊《あそ》びに行《い》かう。」
 と、わざと殊勝《しゆしよう》らしい答《こたへ》をした。
「おやさうでございましたねえ。ではあなたのお内《うち》までお供《とも》して參《まゐ》つて、お母樣《かあさま》に私《わたくし》からお願《ねが》ひ致《いた》しませうか。さうして手前共《てまへども》へ御一緖《ごいつしよ》に參《まゐ》りませう。」
「うん、いいよ。お前《まへ》ン所《とこ》は知《し》つて居《ゐ》るから後《あと》から一人《ひとり》でも行《い》けるよ。」
「さうでございますか。それではきつとお待《ま》ち申《まを》しますよ。お歸《かへ》りには私《わたくし》がお宅《たく》までお送《おく》り申《まを》しますから、御心配《ごしんぱい》なさらないやうにお内《うち》へ斷《ことわ》つて入《い》らつしやいまし。」
「ああ、それぢや左樣《さよ》なら。」
 かう云《い》つて私《わたし》は子供《こども》の方《はう》を向《む》いてなつかしさうに挨拶《あいさつ》をしたが、信一《しんいち》は例《れい》の品《ひん》のある顏《かほ》をにこりともさせず、唯《たゞ》鷹揚《おうやう》にうなづいただけであつた。
 今日《けふ》からあの立派《りつぱ》の子供《こども》と仲好《なかよ》しになるのかと思《おも》ふと、何《なん》となく嬉《うれ》しい氣持《きもち》がして、日頃《ひごろ》遊《あそ》び仲間《なかま》の髢屋《かもじや》の幸吉《かうきち》や船頭《せんどう》の鐵公《てつこう》などに見付《みつ》からぬやうに急《いそ》いで内《うち》へ歸《かへ》り、盲縞《めくらじま》の學校着《がくかうぎ》を對《つひ》の黃《き》八|丈《ぢやう》の普斷着《ふだんぎ》に着更《きか》へるや否《いな》や、
「お母《つか》さん、遊《あそ》びに行《い》つて來《く》るよ。」
 と、雪駄《せつた》をつツかけながら格子先《かふしさき》に云《い》ひ捨《す》てて、其《そ》の儘《まゝ》塙《はなは》の家《うち》へ駈《か》け出《だ》して行《い》つた。
 有馬學校《ありまがくかう》の前《まへ》から眞直《まつす》ぐに中之橋《なかのはし》を越《こ》え、濱町《はまちやう》の岡田《をかだ》の塀《へい》へついて中洲《なかず》に近《ちか》い河岸通《かしどほ》りへ出《で》た所《ところ》は、何《なん》となくさびれたやうな閑靜《かんせい》な一|廓《くわく》をなして居《ゐ》る。今《いま》はなくなつたが新大橋《しんおほはし》の袂《たもと》から少《すこ》し手前《てまへ》の右側《みぎがは》に名代《なだい》の團子屋《だんごや》と煎餅屋《せんべいや》があつて、其《そ》のすぢ向《むか》うの角《かど》の、長《なが》い長《なが》い塀《へい》を繞《めぐ》らした嚴《いか》めしい鐵格子《てつがふし》の門《もん》が塙《はなは》の家《いへ》であつた。前《まへ》を通《とほ》るとこんもりした邸内《ていない》の植《う》ゑ込《こ》みの靑葉《あおば》の隙《ひま》から破風型《はふがた》の日本館《にほんくわん》の瓦《かわら》が銀鼠色《ぎんねずみいろ》に輝《かゞや》き、其《そ》の後《うしろ》に西洋館《せいやうくわん》の褪紅《たいこう》緋色《ひいろ》の煉瓦《れんぐわ》がちらちら見《み》えて、いかにも物持《ものも》ちの住《す》むらしい、奧床《おくゆか》しい構《かま》へであつた。
 成《な》る程《ほど》其《そ》の日《ひ》は何《なに》か内《うち》にお祭《まつり》でもあるらしく、陽氣《やうき》な馬鹿囃《ばかばや》しの太鼓《たいこ》の音《おと》が塀《へい》の外《そと》に洩《も》れ、開放《あけはな》された橫町《よこちやう》の裏木戶《うらきど》からは此《こ》の界隈《かいわい》に住《す》む貧乏人《びんばふにん》の子供逹《こどもたち》が多勢《おほぜい》ぞろぞろ庭内《ていない》に入《はい》つて行《ゆ》く。私《わたし》は表門《おもてもん》の番人《ばんにん》の部屋《へや》へ行《い》つて信一《しんいち》を呼《よ》んで貰《もら》はうかとも思《おも》つたが、何《なん》となく恐《おそ》ろしい氣《き》がしたので、其《そ》の子供逹《こどもたち》と同《おな》じ樣《やう》に裏木戶《うらきど》の潛《くゞ》りを拔《ぬ》けて構《かま》への中《なか》へ入《はい》つた。
 何《なん》と云《い》ふ大《おほ》きな屋敷《やしき》だらう。かう思《おも》つて私《わたし》は瓢簞形《へうたんがた》をした池《いけ》の汀《みぎは》の芝生《しばふ》に彳《たゝず》んで、ひろいひろい庭《には》の中《うち》を見廻《みまは》した。周延《ちかのぶ》が畫《か》いた千代田《ちよだ》の大奧《おほおく》と云《い》ふ三|枚《まい》續《つゞ》きの繪《え》にあるやうな遣《や》り水《みづ》、築山《つきやま》、雪見燈籠《ゆきみどうろう》、瀨戶物《せともの》の鶴《つる》、洗《あら》ひ石《せき》などがお誂《あつら》へ向《む》きに配置《はいち》されて、水《みづ》のほとりの伽藍石《がらんせき》から幾箇《いくこ》も幾箇《いくこ》も飛《と》び石《いし》が長《なが》く續《つゞ》き、遙《はるか》向《むか》うに御殿のやうな座敷《ざしき》が見《み》えてゐる。彼處《あすこ》に信一《しんいち》が居《ゐ》るのかと思《おも》ふと、もうとても今日《けふ》は會《あ》へないやうな氣《き》がした。
 多勢《おほぜい》の子供逹《こどもたち》は毛氈《まうせん》のやうな靑草《あをくさ》の上《うへ》を蹈《ふ》んで、のどかな暖《あたゝか》い日《ひ》の下《した》に遊《あそ》んで居《ゐ》る。見《み》ると綺麗《きれい》に飾《かざ》られた庭《には》の片隅《かたすみ》の稻荷《いなり》の祠《ほこら》から裏《うら》の木戶口《きどぐち》まで一|間《けん》置《お》き位《ぐらゐ》に地口《ぢぐち》の行燈《あんどん》が列《なら》び、接待《せつたい》の甘酒《あまざけ》だのおでんだの汁粉《しるこ》だのの屋臺《やたい》が處々《ところ/″\》に設《まう》けられて、餘興《よきよう》のお神樂《かぐら》や子供《こども》角力《ずまふ》のまはりには山《やま》のやうに人《ひと》が集《あつ》まつてゐる。折角《せつかく》樂《たの》しみにして遊《あそ》びに來《き》たかひもなく、何《なん》だかがつかりして私《わたし》はあてどもなく、其處《そこ》らを步《ある》き廻《まは》つた。
「兄《にい》さん、さあ甘酒《あまざけ》を飮《の》んでおいで、お錢《あし》は要《い》らないんだよ。」
 甘酒屋《あまざけや》の前《まへ》へ來《く》ると赤《あか》い襷《たすき》をかけた女中《ぢよちゆう》が笑《わら》ひながら聲《こゑ》をかけたが、私《わたし》はむづかしい顏《かほ》をして其處《そこ》を通《とほ》り過《す》ぎた、やがておでん屋《や》の前《まへ》へ來《く》ると、また、
「兄《にい》さん、さあおでんを食《た》べておいで、お錢《あし》がなくても上《あ》げるんだよ。」
 と、頭《あたま》の禿《は》げた爺《おやぢ》に聲《こゑ》をかけられる。
「いらないよ、いらないよ。」
 と、私《わたし》は情《なさけ》ない聲《こゑ》を出《だ》して、あきらめたやうに裏木戶《うらきど》へ引《ひ》き返《かへ》さうとした時《とき》、紺《こん》の法被《はつぴ》を着《き》た酒臭《さけくさ》い息《いき》の男《をとこ》が何處《どこ》からかやつて來《き》て、
「兄《にい》さん、お前《めへ》はまだお菓子《くわし》を貰《もら》はねえんだらう。歸《けへ》るんならお菓子《くわし》を貰《もら》つて歸《けへ》りな。さ、此《こ》れを持《も》つて彼處《あすこ》の御座敷《おざしき》の小母《をば》さんの處《とこ》へ行《い》くとお菓子《くわし》をくれるから、早《はや》く貰《もら》つて來《く》るがいい。」
 かう云《い》つて眞紅《まつか》に染《そ》めたお菓子《くわし》の切符《きつぷ》を渡《わた》してくれた。私《わたし》は悲《かな》しさが胸《むね》へこみ上《あ》げて來《き》たが、若《も》しや座敷《ざしき》の方《はう》へ行《い》つたら信一《しんいち》に會《あ》へるか知《し》らんと思《おも》ひ、云《い》はれる儘《まゝ》に切符《きつぷ》を貰《もら》つて又《また》庭《には》の中《うち》を步《ある》き出《だ》した。
 幸《さいは》ひと其《そ》れから間《ま》もなく附《つ》き添《そ》ひの女中《ぢよちゆう》に見附《みつ》けられて、
「坊《ぼつ》ちやん、よく入《い》らしつて下《くだ》さいました。もう先《さつき》からお待《ま》ち兼《か》ねでございますよ。さあ彼方《あちら》へ入《い》らつしやいまし。かう云《い》ふ卑《いや》しい子供逹《こどもたち》の中《なか》でお遊《あそ》びになつてはいけません。」
 と、親切《しんせつ》に手《て》を握《にぎ》られ、私《わたし》は思《おも》はず淚《なみだ》ぐんで、直《す》ぐには返辭《へんじ》が出來《でき》なかつた。
 床《ゆか》の高《たか》い、子供《こども》の丈《たけ》ぐらゐ有《あ》りさうな椽《えん》に沿《そ》うて、庭《には》に突《つ》き出《で》た廣《ひろ》い座敷《ざしき》の蔭《かげ》へ廻《まは》ると、十坪《とつぼ》ばかりの中庭《なかには》に、萩《はぎ》の袖垣《そでがき》を結《ゆ》ひ繞《めぐ》らした小座敷《こざしき》の前《まへ》へ出《で》た。
「坊《ぼつ》ちやん、お友逹《ともだち》が入《い》らつしやいましたよ。」
 靑桐《あをぎり》の木立《こだち》の下《した》から女中《ぢよちゆう》が呼《よ》び立《た》てると、障子《しやうじ》の蔭《かげ》にばたばたと小刻《こきざ》みの足音《あしおと》がして、
「此方《こつち》へお上《あが》んな。」
 と甲高《かんだか》い聲《こゑ》で怒鳴《どな》りながら、信一《しんいち》が椽側《えんがは》へ駈《か》けて來《き》た。あの憶病《おくびやう》な子《こ》が、何處《どこ》を押《お》せばこんな元氣《げんき》の好《い》い聲《こゑ》が出《で》るのだらうと、私《わたし》は不思議《ふしぎ》に思《おも》ひながら、見違《みちが》へる程《ほど》盛裝《せいさう》した友《とも》の樣子《やうす》をまぶしさうに見上《みあ》げた。黑羽二重《くろはぶたへ》の熨斗目《のしめ》の紋附《もんつき》に羽織袴《はおりはかま》を着《つ》けて立《た》つた姿《すがた》は、椽側《えんがは》一|杯《ぱい》に照《て》らす麗《うらゝ》かな日《ひ》をまともに浴《あ》びて黑《くろ》い七子《なゝこ》の羽織地《はおりぢ》が銀沙《ぎんすな》のやうにきらきら光《ひか》つて居《ゐ》る。
 友逹《ともだち》に手《て》をひかれて通《とほ》されたのは八|疊《でふ》ばかりの小綺麗《こぎれい》な座敷《ざしき》で、餅菓子《もちぐわし》の折《をり》の底《そこ》を嗅《か》ぐやうな甘《あま》い香《かほ》りが部屋《へや》の中《うち》に漂《たゞよ》ひ、ふくやかな八|反《たん》の座蒲團《ざぶとん》が二《ふた》つ人待《ひとま》ち顏《がほ》に敷《し》かれてあつた。直《す》ぐにお茶《ちや》だのお菓子《くわし》だのお强飯《こは》に口取《くちと》りを添《そ》へた溜塗《ためぬり》の高臺《たかだい》だのが運《はこ》ばれて、
「坊《ぼつ》ちやん、お母樣《かあさま》がお友逹《ともだち》と仲《なか》よくこれを召《め》し上《あが》るやうにつて。‥‥それから今日《こんち》は好《い》いお召《めし》を召《め》して居《ゐ》らつしやるんですから、あんまりお徒《いた》をなさらないやうに大人《おとな》しくお遊《あそ》びなさいましよ。」
 と、女中《ぢよちゆう》は遠慮《ゑんりよ》して居《ゐ》る私《わたし》に赤飯《せきはん》やきんとん[#「きんとん」に傍点]を勸《すゝ》めて次《つぎ》へ退《さが》つて了《しま》つた。
 物靜《ものしづ》かな、日《ひ》あたりの好《い》い部屋《へや》である。燃《も》えるやうな障子《しやうじ》の紙《かみ》に椽先《えんさき》の木蓮《もくれん》の影《かげ》が映《うつ》つて、遙《はるか》かに庭《には》の方《はう》から、てん、てん、てん、とお神樂《かぐら》の太鼓《たいこ》の音《おと》が子供逹《こどもたち》のがやがや云《い》ふ騷《さわ》ぎに交《まじ》つて響《ひゞ》いて來《く》る。私《わたし》は遠《とほ》い不思議《ふしぎ》な國《くに》に來《き》たやうな氣《き》がした。
「信《しん》ちやん、お前《まへ》はいつも此《こ》のお座敷《ざしき》にゐるのかい。」
「ううん、此處《ここ》は本當《ほんと》は姊《ねえ》さんの所《とこ》なの。彼處《あすこ》にいろんな面白《おもしろ》い姊《ねえ》さんの玩具《おもちや》があるから、見《み》せて上《あ》げようか。」
 かう云《い》つて信一《しんいち》は地袋《ぢぶくろ》の中《なか》から、奈良人形《ならにんぎやう》の猩々《しやう/″\》や、木目込《きめこ》み細工《ざいく》の尉《じよう》と姥《うば》や、西京《さいきやう》の芥子人形《けしにんぎやう》、伏見人形《ふしみにんぎやう》、伊豆藏人形《いづくらにんぎやう》などを二人《ふたり》のまはりへ綺麗《きれい》に列《なら》べ、さまざまの男女《だんぢよ》の姿《すがた》をした首人形《くびにんぎやう》を二|疊《でふ》程《ほど》の疊《たゝみ》の目《め》へ數知《かずし》れず挿《さ》し込《こ》んで見《み》せた。二人《ふたり》は蒲團《ふとん》へ腹這《はらば》ひになつて、髯《ひげ》を生《は》やしたり、眼《め》をむきだしたりして居《ゐ》る巧緻《かうち》な人形《にんぎやう》の表情《へうじやう》を覗《のぞ》き込《こ》むやうにした。さうしてかう云《い》ふ小《ちひ》さい人間《にんげん》の住《す》む世界《せかい》を想像《さうざう》した。
「まだここに繪草紙《ゑざうし》が澤山《たくさん》あるんだよ。」
 と、信一《しんいち》は又《また》袋戶棚《ふくろとだな》から、半《はん》四|郞《らう》や菊之丞《きくのじよう》の似顏繪《にがほゑ》のたたうに一|杯《ぱい》詰《つ》まつて居《ゐ》る草雙紙《くさざうし》を引《き》き擦《ず》り出《だ》して、色々《いろ/\》の繪本《ゑほん》を見《み》せてくれた。何《なん》十|年《ねん》立《た》つたか判《わか》らぬ木版刷《もくはんずり》の極彩色《ごくさいしき》が、光澤《つや》も褪《あ》せないで鮮《あざや》かに匂《にほ》つてゐる美濃紙《みのがみ》の表紙《へうし》を開《ひら》くと、黴臭《かびくさ》いケバケバの立《た》つて居《ゐ》る紙《かみ》の面《おもて》に、舊幕時代《きうばくじだい》の美《うつ》くしい男女《だんぢよ》の姿《すがた》が生《い》き生《い》きとした目鼻立《めはなだ》ちから細《こま》かい手足《てあし》の指先《ゆびさき》まで、さながら動《うご》き出《だ》すやうに描《ゑが》かれてゐる。丁度《ちやうど》此《こ》の屋敷《やしき》のやうな御殿《ごてん》の奧庭《おくには》で、多勢《おほぜい》の腰元《こしもと》と一|諸《しよ》にお姬樣《ひめさま》が螢《ほたる》を追《お》つて居《ゐ》るかと思《おも》へば、淋《さび》しい橋《はし》の袂《たもと》で深編笠《ふかあみがさ》の侍《さむらひ》が下郞《げらう》の首《くび》を打《う》ち落《おと》し、屍骸《しがい》の懷中《くわいちゆう》から奪《うば》ひ取《と》つた文箱《ふばこ》の手紙《てがみ》を、月《つき》にかざして讀《よ》んで居《ゐ》る。其《そ》の次《つぎ》には黑裝束《くろしやうぞく》に覆面《ふくめん》の曲者《くせもの》がお局《つぼね》の中《なか》へ忍《しの》び込《こ》んで、ぐつすり寢《ね》て居《ゐ》る椎茸髱《しひたけたぼ》の女《をんな》の喉元《のどもと》へ蒲團《ふとん》の上《うへ》から刀《かたな》を突《つ》き通《とほ》して居《ゐ》る。又《また》ある所《ところ》では行燈《あんどん》の火影《ほかげ》かすかな一《ひ》と間《ま》の中《うち》に、濃艶《のうえん》な寢卷姿《ねまきすがた》の女《をんな》が血《ち》のしたたる剃刀《かみそり》を口《くち》に咬《くは》へ、噓空《こくう》を摑《つか》むで足許《あしもと》に斃《たふ》れて居《ゐ》る男《をとこ》の死《し》に態《ざま》をぢろりと眺《なが》めて、「ざまを見《み》やがれ。」と云《い》ひながら立《た》つて居《ゐ》る。信一《しんいち》も私《わたし》も一|番《ばん》面白《おもしろ》がつて見《み》たのは奇怪《きくわい》な殺人《さつじん》の光景《くわうけい》で、眼球《めだま》が飛《と》び出《だ》して居《ゐ》る死人《しにん》の顏《かほ》だの、胴斬《どうぎ》りにされて腰《こし》から下《した》だけで立《た》つて居《ゐ》る人間《にんげん》だの、眞黑《まつくろ》な血痕《けつこん》が雲《くも》のやうに斑《ふ》をなして居《ゐ》る不思議《ふしぎ》な圖面《づめん》を、夢中《むちゆう》になつて覗《のぞ》き込《こ》んで居《ゐ》ると、
「あれ、また信《しん》ちやんは人《ひと》の物《もの》を徒《いたづ》らして居《ゐ》るんだね。」
 かう云《い》つて、友禪《いうぜん》の振袖《ふりそで》を着《き》た十三四の女《をんな》の子《こ》が襖《ふすま》を開《あ》けて駈込《かけこ》んで來《き》た。額《ひたひ》のつまつた、眼元《めもと》口元《くちもと》の凛々《りゝ》しい顏《かほ》に子供《こども》らしい怒《いかり》を含《ふく》んで、つツと立《た》つた儘《まゝ》弟《おとうと》と私《わたし》の方《はう》をきりきり睨《ね》め付《つ》けて居《ゐ》る。信一《しんいち》は一《ひ》と縮《ちゞ》みに縮《ちゞ》み上《あが》つて蒼《あを》くなるかと思《おも》ひの外《ほか》、
「何《なに》云《い》つてるんだい。徒《いたづ》らなんかしやしないよ。お友逹《ともだち》に見《み》せてやつてるんぢやないか。」
 と、まるで取《と》り合《あ》はないで、姊《あね》の方《はう》を振《ふ》り向《む》きもせずに繪本《ゑほん》を繰《く》つて居《ゐ》る。
「徒《いたづ》らしない事《こと》があるもんか。あれ、いけないつてばさ。」
 ばたばたと姊《あね》は駈《か》け寄《よ》つて、見《み》て居《ゐ》る本《ほん》を引《ひ》つたくらうとしたが、信一《しんいち》もなかなか放《はな》さない。表紙《へうし》と裏《うら》とを雙方《さうはう》が引張《ひつぱ》つて、綴《と》ぢ目《め》の所《ところ》が今《いま》にも破《やぶ》けさうになる、暫《しばら》くさうして睨《にら》み合《あ》つて居《ゐ》たが、
「姊《ねえ》さんのけちんぼ! もう借《か》りるもんかい。」
 と、信一《しんいち》はいきなり本《ほん》をたたき捨《す》てて、有《あ》り合《あ》ふ奈良人形《ならにんぎやう》を姊《あね》の顏《かほ》へ投《な》げ付《つ》けたが、狙《ねら》ひが外《はづ》れて床《とこ》の間《ま》の壁《かべ》へ中《あた》つた。
「それ御覽《ごらん》な、そんな徒《いたづ》らをするぢやないか。――またあたしを打《ぶ》つんだね。いいよ、打《ぶ》つなら澤山《たくさん》お打《ぶ》ち。此《こ》の間《あひだ》もお前《まへ》のお蔭《かげ》で、こら、こんなに痣《あざ》になつて未《ま》だ消《き》えやしない。これをお父樣《とうさん》に見《み》せて云《い》つけてやるから覺《おぼ》えておいで。」
 恨《うら》めしさうに淚《なみだ》ぐみながら、姊《あね》は縮緬《ちりめん》の裾《すそ》をまくつて、眞白《まつしろ》な右脚《みぎあし》の脛《すね》に印《いん》せられた痣《あざ》の痕《あと》を見《み》せた。丁度《ちやうど》膝頭《ひざがしら》のあたりからふくら[#「ふくら」に傍点]脛《はぎ》へかけて、血管《けつくわん》が靑《あを》く透《す》いて見《み》える薄《うす》い柔《やはらか》い肌《はだ》の上《うへ》を、紫《むらさき》の斑點《はんてん》がぼかしたやうに傷々《いた/\》しく濁染《にじ》んでゐる。
「云《い》つけるなら勝手《かつて》においひつけ。けちんぼ、けちんぼ。」
 信一《しんいち》は人形《にんぎやう》を足《あし》で滅茶滅茶《めちやめちや》に蹴倒《けたふ》して、
「お庭《には》へ行《い》つて遊《あそ》ばう。」
 と、私《わたし》を連《つ》れて其處《そこ》を飛《と》び出《だ》してしまつた。
「姊《ねえ》さんは泣《な》いて居《ゐ》るか知《し》ら。」
 戶外《そと》へ出《で》ると、氣《き》の毒《どく》なやうな悲《かな》しいやうな氣持《きもち》になつて私《わたし》は尋《たづ》ねた。
「泣《な》いたつていいんだよ。每日《まいにち》喧嘩《けんくわ》して泣《な》かしてやるんだ。姊《ねえ》さんたつて彼《あ》れはお妾《めかけ》の子《こ》なんだもの。」
 こんな生意氣《なまいき》な口《くち》をきいて、信一《しんいち》は西洋館《せいやうくわん》と日本館《にほんくわん》の間《あひだ》にある欅《けやき》や櫟《くぬぎ》の大木《たいぼく》の蔭《かげ》へ步《ある》いて行《い》つた。其處《そこ》は繁茂《はんも》した老樹《らうじゆ》の枝《えだ》がこんもりと日《ひ》を遮《さへぎ》つて、じめじめした地面《ぢめん》には靑苔《あをごけ》が一|面《めん》に生《は》え、暗《くら》い肌寒《はださむ》い氣流《きりゆう》が二人《ふたり》の襟元《えりもと》へしみ入《い》るやうであつた。大方《おほかた》古井戶《ふるゐど》の跡《あと》でもあらう、沼《ぬま》とも池《いけ》とも付《つ》かない濁《にご》つた水溜《みづたま》りがあつて、水草《みづくさ》が綠靑《ろくしやう》のやうに浮《う》いて居《ゐ》る。二人《ふたり》は其《そ》の滸《ほとり》へ腰《こし》を下《お》ろして、濕《しめ》つぽい土《つち》の匂《にほひ》を嗅《か》ぎながらぼんやり足《あし》を投《な》げ出《だ》して居《ゐ》ると、何處《どこ》からともなく幽玄《いうげん》な、微妙《びめう》な奏樂《そうがく》の響《ひゞき》が洩《も》れて來《き》た。
「あれは何《なん》だらう。」
 かう云《い》ひながらも、私《わたし》は油斷《ゆだん》なく耳《みゝ》を傾《かたむ》けた。
「あれは姊《ねえ》さんがピアノを彈《ひ》いて居《ゐ》るんだよ。」
「ピアノつて何《なん》だい。」
「オルガンのやうなものだつて、姊《ねえ》さんがさう云《い》つたよ。異人《いじん》の女《をんな》が每日《まいにち》あの西洋館《せいやうくわん》へ來《き》て姊《ねえ》さんに敎《をし》へてやつてるの。」
 かう云《い》つて信一《しんいち》は西洋館《せいやうくわん》の二|階《かい》を指《ゆびさ》した。肉色《にくいろ》の布《ぬの》のかかつた窓《まど》の中《うち》から絕《た》えず洩《も》れて來《く》る不思議《ふしぎ》な響《ひゞき》。‥‥或《あ》る時《とき》は森《もり》の奧《おく》の妖魔《えうま》が笑《わら》ふ木靈《こだま》のやうな、或《あ》る時《とき》はお伽噺《とぎばなし》に出《で》て來《く》る侏儒共《こびとども》が多勢《おほぜい》揃《そろ》つて踊《をど》るやうな、幾千《いくせん》の細《こま》かい想像《さうざう》の綾絲《あやいと》で、幼《をさな》い頭《あたま》へ微妙《びめう》な夢《ゆめ》を織《を》り込《こ》んで行《ゆ》く不思議《ふしぎ》な響《ひゞき》は、此《こ》の古沼《ふるぬま》の水底《みなそこ》で奏《かな》でるのかとも疑《うたが》はれる。
 奏樂《そうがく》の音《ね》が止《や》んだ頃《ころ》、私《わたし》はまだ消《き》えやらぬ ecstasy の快感《くわいかん》の尾《を》を心《こゝろ》に曳《ひ》きながら、今《いま》にあの窓《まど》から異人《いじん》や姊娘《あねむすめ》が顏《かほ》を出《だ》しはすまいかと思《おも》ひ憧《あこが》れてぢつと二|階《かい》を視《み》つめた。
「信《しん》ちやん、お前《まへ》は彼處《あすこ》へ遊《あそ》びに行《い》かないのかい。」
「ああ、徒《いたづ》らをしていけないつて、お母《かあ》さんがどうしても上《あ》げてくれないの、いつかそうツと行《い》つて見《み》ようとしたら、錠《ぢやう》が下《お》りて居《ゐ》てどうしても開《あ》かなかつたよ。」
 信一《しんいち》も私《わたし》と同《おな》じやうに好奇《かうき》な眼《め》つきをして二|階《かい》を見上《みあ》げた。
「坊《《ぼつ》ちやん、三|人《にん》で何《なに》かして遊《あそ》びませんか。」
 ふと、かう云《い》ふ聲《こゑ》がして後《うしろ》から駈《か》けて來《き》た者《もの》がある。其《そ》れは同《おな》じ有馬學校《ありまがくかう》の一二|年《ねん》上《うへ》の生徒《せいと》で、名前《なまへ》こそ知《し》らないが、每日《まいにち》のやうに年下《としした》の子供《こども》をいぢめて居《ゐ》る名代《なだい》の餓鬼大將《がきだいしやう》だから顏《かほ》はよく覺《おぼ》えて居《ゐ》た。どうして此奴《こいつ》がこんな處《ところ》へやつて來《き》たのだらうと、訝《いぶか》りながら默《だま》つて樣子《やうす》を見《み》て居《ゐ》ると、其《そ》の子《こ》は信一《しんいち》に仙吉《せんきち》仙吉《せんきち》と呼《よ》び捨《ず》てにされながら、坊《ぼつ》ちやん坊《ぼつ》ちやんと御機嫌《ごきげん》を取《と》つて居《ゐ》る。後《あと》で聞《き》いて見《み》れば塙《はなは》の家《うち》の馬丁《べつとう》の子《こ》であつたが、其《そ》の時《とき》私《わたし》は、猛獸遣《まうじうつか》ひのチヤリネの美人《びじん》を見《み》るやうな眼《め》で、信一《しんいち》を見《み》ない譯《わけ》には行《ゆ》かなかつた。
「そんなら三|人《にん》で泥坊《どろばう》ごつこしよう。あたしと榮《えい》ちやんがお巡《まはり》になるから、お前《まへ》は泥坊《どろばう》におなんな。」
「なつてもいいけれど、此《こ》の間《あひだ》見《み》たいに非道《ひど》い亂暴《らんばう》をしつこなしですよ。坊《ぼつ》ちやんは繩《なは》で縛《しば》つたり、鼻糞《はなくそ》をくツつけたりするんだもの。」
 此《こ》の問答《もんだふ》をきいて、私《わたし》は愈々《いよ/\》驚《おどろ》いたが、可愛《かあい》らしい女《をんな》のやうな信一《しんいち》が、荒《あら》くれた熊《くま》のやうな仙吉《せんきち》をふん縛《じば》つて苦《くる》しめて居《ゐ》る光景《くわうけい》を、どう考《かんが》へて見《み》ても實際《じつさい》に想像《さうざう》することが出來《でき》なかつた。
 やがて信一《しんいち》と私《わたし》は巡査《じゆんさ》になつて、沼《ぬま》の周圍《しうゐ》や木立《こだち》の間《あひだ》を縫《ぬ》ひながら盜賊《どろぼう》の仙吉《せんきち》を追《お》ひ廻《まは》したが、此方《こつち》は二人《ふたり》でも先方《せんぱう》は年上《としうへ》だけに中々《なか/\》捕《つか》まらない。漸《やうや》くの事《こと》で西洋館《せいやうくわん》の裏手《うらて》の塀《へい》の隅《すみ》にある物置小屋《ものおきごや》まで追《お》ひ詰《つ》めた。
 二人《ふたり》はひそひそ示《しめ》し合《あは》せて、息《いき》を殺《ころ》し、足音《あしおと》を忍《しの》ばせ、そうつと小屋《こや》の中《なか》へ入《はい》つた。倂《しか》し仙吉《せんきち》は何處《どこ》へ隱《かく》れたものか姿《すがた》が見《み》えない。さうして押《お》し漬《づけ》だの糠味噌《ぬかみそ》だの醤油樽《しやうゆだる》だのの咽《む》せ返《かへ》るやうな古臭《ふるくさ》い匂《にほひ》が、薄暗《うすぐら》い小屋《こや》の中《なか》にこもつて、わらじ蟲《むし》がぞろぞろと蜘蛛《くも》の巢《す》だらけの屋根裏《やねうら》や樽《たる》の周圍《まはり》に這《は》つて居《ゐ》る有樣《ありさま》が、何《なに》か不思議《ふしぎ》な面白《おもしろ》い徒《いたづ》らを幼《をさな》い者《もの》にそそのかすやうであつた。すると何處《どこ》やらでくすくすと忍《しの》び笑《わら》ひをするのが聞《きこ》えて、忽《たちま》ち梁《うつばり》に吊《つ》るしてあつた用心籠《ようじんかご》がめりめりと鳴《な》るかと思《おも》ふと、其處《そこ》から「わあ」と云《い》ひながら仙吉《せんきち》の顏《かほ》が現《あらは》れた。
「やい、下《お》りて來《こ》い。下《お》りて來《こ》ないと非道《ひど》い目《め》に會《あ》はせるぞ。」
 信一《しんいち》は下《した》から怒鳴《どな》つて、私《わたし》と一|諸《しよ》に箒木《ほうき》で顏《かほ》を突《つ》かうとする。
「さあ來《こ》い。誰《だれ》でも傍《そば》へ寄《よ》ると小便《しよんべん》をしつかけるぞ。」
 仙吉《せんきち》が籠《かご》の上《うへ》から、あはや小便《せうべん》をたれさうにしたので、信一《しんいち》は用心籠《ようじんかご》の眞下《ました》へ廻《まは》り、有《あ》り合《あ》ふ竹竿《たけざを》で籠《かご》の目《め》から仙吉《せんきち》の臀《しり》だの足《あし》の裏《うら》だの、所嫌《ところきら》はずつツ突《つ》き始《はじ》めた。
「さあ、此《こ》れでも下《お》りないか。」
「あいた、あいた。へい、へい、もう下《お》りますから御免《ごめん》なさい。」
 悲鳴《ひめい》を揚《あ》げてあやまりながら、痛《いた》む節々《ふし/″\》を抑《おさ》へて下《お》りて來《き》た奴《やつ》の胸《むな》ぐらを取《と》つて、
「何處《どこ》で何《なに》を盜《ぬす》んだか、正直《しやうぢき》に白狀《はくじやう》しろ。」
 と、信一《しんいち》が出鱈目《でたらめ》に訊問《じんもん》を始《はじ》める。仙吉《せんきち》は亦《また》、やれ白木屋《しろきや》で反物《たんもの》を五|反《たん》取《と》つたの、にんべん[#「にんべん」に傍点]で鰹節《かつぶし》を盜《ぬす》んだの、日本銀行《にほんぎんかう》でお札《さつ》をごまかしたのと、出鱈目《でたらめ》ながら生意氣《なまいき》な事《こと》を云《い》つた。
「うん、さうか、太《ふと》い奴《やつ》だ。まだ何《なに》か惡《わる》い事《こと》をしたらう。人《ひと》を殺《ころ》した覺《おぼ》えはないか。」
「へいございます。熊谷《くまがい》土手《どて》で按摩《あんま》を殺《ころ》して五十|兩《りやう》の財布《さいふ》を盜《ぬす》みました。さうして其《そ》のお金《かね》で吉原《よしはら》へ參《まゐ》りました。」
 緞帳芝居《どんちやうしばゐ》か覗《のぞ》き機巧《からくり》で聞《き》いて來《く》るものと見《み》えて、如何《いか》にも當意卽妙《たういそくめう》の返答《へんたふ》である。
「まだ其《そ》の外《ほか》にも人《ひと》を殺《ころ》したらう。よし、よし、云《い》はないな。云《い》はなければ拷問《がうもん》にかけてやる。」
「もう此《こ》れだけでございますから、勘忍《かんにん》しておくんなさい。」
 信一《しんいち》は、手《て》を合《あは》せて拜《おが》むやうにするのを耳《みゝ》にもかけず、素早《すばや》く仙吉《せんきち》の締《し》めて居《ゐ》る薄穢《うすぎたな》い淺黃《あさぎ》の唐縮緬《たうちりめん》の兵兒帶《へこおび》を解《と》いて後手《うしろで》に縛《しば》り上《あ》げた上《うへ》、其《そ》のあまりで兩脚《りやうあし》の踝《くるぶし》まで器用《きよう》に括《くゝ》つた。それから仙吉《せんきち》の髮《かみ》の毛《け》を引張《ひつぱ》つたり、頰《ほつ》ぺたを摘《つ》まみ上《あ》げたり、眼瞼《まぶた》の裏《うら》の紅《あか》い處《ところ》をひつくりかへして白眼《しろめ》を出《だ》させたり、耳朶《みゝたぶ》や唇《くちびる》の端《はし》を掴《つか》んで振《ふ》つて見《み》たり、芝居《しばゐ》の子役《こやく》か雛妓《おしやく》の手《て》のやうなきやしや[#「きやしや」に傍点]な靑白《あをじろ》い指先《ゆびさき》が狡猾《かうくわつ》に働《はたら》いて、肌理《きめ》の粗《あら》い黑《くろ》い醜《みにく》く肥《こ》えた仙吉《せんきち》の顏《かほ》の筋肉《きんにく》は、ゴムのやうに面白《おもしろ》く伸《の》びたり縮《ちゞ》んだりした。其《そ》れにも飽《あ》きると、
「待《ま》て、待《ま》て。貴樣《きさま》は罪人《ざいにん》だから額《ひたひ》に入墨《いれずみ》をしてやる。」
 かう云《い》ひながら、其處《そこ》にあつた炭俵《すみだわら》の中《なか》から佐倉炭《さくらずみ》の塊《かたまり》を取《と》り出《だ》し、唾吐《つば》をかけて仙吉《せんきち》の額《ひたひ》へこすり始《はじ》めた。仙吉《せんきち》は滅茶滅茶《めちやめちや》にされて崩《くづ》れ出《だ》しさうな顏《かほ》の輪廓《りんくわく》を奇態《きたい》に歪《ゆが》めながらひいひいと泣《な》いて居《ゐ》たが、しまひには其《そ》の根氣《こんき》さへなくなつて、相手《あひて》の爲《な》すがままに委《まか》せた。日頃《ひごろ》學校《がくかう》では馬鹿《ばか》に强《つよ》さうな餓鬼大將《がきだいしやう》の荒《あら》くれ男《をとこ》が、信一《しんいち》の爲《た》めに見《み》る影《かげ》もない態《ざま》になつて化物《ばけもの》のやうな目鼻《めはな》をして居《ゐ》るのを見《み》ると、私《わたし》はこれ迄《まで》出會《であ》つたことのない一|種《しゆ》不思議《ふしぎ》な快感《くわいかん》に襲《おそ》はれたが、明日《あした》學校《がくかう》で意趣返《いしゆがへ》しされると云《い》ふ恐《おそ》れがあるので、信一《しんいち》と一諸《いつしよ》に徒《いたづ》らをする氣《き》にはなれなかつた。
 暫《しばら》くしてから帶《おび》を解《と》いてやると、仙吉《せんきち》は恨《うら》めしさうに信一《しんいち》の顏《かほ》を橫眼《よこめ》で睨《にら》んで、力《ちから》なくぐたりと其處《そこ》へ突俯《つゝぷ》した儘《まゝ》何《なん》と云《い》つても動《うご》かない。腕《うで》を摑《つか》んで引《ひ》き起《おこ》さうとしても亦《また》ぐたりと倒《たふ》れてしまふ。二人《ふたり》とも少《すこ》し心配《しんぱい》になつて、樣子《やうす》を窺《うかゞ》ひながら默《だま》つて彳《たゝず》んで居《ゐ》たが、
「おい、どうかしたのかい。」
 と、信一《しんいち》が邪慳《ぢやけん》に襟頸《えりくび》を捕《とら》へて、仰向《あふむ》かせて見《み》れば、いつの間《ま》にか仙吉《せんきち》は泣《な》く眞似《まね》をして汚《よご》れた顏《かほ》を筒袖《つゝそで》で半分程《はんぶんほど》拭《ふ》き取《と》つてしまつて居《ゐ》る可笑《をか》しさに、
「わはゝゝゝ」
 と、三|人《にん》は顏《かほ》を見合《みあ》はせて笑《わら》つた。
「今度《こんど》は何《なに》か外《ほか》の事《こと》をして遊《あそ》ばう。」
「坊《ぼつ》ちやん、もう亂暴《らんばう》をしちやいけませんよ。こら御覽《ごらん》なさい、こんなにひどく痕《あと》が附《つ》いたぢやありませんか。」
 見《み》ると仙吉《せんきち》の手頸《てくび》の所《ところ》には、縛《しば》られた痕《あと》が赤《あか》く殘《のこ》つて居《ゐ》る。
「あたしが狼《おほかみ》になるから、二人《ふたあり》旅人《たびゞと》にならないか。さうしてしまひに二人共《ふたありとも》狼《おほかみ》に喰《く》ひ殺《ころ》されるんだよ。」
 信一《しんいち》が又《また》こんな事《こと》を云《い》ひ出《だ》したので、私《わたし》は薄氣味惡《うすきみわる》かつたが、仙吉《せんきち》が、
「やりませう。」
 と云《い》ふから承知《しようち》しない譯《わけ》にも行《ゆ》かなかつた。私《わたし》と仙吉《せんきち》とが旅人《たびびと》のつもり、此《こ》の物置小屋《ものおきごや》がお堂《だう》のつもりで、野宿《のじゆく》をしてゐると、眞夜中頃《まよなかごろ》に信一《しんいち》の狼《おほかみ》が襲《おそ》つて來《き》て、頻《しきり》に戶《と》の外《そと》で吠《ほ》え始《はじ》める。たうとう狼《おほかみ》は戶《と》を喰《く》ひ破《やぶ》つてお堂《だう》の中《なか》を四つ這《ば》ひに這《は》ひながら、犬《いぬ》のやうな牛《うし》のやうな稀有《けう》な呻《うな》り聲《ごゑ》を立《た》てて逃《に》げ廻《まは》る二|人《にん》の旅人《たびゞと》を追《お》ひ廻《まは》す。信一《しんいち》があまり眞面目《まじめ》でやつて居《ゐ》るので、捕《つか》まつたらどんな事《こと》をされるかと、私《わたし》は心《しん》から少《すこ》し恐《こは》くなつてにやにや不安《ふあん》な笑《わら》ひを泛《うか》べながら、其《そ》の實《じつ》一|生懸命《しやうけんめい》俵《たわら》の上《うへ》や筵《むしろ》の蔭《かげ》を逃《に》げ廻《まは》つた。
「おい仙吉《せんきち》、お前《まへ》はもう足《あし》を喰《く》はれたから步《ある》いちやいけないよ。」
 狼《おほかみ》はかう云《い》つて旅人《たびゞと》の一人《ひとり》をお堂《だう》の隅《すみ》へ追《お》ひ詰《つ》め、體《からだ》にとび上《あが》つて方々《はう/″\》へ喰《く》ひ付《つ》くと、仙吉《せんきち》は役者《やくしや》のするやうな苦悶《くもん》の表情《へうじやう》をして、眼《め》をむき出《だ》すやら、口《くち》を歪《ゆが》めるやら、いろいろの身振《みぶ》りを巧《たくみ》に演《えん》じて居《ゐ》たが、遂《つひ》に喉笛《のどぶえ》を喰《く》ひ切《き》られて、キヤツと知死期《ちしご》の悲鳴《ひめい》を最後《さいご》に、手足《てあし》の指《ゆび》をぶるぶるとわななかせ、噓空《こくう》を摑《つか》んでバツタリ倒《たふ》れてしまつた。
 さあ今度《こんど》は私《わたし》の番《ばん》だ、かう思《おも》ふと氣《き》が氣《き》でなく、急《いそ》いで樽《たる》の上《うへ》へ跳《と》び上《あが》ると、狼《おほかみ》に着物《きもの》の裾《すそ》を咬《くは》へられ、恐《おそ》ろしい力《ちから》で下《した》からぐいぐい引張《ひつぱ》られた。私《わたし》は眞蒼《まつさを》になつて樽《たる》へしつかり摑《つか》まつて見《み》たが、激《はげ》しい狼《おほかみ》の權幕《けんまく》に氣後《きおく》れがして、「ああもうとても助《たす》からない。」と觀念《くわんねん》の眼《め》を閉《と》づる間《ま》もなく引《ひ》きずり落《おと》され、土間《どま》へ仰向《あふむ》きに轉《ころ》げたかと思《おも》ふと、信一《しんいち》は疾風《しつぷう》のやうに私《わたし》の首《くび》ツたまへのしかかつて喉笛《のどぶえ》を喰《く》ひ切《き》つた。
「さあもう二人共《ふたりとも》死骸《しがい》になつたんだからどんな事《こと》をされても動《うご》いちやいけないよ。此《こ》れから骨《ほね》までしやぶつてやるぞ。」
 信一《しんいち》にかう云《い》はれて、二人《ふたり》ともだらしなく大《だい》の字《じ》なりに土間《どま》へ倒《たふ》れたまま、一寸《いつすん》も動《うご》けなかつた。急《きふ》に私《わたし》は體《からだ》の處々方々《しよ/\はう/″\》がむづ痒《かゆ》くなつて、着物《きもの》の裾《すそ》のはだけた處《ところ》から冷《つ》めたい風《かぜ》がすうすうと股《また》ぐらに吹《ふ》き込《こ》み、一|方《はう》へ伸《の》ばした右《みぎ》の手《て》の中指《なかゆび》の先《さき》が微《かす》かに仙吉《せんきち》の髮《かみ》の毛《け》に觸《ふ》れて居《ゐ》るのを感《かん》じた。
「此奴《こいつ》の方《はう》が太《ふと》つて居《ゐ》て旨《うま》さうだから、此奴《こいつ》から先《さき》へ喰《く》つてやらう。」
 信一《しんいち》はさも愉快《ゆくわい》さうな顏《かほ》をして、仙吉《せんきち》の體《からだ》へ這《は》ひ上《あが》つた。
「あんまり非道《ひど》いことをしちやいけませんよ。」
 と、仙吉《せんきち》は半眼《はんがん》を開《ひら》き、小聲《こごゑ》で訴《うつた》へるやうに囁《さゝや》いた。
「そんな非道《ひど》い事《こと》はしないから、動《うご》くときかないよ。」
 むしやむしやと仰山《ぎやうさん》に舌《した》を鳴《な》らしながら、頭《あたま》から顏《かほ》、胴《どう》から腹《はら》、兩腕《りやううで》から股《もゝ》や脛《すね》の方《はう》までも喰《く》ひ散《ち》らし、土《つち》のついた草履《ざうり》のまま目鼻《めはな》の上《うへ》でも胸《むね》の上《うへ》でも勝手《かつて》に蹈《ふ》み躪《にじ》るので、又《また》しても仙吉《せんきち》は體中《からだぢう》泥《どろ》だらけになつた。
「さあ此《こ》れからお臀《しり》の肉《にく》だ。」
 やがて仙吉《せんきち》は俯向《うつむ》きに臥《ね》かされ、臀《しり》を捲《ま》くられたかと思《おも》ふと、薤《らつきやう》を二つ並《なら》べたやうに腰《こし》から下《した》が裸體《はだか》になつてぬツと晒《さら》し出《だ》された。まくり上《あ》げた着物《きもの》の裾《すそ》を死體《したい》の頭《かしら》へ被《かぶ》せて背中《せなか》へ跳《と》び乘《の》つた信一《しんいち》は、又《また》むしやむしやとやつて居《ゐ》たが、どんな事《こと》をされても仙吉《せんきち》はぢつと我慢《がまん》をして居《ゐ》る。寒《さむ》いと見《み》えて粟立《あはだ》つた臀《しり》の肉《にく》が菎蒻《こんにやく》のやうに顫《ふる》へて居《ゐ》た。
 今《いま》に私《わたし》もあんな態《ざま》をさせられるのだ。かう思《おも》つて密《ひそか》に胸《むね》を轟《とゞろ》かせたが、まさか仙吉《せんきち》同樣《どうやう》の非道《ひど》い目《め》にも會《あ》はすまい位《ぐらゐ》に考《かんが》へて居《ゐ》ると、やがて信一《しんいち》は私《わたし》の胸《むね》の上《うへ》へ跨《また》がつて、先《ま》づ鼻《はな》の頭《あたま》から喰《く》ひ始《はじ》めた。私《わたし》の耳《みゝ》には甲斐絹《かひき》の羽織《はおり》の裏《うら》のさやさやとこすれて鳴《な》るのが聞《きこ》え、私《わたし》の鼻《はな》は着物《きもの》から放《はな》つ樟惱《しやうなう》の香《か》を嗅《か》ぎ、私《わたし》の頰《ほゝ》は柔《やはらか》い羽二重《はぶたへ》の肌《はだ》にふうわりと撫《な》でられ、胸《むね》と腹《はら》とは信一《しんいち》の生暖《なまあゝか》い體《からだ》の重味《おもみ》を感《かん》じて居《ゐ》る。潤《うる》ほひのある唇《くちびる》や滑《なめら》かな舌《した》の端《はし》が、ぺろぺろと擽《くす》ぐるやうに舐《な》めて行《い》く奇怪《きくわい》な感覺《かんかく》は、恐《おそ》ろしいと云《い》ふ念《ねん》を打消《うちけ》して魅《み》するやうに私《わたし》の心《こゝろ》を征服《せいふく》して行《ゆ》き、果《は》ては愉快《ゆくわい》を感《かん》ずるようになつた。忽《たちま》ち私《わたし》の顏《かほ》は左《ひだり》の小鬢《こびん》から右《みぎ》の頰《ほゝ》へかけて激《はげ》しく蹂《ふ》み躪《にじ》られ、其《そ》の下《した》になつた鼻《はな》と唇《くちびる》は草履《ざうり》の裏《うら》の泥《どろ》と摩擦《まさつ》したが、私《わたし》は其《そ》れをも愉快《ゆくわい》に感《かん》じて、いつの間《ま》にか心《こゝろ》も體《からだ》も全《まつた》く信一《しんいち》の傀儡《くわいらい》となるのを喜《よろこ》ぶやうになつてしまつた。
 やがて私《わたし》も俯向《うつむ》きにされて裾《すそ》を剝《は》がされ、腰《こし》から下《した》をぺろぺろと喰《く》はれてしまつた。信一《しんいち》は、二《ふた》つの死骸《しがい》が裸《はだか》にされた臀《しり》を土間《どま》へ列《なら》べて倒《たふ》れて居《ゐ》る樣子《やうす》を、さも面白《おもしろ》さうにからから笑《わら》つて見《み》て居《ゐ》たが、其《そ》の時《とき》不意《ふい》に先《さき》の女中《ぢよちゆう》が小屋《こや》の戶口《とぐち》に現《あらは》れたので、私《わたし》も仙吉《せんきち》も吃驚《びつくり》して起《お》き上《あが》つた。
「おや、坊《ぼつ》ちやんは此處《こゝ》に居《ゐ》らつしやるんですか。まあお召物《めしもの》を臺《だい》なしに遊《あそ》ばして、何《なに》をなすつて居《ゐ》らつしやるんですねえ。どうして又《また》こんな穢《きたな》い所《ところ》でばかりお遊《あそ》びになるんでせう。仙《せん》ちやん、お前《まへ》が惡《わる》いんだよ、ほんとに。」
 女中《ぢよちゆう》は恐《おそ》ろしい眼《め》つきをして叱《しか》りながら、泥《どろ》の足型《あがた》が印《いん》せられて居《ゐ》る仙吉《せんきち》の目鼻《めはな》を、樣子《やうす》ありげに眺《なが》めて居《ゐ》る。私《わたし》は未《ま》だ蹈《ふ》みつけられた顏《かほ》の痕《あと》がぴりぴりするのをぢつと堪《こら》へて何《なに》か餘程《よほど》の惡事《あくじ》でも働《はたら》いた後《のち》のやうな氣《き》になつて立《た》ちすくんだ。
「さあ、もうお風呂《ふろ》が沸《わ》きましたから、好《い》い加減《かげん》に遊《あそ》ばしてお内《うち》にお入《はい》りなさいませんと、お母樣《かあさま》に叱《しか》られますよ、萩原《はぎはら》の坊《ぼつ》ちやんも亦《また》入《い》らつして下《くだ》さいましな。もう遲《おそ》うございますから、私《わたし》がお宅《たく》までお送《おく》り申《もを》しませうか。」
 女中《ぢよちゆう》も私《わたし》にだけは優《やさ》しくしたが、
「獨《ひとり》で歸《かへ》れるから、送《おく》つて貰《もら》はないでもいいの。」
 かう云《い》つて私《わたし》は辭退《じたい》した。
 門《もん》の所《ところ》まで送《おく》つて來《き》てくれた三|人《にん》に、
「あばよ。」
 と云《い》つて戶外《おもて》へ出《で》ると、いつの間《ま》にか街《まち》は靑《あを》い夕靄《ゆふもや》に罩《こ》められて、河岸通《かしどほり》にはちらちら灯《ひ》がともつて居《ゐ》る。私《わたし》は恐《おそ》ろしい不思議《ふしぎ》な國《くに》から急《きふ》に人里《ひとざと》へ出《で》て來《き》たやうな氣《き》がして、今日《けふ》の出來事《できごと》を夢《ゆめ》のやうに囘想《くわいさう》しながら家《いへ》へ歸《かへ》つて行《い》つたが、信一《しんいち》の氣高《けだか》く美《うつく》しい器量《きりやう》や人《ひと》を人《ひと》とも思《おも》はぬ我《わ》が儘《まゝ》な仕打《しう》ちは、一|日《にち》の中《うち》にすつかり私《わたし》の心《こゝろ》を奪《うば》つて了《しま》つた。
 明《あ》くる日《ひ》學校《がくかう》へ行《い》つて見《み》ると、昨日《きのふ》あんな非道《ひど》い目《め》に會《あ》はされた仙吉《せんきち》は、相變《あひかは》らず多勢《おほぜい》の餓鬼大將《がきだいしやう》になつて弱《よわ》い者《もの》いぢめをして居《ゐ》る代《かは》り、信一《しんいち》は又《また》いつもの通《とほ》りの意氣地《いくぢ》なしで、女中《ぢよちゆう》と一|諸《しよ》に小《ちひ》さくなつて運動場《うんだうば》の隅《すみ》の方《はう》にいぢけて居《ゐ》る氣《き》の毒《どく》さ、
「信《しん》ちやん、何《なに》かして遊《あそ》ばないか。」
 と、たまたま私《わたし》が聲《こゑ》をかけて見《み》ても、
「ううん、」
 と云《い》つたなり、眉根《まゆね》を寄《よ》せて不機嫌《ふきげん》らしく首《くび》を振《ふ》るばかりである。
 それから四五|日《にち》立《た》つた或《あ》る日《ひ》のこと、學校《がくかう》の歸《かへ》りがけに信一《しんいち》の女中《ぢよちゆう》は又《また》私《わたし》を呼《よ》び止《と》めて、
「今日《けふ》はお孃樣《ぢやうさま》のお雛樣《ひなさま》が飾《かざ》つてございますから、お遊《あそ》びに入《い》らつしやいまし。」
 かう云《い》つて誘《さそ》つてくれた。
 其《そ》の日《ひ》は表《おもて》の通用門《つうようもん》から番人《ばんにん》にお辭儀《じぎ》をして入《はい》つて、正面《しやうめん》の玄關《げんくわん》の傍《わき》にある細格子《ほそがうし》の出入口《でいりぐち》を開《あ》けると、直《す》ぐに仙吉《せんきち》が跳《と》んで來《き》て廊下《らうか》傳《づた》ひに中《ちゆう》二|階《かい》の十|疊《でふ》の間《ま》へ連《つ》れて行《い》つた。信一《しんいち》と姊《あね》の光子《みつこ》は雛段《ひなだん》の前《まへ》に臥《ね》そべりながら、豆炒《まめいり》を喰《た》べて居《ゐ》たが、二人《ふたり》が入《はい》つて來《く》ると急《きふ》にくすくす笑《わら》ひ出《だ》した樣子《やうす》が、何《なに》か又《また》怪《け》しからぬ徒《いたづ》らを企《たく》らんで居《ゐ》るらしいので、
「坊《ぼつ》ちやん、何《なに》か可笑《をか》しいことがあるんですか。」
 と、仙吉《せんきち》は不安《ふあん》らしく姊弟《きやうだい》の顏《かほ》を眺《なが》めて居《ゐ》る。
 緋羅紗《ひらしや》を掛《か》けた床《とこ》の雛段《ひなだん》には、淺草《あさくさ》の觀音堂《くわんおんだう》のやうな紫宸殿《ししいでん》の甍《いらか》が聳《そび》え、内裏樣《だいりさま》を始《はじ》め五|人囃《にんばや》しの官女《くわんぢよ》が殿上《でんじやう》に列《なら》んで、右近《うこん》の櫻《さくら》、左近《さこん》の橘《たちばな》の下《した》には、三|人《にん》上戶《じやうご》の仕丁《じちやう》が酒《さけ》を煖《あたゝ》めて居《ゐ》る。其《そ》の次《つ》ぎ次《つ》ぎの段《だん》には、燭臺《しよくだい》だのお膳《ぜん》だの鐵漿《おはぐろ》の道具《だうぐ》だの、唐草《からくさ》の金蒔繪《きんまきゑ》をした可愛《かあい》い調度《てうど》が、此《こ》の間《あひだ》姊《あね》の部屋《へや》にあつたいろいろの人形《にんぎやう》と一|諸《しよ》に飾《かざ》つてある。
 私《わたし》は雛段《ひなだん》の前《まへ》へ立《た》つて、つくづくと其《そ》れに見惚《みと》れて居《ゐ》ると、後《うしろ》からそうつと信一《しんいち》がやつて來《き》て、
「今《いま》ね、仙吉《せんきち》を白酒《しろざけ》で醉拂《よつぱら》はしてやるんだよ。」
 かう耳《みみ》うちをしたが、直《す》ぐにぱたぱたと仙吉《せんきち》の方《はう》へ駈《か》けて行《い》つて、
「おい仙吉《せんきち》、これから四|人《にん》でお酒盛《さかも》りをしようぢやないか。」
 と何喰《なにく》はぬ顏《かほ》で云《い》ひ出《だ》した。
 四|人《にん》は圓《まる》くなつて、豆炒《まめいり》を肴《さかな》に白酒《しろざけ》を飮《の》み始《はじ》めた。
「此《こ》れはどうも結構《けつこう》な御酒《ごしゆ》でございますな。」
 などと大人《おとな》めいた口《くち》をきいて皆《みんな》を笑《わら》はせながら、仙吉《せんきち》は猪口《ちよく》を持《も》つやうな手《て》つきで茶飮茶碗《ちやのみぢやわん》からぐいぐい白酒《しろざけ》を呷《あほ》つた。今《いま》に醉拂《よつぱら》ふだらうと思《おも》ふと可笑《をか》しさが胸《むね》へこみ上《あ》げて、時々《とき/″\》姊《あね》の光子《みつこ》は堪《たま》りかねたやうに腹《はら》を抱《かゝ》へたが、仙吉《せんきち》が醉拂《よつぱら》ふ時分《じぶん》には少《すこ》しばかりお相手《あひて》をした他《ほか》の三|人《にん》も、そろそろ怪《あや》しくなつて來《き》た。下腹《したはら》の邊《へん》に熱《あつ》い酒《さけ》がぶつぶつ沸《わ》き上《あが》つて、額《ひたひ》から雙《さう》の蟀谷《こめかみ》がほんのり汗《あせ》ばみ、頭《あたま》の鉢《はち》の周圍《しうゐ》が妙《めう》に痺《しび》れて、疊《たゝみ》の面《おもて》は船底《ふなぞこ》のやうに上下《じやうげ》左右《さいう》へ搖《ゆ》れて居《ゐ》る。
「坊《ぼつ》ちやん私《わたし》は醉《よ》ひましたよ。皆《みんな》も眞赤《まつか》な顏《かほ》をして居《ゐ》るぢやありませんか。一つ立《た》つて步《ある》いて見《み》ませんか。」
 仙吉《せんきち》は立《た》ち上《あが》つて大手《おほで》を振《ふ》りながら座敷《ざしき》を步《ある》き出《だ》したが、直《す》ぐに足許《あしもと》がよろけて倒《たふ》れる拍子《へうし》に、床柱《とこばしら》へこつんと頭《あたま》を打《う》ち付《つ》けたので、三|人《にん》がどつと吹《ふ》き出《だ》すと、
「あいつ、あいつ。」
 と、頭《あたま》をさすつて顏《かほ》を顰《しか》めて居《ゐ》る當人《たうにん》も可笑《をか》しさが堪《こら》へられず、鼻《はな》を鳴《な》らしてくすくす笑《わら》つて居《ゐ》る。
 やがて三|人《にん》も仙吉《せんきち》の眞似《まね》をして立《た》ち上《あが》り、步《ある》いては倒《たふ》れ、倒《たふ》れては笑《わら》ひ、キヤツキヤツと圖《づ》に乘《の》つて途方《とはう》もなく騷《さわ》ぎ出《だ》した。
「エーイツ、ああ好《い》い心持《こゝろもち》だ。己《おれ》は醉《よ》つて居《ゐ》るんだぞ、べらんめえ。」
 仙吉《せんきち》が臀《しり》を端折《はしを》つて肩《かた》へ彌造《やざう》を拵《こしら》へ、職人《しよくにん》の眞似《まね》をして步《ある》くと、信一《しんいち》も私《わたし》も、しまひには光子《みつこ》までが臀《しり》を端折《はしを》つて肩《かた》へ拳骨《げんこつ》を突《つ》つ込《こ》み、丁度《ちやうど》お孃《ぢやう》吉三《きちざ》のやうな姿《すがた》をして、
「べらんめえ、己《おれ》は醉拂《よつぱら》ひだぞ」
 と、座敷中《ざしきぢゆう》をよろよろ練《ね》り步《る》いては笑《わら》ひ轉《こ》ける。
「あツ、坊《ぼつ》ちやん坊《ぼつ》ちやん、狐《きつね》ごつこをしませんか。」
 仙吉《せんきち》がふと面白《おもしろ》い事《こと》を考《かんが》へ着《つ》いたやうにかう云《い》ひ出《だ》した。私《わたし》と仙吉《せんきち》と二人《ふたり》の田舍者《ゐなかもの》が狐退治《きつねたいぢ》に出《で》かけると、却《かへ》つて女《をんな》に化《ば》けた光子《みつこ》の狐《きつね》の爲《た》めに化《ば》かされて了《しま》ひ、散々《さん/″\》な目《め》に會《あ》つて居《ゐ》る所《ところ》へ、侍《さむらひ》の信一《しんいち》が通《とほ》りかかつて二人《ふたり》を救《すく》つた上《うへ》、狐《きつね》を退治《たいぢ》てくれると云《い》ふ趣向《しゆかう》である。まだ醉拂《よつぱら》つて居《ゐ》る三|人《にん》は直《す》ぐに贊成《さんせい》して、其《そ》の芝居《しばゐ》に取《と》りかかつた。
 先《ま》づ仙吉《せんきち》と私《わたし》が向鉢卷《むかうはちま》きに臀端折《しりぱしよ》りで、手《て》に手《て》にはたき[#「はたき」に傍点]を振《ふ》りかざし、
「どうも此《こ》の邊《へん》に惡《わる》い狐《きつね》が出《で》て徒《いたづ》らをするから、今日《けふ》こそ一|番《ばん》退治《たいぢ》てくれべえ。」
 と云《い》ひながら登場《とうぢやう》する。向《むか》うから光子《みつこ》の狐《きつね》がやつて來《き》て、
「もし、もし、お前樣逹《まへさんたち》を御馳走《ごちそう》して上《あ》げるから、あたしと一|諸《しよ》に入《い》らつしやいな。」
 かう云《い》つて、ぽんと、二人《ふたり》の肩《かた》を叩《たゝ》くと、忽《たちま》ち私《わたし》も仙吉《せんきち》も化《ば》かされて了《しま》ひ、
「いよう、何《なん》とはあ素晴《すば》らしい別品《べつぴん》でねえか。」
などと、眼《め》を細《ほそ》くして光子《みつこ》にでれつき始《はじ》める。
「二人共《ふたりとも》化《ば》かされてるんだから、糞《うんこ》を御馳走《ごちそう》のつもりで喰《た》べるんだよ。」
 光子《みつこ》は面白《おもしろ》くて堪《たま》らぬやうにゲラゲラ笑《わら》ひながら、自分《じぶん》の口《くち》で喰《く》ひちぎつた餡《あん》ころ餅《もち》だの、滅茶滅茶《めちやめちや》に足《あし》で踏《ふ》み潰《つぶ》した蕎麥饅頭《そばまんぢう》だの鼻汁《はな》で練《ね》り固《かた》めた豆炒《まめいり》だのを、さも穢《きたな》らしさうに皿《さら》の上《うへ》へ堆《うづたか》く盛《も》つて私逹《わたしたち》の前《まへ》へ列《なら》べ、
「これは小便《せうべん》のお酒《さけ》のつもりよ。――さあお前《まへ》さん、一《ひと》つ召《め》し上《あが》れ。」
 と、白酒《しろざけ》の中《なか》へ痰《たん》や唾吐《つばき》を吐《は》き込《こ》んで二人《ふたり》にすすめる。
「おおおいしい、おおおいしい。」
 と舌鼓《したつゞみ》を打《う》ちながら、私《わたし》も仙吉《せんきち》も旨《うま》さうに片端《かたつぱし》から殘《のこ》らず喰《た》べてしまつたが、白酒《しろざけ》と豆炒《まめいり》とは變《へん》に鹽《しほ》からい味《あぢ》がした。
「これからあたしが三|味線《みせん》を彈《ひ》いて上《あ》げるから、二人《ふたり》お皿《さら》を冠《かぶ》つて踊《をど》るんだよ。」
 光子《みつこ》がはたき[#「はたき」に傍点]を三|味線《みせん》の代《かは》りにして、「こりや、こりや。」と唄《うた》ひ始《はじ》めると、二人《ふたり》は菓子皿《くわしざら》を頭《あたま》へ載《の》せて、「よい來《き》た、よいやさ。」と足拍子《あしべうし》を取《と》つて踊《をど》り出《だ》した。
 其所《そこ》へやつて來《き》た侍《さむらひ》の信一《しんいち》が、忽《たちま》ち狐《きつね》の正體《しやうたい》を見屆《みとゞ》ける。
「獸《けだもの》の癖《くせ》に人間《にんげん》をだますなどとは不屆《ふとどき》な奴《やつ》だ。ふん縛《じば》つて殺《ころ》して了《しま》ふからさう思《おも》へ。」
「あれツ、信《しん》ちやん亂暴《らんばう》な事《こと》をすると聽《き》かないよ。」
 勝氣《かちき》な光子《みつこ》は負《ま》けるが嫌《いや》さに信一《しんいち》と取組《とつく》み合《あ》ひ、お轉婆《てんば》の本性《ほんしやう》を現《あらは》して剛情《がうじやう》にも中々《なか/\》降參《かうさん》しない。
「仙吉《せんきち》、この狐《きつね》を縛《しば》るんだからお前《まい》の帶《おび》をお借《か》し。さうして暴《あば》れないやうに二人《ふたり》で此奴《こいつ》の足《あし》を抑《おさ》へて居《ゐ》ろ。」
 私《わたし》は此《こ》の間《あひだ》見《み》た草雙紙《くさざうし》の中《なか》の、旗本《はたもと》の若侍《わかざむらひ》が仲間《ちうげん》と力《ちから》を協《あは》せて美人《びじん》を略奪《りやくだつ》する挿繪《さしゑ》の事《こと》を想《おも》ひ泛《うか》べながら、仙吉《せんきち》と一|諸《しよ》に友禪《いうぜん》の裾模樣《すそもやう》の上《うへ》から二|本《ほん》の脚《あし》をしつかりと抱《だ》きかかへた。其《そ》の間《あひだ》に信一《しんいち》は辛《から》うじて光子《みつこ》を後手《うしろて》に縛《しば》り上《あ》げ、漸《やうや》く緣側《えんがは》の欄杆《らんかん》に括《くゝ》り着《つ》ける。
「榮《えい》ちやん、此奴《こいつ》の帶《おび》を解《ほど》いて猿轡《さるぐつわ》を篏《は》めておやり。」
「よし來《き》た。」
 と、私《わたし》は早速《さつそく》光子《みつこ》の後《うしろ》に廻《まは》つて鬱金縮緬《うこんちりめん》の扱帶《しごき》を解《と》き、結《ゆ》ひたての唐人髷《たうじんまげ》がこはれぬやうに襟足《えりあし》の長《なが》い頸《くび》すぢへ手《て》を挿《さ》し入《い》れしつとりと油《あぶら》にしめつて居《ゐ》る髱《たぼ》の下《した》から耳《みゝ》を掠《かす》めて頤《あご》のあたりをぐるぐると二た廻《まは》り程《ほど》卷《ま》きつけた上《うへ》、力《ちから》の限《かぎ》り引《ひ》き絞《しぼ》つたから縮緬《ちりめん》はぐいぐいと下脹《しもぶく》れのした頰《ほゝ》の肉《にく》へ喰《く》ひ入《い》り、光子《みつこ》は金閣寺《きんかくじ》の雪姬《ゆきひめ》のやうに身《み》を悶《もだ》えて苦《くる》しんで居《ゐ》る。
「さあ今度《こんど》はあべこべに、貴樣《きさま》を糞攻《くそぜ》めにしてやるぞ。」
 信一《しんいち》が餅菓子《もちぐわし》を手當《てあた》り次第《しだい》に口《くち》へ啣《ふく》んでは、ぺつぺつと光子《みつこ》の顏《かほ》へ吐《は》き散《ち》らすと、見《み》る見《み》るうちにさしも美《うつく》しい雪姬《ゆきひめ》の器量《きりやう》も癩病《らいびやう》やみか瘡《かさつ》かきのやうに、二《ふ》た目《め》と見《み》られない姿《すがた》になつて行《ゆ》く面白《おもしろ》さ。私《わたし》も仙吉《せんきち》もとうとう釣《つ》り込《こ》まれて、
「この畜生《ちくしやう》、よくも先《さつき》己逹《おれたち》に穢《きたな》い物《もの》を喰《く》はせやがつたな。」
 かう云《い》つて信一《しんいち》と一|諸《しよ》にぺつぺつとやり出《だ》したが、其《そ》れも手緩《てぬる》くなつて、しまひには額《ひたひ》と云《い》はず、頰《ほゝ》と云《い》はず、至《いた》る所《ところ》へ喰《く》ひちぎつた餅菓子《もちぐわし》を擦《こす》りつけて、饀《あん》ころを押《お》し潰《つぶ》したり、大福《だいふく》の皮《かは》をなすりつけたり、またたくうちに光子《みつこ》の顏《かほ》を萬遍《まんべん》なく汚《よご》してしまつた。目鼻《めはな》も判《わか》らぬ眞黑《まつくろ》なのつぺらぽう[#「のつぺらぽう」に傍点]な怪物《ばけもの》が唐人髷《たうじんまげ》に結《ゆ》つて、濃艶《のうえん》な振袖姿《ふりそですがた》をしてゐる所《ところ》は、さしづめ百|物語《ものがたり》か化物合戰記《ばけものかつせんき》に出《で》て來《き》さうで光子《みつこ》はもう抵抗《ていかう》する張合《はりあひ》もなくなつたと見《み》え、何《なに》をされても大人《おとな》しく死《し》んだやうになつて居《ゐ》る。
「今度《こんど》だけは命《いのち》を助《たす》けてやる。此《こ》れから人間《にんげん》を化《ば》かしたりなんかすると、殺《ころ》して了《しま》ふぞ。」
 間《ま》もなく信一《しんいち》が猿轡《さるぐつわ》や縛《いま》しめを解《と》いてやると、光子《みつこ》はふいと立《た》ち上《あが》つて、いきなり襖《ふすま》の外《そと》へ、廊下《らうか》をばたばたと逃《に》げて行《い》つた。
「坊《ぼつ》ちやん、姊《ねえ》さんは怒《おこ》つて云《い》つけに行《い》つたんですぜ。」
 今更《いまさら》飛《と》んでもない事《こと》をしたと云《い》ふ風《ふう》に、仙吉《せんきち》は心配《しんぱい》らしく私《わたし》と顏《かほ》を見合《みあ》はせる。
「なに云《い》つけたつて構《かま》ふもんか、女《をんな》の癖《くせ》に生意氣《なまいき》だから、每日《まいにち》喧嘩《けんくわ》していぢめてやるんだ。」
 信一《しんいち》が空嘯《そらうそぶ》いて威張《ゐば》つて居《ゐ》る所《ところ》へ、今度《こんど》はすうツと徐《しづ》かに襖《ふすま》が明《あ》いて、光子《みつこ》が綺麗《きれい》に顏《かほ》を洗《あら》つて戾《もど》つて來《き》た。饀《あん》と一|諸《しよ》にお白粉《しろい》までも洗《あら》ひ落《おと》して了《しま》つたと見《み》え、却《かへ》つて前《まへ》よりは冴《さ》え冴《ざ》えとして、つやのある玉肌《たまはだ》の生地《きぢ》が一《ひ》と際《きは》透《す》き徹《とほ》るやうに輝《かゞや》いて居《ゐ》る。
 定《さだ》めし亦《また》一《ひ》と喧嘩《けんくわ》持《も》ち上《あが》るだらうと待《ま》ち構《かま》へて居《ゐ》ると、
「誰《だれ》かに見《み》つかるときまりが惡《わる》いから、そうツとお湯殿《ゆどの》へ行《い》つて落《おと》して來《き》たの。――ほんとに皆《みんな》亂暴《らんばう》だつたらありやしない。」
 と、光子《みつこ》は物柔《ものやはら》かに恨《うら》みを列《なら》べるだけで、而《しか》もにこにこ笑《わら》つて居《ゐ》る。
 すると信一《しんいち》は圖《づ》に乘《の》つて、
「今度《こんど》は私《わたし》が人間《にんげん》で三|人《にん》犬《いぬ》にならないか。私《わたし》がお菓子《くわし》や何《なに》かを投《な》げてやるから、皆《みんな》四つ這《ば》ひになつて其《そ》れを喰《た》べるのさ。ね、いいだろ。」
 と云《い》ひ出《だ》した。
「よし來《き》た。やりませう。――さあ犬《いぬ》になりましたよ。わん、わん、わん。」
 早速《さつそく》仙吉《せんきち》は四つ這《ば》ひになつて、座敷中《ざしきぢゆう》を威勢《ゐせい》よく駈《か》け廻《まは》る。其《そ》の尾《を》について又《また》私《わたし》が駈《か》け出《だ》すと光子《みつこ》も何《なん》と思《おも》つたか、
「あたしは雌犬《めいぬ》よ。」
 と、私逹《わたしたち》の中《なか》へわり込《こ》んで來《き》て、其處《そこ》ら中《ぢゆう》を這《は》ひ廻《まは》つた。
「ほら、ちんちん。‥‥お預《あづ》けお預《あづ》け。」
などと三|人《にん》は勝手《かつて》な藝《げい》をやらせられた揚句《あげく》、
「よウシ!」
 と云《い》はれれば、先《さき》を爭《あらそ》つてお菓子《くわし》のある方《はう》へ跳《と》び込《こ》んで行《ゆ》く。
「ああ好《い》い事《こと》がある。待《ま》て、待《ま》て。」
 かう云《い》つて信一《しんいち》は座敷《ざしき》を出《で》て行《い》つたが、間《ま》もなく緋縮緬《ひぢりめん》のちやんちやん[#「ちやんちやん」に傍点]を着《き》た本當《ほんたう》の狆《ちん》を二|匹《ひき》連《つ》れて來《き》て、我々《われ/\》の仲間入《なかまい》りをさせ、喰《く》ひかけの饀《あん》ころだの、鼻糞《はなくそ》や唾吐《つば》のついた饅頭《まんぢう》だのを疊《たゝみ》へぱらぱら振《ふ》り撒《ま》くと、犬《いぬ》も狆《ちん》も我《わ》れ勝《が》ちに獲物《えもの》の上《うへ》へ折《を》り重《かさ》なり、齒《は》をむき出《だ》し舌《した》を伸《の》ばして、一つ餅菓子《もちぐわし》を喰《く》ひ合《あ》つたり、どうかするとお互《たがひ》に鼻《はな》の頭《あたま》を舐《な》め合《あ》つたりした。
 お菓子《くわし》を平《たひら》げて了《しま》つた狆《ちん》は、信一《しんいち》の指《ゆび》の先《さき》や足《あし》の裏《うら》をぺろぺろやり出《だ》す。三|人《にん》も負《ま》けない氣《き》になつて其《そ》の眞似《まね》を始《はじ》める。
「ああ擽《くす》ぐつたい、擽《くす》ぐつたい。」
 と、信一《しんいち》は欄杆《らんかん》に腰《こし》をかけて、眞白《まつしろ》な柔《やはらか》い足《あし》の裏《うら》を迭《かは》る迭《がは》るる私逹《わたしたち》の鼻先《はなさき》へつき出《だ》した。
「人間《にんげん》の足《あし》は鹽辛《しほから》い酸《すつぱ》い味《あぢ》がするものだ。綺麗《きれい》な人《ひと》は、足《あし》の指《ゆび》の爪《つめ》の恰好《かつかう》まで綺麗《きれい》に出來《でき》て居《ゐ》る。」
 こんな事《こと》を考《かんが》へながら私《わたし》は一|生懸命《しやうけんめい》五|本《ほん》の指《ゆび》の股《また》をしやぶつた。
 狆《ちん》はますますぢやれつき出《だ》して仰向《あふむけ》に倒《たふ》れて四足《よつあし》を噓空《こくう》に踊《をど》らせ、裾《すそ》を咬《くは》へてはぐいぐい引張《ひつぱ》るので、信一《しんいち》も面白《おもしろ》がつて足《あし》で顏《かほ》を撫《な》でてやつたり、腹《はら》を揉《も》んでやつたり、いろいろな事《こと》をする。私《わたし》も其《そ》の眞似《まね》をして裾《すそ》を引張《ひつぱ》ると、羽二重《はぶたへ》のやうな足《あし》の裏《うら》は、狆《ちん》と同《おな》じやうに頰《ほゝ》を踏《ふ》んだり額《ひたひ》を撫《な》でたりしてくれたが、眼球《めだま》の上《うへ》を踵《かゝと》で押《お》された時《とき》と、土踏《つちふ》まずで唇《くちびる》を塞《ふさ》がれた時《とき》は少《すこ》し苦《くる》しかつた。
 そんな事《こと》をして、其《そ》の日《ひ》も夕方《ゆふがた》まで遊《あそ》んで歸《かへ》つたが、明《あ》くる日《ひ》からは每日《まいにち》のやうに塙《はなは》の家《うち》を訪《たづ》ね、いつも授業《じゆげふ》を終《をは》るのが待《ま》ち遠《どほ》しい位《くらゐ》になつて、明《あ》けても暮《く》れても信一《しんいち》や光子《みつこ》の顏《かほ》は頭《あたま》の中《なか》を去《さ》らなかつた。漸《やうや》く馴《な》れるに隨《したが》つて信一《しんいち》の我《わ》が儘《まゝ》は益々《ます/\》つのり、私《わたし》も全《まつた》く仙吉《せんきち》同樣《どうやう》の手下《てした》にされ、遊《あそ》べば必《かなら》ず打《う》たれたり縛《しば》られたりする。をかしな事《こと》にはあの剛情《がうじやう》な姊《あね》までが、狐《きつね》退治《たいぢ》以來《いらい》すつかり降參《かうさん》して、信一《しんいち》ばかりか私《わたし》や仙吉《せんきち》にも逆《さから》ふやうな事《こと》はなく、時々《とき/″\》三|人《にん》の側《そば》にやつて來《き》ては、
「狐《きつね》ごつこをしないか。」
 などと、却《かへ》つていぢめられるのを嬉《よろこ》ぶやうな素振《そぶり》さへ見《み》え出《だ》した。
 信一《しんいち》は日曜《にちえう》の度《たび》每《ごと》に淺草《あさくさ》や人形町《にんぎやうちやう》の玩具屋《おもちやや》へ行《い》つて鎧刀《よろひかたな》を買《か》つて來《き》ては、早速《さつそく》其《そ》れを振《ふ》り廻《まは》すので、光子《みつこ》も私《わたし》も仙吉《せんきち》も體《からだ》に痣《あざ》の絕《た》えた時《とき》はない。追々《おひ/\》と芝居《しばゐ》の種《たね》も盡《つ》きて來《き》て、例《れい》の物置小屋《ものおきごや》だの湯殿《ゆどの》だの裏庭《うらには》の方《はう》を舞臺《ぶたい》に、いろいろの趣向《しゆかう》を凝《こ》らしては亂暴《らんばう》な遊《あそ》びに耽《ふけ》つた。私《わたし》と仙吉《せんきち》が光子《みつこ》を縊《し》め殺《ころ》して金《かね》を盜《ぬす》むと、信一《しんいち》が姊《ねえ》さんの仇《かたき》と云《い》つて二人《ふたり》を殺《ころ》して首《くび》を斬《き》り落《おと》したり、信一《しんいち》と私《わたし》と二人《ふたり》の惡漢《あくかん》がお孃樣《ぢやうさま》の光子《みつこ》と郞黨《らうだう》の仙吉《せんきち》を毒殺《どくさつ》して、屍體《したい》を河《かは》へ投《な》げ込《こ》んだり、いつも一|番《ばん》いやな役廻《やくまは》りになつて非道《ひど》い目《め》に會《あ》はされたのは光子《みつこ》である。しまひには紅《べに》や繪《ゑ》の具《ぐ》を體《からだ》へ塗《ぬ》り、殺《ころ》された者《もの》は血《ち》だらけになつてのた[#「のた」に傍点]打《う》ち廻《まは》つたが、どうかすると信一《しんいち》は本物《ほんもの》の小刀《こがたな》を持《も》つて來《き》て、
「此《こ》れで少《すこ》ウし切《き》らせないか。ね、ちょいと、ぽつちりだからそんなに痛《いた》かないよ。」
 こんな事《こと》を云《い》ふやうになつた。すると三|人《にん》は素直《すなほ》に足《あし》の下《した》へ組《く》み敷《し》かれて、
「そんなに非道《ひど》く切《き》つちや嫌《いや》だよ。」
 と、まるで手術《しゆじゆつ》でも受《う》けるやうにぢつと我慢《がまん》しながら、其《そ》の癖《くせ》恐《おそ》ろしさうに傷口《きずぐち》から流《なが》れ出《で》る血《ち》の色《いろ》を眺《なが》め、眼《め》に一|杯《ぱい》淚《なみだ》ぐんで肩《かた》や膝《ひざ》のあたりを少《すこ》し切《き》らせる。私《わたし》は内《うち》へ歸《かへ》つて每晚《まいばん》母《はゝ》と一|諸《しよ》に風呂《ふろ》へ入《はい》る時《とき》、其《そ》の傷痕《きずあと》を見付《みつ》けられないやうにするのが一《ひ》と通《とほ》りの苦勞《くらう》ではなかつた。
 さう云《い》ふ風《ふう》な遊《あそ》びが凡《およ》そ一と月《つき》も續《つゞ》いた或《あ》る日《ひ》のこと、例《れい》の如《ごと》く塙《はなは》の家《うち》へ行《い》つて見《み》ると、信一《しんいち》は齒醫者《はいしや》へ行《い》つて留守《るす》だとかで、仙吉《せんきち》が一人《ひとり》手持無沙汰《てもちぶさた》でぽつ然《ねん》として居《ゐ》る。
「光《みつ》ちやんは?」
「今《いま》ピアノのお稽古《けいこ》をして居《ゐ》るよ。お孃《ぢやう》さんの居《ゐ》る西洋館《せいやうくわん》の方《はう》へ行《い》つて見《み》ようか。」
 かう云《い》つて仙吉《せんきち》は私《わたし》をあの大木《たいぼく》の木蔭《こかげ》の古沼《ふるぬま》の方《はう》へ連《つれ》て行《い》つた。忽《たちま》ち私《わたし》は何《なに》も彼《か》も忘《わす》れて、年經《としふ》る櫟《くぬぎ》の根方《ねかた》に腰《こし》を下《おろ》したまま、二|階《かい》の窓《まど》から洩《も》れて來《く》る樂《がく》の響《ひゞき》にうつとりと耳《みゝ》を澄《す》ました。
 此《こ》の屋敷《やしき》を始《はじ》めて訪《おとづ》れた日《ひ》に、やはり古沼《ふるぬま》の滸《ほとり》で信一《しんいち》と一|諸《しよ》に聞《き》いた不思議《ふしぎ》な響《ひゞき》‥‥或《あ》る時《とき》は森《もり》の奧《おく》の妖魔《えうま》が笑《わら》う木靈《こだま》のやうな、ある時《とき》はお伽噺《とぎばなし》に出《で》て來《く》る侏儒共《こびとども》が多勢《おほぜい》揃《そろ》つて踊《をど》るやうな、幾千《いくせん》の細《こま》かい想像《さうざう》の綾絲《あやいと》で、幼《おさな》い頭《あたま》へ微妙《びめう》な夢《ゆめ》を織《お》り込《こ》んで行《ゆ》く不思議《ふしぎ》な響《ひゞき》は、今日《けふ》もあの時《とき》と同《おな》じやうに二|階《かい》の窓《まど》から聞《きこ》えて居《ゐ》る。
「仙《せん》ちやん、お前《まへ》も彼處《あすこ》へ上《あが》つた事《こと》はないのかい。」
 奏樂《そうがく》の止《や》んだ時《とき》、私《わたし》は又《また》止《や》み難《がた》い好奇心《かうきしん》に充《み》たされて仙吉《せんきち》に尋《たづ》ねた。
「ああ、お孃《ぢやう》さんと掃除番《さうじばん》の寅《とら》さんの外《ほか》は、あんまり上《あが》らないんだよ。己《おれ》ばかりか坊《ぼつ》ちやんだつて知《し》りやしないぜ。」
「中《なか》はどんなになつて居《ゐ》るんだらう。」
「何《なん》でも坊《ぼつ》ちやんのお父樣《とうさま》が洋行《やうかう》して買《か》つて來《き》たいろいろ珍《めづら》しい物《もの》があるんだつて。いつか寅《とら》さんに内證《ないしよ》で見《み》せてくれつて云《い》つたら、可《い》けないつてどうしても聞《き》かなかつた。――もうお稽古《けいこ》が濟《す》んだんだぜ。榮《えい》ちやん、お前《まへ》お孃《ぢやう》さんを呼《よ》んで見《み》ないか。」
 二人《ふたり》は聲《こゑ》を揃《そろ》へて、
「光《みつ》ちやん、お遊《あそ》びな。」
「お孃《ぢやう》さん、遊《あそ》びませんか。」
 と、二|階《かい》の方《はう》へ怒鳴《どな》つて見《み》たが、ひつそりとして返辭《へんじ》はない。今迄《いままで》聞《きこ》えて居《ゐ》たあの音樂《おんがく》は、人《ひと》なき部屋《へや》にピアノとやらが自然《しぜん》に動《うご》いて、微妙《びめう》の響《ひゞき》を發《はつ》したのかとも怪《あや》しまれる。
「仕方《しかた》がないから、二人《ふたり》で遊《あそ》ばう。」
 私《わたし》も仙吉《せんきち》一人《ひとり》が相手《あひて》では、いつものやうにも騷《さわ》がれず、張合《はりあひ》が拔《ぬ》けて立《た》ち上《あが》ると、不意《ふい》に後《うしろ》でけらけらと笑《わら》ひ聲《ごゑ》が聞《きこ》え、光子《みつこ》がいつの間《ま》にか其處《そこ》へ來《き》て立《た》つて居《ゐ》る。
「今《いま》私逹《わたしたち》が呼《よ》んだのに、何故《なぜ》返辭《へんじ》しなかつたんだい。」
 私《わたし》は振《ふ》り返《かへ》つて詰《なじ》るやうな眼《め》つきをした。
「何處《どこ》であたしを呼《よ》んだの。」
「お前《まへ》が今《いま》西洋館《せいやうくわん》でお稽古《けいこ》をしてる時《とき》に、下《した》から聲《こゑ》をかけたのが聞《きこ》えなかつたかい。」
「あたし西洋館《せいやうくわん》なんかに居《ゐ》やあしないよ。彼處《あすこ》へは誰《だれ》も上《あが》れないんだもの。」
「だつて、今《いま》ピアノを彈《ひ》いて居《ゐ》たぢやないか。」
「知《し》らないわ。誰《だれ》か他《ほか》の人《ひと》だわ。」
 仙吉《せんきち》は始終《しじゆう》の樣子《やうす》を胡散臭《うさんくさ》い顏《かほ》をして見《み》て居《ゐ》たが、
「お孃《ぢやう》さん、噓《うそ》をついたつて知《し》つてますよ。ね、榮《えい》ちやんと私《わたし》を彼處《あすこ》へ内證《ないしよ》で連《つ》れて行《い》つて下《くだ》さいな。又《また》剛情《がうじやう》を張《は》つて噓《うそ》をつくんですか。白狀《はくじやう》しないと斯《か》うしますよ。」
 と、にやにや底氣味惡《そこきみわる》く笑《わら》ひながら、早速《さつそく》光子《みつこ》の手頸《てくび》をぢりぢりと捻《ね》ぢ上《あ》げにかかる。
「あれ仙吉《せんきち》、後生《ごしやう》だから勘忍《かんにん》しておくれよウ。噓《うそ》ぢやないんだつてばさあ。」
 光子《みつこ》は拜《おが》むやうな素振《そぶり》をしたが、別段《べつだん》大聲《おほごゑ》を揚《あ》げるでも逃《に》げようとするでもなく、爲《な》すが儘《まゝ》に手《て》を捻《ね》ぢられて身悶《みもだ》えして居《ゐ》る。きやしやな腕《かひな》の靑白《あをじろ》い肌《はだえ》が、頑丈《ぐわんぢやう》な鐵《てつ》のやうな指先《ゆびさき》にむづと摑《つか》まれて、二人《ふたり》の少年《せうねん》の血色《けつしよく》の快《こゝろよ》い對照《たいせう》は、私《わたし》の心《こゝろ》を誘《いざな》ふやうにするので、
「光《みつ》ちやん、白狀《はくじやう》しないと拷問《がうもん》にかけるよ。」
 かう云《い》つて、私《わたし》も片方《かたはう》を捻《ね》ぢ上《あ》げ、扱帶《しごき》を解《と》いて沼《ぬま》の側《そば》の木斛《もくこく》の幹《みき》へ縛《しば》りつけ、
「さあ此《こ》れでもか、此《こ》れでもか。」
 と、二人《ふたり》は相變《あひかは》らず抓《つめ》つたり擽《くすぐ》つたり、夢中《むちゆう》になつて折監《せつかん》した。
「お孃《ぢやう》さん、今《いま》に坊《ぼつ》ちやんが歸《かへ》つて來《く》ると、もつと非道《ひど》い目《め》に會《あ》ひますぜ。今《いま》の内《うち》に早《はや》く白狀《はくじやう》しておしまひなさい。」
 仙吉《せんきち》は光子《みつこ》の胸《むな》ぐらを取《と》つて、兩手《りやうて》でぐツと喉《のど》を縊《し》めつけ、
「ほら、だんだん苦《くる》しくなつて來《き》ますよ。」
 かう云《い》ひながら、光子《みつこ》が眼《め》を白黑《しろくろ》させて居《ゐ》るのを笑《わら》つて見《み》て居《ゐ》たが、やがて今度《こんど》は木《き》から解《と》いて地面《ぢめん》へ仰向《あふむ》きに突《つ》き倒《たふ》し、
「へえ、此《こ》れは人間《にんげん》の椽臺《えんだい》でございます!」
 と、私《わたし》は膝《ひざ》の上《うへ》、仙吉《せんきち》は顏《かほ》の上《うへ》へドシリ腰《こし》をかけ、彼方《かなた》此方《こなた》へ身《み》を搖《ゆ》す振《ぶ》りながら光子《みつこ》の體《からだ》を臀《しり》で蹈《ふ》んだり壓《お》したりした。
「仙吉《せんきち》、もう白狀《はくじやう》するから勘忍《かんにん》しておくれよウ。」
 光子《みつこ》は仙吉《せんきち》の臀《しり》に口《くち》を塞《ふさ》がれ、蟲《むし》の息《いき》のやうな細《ほそ》い聲《こゑ》で憐《あはれ》みを乞《こ》うた。
「そんなら屹度《きつと》白狀《はくじやう》しますね。やつぱり先《さつき》は西洋館《せいやうくわん》に居《ゐ》たんでせう。」
 腰《こし》を擡《もた》げて少《すこ》し手《て》を緩《ゆる》めながら、仙吉《せんきち》が訊問《じんもん》する。
「ああ、お前《まへ》が又《また》連《つ》れて行《い》けつて云《い》ふだらうと思《おも》つて噓《うそ》をついたの。だつてお前逹《まへたち》をつれて行《ゆ》くと、お母《かあ》さんに叱《しか》られるんだもの。」
 聞《き》くと仙吉《せんきち》は眼《め》を瞋《いか》らして威嚇《ゐくわく》するやうに、
「よござんす、連《つ》れて行《い》かないんなら。そら、又《また》苦《くる》しくなりますよ。」
「あいた、あいた。そんなら連《つ》れて行《ゆ》くよ。連《つ》れてつて上《あ》げるからもう勘忍《かんにん》しておくれよ。其《そ》の代《かは》り晝間《ひるま》だと見付《みつ》かるから晚《ばん》にしてお吳《く》んな。ね、さうすればそうツと寅造《とらざう》の部屋《へや》から鍵《かぎ》を持《も》つて來《き》て開《あ》けて上《あ》げるから、ね、榮《えい》ちやんも行《い》きたければ晚《ばん》に遊《あそ》びに來《こ》ないか。」
 とうとう降參《かうさん》し出《だ》したので、二人《ふたり》は尙《なほ》も地面《ぢめん》へ抑《おさ》へつけた儘《まゝ》、色々《いろ/\》と晚《ばん》の手筈《てはず》を相談《さうだん》した。丁度《ちやうど》四|月《ぐわつ》五|日《か》のことで、私《わたし》は水天宮《すゐてんぐう》の緣日《えんにち》へ行《い》くと詐《いつは》つて内《うち》を跳《と》び出《だ》し、暗《くら》くなつた時分《じぶん》に表門《おもてもん》から西洋館《せいやうくわん》の玄關《げんくわん》へ忍《しの》び込《こ》み、光子《みつこ》が鍵《かぎ》を盜《ぬす》んで仙吉《せんきち》と一|諸《しよ》にやつて來《く》るのを待《ま》ち合《あ》はせる。但《たゞ》し私《わたし》が時刻《じこく》に遲《おく》れるやうであつたら、二人《ふたり》は一と足《あし》先《さき》へ入《はい》つて、二|階《かい》の階段《はしごだん》を昇《のぼ》り切《き》つた所《ところ》から二《ふた》つ目《め》の右側《みぎがは》の部屋《へや》に待《ま》つて居《ゐ》る。と斯《か》う云《い》ふ約束《やくそく》になつた。
「よし、さう定《き》まつたら赦《ゆる》して上《あ》げます。さあお起《お》きなさい。」
 と、仙吉《せんきち》は漸《やうや》くの事《こと》で手《て》を放《はな》した。
「ああ苦《くる》しかつた。仙吉《せんきち》に腰《こし》をかけられたら、まるで息《いき》が出《で》ないんだもの。頭《あたま》の下《した》に大《おほ》きな石《いし》があつて痛《いた》かつたわ。」
 着物《きもの》の埃《ほこり》を拂《はら》つて起《お》き上《あが》つた光子《みつこ》は、體《からだ》の節々《ふし/″\》を揉《も》んで、上氣《のぼ》せたやうに頰《ほゝ》や眼球《めだま》を眞紅《まつか》にして居《ゐ》る。
「だが一|體《たい》二|階《かい》にはどんな物《もの》があるんだい。」
 一|旦《たん》内《うち》へ歸《かへ》るとなつて、別《わか》れる時《とき》私《わたし》はかう尋《たづ》ねた。
「榮《えい》ちやん、吃驚《びつくり》しちやいけないよ。其《そ》りや面白《おもしろ》いものが澤山《たくさん》あるんだから。」
 かう云《い》つて、光子《みつこ》は笑《わら》ひながら奧《おく》へ駈《か》け込《こ》んで了《しま》つた。
 戶外《おもて》へ出《で》ると、もうそろそろ人形町通《にんぎやうちやうどほり》の露店《ろてん》にかんてら[#「かんてら」に傍点]がともされて、擊劍《げきけん》の見《み》せ物《もの》の法螺《ほら》の貝《かひ》がぶうぶうと夕暮《ゆふぐれ》の空《そら》に鳴《な》り渡《わた》り、有馬樣《ありまさま》のお屋敷前《やしきまへ》は黑山《くろやま》のやうに人《ひと》だかりがして、賣藥屋《ばいやくや》が女《をんな》の胎内《たいない》を見《み》せた人形《にんぎやう》を指《ゆびさ》しながら、何《なに》か頻《しきり》と聲高《こわだか》に說明《せつめい》して居《ゐ》る。いつも樂《たの》しみにして居《ゐ》る七十五|座《ざ》のお神樂《かぐら》も、猫《ねこ》八の手品《てじな》も、永井庄助《ながゐしやうすけ》の居合拔《ゐあひぬ》きも今日《けふ》は一|向《かう》見《み》る氣《き》にならず、急《いそ》いで家《うち》へ歸《かへ》つてお湯《ゆ》へ入《はい》り、晚飯《ばんめし》もそこそこに、
「緣日《えんにち》に行《い》つて來《く》るよ。」
 と、再《ふたゝ》び飛《と》び出《だ》したのは大方《おほかた》七|時《じ》近《ちか》くであつたらう。水《みづ》のやうに濕《うる》んだ靑《あを》い夜《よる》の空氣《くうき》に緣日《えんにち》のあかりが溶《と》け込《こ》んで、金淸樓《きんせいろう》の二|階《かい》の座敷《ざしき》には亂舞《らんぶ》の人影《ひとかげ》が手《て》に取《と》るやうに映《うつ》つて見《み》え、米屋町《こめやまち》の若《わか》い衆《しゆ》や二|丁目《ちやうめ》の矢場《やば》の女《をんな》や、いろいろの男女《だんぢよ》が兩側《りやうがは》をぞろぞろ往來《わうらい》して、今《いま》が一|番《ばん》人《ひと》の出《で》さかる刻限《こくげん》である。中之橋《なかのはし》を越《こ》えて、暗《くら》い淋《さび》しい濱町《はまちやう》の通《とほ》りから後《うしろ》を振《ふ》り返《かへ》つて見《み》ると、薄曇《うすぐも》りのした黑《くろ》い空《そら》が、ぼんやりと赤《あか》く濁染《にじ》んで居《ゐ》る。
 いつか私《わたし》は塙《はなは》の家《いへ》の前《まへ》に立《た》つて、山《やま》のやうに黑《くろ》く聳《そび》えた高《たか》い甍《いらか》を見上《みあ》げて居《ゐ》た。大橋《おほはし》の方《はう》から肌寒《はださむ》い風《かぜ》がしめやかに闇《やみ》を運《はこ》んで吹《ふ》いて來《き》て、例《れい》の櫟《くぬぎ》の大木《たいぼく》の葉《は》が何處《どこ》やら知《し》れぬ空《そら》の中途《ちゆうと》でばさらばさらと鳴《な》つて居《ゐ》る。そうツと塀《へい》の中《なか》を覗《のぞ》いて見《み》ると門番《もんばん》の部屋《へや》のあかりが戶《と》の隙間《すきま》から縱《たて》に細長《ほそなが》い線《せん》を成《な》して洩《も》れは居《ゐ》るばかり、母屋《おもや》の方《はう》はすつかり雨戶《あまど》がしまつて、曇天《どんてん》の背景《はいけい》に魔者《まもの》の如《ごと》く深閑《しんかん》と眠《ねむ》つて居《ゐ》る。表門《おもてもん》の橫《よこ》にある通用口《つうようぐち》の、冷《つ》めたい鐵格子《てつがうし》へ兩手《りやうて》をかけて暗闇《くらやみ》の中《なか》へ押《お》し込《こ》むやうにすると、重《おも》い扉《とびら》がキーと軋《きし》んで素直《すなほ》に動《うご》く。私《わたし》は雪駄《せつた》がちやらつかぬやうに足音《あしおと》を忍《しの》ばせ、自分《じぶん》で自分《じぶん》の忙《いそが》しい呼吸《こきふ》や高《たか》まつた鼓動《こどう》の響《ひびき》を聞《き》きながら、闇中《あんちゆう》に光《ひか》つて居《ゐ》る西洋館《せいやうくわん》の硝子戶《がらすど》を見《み》つめて步《ある》いて行《い》つた。
 次第《しだい》次第《しだい》に眼《め》が見《み》えるやうになつた。八《や》つ手《で》の葉《は》や、欅《けやき》の枝《えだ》や、春日燈籠《かすがどうろう》や、いろいろと少年《せうねん》の心《こゝろ》を怯《おび》えさすやうな姿勢《しせい》を取《と》つた黑《くろ》い物《もの》が、小《ちひ》さい瞳《ひとみ》の中《なか》へ暴《あば》れ込《こ》んで來《く》るので、私《わたし》は御影《みかげ》の石段《いしだん》に腰《こし》を下《お》ろし、しんしんと夜氣《やき》のしみ入《い》る中《なか》に首《くび》をうなだれた儘《まゝ》、息《いき》を殺《ころ》して待《ま》つて居《ゐ》たが、いつかな二人《ふたり》はやつて來《こ》ない。頭上《づじやう》へ蓋《かぶ》さつて居《ゐ》るやうな恐怖《きやうふ》が體中《からだぢゆう》をぶるぶる顫《ふる》はせて、齒《は》の根《ね》ががくがくわなないて居《ゐ》る。ああ、こんな恐《おそ》ろしい所《ところ》へ來《こ》なければ好《よ》かつた、と思《おも》ひながら、
「神樣《かみさま》、私《わたし》は惡《わる》い事《こと》を致《いた》しました。もう決《けつ》してお母樣《つかさん》に噓《うそ》をついたり、内證《ないしよ》で人《ひと》の内《うち》へ入《はい》つたり致《いた》しません。」
 と、夢中《むちゆう》で口走《くちばし》つて手《て》を合《あ》はせた。
 すつかり後悔《こうくわい》して、歸《かへ》る事《こと》にきめて立《た》ち上《あが》つたが、ふと玄關《げんくわん》の硝子障子《がらすしやうじ》の扉《とびら》の向《むか》うに、ぽつりと一|點《てん》小《ち》ひさな蠟燭《らふそく》の灯《ひ》らしいものが見《み》えた。
「おや、二人共《ふたりとも》先《さき》へ入《はい》つたのかな。」
 かう思《おも》ふと、忽《たちま》ち又《また》好奇心《かうきしん》の奴隸《どれい》となつて、殆《ほとん》ど前後《ぜんご》の分別《ふんべつ》もなく把手《とつて》へ手《て》をかけ、グルツと廻《まは》すと造作《ざうさ》もなく開《あ》いて了《しま》つた。
 中《なか》へ入《はい》ると推測《すゐそく》に違《たが》はず正面《しやうめん》の螺旋階《らせんかい》の上《あが》り端《はた》に――大方《おほかた》光子《みつこ》が私《わたし》の爲《た》めに置《お》いて行《い》つたものであらう。半《なか》ば燃《も》え盡《つ》きて蠟《らふ》がとろとろ流《なが》れ出《だ》して居《ゐ》る手燭《てしよく》が、三|尺《じやく》四|方《はう》へ覺束《おぼつか》ない光《ひかり》を投《な》げて居《ゐ》たが、私《わたし》と一|諸《しよ》に外《そと》から空氣《くうき》が流《なが》れ込《こ》むと、炎《ほのほ》がゆらゆらと瞬《またゝ》いて、ワニス塗《ぬり》の欄杆《らんかん》の影《かげ》がぶるぶる動搖《どうえう》して居《ゐ》る。
 片唾《かたづ》を呑《の》んで拔《ぬ》き足《あし》さし足《あし》、盜賊《たうぞく》のやうに螺旋階《らせんかい》を上《あが》り切《き》つたが、二|階《かい》の廊下《らうか》はますます眞暗《まつくら》で、人《ひと》の居《ゐ》さうなけはひもなく、カタリとも音《おと》がしない。例《れい》の約束《やくそく》をした二つ目《め》の右側《みぎがは》の扉《とびら》、――それへ手搜《てさぐ》りで擦《す》り寄《よ》つてぢつと耳《みゝ》を欹《そばだ》てて見《み》ても、矢張《やはり》ひツそりと靜《しづ》まり返《かへ》つて居《ゐ》る。半《なか》ばは恐怖《きやうふ》、半《なか》ばは好奇《かうき》の情《じやう》に充《み》たされて、ままよと思《おも》ひながら私《わたし》は上半身《じやうはんしん》を凭《よ》せかけ、扉《とびら》をグツと押《お》して見《み》た。
 ぱツと明《あか》るい光線《くわうせん》が一|時《じ》に瞳《ひとみ》を刺《さ》したので、クラクラしながら眼《め》をしばたたき、妖怪《えうくわい》の正體《しやうたい》でも見定《みさだ》めるやうに注意深《ちういぶか》く四|壁《へき》を見廻《みまは》したが誰《だれ》も居《ゐ》ない。中央《ちゆうあう》に吊《つ》るされた大《おほ》ラムプの、五|色《しき》のレンズで飾《かざ》られた蝦色《えびいろ》の傘《かさ》の影《かげ》が、部屋《へや》の上半部《じやうはんぶ》を薄暗《うすぐら》くして、金銀《きん/″\》を鏤《ちりば》めた椅子《いす》だの卓子《てーぶる》だの鏡《かゞみ》だのいろいろの裝飾物《さうしよくぶつ》が燦然《さんぜん》と輝《かゞや》き、床《ゆか》に敷《し》き詰《つ》めた暗紅色《あんこうしよく》の敷物《しきもの》の柔《やはら》かさは、春草《しゆんさう》の野《の》を蹈《ふ》むやうに足袋《たび》を隔《へだ》てて私《わたし》の足《あし》の裏《うら》を喜《よろこ》ばせる。
「光《みつ》ちやん。」
 と呼《よ》んで見《み》ようとしても死滅《しめつ》したやうな四|邊《へん》の寂寞《せきばく》が唇《くちびる》を壓《あつ》し、舌《した》を强張《こはば》らせて、聲《こゑ》を發《はつ》する勇氣《ゆうき》もない。始《はじ》めは氣《き》が付《つ》かなかつたが、部屋《へや》の左手《ひだりて》の隅《すみ》に次《つぎ》の間《ま》へ通《つう》ずる出口《でぐち》があつて、重《おも》い緞子《どんす》の帷《まく》が深《ふか》い皺《しわ》を疊《たゝ》み、ナイヤガラの瀑布《ばくふ》を想《おも》はせるやうにどさりと垂《た》れ下《さが》つて居《ゐ》る。其《そ》れを排《はい》して、隣室《りんしつ》の模樣《もやう》を覗《のぞ》いて見《み》ようとしたが、帷《まく》の向《むか》うが眞暗《まつくら》なので手《て》が竦《すく》むやうになる。其《そ》の時《とき》不意《ふい》に煖爐棚《だんろだな》の上《うへ》の置時計《おきどけい》がヂーと蟬《せみ》のやうに呟《つぶや》いたかと思《おも》ふと、忽《たちま》ち鏗然《かうぜん》と鳴《な》つてキンコンケンと奇妙《きめう》な音樂《おんがく》を奏《かな》で始《はじ》めた。之《これ》を合圖《あひづ》に光子《みつこ》が出《で》て來《く》るのではあるまいかと帷《まく》の方《はう》を一|心《しん》に視詰《みつ》めて居《ゐ》たが、二三|分《ぷん》の間《あひだ》に音樂《おんがく》も止《や》んで了《しま》ひ、部屋《へや》は再《ふたゝ》び元《もと》の靜肅《せいしゆく》に復《かへ》つて、緞子《どんす》の皺《しわ》は一と筋《すぢ》も搖《ゆら》がず、寂然《じやくねん》と垂《た》れ下《さが》つて居《ゐ》る。
 ぼんやりと立《た》つて居《ゐ》る私《わたし》の瞳《ひとみ》は、左側《ひだりがは》の壁間《へきかん》に掛《か》けられた油繪《あぶらゑ》の肖像畫《せうざうぐわ》の上《うへ》に落《お》ちて、うかうかと其《そ》の額《がく》の前《まへ》まで步《あゆ》み寄《よ》り、丁度《ちやうど》ラムプの影《かげ》で薄暗《うすぐら》くなつて居《ゐ》る西洋《せいやう》の乙女《をとめ》の半身像《はんしんざう》を見上《みあ》げた。厚《あつ》い金《きん》の額緣《がくぶち》で、長方形《ちやうはうけい》に劃《しき》られた畫面《ぐわめん》の中《なか》に、重《おも》い暗《くら》い茶褐色《ちやかつしよく》の空氣《くうき》が漂《たゞよ》うて、纔《わづか》に胸《むね》をお納戶色《なんどいろ》の衣《ころも》に蔽《おほ》ひ、裸體《らたい》の儘《まゝ》の肩《かた》と腕《うで》とに金《きん》や珠玉《しゆぎよく》の鐶《わ》を飾《かざ》つた下髮《さげがみ》の女《をんな》が、夢《ゆめ》みるやうに黑眼《くろめ》がちの瞳《ひとみ》をぱツちりと開《あ》いて前方《ぜんぱう》を觀《み》つめて居《ゐ》る。暗《くら》い中《なか》にもくツきりと鮮《あざや》かに浮《う》き出《で》て居《ゐ》る純白《じゆんぱく》の肌《はだ》の色《いろ》、氣高《けだか》い鼻筋《はなすぢ》から唇《くちびる》、頤《あご》、兩頰《りやうほゝ》へかけて見事《みごと》に神々《かう/″\》しく整《とゝの》つた、端嚴《たんげん》な輪廓《りんくわく》、――これがお伽噺《とぎばなし》に出《で》て來《く》る天使《てんし》と云《い》ふのであらうかと思《おも》ひながら、私《わたし》は暫《しばら》くうつとりと見上《みあ》げて居《ゐ》たが、ふと額《がく》から三|尺《じやく》ばかり下《した》の壁《かべ》に沿《そ》うた圓卓《まるてーぶる》の上《うへ》に、蛇《へび》の置《お》き物《もの》のあるのに氣《き》が付《つ》いて其《そ》の方《はう》へ眼《め》を轉《てん》じた。此《こ》れは又《また》何《なん》で拵《こしら》へたものか、二た廻《まは》り程《ほど》とぐろを卷《ま》いて蕨《わらび》のやうに頭《あたま》を擡《もた》げた姿勢《しせい》と云《い》ひ、ぬらぬらした靑大將《あをだいしやう》の鱗《うろこ》の色《いろ》と云《い》ひ如何《いか》にも眞《しん》に迫《せま》つた出來榮《できば》えである。見《み》れば見《み》る程《ほど》つくづく感心《かんしん》して今《いま》にも動《うご》き出《だ》しさうな氣《き》がして來《き》たが、突然《とつぜん》私《わたし》は「おや」と思《おも》つて二三|步《ぽ》後《うしろ》へ退《の》いた儘《まゝ》眼《め》を見張《みは》つた。氣《き》のせゐか、どうやら蛇《へび》は本當《ほんたう》に動《うご》いて居《ゐ》るやうである。爬蟲動物《はちうどうぶつ》の常《つね》として極《きは》めて緩慢《くわんまん》に、注意《ちうい》しなければ殆《ほとん》ど判《わか》らないくらゐ悠長《いうちやう》な態度《たいど》で、確《たし》かに首《くび》を前後左右《ぜんごさいう》へ蠢《うごめ》かして居《ゐ》る。私《わたし》は總身《そうしん》へ水《みづ》をかけられたやうに凉《すゞ》しくなり、眞蒼《まつさを》な顏《かほ》をして死《し》んだやうに立《た》ち竦《すく》んでしまつた。すると緞子《どんす》の帷《まく》の皺《しわ》の間《あひだ》から、油繪《あぶらゑ》に畫《か》いてある通《とほ》りの乙女《をとめ》の顏《かほ》が、又《また》一つヌツと現《あら》はれた。
 顏《かほ》は暫《しばら》くにやにやと笑《わら》つて居《ゐ》たが、緞子《どんす》の帷《まく》が二つに割《わ》れてするすると肩《かた》をすべつて背後《はいご》で一つになつて了《しま》ふと、女《をんな》の子《こ》は全身《ぜんしん》を現《あら》はして其處《そこ》に立《た》つて居《ゐ》る。
 纔《わづか》に膝頭《ひざがしら》へ屆《とゞ》いて居《ゐ》る短《みじか》いお納戶《なんど》の裳裾《もすそ》の下《した》は、靴足袋《くつたび》も纏《まと》はぬ石膏《せきかう》のやうな素足《すあし》に肉色《にくいろ》の床靴《ゆかぐつ》を穿《は》き、溢《あふ》れるやうにこぼれかかる黑髮《くろがみ》を兩肩《りやうかた》へすべらせて、油繪《あぶらゑ》の通《とほ》りの腕環《うでわ》に頸飾《くびかざり》を着《つ》け、胸《むね》から腰《こし》のまはりへかけて肌《はだえ》を犇《ひし》と緊《し》めつけた衣《きぬ》の下《した》にはしなやかな筋肉《きんにく》の微動《びどう》するのが見《み》えて居《ゐ》る。
「榮《えい》ちやん‥‥」
 と、牡丹《ぼたん》の花瓣《くわべん》を啣《ふく》んだやうな紅《あか》い唇《くちびる》をふるはせた一|刹那《せつな》、私《わたし》は始《はじ》めて、彼《あ》の油繪《あぶらゑ》が光子《みつこ》の肖像畫《せうざうぐわ》である事《こと》に氣《き》が付《つ》いた。
「‥‥先刻《さつき》からお前《まへ》の來《く》るのを待《ま》つて居《ゐ》たんだよ。」
 かう云《い》つて、光子《みつこ》は脅《おびや》かすやうにぢりぢり側《そば》へ步《あゆ》み寄《よ》つた。何《なん》とも云《い》へぬ甘《あま》い香《かほ》りが私《わたし》の心《こゝろ》を擽《くすぐ》つて、眼《め》の前《まへ》に紅《あか》い霞《かすみ》がちらちらする。
「光《みつ》ちやん一人《ひとり》なの?」
 私《わたし》は救《すくひ》を求《もと》めるやうな聲《こゑ》で、おづおづ尋《たづ》ねた。何故《なぜ》今夜《こんや》に限《かぎ》つて洋服《やうふく》を着《き》て居《ゐ》るのか、眞暗《まつくら》な隣《となり》の部屋《へや》には何《なに》があるのか、未《ま》だいろいろに聞《き》いて見《み》たい事《こと》はあつても、喉佛《のどぼとけ》につかへて居《ゐ》て容易《ようい》に口《くち》へは出《で》て來《こ》ない。
「仙吉《せんきち》に會《あ》はせて上《あげ》るから、あたしと一|諸《しよ》に此方《こつち》へおいでな。」
 光子《みつこ》に手頸《てくび》を把《と》られて、俄《にはか》にガタガタ顫《ふる》へ出《だ》しながら、
「あの蛇《へび》は本當《ほんたう》に動《うご》いて居《ゐ》るんぢやないか知《し》ら。」
 と、氣懸《きがゝ》りで堪《たま》らなくなつて私《わたし》は尋《たづ》ねた。
「動《うご》いて居《ゐ》やしないぢやないか。あれ御覽《ごらん》な。」
 かう云《い》つて光子《みつこ》はにやにや笑《わら》つて居《ゐ》る。成《な》る程《ほど》さう云《い》はれて見《み》れば、先《さつき》は確《たし》かに動《うご》いて居《ゐ》たあの蛇《へび》が、今《いま》はぢツととぐろを卷《ま》いて少《すこ》しも姿勢《しせい》を崩《くづ》さない。
「そんなものを見《み》て居《ゐ》ないで、あたしと一|諸《しよ》に此方《こつち》へおいでよ。」
 暖《あたゝか》く柔《やはら》かな光子《みつこ》の掌《たなごゝろ》は、とても振《ふ》り放《はな》す事《こと》の出來《でき》ない魔力《まりよく》を持《も》つて居《ゐ》るやうに、輕《かる》く私《わたし》の腕《かひな》を捕《とら》へて、薄氣味《うすきみ》の惡《わる》い部屋《へや》の方《はう》へずるずると引張《ひつぱ》つて行《ゆ》き、忽《たちま》ち二人《ふたり》の體《からだ》は重《おも》い緞子《どんす》の帷《まく》の中《なか》へめり[#「めり」に傍点]込《こ》んだかと思《おも》ふ間《ま》もなく、眞暗《まつくら》な部屋《へや》の中《なか》に入《はい》つて了《しま》つた。
「榮《えい》ちやん、仙吉《せんきち》に會《あ》はせて上《あ》げようか。」
「ああ、何處《どこ》に居《ゐ》るのだい。」
「今《いま》蠟燭《らふそく》をつけると判《わか》るから待《ま》つておいで。――それよりお前《まへ》に面白《おもしろ》いものを見《み》せて上《あ》げよう。」
 光子《みつこ》は私《わたし》の手頸《てくび》を放《はな》して、何處《どこ》かへ消《き》え失《う》せて了《しま》つたが、やがて部屋《へや》の正面《しやうめん》の暗闇《くらやみ》にピシピシと凄《すさま》じい音《おと》を立《た》てて、細《ほそ》い靑白《あをじろ》い光《ひかり》の絲《いと》が無數《むすう》に飛《と》びちがひ、流星《りうせい》のやうに走《はし》つたり、波《なみ》のやうにのたくつたり、圓《ゑん》を畫《か》いたり、十|文字《もんじ》を畫《か》いたりし始《はじ》めた。
「ね、面白《おもしろ》いだろ、何《なん》でも書《か》けるんだよ。」
 かう云《い》ふ聲《こゑ》がして、光子《みつこ》は又《また》私《わたし》の傍《そば》へ步《ある》いて來《き》た樣子《やうす》である。今迄《いままで》見《み》えて居《ゐ》た光《ひかり》の絲《いと》はだんだんに薄《うす》らいで闇《やみ》に消《き》えかかつて居《ゐ》る。
「あれは何《なに》?」
「舶來《はくらい》の燐寸《まち》で壁《かべ》を擦《こす》つたのさ。暗闇《くらやみ》なら何《なに》を擦《こす》つても火《ひ》が出《で》るんだよ。榮《えい》ちやんの着物《きもの》を擦《こす》つて見《み》ようか。」
「お止《よ》しよ、あぶないから。」
 私《わたし》は吃驚《びつくり》して逃《に》げようとする。
「大丈夫《だいぢやうぶ》だよ、ね、ほら御覽《ごらん》。」
 と、光子《みつこ》は無造作《むざうさ》に私《わたし》の着物《きもの》の上《うは》ん前《まへ》を引張《ひつぱ》つて燐寸《まち》を擦《す》ると、絹《きぬ》の上《うへ》を螢《ほたる》が這《は》ふやうに靑《あを》い光《ひかり》がぎらぎらして、ハギハラと片假名《かたかな》の文字《もじ》が鮮明《せんめい》に描《ゑが》き出《だ》されたまま、暫《しばら》くは消《きえ》ずに居《ゐ》る。
「さあ、あかりを付《つ》けて仙吉《せんきち》に會《あ》はせて上《あ》げようね。」
 ピシツと鑽火《きりび》を打《う》つやうに火花《ひばな》が散《ち》つて、光子《みつこ》の手《て》から蠟燐寸《らふまつち》が燃《も》え上《あが》ると、やがて部屋《へや》の中程《なかほど》にある燭臺《しよくだい》に灯《ひ》が移《うつ》された。
 西洋蠟燭《せいやうらふそく》の光《ひかり》は、朦朧《もうろう》と室内《しつない》を照《て》らして、さまざまの器物《きぶつ》や置《お》き物《もの》の黑《くろ》い影《かげ》が、魑魅魍魎《ちみまうりやう》の跋扈《ばつこ》するやうな姿《すがた》を、四|方《はう》の壁《かべ》へ長《なが》く大《おほ》きく映《うつ》して居《ゐ》る。
「ほら仙吉《せんきち》は此處《こゝ》に居《ゐ》るよ。」
 かう云《い》つて、光子《みつこ》は蠟燭《らふそく》の下《した》を指《ゆびさ》した。見《み》ると燭臺《しよくだい》だと思《おも》つたのは、仙吉《せんきち》が手足《てあし》を縛《しば》られて兩肌《りやうはだ》を脫《ぬ》ぎ、額《ひたひ》へ蠟燭《らふそく》を載《の》せて仰向《あふむ》いて坐《すわ》つて居《ゐ》るのである。顏《かほ》と云《い》はず頭《あたま》と云《い》はず、鳥《とり》の糞《ふん》のやうに溶《と》け出《だ》した蠟《らふ》の流《ながれ》は、兩眼《りやうがん》を縫《ぬ》ひ、唇《くちびる》を塞《ふさ》いで頤《あご》の先《さき》からぽたぽたと膝《ひざ》の上《うへ》に立《た》ち、七|分通《ぶどほ》り燃《も》え盡《つく》した蠟燭《らふそく》の火《ひ》に今《いま》や睫毛《まつげ》が焦《こ》げさうになつて居《ゐ》ても、婆羅門《ばらもん》の行者《ぎやうじや》の如《ごと》く胡座《あぐら》をかいて拳《こぶし》を後手《うしろで》に括《くゝ》られたまま、大人《おとな》しく端然《たんぜん》と控《ひか》へて居《ゐ》る。
 光子《みつこ》と私《わたし》が其《そ》の前《まへ》へ立《た》ち止《どま》ると、仙吉《せんきち》は何《なん》と思《おも》つたか蠟《らふ》で强張《こはば》つた顏《かほ》の筋肉《きんにく》をもぐもぐと動《うご》かし、漸《やうや》く半眼《うすめ》を開《あ》いて怨《うら》めしさうにぢツと私《わたし》の方《はう》を睨《にら》んだ。さうして重苦《おもくる》しい切《せつ》ない聲《こゑ》で嚴《おごそ》かに喋《しやべ》り出《だ》した。
「おい、お前《まへ》も己《おれ》も不斷《ふだん》あんまりお孃樣《ぢやうさま》をいぢめたものだから、今夜《こんや》は仇《かたき》を取《と》られるんだよ。己《おれ》はもうすつかりお孃樣《ぢやうさま》に降參《かうさん》して了《しま》つたんだ。お前《まへ》も早《はや》く詫《あやま》つて了《しま》はないと、非道《ひど》い目《め》に會《あ》はされる。‥‥‥‥」
 かう云《い》ふ間《ま》も蠟《らふ》の流《ながれ》は遠慮《ゑんりよ》なくだらだらと蚯蚓《みゝず》の這《は》ふやうに額《ひたひ》から睫毛《まつげ》へ傳《つた》はつて來《く》るので、再《ふたゝ》び仙吉《せんきち》は、眼《め》をつぶつて固《かた》くなつた。
「榮《えい》ちやん、もう此《こ》れから信《しん》ちやんの云《い》ふ事《こと》なんぞ聽《き》かないで、あたしの家來《けらい》にならないか。いやだと云《い》へば彼處《あすこ》にある人形《にんぎやう》のやうに、お前《まへ》の體《からだ》へ蛇《へび》を何匹《なんびき》でも卷《ま》き付《つ》かせるよ。」
 光子《みつこ》は始終《しじゆう》底氣味惡《そこきみわる》く笑《わら》ひながら、金字入《きんじいり》の洋書《やうしよ》が一|杯《ぱい》詰《つ》まつて居《ゐ》る書棚《しよだな》の上《うへ》の、石膏《せきかう》の像《ざう》を指《さ》した。恐《おそ》る恐《おそ》る額《ひたひ》を上《あ》げて上眼《うはめ》づかひに薄暗《うすぐら》い隅《すみ》の方《はう》を見《み》ると、筋骨《きんこつ》逞《たくま》しい裸體《らたい》の巨漢《きよかん》が蟒《うはゞみ》に卷《ま》き付《つ》かれて凄《すさま》じい形相《ぎやうさう》をして居《ゐ》る彫刻《てうこく》の傍《そば》に、例《れい》の靑大將《あをだいしやう》が二三|匹《びき》大人《おとな》しくとぐろを卷《ま》いて、香爐《かうろ》のやうに控《ひか》へて居《ゐ》るが、恐《おそ》ろしさが先《さき》へ立《た》つて本物《ほんもの》とも贋物《にせもの》とも見極《みきは》めが付《つ》かない。
「何《なん》でもあたしの云《い》ふ通《とほ》りになるだらうね。」
「‥‥」私《わたし》は眞靑《まつさを》な顏《かほ》をして、默《だま》つて頷《うなづ》いた。
「お前《まへ》は先《さつき》仙吉《せんきち》と一|諸《しよ》にあたしを緣臺《えんだい》の代《かは》りにしたから、今度《こんど》はお前《まへ》が燭臺《しよくだい》の代《かは》りにおなり。」
 忽《たちま》ち光子《みつこ》は私《わたし》を後手《うしろで》に縛《しば》り上《あ》げて仙吉《せんきち》の傍《そば》へ胡坐《あぐら》を搔《か》かせ、兩足《りやうあし》の踝《くろぶし》を嚴重《げんぢゆう》に括《くゝ》つて、
「蠟燭《らふそく》を落《おと》さないやうに仰向《あふむ》いておいでよ。」
 と、額《ひたひ》の眞中《まんなか》へあかりをともした。私《わたし》は聲《こゑ》も立《た》てられず、一|生懸命《しやうけんめい》燈火《とうくわ》を支《さゝ》へて切《せつ》ない淚《なみだ》をぽろぽろこぼして居《ゐ》るうちに、淚《なみだ》よりも熱《あつ》い蠟《らふ》の流《ながれ》が眉間《みけん》を傳《つた》はつてだらだら垂《た》れて來《き》て、眼《め》も口《くち》も塞《ふさ》がれて了《しま》つたが、薄《うす》い眼瞼《まぶた》の皮膚《ひふ》を透《とほ》して、ぼんやりと燈火《とうくわ》のまたたくのが見《み》え、眼球《めだま》の周圍《しゆうゐ》がぽうツと紅《あか》く霞《かす》んで、光子《みつこ》の盛《さかん》な香水《かうすゐ》の匂《にほひ》が雨《あめ》のやうに顏《かほ》へ降《ふ》つた。
「二人共《ふたりとも》ぢツとさうやつて、もう少《すこ》し我慢《がまん》をしておいで。今《いま》面白《おもしろ》いものを聞《き》かせて上《あ》げるから。」
 かう云《い》つて、光子《みつこ》は何處《どこ》かへ行《い》つて了《しま》つたが、暫《しばら》くすると、不意《ふい》にあたりの寂寞《せきばく》を破《やぶ》つて、ひつそりとした隣《となり》の部屋《へや》から幽玄《いうげん》なピアノの響《ひゞき》が洩《も》れて來《き》た。
 銀盤《ぎんばん》の上《うへ》を玉《たま》あられの走《はし》るやうな、溪間《たにま》の淸水《しみづ》が潺湲《せんかん》と苔《こけ》の上《うへ》にしたたるやうな、不思議《ふしぎ》な響《ひゞき》は別世界《べつせかい》の物《もの》の音《ね》のやうに私《わたし》の耳《みゝ》に聞《きこ》えて來《く》る。額《ひたひ》の蠟燭《らふそく》は大分《だいぶ》短《みじか》くなつたと見《み》えて、熱《あつ》い汗《あせ》が蠟《らふ》に交《まじ》つてぽたぽたと流《なが》れ出《だ》す。隣《となり》に坐《すわ》つて居《ゐ》る仙吉《せんきち》の方《はう》を橫眼《よこめ》で微《かす》かに見《み》ると、顏中《かほぢゆう》へ饂飩粉《うどんこ》に似《に》た白《しろ》い塊《かたまり》が二三|分《ぶ》の厚《あつ》さにこびり[#「こびり」に傍点]着《つ》いて盛《も》り上《あが》り、牛蒡《ごばう》の天《てん》ぷらのやうな姿《すがた》をして居《ゐ》る。丁度《ちやうど》二人《ふたり》は「浮《う》かれ胡弓《こきう》」の噺《はなし》の中《なか》の人間《にんげん》のやうに、微妙《びめう》な樂《がく》の音《ね》に恍惚《くわうこつ》と耳《みゝ》を傾《かたむ》けた儘《まゝ》、いつまでもいつまでも眼瞼《まぶた》の裏《うら》の明《あかる》い世界《せかい》を視詰《みつ》めて坐《すわ》つて居《ゐ》た。

 其《そ》の明《あ》くる日《ひ》から、私《わたし》も仙吉《せんきち》も光子《みつこ》の前《まへ》へ出《で》ると猫《ねこ》のやうに大人《おとな》しくなつて跪《ひざまづ》き、たまたま信一《しんいち》が姊《あね》の言葉《ことば》に逆《さから》はうとすると、忽《たちま》ち取《と》つて抑《おさ》へて、何《なん》の會釋《ゑしやく》もなくふん縛《じば》つたり撲《なぐ》つたりするので、さしも傲慢《がうまん》な信一《しんいち》も、だんだん日《ひ》を經《ふ》るに從《したが》つてすつかり姊《あね》の家來《けらい》となり、家《うち》に居《ゐ》ても學校《がくかう》に居《ゐ》る時《とき》と同《おな》じやうに全《まつた》く卑屈《ひくつ》な意氣地《いくぢ》なしと變《かは》つて了《しま》つた。三|人《にん》は何《なに》か新《あたら》しく珍《めづ》らしい遊戲《いうぎ》の方法《はうはふ》でも發見《はつけん》したやうに、嬉々《きゝ》として光子《みつこ》の命令《めいれい》に服從《ふくじゆう》し、「腰掛《こしか》けにおなり。」と云《い》へば直《す》ぐ四つ這《ば》ひになつて背《せ》を向《む》けるし、「吐月峰《はいふき》におなり。」と云《い》へば直《たゞ》ちに畏《かしこ》まつて口《くち》を開《ひら》く。次第《しだい》に光子《みつこ》は增長《ぞうちやう》して三|人《にん》を奴隸《どれい》の如《ごと》く追《お》ひ使《つか》ひ、湯上《ゆあが》りの足《あし》の爪《つめ》を切《き》らせたり、鼻《はな》の穴《あな》の掃除《さうじ》を命《めい》じたり、Urine を飮《の》ませたり、始終《しじゆう》私逹《わたしたち》を側《そば》へ侍《はべ》らせて、長《なが》く此《こ》の國《くに》の女王《ぢよわう》となつた。
 西洋館《せいやうくわん》へは其《そ》れ切《き》り一|度《ど》も行《ゆ》かなかつた。彼《あ》の靑大將《あをだいしやう》は果《はた》して本物《ほんもの》だか贋物《にせもの》だか、今《いま》考《かんが》へて見《み》てもよく判《わか》らない。


 幇間《ほうかん》

 明治《めいぢ》三十七年《さんじふしちねん》の夏《なつ》から、三十八年《さんじふはちねん》の秋《あき》へかけて、世界中《せかいぢゆう》を騷《さわ》がせた日露戰爭《にちろせんさう》が漸《やうや》くポウツマス條約《でうやく》に終《をは》りを吿《つ》げ、國力發展《こくりよくはつてん》の名《な》の下《もと》に、いろいろの企業《きげふ》が續々《ぞく/″\》と勃興《ぼつこう》して、新華族《しんくわぞく》も出來《でき》れば、成金《なりきん》も出來《でき》るし、世間《せけん》一|帶《たい》が何《なん》となくお祭《まつり》のやうに景氣付《けいきづ》いて居《ゐ》た四十年《しゞふねん》の四月《しぐわつ》の半《なか》ば頃《ころ》の事《こと》でした。
 丁度《ちやうど》向島《むかふじま》の土手《どて》は、櫻《さくら》が滿開《まんかい》で、靑々《あを/\》と晴《は》れ渡《わた》つた麗《うらゝ》かな日曜日《にちえうび》の午前中《ごぜんちう》から、淺草行《あさくさゆ》きの電車《でんしや》も蒸汽船《じようきせん》も一杯《いつぱい》の人《ひと》を乘《の》せ、群衆《ぐんじゆう》が蟻《あり》のやうにぞろぞろ渡《わた》つて行《ゆ》く吾妻橋《あづまばし》の向《むか》うは、八百松《やほまつ》から、遙《はる》か言問《ことと》ひの艇庫《ていこ》の邊《へん》へ暖《あたゝ》かさうな霞《かすみ》がかかり、對岸《たいがん》の小松宮《こまつのみや》御別邸《ごべつてい》を始《はじ》め、橋場《はしば》、今戶《いまど》、花川戶《はなかはど》の街々《まち/\》まで、もやもやとした藍色《あゐいろ》の光《ひかり》の中《うち》に眠《ねむ》つて、其《そ》の後《うし》ろには公園《こうゑん》の十二階《じふにかい》が、水蒸氣《すゐじようき》の多《おほ》い、咽《む》せ返《かへ》るやうな紺靑《こんじやう》の空《そら》に、朦朧《もうろう》と立《た》つて居《ゐ》ます。
 千住《せんじゆ》の方《はう》から深《ふか》い霞《かすみ》の底《そこ》をくぐつて來《く》る隅田川《すみだがは》は、小松島《こまつしま》の角《かど》で一《ひ》とうねりうねつてまんまんたる大河《たいが》の形《かたち》を備《そな》へ、兩岸《りやうがん》の春《はる》に醉《よ》つたやうな慵《ものう》げなぬるま水《みづ》を、きらきら日《ひ》に光《ひか》らせながら、一直線《いつちよくせん》に吾妻橋《あづまばし》の下《した》へ出《で》て行《ゆ》きます。川《かは》の面《おもて》は、如何《いか》にもふツくらとして鷹揚《おうやう》な波《なみ》が、のたり/\とだるさうに打《う》ち、蒲團《ふとん》のやうな手觸《てざは》りがするかと思《おも》はれる柔《やはら》かい水《みづ》の上《うへ》に、幾艘《いくさう》のボートや花見舟《はなみぶね》が浮《う》かんで、時々《とき/″\》山谷堀《さんやぼり》の口《くち》を離《はな》れる渡《わた》し船《ぶね》は上《のぼ》り下《くだ》りの船列《せんれつ》を橫《よこ》ぎりつつ、舷《ふなばた》に溢《あふ》れる程《ほど》の人數《にんず》を、絕《た》えず土手《どて》の上《うへ》へ運《はこ》んで居《ゐ》ます。
 其《そ》の日《ひ》の朝《あさ》の十時頃《じふじごろ》の事《こと》です。神田川《かんだがは》の口元《くちもと》を出《で》て、龜淸樓《かめせいろう》の石垣《いしがき》の蔭《かげ》から、大川《おほかは》の眞《ま》ん中《なか》へ漕《こ》ぎ出《だ》した一|艘《さう》の花見船《はなみぶね》がありました。紅白《こうはく》だんだらの幔幕《まんまく》に美々《びゞ》しく飾《かざ》つた大傳馬《おほでんま》へ、代地《だいち》の幇間《ほうかん》藝者《げいしや》を乘《の》せて、船《ふね》の中央《ちうあう》には其《そ》の當時《たうじ》兜町《かぶとちやう》で成金《なりきん》の名《な》を響《ひゞ》かせた榊原《さかきばら》と云《い》ふ株屋《かぶや》の旦那《だんな》が、五六人《ごろくにん》の末社《まつしや》を從《したが》へ、船中《せんちう》の男女《だんぢよ》を見廻《みまは》しながら、ぐびりぐびりと大杯《たいはい》を傾《かたむ》けて、其《そ》の太《ふと》つた赭《あか》ら顏《がほ》には、すでに三分《さんぶ》の醉《ゑひ》が循《まは》つて居《ゐ》ます。中流《ちゆうりう》に浮《う》かんだ船《ふね》が、藤堂伯《とうだうはく》の邸《やしき》の塀《へい》と並《なら》んで進《すゝ》む頃《ころ》、幔幕《まんまく》の中《なか》から絃歌《げんか》の聲《こゑ》が涌然《ゆうぜん》と起《おこ》り、陽氣《ようき》な響《ひゞき》は大川《おほかは》の水《みづ》を搖《ゆる》がせて、百|本杭《ぽんぐい》と代地《だいち》の河岸《かし》を襲《おそ》つて來《き》ます。兩國橋《りやうごくばし》の上《うへ》や、本所淺草《ほんじよあさくさ》の河岸通《かしどほ》りの人々《ひと/″\》は、孰《いづ》れも首《くび》を伸《の》ばして、此《こ》の大陽氣《おほやうき》に見惚《みと》れぬ者《もの》はありません。船中《せんちゆう》の樣子《やうす》は手《て》に取《と》るやうに陸《りく》から窺《うかゞ》はれ、時時《ときどき》なまめかしい女《をんな》の言葉《ことば》さへ、河面《かはづら》を吹《ふ》き渡《わた》るそよ風《かぜ》に傳《つた》はつて洩《も》れて來《き》ます。
 船《ふね》が横網河岸《よこあみがし》へかかつたと思《おも》ふ時分《じぶん》に、忽《たちま》ち舳《へさき》へ異形《いぎやう》なろくろ[#「ろくろ」に傍点]首《くび》の變裝人物《へんさうじんぶつ》が現《あら》はれ、三味線《しやみせん》に連《つ》れて滑稽《こつけい》極《きは》まる道化踊《だうけをどり》を始《はじ》めました。女《をんな》の目鼻《めはな》を描《ゑが》いた大《おほ》きい風船玉《ふうせんだま》へ、恐《おそ》ろしく細長《ほそなが》い紙袋《かみぶくろ》の頸《くび》をつけて、其《そ》れを頭《あたま》からすつぽり被《かぶ》つたものと思《おも》はれます。本人《ほんにん》の顏《かほ》は皆目《かいもく》袋《ふくろ》の中《なか》へ隱《かく》れて、身《み》にはけばけばしい友禪《いうぜん》の振袖《ふりそで》を着《き》、足《あし》に白足袋《しろたび》を穿《は》いては居《ゐ》るものの、折々《をり/\》かざす踊《をど》りの手振《てぶ》りに、緋《ひ》の袖口《そでぐち》から男《をとこ》らしい頑丈《ぐわんぢやう》な手頸《てくび》が露《あら》はれて、節《ふし》くれ立《たつ》た褐色《かつしよく》の五|本《ほん》の指《ゆび》が殊《こと》に目立《めだ》ちます。風船玉《ふうせんだま》の女《をんな》の首《くび》は、風《かぜ》のまにまにふわふわと飛《と》んで、岸《きし》近《ぢか》い家《いへ》の軒《のき》を窺《うかゞ》つたり、擦《す》れ違《ちが》ひさまに向《むか》うの船《ふね》の船頭《せんどう》の頭《あたま》を掠《かす》めたり、其度每《そのたびごと》に陸上《りくじやう》では目《め》を欹《そばだ》て、見物人《けんぶつにん》は手《て》を打《う》つて笑《わら》ひどよめきます。
 あれあれと云《い》ふうちに、船《ふね》は厩橋《うまやばし》の方《はう》へ進《すゝ》んで來《き》ました。橋《はし》の上《うへ》には眞黑《まつくろ》に人《ひと》がたかり、黃色《きいろ》い顏《かほ》がずらりと列《なら》んで、眼下《がんか》に迫《せま》つて來《く》る船中《せんちゆう》の模樣《もやう》を眺《なが》めて居《ゐ》ます。だんだん近《ちか》づくに隨《したが》ひ、ろくろ[#「ろくろ」に傍点]首《くび》の目鼻《めはな》はありありと空中《くうちゆう》に描《ゑが》き出《いだ》され、泣《な》いて居《ゐ》るやうな、笑《わら》つて居《ゐ》るやうな、眠《ねむ》つて居《ゐ》るやうな、何《なん》とも云《い》へぬ飄逸《へういつ》な表情《へうじやう》に、見物人《けんぶつにん》は又《また》可笑《をか》しさに誘《さそ》はれます。兎角《とかく》するうち、舳《へさき》が橋《はし》の蔭《かげ》へ入《はい》ると、首《くび》は水嵩《みかさ》の增《ま》した水面《すゐめん》から、見物人《けんぶつにん》の顏《かほ》近《ちか》くするすると欄杆《らんかん》に輕《かる》く擦《こす》れて、其《そ》のまま船《ふね》に曳《ひ》かれて折《を》れかがまり、橋桁《はしげた》の底《そこ》をなよなよと這《は》つて、今度《こんど》は向《むか》う側《がは》の靑空《あをそら》へ、ふわり、と浮《うか》び上《あが》りました。
 駒形堂《こまがただう》の前《まへ》まで來《く》ると、もう吾妻橋《あづまばし》の通行人《つうかうにん》が遙《はる》かに此《こ》れを認《みと》めて、さながら凱旋《がいせん》の軍隊《ぐんたい》を勸迎《くわんげい》するやうに待《ま》ち構《かま》へて居《ゐ》る樣子《やうす》が、船《ふね》の中《なか》からもよく見《み》えます。
 其處《そこ》でも厩橋《うまやばし》と同《おな》じやうな滑稽《こつけい》を演《えん》じて人《ひと》を笑《わら》はせ、いよいよ向島《むかうじま》にかかりました。一|丁《ちやう》ふえた三味線《しやみせん》の音《ね》は益々《ます/\》景氣《けいき》づき、丁度《ちやうど》牛《うし》が馬鹿囃《ばかばや》しの響《ひゞき》に促《うなが》されて、花車《だし》を挽《ひ》くやうに、船《ふね》も陽氣《やうき》な音曲《おんぎよく》の力《ちから》に押《お》されて、徐々《しづ/\》と水上《すゐじやう》を進《すゝ》むやうに思《おも》はれます。大川《おほかは》狹《せま》しと漕《こ》ぎ出《だ》した幾艘《いくさう》の花見船《はなみぶね》や、赤《あか》や青《あを》の小旗《こばた》を振《ふ》つてボートの聲援《せいゑん》をして居《ゐ》る學生逹《がくせいたち》を始《はじ》め、兩岸《りやうがん》の群衆《ぐんじゆう》は唯《たゞ》あつけ[#「あつけ」に傍点]に取《と》られて、此《こ》の奇態《きたい》な道化船《だうけぶね》の進路《しんろ》を見送《みおく》ります。ろくろ[#「ろくろ」に傍点]首《くび》の踊《をどり》はますます宛轉滑脫《ゑんてんかつだつ》となり、風船玉《ふうせんだま》は川風《かはかぜ》に煽《あほ》られつつ、忽《たちま》ち蒸汽船《じようきせん》の白煙《しろけむり》を潛《くゞ》り拔《ぬ》け、忽《たちま》ち高《たか》く舞《ま》ひ上《あが》つて待乳山《まつちやま》を眼下《がんか》に見《み》、見物人《けんぶつにん》に媚《こ》ぶるが如《ごと》き痴態《ちたい》を作《つく》つて、河上《かじやう》の人氣《にんき》を一身《いつしん》に集《あつ》めて居《ゐ》ます。言問《ことと》ひの近所《きんじよ》で土手《どて》に遠《とほ》ざかつて、更《さら》に川上《かはかみ》へ上《のぼ》つて行《ゆ》くのですが、それでも中《なか》の植半《うゑはん》から大倉氏《おほくらし》の別莊《べつさう》のあたりを徘徊《はいくわい》する堤上《ていじやう》の人々《ひと/″\》は、遙《はる》かに川筋《かはすぢ》の空《そら》に方《あた》り、人魂《ひとだま》のやうなろくろ[#「ろくろ」に傍点]首《くび》の頭《あたま》を望《のぞ》んで、「何《なん》だらう」「何《なん》だらう」と云《い》ひながら、一|樣《やう》に其《そ》の行《ゆ》くへを見守《みまも》るのです。
 傍若無人《ばうじやくぶじん》の振舞《ふるまひ》に散々《さん/″\》土手《どて》を騷《さわ》がせた船《ふね》は、やがて花月《くわげつ》華壇《くわだん》の棧橋《さんばし》に纜《ともづな》を結《むす》んで、どやどやと一隊《いつたい》が庭《には》の芝生《しばふ》へ押《お》し上《あが》りました。
「よう御苦勞《ごくらう》御苦勞《ごくらう》。」
 と、一行《いつかう》の旦那《だんな》や藝者逹《げいしやたち》に取《と》り卷《ま》かれ、拍手喝采《はくしゆかつさい》のうちに、ろくろ[#「ろくろ」に傍点]首《くび》の男《をとこ》は、すつぽり紙袋《かみぶくろ》を脫《ぬ》いで、燃《も》え立《た》つやうな紅《あか》い半襟《はんえり》の隙《ひま》から、淺黑《あさぐろ》い坊主頭《ばうずあたま》の愛嬌《あいけう》たつぷりの顏《かほ》を始《はじ》めて現《あらは》しました。
 河岸《かし》を換《か》へて又《また》一と遊《あそ》びと、其處《そこ》でも再《ふたゝ》び酒宴《しゆえん》が始《はじ》まり、旦那《だんな》を始《はじ》め大勢《おほぜい》の男女《だんぢよ》は芝生《しばふ》の上《うへ》を入《い》り亂《みだ》れて、踊《をど》り廻《まは》り跳《は》ね廻《まは》り、眼隱《めかく》しやら、鬼《おに》ごツこやら、きやツきやツと云《い》ふ騷《さわ》ぎです。
 例《れい》の男《をとこ》は振袖姿《ふりそですがた》のまま、白足袋《しろたび》に紅緖《べにを》の麻裏《あさうら》をつツかけ、しどろもどろの千鳥足《ちどりあし》で、藝者《げいしや》のあとを追《お》ひかけたり、追《お》ひかけられたりして居《ゐ》ます。殊《こと》に其《そ》の男《をとこ》が鬼《おに》になつた時《とき》の騷々《さう/″\》しさ賑《にぎや》かさは一《ひ》と入《しほ》で、もう眼隱《めかく》しの手拭《てぬぐひ》を顏《かほ》へあてられる時分《じぶん》から、旦那《だんな》も藝者《げいしや》も腹《はら》を抱《かゝ》へて手《て》を叩《たゝ》き、肩《かた》をゆす振《ぶ》つて躍《をど》り上《あが》ります。紅《あか》い蹴出《けだ》しの蔭《かげ》から毛脛《けずね》を露《あら》はに、
「菊《きい》ちやん/\。さあ、つかまへた。」
 などと、何處《どこ》かに錆《さび》を含《ふく》んだ、藝人《げいにん》らしい甲聲《かんごゑ》を絞《しぼ》つて、女《をんな》の袂《たもと》を掠《かす》めたり、立木《たちき》に頭《あたま》を打《う》ちつけたり、無茶苦茶《むちやくちや》に彼方此方《あつちこつち》へ駈《か》け廻《まは》るのですが、擧動《きよどう》の激《はげ》しく迅速《じんそく》なのにも似《に》ず、何處《どこ》かにおどけた頓間《とんま》な處《ところ》があつて、容易《ようい》に人《ひと》を掴《つか》まへることが出來《でき》ません。
 皆《みんな》は可笑《をか》しがつて、くすくすと息《いき》を殺《ころ》しながら、忍《しの》び足《あし》に男《をとこ》の背後《はいご》へ近《ちか》づき、
「ほら、此處《こゝ》に居《ゐ》てよ。」
 と、急《きふ》に耳元《みゝもと》でなまめかしい聲《こゑ》を立《た》て、背中《せなか》をぽんと打《う》つて逃《に》げ出《だ》します。
「そら、どうだどうだ。」
 と、旦那《だんな》が耳朶《みゝたぼ》を引張《ひつぱ》つて、こづき廻《まは》すと、
「あいた、あいた。」
 と、悲鳴《ひめい》を上《あ》げながら、眉《まゆ》を顰《しか》め、わざと仰山《ぎやうさん》な哀《あは》れつぽい表情《へうじやう》をして、身《み》を悶《もだ》えます。其《そ》の顏《かほ》つきがまた何《なん》とも云《い》へぬ可愛氣《かあいげ》があつて、誰《だれ》でも其《そ》の男《をとこ》の頭《あたま》を撲《ぶ》つとか、鼻《はな》の頭《あたま》をつまむとか、一寸《ちよつと》からかつて見《み》たい氣《き》にならない者《もの》はありません。
 今度《こんど》は十五六のお轉婆《てんば》な雛妓《おしやく》が、後《うし》ろへ廻《まは》つて兩手《りやうて》で足《あし》を掬《すく》ひ上《あ》げたので、見事《みごと》ころころと芝生《しばふ》の上《うへ》を轉《ころ》がりましたが、どツと云《い》ふ笑《わら》ひ聲《ごゑ》のうちに、再《ふたゝ》びのツそり起《お》き上《あが》り、
「誰《だれ》だい、此《こ》の年寄《としより》をいぢめるのは。」
 と、眼《め》を塞《ふさ》がれた儘《まゝ》大口《おほぐち》を開《あ》いて怒鳴《どな》り立《た》て、「由良《ゆら》さん」のやうに兩手《りやうて》を擴《ひろ》げて步《あゆ》み出《だ》します。

 此《こ》の男《をとこ》は幇間《ほうかん》の三平《さんぺい》と云《い》つて、もとは兜町《かぶとちやう》の相場師《さうばし》ですが、其《そ》の時分《じぶん》から今《いま》の商賣《しやうばい》がやつて見《み》たくて溜《たま》らず、たうとう四五|年前《ねんまへ》に柳橋《やなぎばし》の太鼓持《たいこも》ちの弟子入《でしいり》をして、一《ひ》と風《ふう》變《かは》つたコツのある氣象《きしやう》から、めきめき贔屓《ひいき》を拵《こしら》へ、今《いま》では仲間《なかま》のうちでも相應《さうおう》な好《い》い株《かぶ》になつて居《ゐ》ます。
「櫻井《さくらゐ》(と云《い》ふのは此《こ》の男《をとこ》の姓《せい》です。)の奴《やつ》も呑氣《のんき》な者《もの》だ。なあに相場《さうば》なんぞをやつて居《ゐ》るより、あの方《はう》が性《しやう》に合《あ》つて、いくら好《い》いか知《し》れやしない。今《いま》ぢや大分《だいぶ》見入《みい》りもあるやうだし、結句《けつく》奴《やつこ》さんは仕合《しあは》せさ。」
 などと、昔《むかし》の彼《かれ》を知《し》つて居《ゐ》るものは、時々《とき/″\》こんな取沙汰《とりさた》をします。日淸戰爭《につしんせんさう》の時分《じぶん》には、海運橋《かいうんばし》の近處《きんじよ》に可《か》なりの仲買店《なかがひてん》を構《かま》へ、事務員《じむゐん》の四五|人《にん》も使《つか》つて、榊原《さかきばら》の旦那《だんな》などとは朋輩《ほうばい》でしたが、其《そ》の頃《ころ》から、
「彼《あ》の男《をとこ》と遊《あそ》ぶと、座敷《ざしき》が賑《にぎや》かで面白《おもしろ》い。」
 と、遊《あそ》び仲間《なかま》の連中《れんぢう》に喜《よろこ》ばれ、酒《さけ》の席《せき》にはなくてならない人物《じんぶつ》でした。唄《うた》が上手《じやうず》で、話《はなし》が上手《じやうず》で、よしや自分《じぶん》がどんなに羽振《はぶ》りの好《い》い時《とき》でも、勿體《もつたい》ぶるなどと云《い》ふ事《こと》は毛頭《まうとう》なく、立派《りつぱ》な旦那株《だんなかぶ》であると云《い》ふ身分《みぶん》を忘《わす》れ、どうかすると立派《りつぱ》な男子《だんし》であると云《い》ふ品威《ひんゐ》をさへ忘《わす》れて、ひたすら友逹《ともだち》や藝者逹《げいしやたち》にやんやと褒《ほ》められたり、可笑《をか》しがられたりするのが、愉快《ゆくわい》で溜《たま》らないのです。華《はな》やかな電燈《でんとう》の下《した》に、醉《ゑひ》の循《まは》つた夷顏《ゑびすがほ》をてかてかさせて、「えへゝゝゝ」と相恰《さうがふ》を崩《くづ》しながら、ぺらぺらと奇警《きけい》な冗談《じようだん》を止《と》め度《ど》なく喋《しやべ》り出《だ》す時《とき》が彼《かれ》の生命《せいめい》で、滅法《めつぱふ》嬉《うれ》しくて溜《たま》らぬと云《い》ふやうに愛嬌《あいけう》のある瞳《ひとみ》を光《ひか》らせ、ぐにやりぐにやりとだらしなく肩《かた》を搖《ゆ》す振《ぶ》る態度《たいど》の罪《つみ》のなさ。まさに道樂《だうらく》の心髓《しんずゐ》に徹《てつ》したもので、さながら歡樂《くわんらく》の權化《ごんげ》かと思《おも》はれます。藝者《げいしや》などにも、どつちがお客《きやく》だか判《わか》らない程《ほど》、御機嫌《ごきげん》を伺《うかゞ》つて、お取《と》り持《も》ちをするので、始《はじ》めのうちは「でれ助《すけ》野郞《やらう》め」と腹《はら》の中《なか》で薄氣味惡《うすきみわる》がつたり、嫌《いや》がつたりしますが、だんだん氣心《きごゝろ》が知《し》れて見《み》れば、別《べつ》にどうしようと云《い》ふ腹《はら》があるのではなく、唯《たゞ》人《ひと》に可笑《をか》しがられるのを樂《たの》しみにするお人好《ひとよし》なのですから、「櫻井《さくらゐ》さん」「櫻井《さくらゐ》さん」と親《した》しんで來《き》ます。然《しか》し一|方《ぱう》では重寶《ちようはう》がられると同時《どうじ》に、いくらお金《かね》があつても、羽振《はぶり》がよくつても、誰一人《だれひとり》彼《かれ》に媚《こび》を呈《てい》したり、惚《ほ》れたりする者《もの》はありません。「旦那《だんな》」とも「あなた」とも云《い》はず、「櫻井《さくらゐ》さん」「櫻井《さくらゐ》さん」と呼《よ》び掛《か》けて、自然《しぜん》と伴《つ》れのお客《きやく》より一段《いちだん》低《ひく》い人間《にんげん》のやうに取《と》り扱《あつか》ひながら、其《そ》れを失禮《しつれい》だとも思《おも》はないのです。實際《じつさい》彼《かれ》は尊敬《そんけい》の念《ねん》とか、戀慕《れんぼ》の情《じやう》とかを、決《けつ》して人《ひと》に起《おこ》させるやうな人間《にんげん》ではありませんでした。先天的《せんてんてき》に人《ひと》から一種《いつしゆ》溫《あたゝ》かい輕蔑《けいべつ》の心《こゝろ》を以《も》つて、若《も》しくは憐愍《れんみん》の情《じやう》を以《も》つて、親《した》しまれ可愛《かあい》がられる性分《しやうぶん》なのです。恐《おそ》らくは乞食《こじき》と雖《いへども》、彼《かれ》にお辭儀《じぎ》をする氣《き》にはなれないでせう。彼《かれ》も亦《また》どんな馬鹿《ばか》にされようと、腹《はら》を立《た》てるではなく、却《かへ》つて其《そ》れを嬉《うれ》しく感《かん》じるのです。金《かね》さへあれば、必《かなら》ず友逹《ともだち》を誘《さそ》つて散財《さんざい》に出《で》かけてはお座敷《ざしき》を務《つと》める。宴會《えんくわい》とか、仲間《なかま》の者《もの》に呼《よ》ばれるとかすれば、どんな商用《しやうよう》を控《ひか》へて居《ゐ》ても、我慢《がまん》がし切《き》れず、すつかりだらしがなくなつて、いそいそと出《で》かけて行《ゆ》きます。
「や、どうも御苦勞樣《ごくらうさま》。」
 などと、お開《ひら》きの時《とき》に、よく友逹《ともだち》にからかはれると、彼《かれ》は開《ひら》き直《なほ》つて兩手《りやうて》をつき、
「ええ、どうか手前《てまへ》へも御祝儀《ごしうぎ》をおつかはし下《くだ》さいまし。」
 屹度《きつと》かう云《い》ひます。藝者《げいしや》が冗談《じようだん》にお客《きやく》の聲色《こわいろ》を遣《つか》つて、
「あア、よしよし、此《こ》れを持《も》つて行《ゆ》け。」
 と紙《かみ》を丸《まる》めて投《な》げてやると、
「へい、此《こ》れはどうも有難《ありがた》うございます。」
 と、ピョコピヨコ二三|度《ど》お辭儀《じぎ》をして、紙包《かみづゝみ》を扇《あふぎ》の上《うへ》に載《の》せ、
「へい、此《こ》れは有難《ありがた》うございます。どうか皆《みな》さんもう少《すこ》し投《な》げてやつておくんなさい。もうたつた二|錢《せん》がところで宜《よろ》しうございます。親子《おやこ》の者《もの》が助《たす》かります。兎角《とかく》東京《とうきやう》のお客樣方《きやくさまがた》が、弱《よわ》きを扶《たす》け、强《つよ》きを挫《くぢ》き‥‥‥」
 と、緣日《えんにち》の手品師《てじなし》の口調《くてう》でべらべら辯《べん》じ立《た》てます。
 こんな呑氣《のんき》な男《をとこ》でも、戀《こひ》をする事《こと》はあると見《み》え、時々《とき/″\》黑人上《くろうとあが》りの者《もの》を女房《にようぼう》とも付《つ》かず引《ひ》き擦《ず》り込《こ》む事《こと》がありますが、惚《ほ》れたとなつたら、彼《かれ》のだらし無《な》さは又《また》一入《ひとしほ》で、女《をんな》の歡心《くわんしん》を買《か》ふためには一生懸命《いつしやうけんめい》お太鼓《たいこ》を叩《たゝ》き、亭主《ていしゆ》らしい權威《けんゐ》なぞは少《すこ》しもありません。何《なん》でも欲《ほ》しいと云《い》ふものは、買《か》ひ放題《はうだい》、
「お前《まへ》さん、かうして下《くだ》さい、ああして下《くだ》さい。」と、頤《あご》でこき使《つか》はれて、ハイハイ云《い》ふ事《こと》を聞《き》いて居《ゐ》る意氣地《いくぢ》のなさ。どうかすると酒癖《さけくせ》の惡《わる》い女《をんな》に、馬鹿野郞《ばかやらう》呼《よ》ばはりをされて、頭《あたま》を擲《なぐ》られて居《ゐ》ることもあります。女《をんな》の居《ゐ》る當座《たうざ》は、茶屋《ちやや》の附《つ》き合《あ》ひも大槪《たいがい》斷《ことわ》つて了《しま》ひ、每晚《まいばん》のやうに友逹《ともだち》や店員《てんゐん》を二階《にかい》座敷《ざしき》に集《あつ》めて、女房《にようぼう》の三味線《しやみせん》で飮《の》めや唄《うた》への大騷《おほさわ》ぎをやります。一度《いちど》彼《かれ》は自分《じぶん》の女《をんな》を友逹《ともだち》に寐取《ねと》られたことがありましたが、其《そ》れでも別《わか》れるのが惜《を》しくつて、いろいろと女《をんな》の機嫌《きげん》氣褄《きづま》を取《と》り、色男《いろをとこ》に反物《たんもの》を買《か》つてやつたり二人《ふたり》を伴《つ》れて芝居《しばゐ》に出《で》かけたり、或《あ》る時《とき》は其《そ》の女《をんな》と其《そ》の男《をとこ》を座敷《ざしき》の上座《じやうざ》へ据《す》ゑて、例《れい》の如《ごと》く自分《じぶん》がお太鼓《たいこ》を叩《たゝ》き、すつかり二人《ふたり》の道具《だうぐ》に使《つかは》れて喜《よろこ》んで居《ゐ》ます。しまひには、時々《とき/″\》金《かね》を與《あた》へて役者買《やくしやか》ひをさせると云《い》ふ條件《でうけん》の下《もと》に、内《うち》へ引《ひ》き込《こ》んだ藝者《げいしや》なぞもありました。男同士《をとこどうし》の意地張《いぢは》りとか、嫉妬《しつと》の爲《た》めの立腹《りつぷく》とか云《い》ふやうな氣持《きもち》は其《そ》の男《をとこ》には毛程《けほど》もないのです。
 其《そ》の代《かは》り、また非常《ひじやう》に飽《あ》きつぽい質《たち》で、惚《ほ》れて惚《ほ》れて惚《ほ》れ拔《ぬ》いて、執拗《しつこ》い程《ほど》ちやほやするかと思《おも》へば、直《ぢ》きに餘熱《ほとぼり》がさめて了《しま》ひ、何人《なんにん》となく女房《にようぼう》を取《と》り換《か》へます。元《もと》より彼《かれ》に惚《ほ》れてゐる女《をんな》はありませんから、脈《みやく》のある間《あひだ》に精々《せい/″\》搾《しぼ》つて置《お》いて、好《い》い時分《じぶん》に向《むか》うから出《で》て行《ゆ》きます。かう云《い》ふ鹽梅《あんばい》で、店員《てんゐん》などにも一向《いつかう》威信《ゐしん》がなく、時々《とき/″\》は大穴《おほあな》も開《あ》けられるし、商賣《しやうばい》の方《はう》も疎《おろそ》かになつて、間《ま》もなく店《みせ》は潰《つぶ》れて了《しま》ひました。
 其《そ》の後《ご》、彼《かれ》は直屋《ぢきや》になつたり、客引《きゃくひき》になつたりして、人《ひと》の顏《かほ》さへ見《み》れば、
「今《いま》に御覽《ごらん》なさい。一|番《ばん》盛《も》り返《かへ》して見《み》せますから。」
 などと放言《はうげん》して居《ゐ》ました。一寸《ちよつと》おあいそも好《よ》し、相應《さうおう》に目先《めさき》の利《き》く所《ところ》もあつて、たまには儲《まう》け口《ぐち》もありましたが、いつも女《をんな》にしてやられ、年中《ねんぢう》ぴいぴいして居《ゐ》ます。其《そ》のうちにたうとう借金《しやつきん》で首《くび》が廻《まは》らなくなり、
「當分《たうぶん》私《わたし》を使《つか》つて見《み》てくれ。」
 かう云《い》つて、昔《むかし》の友逹《ともだち》の榊原《さかきばら》の店《みせ》へ轉《ころ》げ込《こ》みました。
 一介《いつかい》の店員《てんゐん》と迄《まで》零落《れいらく》しても、身《み》に沁《し》み込《こ》んだ藝者遊《げいしやあそ》びの味《あぢ》は、しみじみ忘《わす》れる事《こと》が出來《でき》ません。時々《とき/″\》彼《かれ》は忙《いそが》しさうに人々《ひと/″\》の立《た》ち働《はたら》いて居《ゐ》る帳場《ちやうば》の机《つくゑ》に向《むか》つて、なまめかしい女《をんな》の聲《こゑ》や陽氣《やうき》な三味線《しやみせん》の音色《ねいろ》を想《おも》ひ出《だ》し、口《くち》の中《なか》で端唄《はうた》を歌《うた》ひながら、晝間《ひるま》から浮《う》かれて居《ゐ》ることがあります。しまひには辛抱《しんばう》が仕切《しき》れなくなり、何《なん》とか彼《か》とか體《てい》の好《よ》い口《くち》を利《き》いては其《そ》れから其《そ》れへとちびちびした金《かね》を借《か》り倒《たふ》し、主人《しゆじん》の眼《め》を掠《かす》めて遊《あそ》びに行《ゆ》きます。
「彼奴《あいつ》もあれで可愛《かあい》い奴《やつ》さ。」
 と、始《はじ》めの二三度《にさんど》は淸《きよ》く金《かね》を出《だ》してやつた連中《れんぢう》も、あまり度重《たびかさ》なるので、遂《つひ》には腹《はら》を立《た》て、
「櫻井《さくらゐ》にも呆《あき》れたものだ。ああずぼら[#「ずぼら」に傍点]ぢやあ手《て》が附《つ》けられない。あんな質《たち》の惡《わる》い奴《やつ》ぢやなかつたんだが、今度《こんど》無心《むしん》に來《き》やがつたら、うんと怒《おこ》り付《つ》けてやらう。」
 かう思《おも》つては見《み》るものの、さて本人《ほんにん》に顏《かほ》を合《あ》はせると、何處《どこ》となく哀《あは》れつぽい處《ところ》があつて、とても强《つよ》い言《こと》は云《い》へなくなり、
「また此《こ》の次《つ》ぎに埋《う》め合《あ》はせをするから、今日《けふ》は見逃《みのが》して貰《もら》ひたいね。」
 ぐらゐの所《ところ》で追拂《おつぱら》はうとするのですが、
「まあ賴《たの》むからさう云《い》はないで、借《か》してくれ給《たま》へ。ナニ直《ぢ》き返《かへ》すから好《い》いぢやないか。後生《ごしやう》お願《ねが》ひ!全《まつた》く後生《ごしやう》お願《ねが》ひなんだ。」
 と、うるさく附《つ》き纏《まと》つて賴《たの》むので、大槪《たいがい》の者《もの》は根負《こんま》けをして了《しま》ひます。
 主人《しゆじん》の榊原《さかきばら》も見《み》るに見《み》かね、
「時々《とき/″\》己《おれ》が伴《つ》れて行《い》つてやるから、あんまり人《ひと》に迷惑《めいわく》を掛《か》けないやうにしたらどうだ。」
 かう云《い》つて、三度《さんど》に一度《いちど》は馴染《なじみ》の待合《まちあひ》へ供《とも》をさせると、其《そ》の時《とき》ばかりは別人《べつじん》のやうにイソイソ立《た》ち働《はたら》いて、忠勤《ちうきん》を抽《ぬき》んでます。商賣上《しやうばいじやう》の心配事《しんぱいごと》で氣《き》がくさくさする時《とき》は、此《こ》の男《をとこ》と酒《さけ》でも飮《の》みながら、罪《つみ》のない顏《かほ》を見《み》て居《ゐ》るのが、何《なに》より藥《くすり》なので、主人《しゆじん》も繁《し》げ繁《し》げ供《とも》に伴《つ》れて行《ゆ》きます。しまひには店員《てんゐん》としてよりも其《そ》の方《はう》の勤《つとめ》が主《おも》になつて、晝間《ひるま》は一|日《にち》店《みせ》にごろごろしながら、
「僕《ぼく》は榊原商店《さかきばらしやうてん》の内藝者《うちげいしや》さね。」
 などと冗談《じやうだん》を云《い》つて、彼《かれ》は得々《とく/\》たるものです。
 榊原《さかきばら》は堅儀《かたぎ》の家《いへ》から貰《もら》つた細君《さいくん》もあれば、十五六《じふごろく》の娘《むすめ》を頭《かしら》に二三人《にさんにん》の子供《こども》もありましたが、上《かみ》さん始《はじ》め、女中逹《ぢよちうたち》まで皆《みな》櫻井《さくらゐ》を可愛《かあい》がつて、「櫻井《さくらゐ》さん、御馳走《ごちそう》がありますから臺所《だいどころ》で一|杯《ぱい》おやんなさいな。」と奧《おく》へ呼《よ》び寄《よ》せては、面白《おもしろ》い洒落《しやれ》でも聞《き》かうとします。
「お前《まへ》さんのやうに呑氣《のんき》だつたら、貧乏《びんばふ》しても苦《く》にはなるまいね。一生《いつしやう》笑《わら》つて暮《くら》せれば、其《そ》れが一|番《ばん》仕合《しあは》せだとも。」
 お上《かみ》さんにかう云《い》はれると、彼《かれ》は得意《とくい》になつて、
「全《まつた》くです。だから私《わツし》なんざあ、昔《むかし》からつひぞ腹《はら》と云《い》ふものを立《た》てたことがありません。それと云《い》ふのが矢張《やつぱり》道樂《だうらく》をしたお蔭《かげ》でございますね。‥‥‥‥」
 などと、其《そ》れから一|時間《じかん》ぐらゐは、のべつに喋《しやべ》ります。
 時《とき》には又《また》小聲《こごゑ》で、錆《さび》のある喉《のど》を聞《き》かせます。端唄《はうた》、常磐津《ときわづ》、淸元《きよもと》、なんでも一《ひ》と通《とほ》りは心得《こゝろえ》て居《い》て自分《じぶん》で自分《じぶん》の美音《びおん》に醉《よ》ひながら、口三味線《くちじやみせん》でさも嬉《うれ》しさうに歌《うた》ひ出《だ》す時《とき》は、誰《だれ》もしみじみと聞《き》かされます。いつも流行唄《はやりうた》を眞先《まつさき》に覺《おぼ》えて來《き》ては、
「お孃《ぢやう》さん、面白《おもしろ》い唄《うた》を敎《をし》へませうか。」
 と、早速《さつそく》奧《おく》へ披露《ひらう》します。歌舞伎座《かぶきざ》の狂言《きやうげん》なども、出《だ》し物《もの》の變《かは》る度《たび》に二三度《にさんど》立《た》ち見《み》に出《で》かけ、直《ぢ》きに芝翫《しくわん》や八百藏《やをざう》の聲色《こわいろ》を覺《おぼ》えて來《き》ます。どうかすると、便所《べんじよ》の中《なか》や、往來《わうらい》のまんなかで、眼《め》をむき出《だ》したり、首《くび》を振《ふ》つたり、一生懸命《いつしやうけんめい》聲色《こわいろ》の稽古《けいこ》に浮身《うきみ》を窶《やつ》して居《ゐ》ることもありますが、手持無沙汰《てもちぶさた》の時《とき》は、始終《しじゆう》口《くち》の先《さき》で小唄《こうた》を歌《うた》ふとか、物眞似《ものまね》をやるとか、何《なに》かしら一人《ひとり》で浮《う》かれて居《ゐ》なければ、氣《き》が濟《す》まないのです。
 子供《こども》の折《をり》から、彼《かれ》は音曲《おんぎよく》や落語《らくご》に非常《ひじやう》な趣味《しゆみ》を持《も》つて居《ゐ》ました。何《なん》でも生《うま》れは芝《しば》の愛宕下邊《あたごしたへん》で、小學校時代《せうがくかうじだい》には神童《しんどう》と云《い》はれた程《ほど》學問《がくもん》も出來《でき》れば、物覺《ものおぼ》えも良《よ》かつたのですが、幇間的《ほうかんてき》の氣質《きしつ》は旣《すで》に其《そ》の頃《ころ》備《そな》はつて居《ゐ》たものと見《み》え、級中《きふちう》の主席《しゆせき》を占《し》めて居《ゐ》るにも拘《かゝは》らず、まるで家來《けらい》のやうに友逹《ともだち》から扱《あつか》はれて喜《よろこ》んで居《ゐ》ました。さうして親父《おやぢ》にせびつては每晚《まいばん》のやうに寄席《よせ》へ伴《つ》れて行《い》つて貰《もら》ひます。彼《かれ》は落語家《らくごか》に對《たい》して、一種《いつしゆ》の同情《どうじやう》、寧《むし》ろ憧憬《どうけい》の念《ねん》をさへ抱《いだ》いて居《ゐ》ました。先《ま》づぞろりとした風采《ふうさい》で高座《かうざ》へ上《あが》り、ぴたりとお客樣《きやくさま》へお辭儀《じぎ》をして、さて、
「ええ每度《まいど》伺《うかゞ》ひまするが、兎角《とかく》此《こ》の、殿方《とのがた》のお失策《しくじり》は酒《さけ》と女《をんな》でげして、取《と》り分《わ》け御婦人《ごふじん》の勢力《せいりよく》と申《まを》したら大《たい》したものでげす。我《わ》が國《くに》は天《あま》の窟戶《いはと》の始《はじ》まりから、『女《をんな》ならでは夜《よ》の明《あ》けぬ國《くに》』などと申《まを》しまする。‥‥‥‥」
 と喋《しやべ》り出《だ》す舌先《したさき》の旨味《うまみ》、何《なん》となく情愛《じやうあい》のある話振《はなしぶ》りは、喋《しやべ》つて居《ゐ》る當人《たうにん》も、嘸《さぞ》好《い》い氣持《きもち》だらうと思《おも》はれます。さうして、一言一句《いちごんいつく》に女子供《をんなこども》を可笑《をか》しがらせ、時々《とき/″\》愛嬌《あいけう》たつぷりの眼《め》つきで、お客《きやく》の方《はう》を一順《いちじゆん》見廻《みまは》して居《ゐ》る。其處《そこ》に何《なん》とも云《い》はれない人懷《ひとなつ》ツこい所《ところ》があつて、『人間《にんげん》社會《しやくわい》の溫《あたゝ》か味《み》。』と云《い》ふやうなものを、彼《かれ》はかう云《い》ふ時《とき》に最《もつと》も强《つよ》く感《かん》じます。
「あ、こりや、こりや。」
 と、陽氣《やうき》な三味線《しやみせん》に乘《の》つて、都々逸《どゞいつ》、三下《さんさが》り、大津繪《おほつゑ》などを、粹《いき》な節廻《ふしまは》しで歌《うた》はれると、子供《こども》ながらも體内《たいない》に漠然《ばくぜん》と潛《ひそ》んで居《ゐ》る放蕩《はうたう》の血《ち》が湧《わ》き上《あが》つて、人生《じんせい》の樂《たの》しさ、歡《よろこ》ばしさを暗示《あんし》されたやうな氣《き》になります。學校《がくかう》の往《ゆ》き復《かへ》りには、よく淸元《きよもと》の師匠《ししやう》の家《いへ》の窓下《まどした》に彳《たゝず》んで、うつとりと聞《き》き惚《ほ》れて居《ゐ》ました。夜《よる》机《つくゑ》に向《むか》つて居《ゐ》る時《とき》でも、新内《しんない》の流《なが》しが聞《きこ》えると勉强《べんきやう》が手《て》に付《つ》かず、忽《たちま》ち本《ほん》を伏《ふ》せて醉《よ》つたやうになつて了《しま》ひます。二十《はたち》の時《とき》、始《はじ》めて人《ひと》に誘《さそ》はれて藝者《げいしや》を揚《あ》げましたが、綺麗《きれい》な女《をんな》がずらりと眼《め》の前《まへ》に並《なら》んで、平生《へいぜい》憧《あこが》れてゐたお座附《ざつき》の三味線《しやみせん》を引《ひ》き出《だ》すと、彼《かれ》は杯《さかづき》を手《て》にしながら、感極《かんきは》まつて、淚《なみだ》を眼《め》に一杯《いつぱい》溜《た》めてゐました。さう云《い》ふ風《ふう》ですから、藝事《げいごと》の上手《じやうづ》なのも無理《むり》はありません。
 彼《かれ》を本職《ほんしよく》の幇間《たいこもち》にさせたのは、全《まつた》く榊原《さかきばら》の旦那《だんな》の思《おも》ひ附《つ》きでした。
「お前《まへ》もいつまで内《うち》にごろごろして居《ゐ》ても仕方《しかた》があるめえ。一《ひと》つ己《おれ》が世話《せわ》をしてやるから、幇間《たいこもち》になつたらどうだ。只《たゞ》で茶屋酒《ちややざけ》を飮《の》んで其《そ》の上《うへ》祝儀《しうぎ》が貰《もら》へりやあ、此《こ》れ程《ほど》結構《けつこう》な商賣《しやうばい》はなからうぜ。お前《まへ》のやうな怠《なま》け者《もの》の掃《は》け場《ば》には持《も》つて來《こ》いだ。」
 かう云《い》はれて、彼《かれ》も早速《さつそく》其《そ》の氣《き》になり、旦那《だんな》の膽煎《きもい》りで到頭《たうとう》柳橋《やなぎばし》の太鼓持《たいこも》ちに弟子入《でしい》りをしました。三平《さんぺい》と云《い》ふ名《な》は、其《そ》の時《とき》師匠《ししやう》から貰《もら》つたのです。
「櫻井《さくらゐ》が太鼓持《たいこも》ちになつたつて?成《な》る程《ほど》人間《にんげん》に廢《すた》りはないもんだ。」
 と、兜町《かぶとちやう》の連中《れんちう》も、噂《うはさ》を聞《き》き傳《つた》へて肩《かた》を入《い》れてやります。新參《しんざん》とは云《い》ひながら、藝《げい》は出來《でき》るし、お座敷《ざしき》は巧《うま》し、何《なに》しろ幇間《たいこもち》にならぬ前《まへ》から頓狂者《とんきやうもの》の噂《うはさ》の高《たか》い男《をとこ》の事故《ことゆゑ》、またたく間《ま》に賣《う》り出《だ》して了《しま》ひました。
 或《あ》る時《とき》の事《こと》でした。榊原《さかきばら》の旦那《だんな》が、待合《まちあひ》の二階《にかい》で五六人《ごろくにん》の藝者《げいしや》をつかまへ、催眠術《さいみんじゆつ》の稽古《けいこ》だと云《い》つて、片《かた》つ端《ぱし》からかけて見《み》ましたが、一人《ひとり》の雛妓《おしやく》が少《すこ》しばかりかかつただけで、他《ほか》の者《もの》はどうしてもうまく眠《ねむ》りません。すると其《そ》の席《せき》に居《ゐ》た三平《さんぺい》が急《きふ》に恐毛《おぞけ》を慄《ふる》ひ出《だ》し、
「旦那《だんな》、私《わツし》やあ催眠術《さいみんじゆつ》が大嫌《だいきら》ひなんだから、もうお止《よ》しなさい。何《なん》だか人《ひと》のかけられるのを見《み》てさへ、頭《あたま》が變《へん》になるんです。」
 かう云《い》つた樣子《やうす》が、恐《おそろ》しがつて居《ゐ》るやうなものの、如何《いか》にもかけて貰《もら》ひたさうなのです。
「いい事《こと》を聞《き》いた。そんならお前《まへ》を一《ひと》つかけてやらう、そら、もうかかつたぞ。そうら、だんだん眠《ねむ》くなつて來《き》たぞ。」
 かう云《い》つて、旦那《だんな》が睨《にら》み付《つ》けると、
「ああ、眞平《まつぴら》、眞平《まつぴら》。そいつばかりはいけません。」
 と、顏色《かほいろ》を變《か》へて、逃《に》げ出《だ》さうとするのを、旦那《だんな》が後《うし》ろから追《お》ひかけて、三平《さんぺい》の顏《かほ》を掌《てのひら》で二三度《にさんど》撫《な》で廻《まは》し、
「そら、もう今度《こんど》こそかかつた、もう駄目《だめ》だ。逃《に》げたつてどうしたつて助《たす》からない。」
 さう云《い》つて居《ゐ》るうちに、三平《さんぺい》の項《うなじ》はぐたりとなり、其處《そこ》へ倒《たふ》れてしまひました。
 面白半分《おもしろはんぶん》にいろいろの暗示《あんし》を與《あた》へると、どんな事《こと》でもやります。「悲《かな》しいだらう。」と云《い》へば、顏《かほ》をしかめてさめざめと泣《な》く。「口惜《くや》しからう。」と云《い》へば、眞赤《まつか》になつて怒《おこ》り出《だ》す。お酒《さけ》だと云《い》つて、水《みづ》を飮《の》ませたり、三味線《しやみせん》だと云《い》つて、箒木《はうき》を抱《だ》かせたり、其《そ》の度《たび》每《ごと》に女逹《をんなたち》はきやツきやツと笑《わら》ひ轉《ころ》げます。やがて旦那《だんな》は三平《さんぺい》の鼻先《はなさき》でぬツと自分《じぶん》の臀《しり》をまくり、
「三平《さんぺい》、此《こ》の麝香《じやかう》はいい匂《にほひ》がするだらう。」
 かう云《い》つて、素晴《すば》らしい音《おと》を放《はな》ちました。
「成《な》る程《ほど》、此《こ》れは結構《けつこう》な香《かう》でげすな。おお好《い》い匂《にほひ》だ、まるで胸《むね》がすうツとします。」
 と、三平《さんぺい》は、さも氣持《きもち》が好《よ》ささうに、匂《にほひ》を嗅《か》いで小鼻《こばな》をひくひくさせます。
「さあ、もう好《い》い加減《かげん》で堪忍《かんにん》してやらう。」
 旦那《だんな》が耳元《みゝもと》でぴたツと手《て》を叩《たゝ》くと、彼《かれ》は眼《め》を丸《まる》くして、きよろきよろとあたりを見廻《みまは》し、
「到頭《たうとう》かけられちやつた。どうもあんな恐《おそ》ろしいものはごはせんよ。何《なに》か私《わツし》やあ可笑《をか》しな事《こと》でもやりましたかね。」
 かう云《い》つて、漸《やうや》く我《われ》に復《かへ》つた樣子《やうす》です。
 すると、いたづら好《づ》きの梅吉《うめきち》と云《い》ふ藝者《げいしや》がにじり出《だ》して、
「三平《さんぺい》さんなら、妾《わたし》にだつてかけられるわ。そら、もうかかつた!ほうら、だんだん眠《ねむ》くなつて來《き》てよ。」
 と、座敷中《ざしきぢう》を逃《に》げて步《ある》く三平《さんぺい》を追《お》ひ廻《まは》して、襟首《えりくび》へ飛《と》び付《つ》くや否《いな》や、
「ほら、もう駄目駄目《だめだめ》。さあ、もうすつかりかかつちまつた。」
 かう云《い》ひながら、顏《かほ》を撫《な》でると、再《ふたゝ》びぐたりとなつて、あんぐり口《くち》を開《あ》いたまま、女《をんな》の肩《かた》へだらしなく凭《もた》れて了《しま》ひます。
 今度《こんど》は梅吉《うめきち》が、觀音樣《くわんのんさま》だと云《い》つて自分《じぶん》を拜《おが》ませたり、大地震《おほぢしん》だと云《い》つて恐《こは》がらせたり、其《そ》の度《たび》每《ごと》に表情《へうじやう》の盛《さかん》な三平《さんぺい》の顏《かほ》が、千變萬化《せんぺんばんくわ》する可笑《をか》しさと云《い》つたらありません。
 それからと云《い》ふものは、榊原《さかきばら》の旦那《だんな》と梅吉《うめきち》に一《ひ》と睨《にら》みされれば、直《す》ぐにかけられて、ぐたりと倒《たふ》れます。ある晚《ばん》、梅吉《うめきち》がお座敷《ざしき》の歸《かへ》りに柳橋《やなぎばし》の袂《たもと》で擦《す》れちがひさま、
「三平《さんぺい》さん、そら!」
 と云《い》つて睨《にら》みつけると、
「ウム」
 と云《い》つたなり、往來《わうらい》のまん中《なか》へ仰《の》け反《ぞ》つて了《しま》ひました。
 彼《かれ》は此《こ》れ程《ほど》までにしても、人《ひと》に可笑《をか》しがられたいのが病《やまひ》なんです。然《しか》しなかなか加減《かげん》がうまいのと、あまり圖々《づう/″\》しいのとで、人《ひと》は狂言《きやうげん》にやつて居《ゐ》るのだとは思《おも》ひませんでした。
 誰《だれ》云《い》ふとなく、三平《さんぺい》さんは梅《うめ》ちやんに惚《ほ》れて居《ゐ》るのだと云《い》ふ噂《うはさ》が立《た》ちました。其《そ》れでなければ、ああ易々《やす/\》と催眠術《さいみんじゆつ》にかけられる筈《はず》はないと云《い》ふのです。全《まつた》くのところ、三平《さんぺい》は梅吉《うめきち》のやうなお轉婆《てんば》な、男《をとこ》を男《をとこ》とも思《おも》はぬやうな勝氣《かちき》な女《をんな》が好《す》きなのでした。始《はじ》めて催眠術《さいみんじゆつ》にかけられて、散々《さん/″\》な目《め》に會《あ》はされた晚《ばん》から、彼《かれ》はすつかり梅吉《うめきち》の氣象《きしやう》に惚《ほ》れ込《こ》んで了《しま》ひ、機《をり》があつたらどうかしてと、ちよいちよいほのめかして見《み》るのですが、先方《せんぱう》ではまるで馬鹿《ばか》にし切《き》つて、てんで相手《あひて》にしてくれません。機嫌《きげん》の好《い》い時《とき》を窺《うかが》つて、二言三言《ふたことみこと》からかひかけると、直《す》ぐに梅吉《うめきち》は腕白盛《わんぱくざか》りの子供《こども》のやうな無邪氣《むじやき》な眼《め》つきをして、
「そんな言《こと》を云《い》ふと、又《また》かけて上《あ》げるよ。」
 と、睨《にら》みつけます。睨《にら》まれれば、大事《だいじ》な口說《くど》きは其方除《そつちの》けにして早速《さつそく》ぐにやりと打倒《ぶつたふ》れます。
 遂《つひ》に彼《かれ》は溜《たま》らなくなつて、榊原《さかきばら》の旦那《だんな》に思《おも》ひのたけを打《う》ち明《あ》け、
「まことに商賣柄《しやうばいがら》にも似合《にあ》はない、いやはや意氣地《いくぢ》のない次第《しだい》ですが、たつた一《ひ》と晚《ばん》でようがすから、どうか一《ひと》つ旦那《だんな》の威光《ゐくわう》でうんと云《い》はせておくんなさい。」
 と、賴《たの》みました。
「よし來《き》た、萬事《ばんじ》己《おれ》が呑《の》み込《こ》んだから、親船《おやふね》に載《の》つた氣《き》で居《ゐ》るがいい。」
 と、旦那《だんな》は又《また》三平《さんぺい》を玩具《おもちや》にしてやらうと云《い》ふ魂膽《こんたん》があるものですから、直《す》ぐに引《ひ》き受《う》け、其《そ》の日《ひ》の夕方《ゆふがた》早速《さつそく》行《ゆ》きつけの待合《まちあひ》へ梅吉《うめきち》を呼《よ》んで三平《さんぺい》の話《はなし》をした末《すゑ》に、
「ちつと罪《つみ》なやうだが、今夜《こんや》お前《まへ》から彼奴《あいつ》を此處《こゝ》へ呼《よ》んで、精精《せいぜい》口先《くちさき》の嬉《うれ》しがらせを聞《き》かせた上《うへ》、肝心《かんじん》の處《ところ》は催眠術《さいみんじゆつ》で欺《だま》してやるがいい。己《おれ》は蔭《かげ》で樣子《やうす》を見《み》て居《ゐ》るから、奴《やつ》を素裸《すつぱだか》にさせて勝手《かつて》な藝當《げいたう》をやらせて御覽《ごらん》。」
 こんな相談《さうだん》を始《はじ》めました。
「なんぼ何《なん》でも、それぢやあんまり可哀相《かあいさう》だわ。」
 と、流石《さすが》の梅吉《うめきち》も一應《いちおう》躊躇《ちゆうちよ》したものの、後《あと》で露顯《ろけん》したところで、腹《はら》を立《た》てるやうな男《をとこ》ではなし、面白《おもしろ》いからやつて見《み》ろ。と云《い》ふ氣《き》になりました。
 さて、夜《よる》になると、梅吉《うめきち》の手紙《てがみ》を持《も》つて、車夫《しやふ》が三平《さんぺい》の處《ところ》へ迎《むか》へに行《ゆ》きました。「今夜《こんや》はあたし一人《ひとり》だから、是非《せひ》遊《あそ》びに來《き》てくれろ。」と云《い》ふ文面《ぶんめん》に、三平《さんぺい》はぞくぞく嬉《よろこ》び、てツきり旦那《だんな》が口《くち》を利《き》いていくらか掴《つか》ましたに相違《さうゐ》ないと、平生《へいぜい》よりは大《おほい》に身《み》じまひを整《とゝの》へ、ぞろりとした色男《いろをとこ》氣取《きどり》で待合《まちあひ》へ出《で》かけました。
「さあさあ、もつとずツと此方《こつち》へ。ほんとに三平《さんぺい》さん、今夜《こんや》は妾《あたし》だけなんだから、窮屈《きうくつ》な思《おも》ひをしないで、ゆつくりくつろいでおくんなさいな。」
 と、梅吉《うめきち》は、座布團《ざぶとん》をすすめるやら、お酌《しやく》をするやら、下《した》にも置《お》かないやうにします。三平《さんぺい》は少《すこ》し煙《けむ》に卷《ま》かれて、柄《がら》にもなくおどおどして居《ゐ》ましたが、だんだん醉《よひ》が循《まは》つて來《く》ると、魂《たましひ》が落《お》ち着《つ》き、
「だが梅《うめ》ちやんのやうな男勝《をとこまさ》りの女《をんな》は、私《わツし》や大好《だいす》きサ。」
 などと、そろそろ水《みづ》を向《む》け始《はじ》めます。旦那《だんな》を始《はじ》め二三人《にさんにん》の藝者《げいしや》が、中二階《ちうにかい》の掃き出し[#「掃き出し」に傍点]から欄間《らんま》を通《とほ》して、見《み》て居《ゐ》ようとは夢《ゆめ》にも知《し》りません。梅吉《うめきち》は吹《ふ》き出《だ》したくなるのをぢつと堪《こら》へて、散々《さん/″\》出放題《ではうだい》のお上手《じやうづ》を列《なら》べ立《た》てます。
「ねえ、三平《さんぺい》さん。そんなに妾《わたし》に惚《ほ》れて居《ゐ》るのなら、何《なに》か證據《しようこ》が見《み》せて貰《もら》ひたいわ。」
「證據《しようこ》と云《い》つて、どうも困《こま》りますね。全《まつた》く胸《むね》の中《なか》を斷《た》ち割《わ》つて御覽《ごらん》に入《い》れたいくらゐさ。」
「それぢや、催眠術《さいみんじゆつ》にかけて、正直《しやうぢき》な所《ところ》を白狀《はくじやう》させてよ。まあ、妾《あたし》を安心《あんしん》させる爲《た》めだと思《おも》つて、かかつて見《み》て下《くだ》さいよ。」
 こんな言《こと》を、梅吉《うめきち》は云《い》ひ出《だ》しました。
「いや、もうあればかりは眞平《まつぴら》です。」
 と、三平《さんぺい》も今夜《こんや》こそは、そんな事《こと》で胡麻化《ごまくわ》されてはならないと云《い》ふ決心《けつしん》で、場合《ばあひ》に由《よ》つたら、
「實《じつ》はあの催眠術《さいみんじゆつ》も、お前《まへ》さんに惚《ほ》れた弱味《よわみ》の狂言《きやうげん》ですよ。」
 かう打《う》ち明《あ》けるつもりでしたが、
「そら!もうかかつちまつた。そうら。」
 と、忽《たちま》ち梅吉《うめきち》の凛《りん》とした、凉《すゞ》しい目元《めもと》で睨《にら》められると、又《また》女《をんな》に馬鹿《ばか》にされたいと云《い》ふ欲望《よくばう》の方《はう》が先《さき》へ立《た》つて、此《こ》の大事《だいじ》の瀨戶際《せとぎは》に又々《また/\》ぐたりとうなだれて了《しま》ひました。
「梅《うめ》ちやんの爲《た》めならば、命《いのち》でも投《な》げ出《だ》します。」とか、「梅《うめ》ちやんが死《し》ねと云《い》へば、今《いま》でも死《し》にます。」とか、尋《たづ》ねられるままに、彼《かれ》はいろいろと口走《くちばし》ります。
 もう眠《ねむ》って居《ゐ》るから大丈夫《だいじやうぶ》と、隙見《すきみ》をして居《ゐ》た旦那《だんな》も藝者《げいしや》も座敷《ざしき》へ入《はい》つて來《き》て、ずらりと三平《さんぺい》の周圍《まはり》を取《と》り卷《ま》き、梅吉《うめきち》のいたづらを、橫腹《よこはら》を叩《たゝ》いて袂《たもと》を嚙《か》んで、見《み》て居《ゐ》ます。
 三平《さんぺい》は此《こ》の樣子《やうす》を見《み》て、吃驚《びつくり》しましたが、今更《いまさら》止《や》める譯《わけ》にも行《ゆ》きません。寧《むし》ろ彼《かれ》に取《と》つては、惚《ほ》れた女《をんな》にこんな殘酷《ざんこく》な眞似《まね》をさせられるのが愉快《ゆくわい》なのですから、どんな恥《はづ》かしい事《こと》でも、云《い》ひ附《つ》け通《どほ》りにやります。
「此處《こゝ》はお前《まへ》さんと妾《あたし》と二人《ふたり》限《ぎ》りだから、遠慮《ゑんりよ》しないでもいいわ。さあ、羽織《はおり》をお脫《ぬ》ぎなさい。」
 かう云《い》はれると、裏地《うらぢ》に夜櫻《よざくら》の模樣《もやう》のある黑縮緬《くろちりめん》の無雙羽織《むさうばおり》をするすると脫《ぬ》ぎます。それから藍色《あゐいろ》の牡丹《ぼたん》くづしの繻珍《しゆつちん》の帶《おび》を解《と》かれ、赤大名《あかだいみやう》のお召《めし》を脫《ぬ》がされ、背中《せなか》へ雷神《らいじん》を描《ゑが》いて裾《すそ》へ赤《あか》く稻妻《いなづま》を染《そ》め出《だ》した白縮緬《しろちりめん》の長襦袢《ながじゆばん》一《ひと》つになり、折角《せつかく》めかし込《こ》んで來《き》た衣裳《いしやう》を一枚《いちまい》一枚《いちまい》剝《は》がされて、到頭《たうとう》裸《はだか》にされて了《しま》ひました。それでも三平《さんぺい》には、梅吉《うめきち》の酷《むご》い言葉《ことば》が嬉《うれ》しくつて嬉《うれ》しくつて溜《たま》りません。果《は》ては女《をんな》の與《あた》へる暗示《あんし》のままに、云《い》ふに忍《しの》びないやうな事《こと》をします。

 散々《さん/″\》弄《もてあそ》んだ末《すゑ》に、梅吉《うめきち》は充分《じゆうぶん》三平《さんぺい》を睡《ねむ》らせて、皆《みんな》と一緖《いつしよ》に其處《そこ》を引《ひ》き上《あ》げて了《しま》ひました。

 翌《あ》くる日《ひ》の朝《あさ》、梅吉《うめきち》に呼《よ》び醒《さ》まされると、三平《さんぺい》はふと眼《め》を開《あ》いて、枕許《まくらもと》に坐《すわ》つてゐる寢衣姿《ねまきすがた》の女《をんな》の顏《かほ》を惚《ほ》れ惚《ぼ》れと見上《みあ》げました。三平《さんぺい》を欺《だま》すやうに、わざと女《をんな》の枕《まくら》や衣類《いるゐ》が其《そ》の邊《へん》に散《ち》らばつて居《ゐ》ました。
「妾《あたし》は今《いま》起《お》きて顏《かほ》を洗《あら》つて來《き》た所《ところ》なの。ほんとにお前《まへ》さんはよく寐《ね》て居《ゐ》るのね。だからきつと後生《ごしやう》がいいんだわ。」
 と、梅吉《うめきち》は何喰《なにく》はぬ顏《かほ》をしてゐます。
「梅《うめ》ちやんにこんなに可愛《かあい》がつて貰《もら》へりやあ、後生《ごしやう》よしに違《ちが》ひありやせん。日頃《ひごろ》の念《ねん》が屆《とゞ》いて、私《わツし》やあ全《まつた》く嬉《うれ》しうがす。」
 かう云《い》つて、三平《さんぺい》はピヨコピヨコお辭儀《じぎ》をしましたが、俄《にはか》にそはそはと起《お》き上《あか》つて着物《きもの》を着換《きか》へ、
「世間《せけん》の口《くち》がうるさうがすから、今日《けふ》の所《ところ》はちつとも早《はや》く失禮《しつれい》しやす。何卒《どうぞ》末長《すゑなが》くね。へツ、此《こ》の色男《いろをとこ》め!」
 と、自分《じぶん》の頭《あたま》を輕《かる》く叩《たゝ》いて、出《で》て行《ゆ》きました。

「三平《さんぺい》、此《こ》の間《あひだ》の首尾《しゆび》はどうだつたい。」
 と、それから二三日《にさんにち》過《す》ぎて、榊原《さかきばら》の旦那《だんな》が尋《たづ》ねました。
「や、どうもお蔭樣《かげさま》で有難《ありがた》うがす。なあにぶつかつて見《み》りやあまるでたわい[#「たわい」に傍点]はありませんや。氣丈《きぢやう》だの、勝氣《かちき》だのと云《い》つたつて、女《をんな》は矢張《やつぱり》女《をんな》でげす。からツきし、だらしも何《なに》もあつた話《はなし》ぢやありません。」
 と、恐悅至極《きやうえつしごく》の體《て》たらくに、
「お前《はめ》もなかなか色男《いろをとこ》だな。」
 かう云《い》つて冷《ひや》かすと、
「えへゝゝゝ」
 と、三平《さんぺい》は、卑《いや》しい、Professional な笑《わら》ひ方《かた》をして、扇子《せんす》でぽんと額《ひたひ》を打《う》ちました。


 祕密

 其《そ》の頃《ころ》私《わたし》は或《あ》る氣紛《きまぐ》れな考《かんがへ》から、今迄《いままで》自分《じぶん》の身《み》のまはりを裹《つゝ》んで居《ゐ》た賑《にぎや》かな雰圍氣《ふんゐき》を遠《とほ》ざかつて、いろいろの關係《くわんけい》で交際《かうさい》を續《つゞ》けて居《ゐ》た男《をとこ》や女《をんな》の圈内《けんない》から、ひそかに逃《のが》れ出《で》ようと思《おも》ひ、方方《はうばう》と適當《てきたう》な隱《かく》れ家《が》を搜《さが》し求《もと》めた揚句《あげく》、淺草《あさくさ》の松葉町《まつばちやう》邊《へん》に眞言宗《しんごんしう》の寺《てら》のあるのを見付《みつ》けて、やうやう其處《そこ》の庫裡《くり》の一《ひ》と間《ま》を借《か》り受《う》けることになつた。
 新堀《しんぼり》の溝《どぶ》へついて、菊屋橋《きくやばし》から門跡《もんぜき》の裏手《うらて》を眞直《まつす》ぐに行《い》つたところ、十二|階《かい》の下《した》の方《はう》の、うるさく入《い》り組《く》んだ obscene な町《まち》の中《なか》に其《そ》の寺《てら》はあつた。ごみ溜《た》めの箱《はこ》を覆《くつがへ》した如《ごと》く、彼《あ》の邊《へん》一|帶《たい》にひろがつて居《ゐ》る貧民窟《ひんみんくつ》の片側《かたがは》に、黃橙色《だい/″\いろ》の土塀《どべい》の壁《かべ》が長《なが》く續《つゞ》いて、如何《いか》にも落《お》ち着《つ》いた、重々《おも/\》しい寂《さび》しい感《かん》じを與《あた》へる構《かま》へであつた。
 私《わたし》は最初《さいしよ》から、澁谷《しぶや》だの大久保《おほくぼ》だのと云《い》ふ郊外《かうぐわい》へ隱遁《いんとん》するよりも、却《かへ》つて市内《しない》の何處《どこ》かに人《ひと》の心付《こゝろづ》かない、不思議《ふしぎ》なさびれた所《ところ》があるであらうと思《おも》つてゐた。丁度《ちやうど》瀨《せ》の早《はや》い溪川《たにがは》のところどころに、澱《よど》んだ淵《ふち》が出來《でき》るやうに、下町《したまち》の雜踏《ざつたう》する巷《ちまた》と巷《ちまた》の間《あはひ》に狹《はさ》まりながら、極《きは》めて特殊《とくしゆ》の場合《ばあひ》か、特殊《とくしゆ》の人《ひと》でなければめつた[#「めつた」に傍点]に通行《つうかう》しないやうな閑靜《かんせい》な一|廓《くわく》が、なければなるまいと思《おも》つてゐた。
 同時《どうじ》に又《また》こんな事《こと》も考《かんが》へて見《み》た。――
 己《おれ》は隨分《ずゐぶん》旅行好《りよかうず》きで、京都《きやうと》仙臺《せんだい》はおろか、北海道《ほくかいだう》から九|州《しう》までも步《ある》いて來《き》た。けれども未《ま》だ此《こ》の東京《とうきやう》の町《まち》の中《なか》に、人形町《にんぎやうちやう》で生《うま》れて二十|年《ねん》來《らい》永住《えいぢう》してゐる東京《とうきやう》の町《まち》の中《なか》に、一|度《ど》も足《あし》を踏《ふ》み入《い》れた事《こと》のないと云《い》ふ通《とほ》りが、屹度《きつと》あるに違《ちが》ひない。いや、思《おも》つたより澤山《たくさん》あるに違《ちが》ひない。――
 さうして大都會《だいとくわい》の下町《したまち》に、蜂《はち》の巢《す》の如《ごと》く交錯《かうさく》してゐる大小無數《だいせうむすう》の街路《がいろ》のうち、私《わたし》が通《とほ》つた事《こと》のある所《ところ》と、ない所《ところ》では、孰方《どつち》が多《おほ》いかちよいと判《わか》らなくなつて來た。
 何《なん》でも十一二歲《じふいちにさい》の頃《ころ》であつたらう。父《ちゝ》と一|緖《しよ》に深川《ふかがは》の八|幡樣《まんさま》へ行《い》つた時《とき》、
「これから渡《わた》しを渡《わた》つて、冬木《ふゆぎ》の米市《こめいち》で名代《なだい》のそばを御馳走《ごちそう》してやるかな。」
 かう云《い》つて、父《ちゝ》は私《わたし》を境内《けいだい》の社殿《しやでん》の後《うし》ろの方《はう》へ連《つ》れて行《い》つた事《こと》がある。其處《そこ》には小網町《こあみちやう》や小舟町《こぶなちやう》邊《へん》の堀割《ほりわり》と全《まつた》く趣《おもむき》の違《ちが》つた、幅《はゞ》の狹《せま》い、岸《きし》の低《ひく》い、水《みづ》の一|杯《ぱい》にふくれ上《あが》つてゐる川《かは》が、細《こま》かく建《た》て込《こ》んでゐる兩岸《りやうがん》の家々《いへ/\》の、軒《のき》と軒《のき》とを押《お》し分《わ》けるやうに、どんよりと物憂《ものう》く流《なが》れて居《ゐ》た。小《ちひ》さな渡《わた》し船《ぶね》は、川幅《かはゝば》よりも長《なが》さうな荷足《にた》りや傳馬《てんま》が、幾艘《いくさう》も縱《たて》に列《なら》んでゐる間《あひだ》を縫《ぬ》ひながら、二《ふ》た竿《さを》三竿《みさを》ばかりちよろちよろと水底《みなそこ》を衝《つ》いて往復《わうふく》して居《ゐ》た。
 私《わたし》は其《そ》の時《とき》まで、度々《たび/″\》八幡樣《はちまんさま》へお參《まゐ》りをしたが、未《いま》だ嘗《かつ》て境内《けいだい》の裏手《うらて》がどんなになつてゐるか、考《かんが》へて見《み》たことはなかつた。いつも正面《しやうめん》の鳥居《とりゐ》の方《はう》から社殿《しやでん》を拜《おが》むだけで、恐《おそ》らくパノラマの繪《ゑ》のやうに、表《おもて》ばかりで裏《うら》のない、行《ゆ》き止《どま》りの景色《けしき》のやうに自然《しぜん》と考《かんが》へてゐたのであらう。現在《げんざい》眼《め》の前《まへ》にこんな川《かは》や渡《わた》し場《ば》が見《み》えて、其《そ》の先《さき》に廣《ひろ》い地面《ぢめん》が果《は》てしもなく續《つゞ》いてゐる謎《なぞ》のやうな光景《くわうけい》を見《み》ると、何《なん》となく京都《きやうと》や大阪《おほさか》よりももつと東京《とうきやう》をかけ離《はな》れた、夢《ゆめ》の中《なか》で屢々《しば/″\》出逢《であ》ふことのある世界《せかい》の如《ごと》く思《おも》はれた。
 それから私《わたし》は、淺草《あさくさ》の觀音堂《くわんおんだう》の眞《ま》うしろにはどんな町《まち》があつたか想像《さうざう》して見《み》たが、仲店《なかみせ》の通《とほ》りから宏大《こうだい》な朱塗《しゆぬり》のお堂《だう》の甍《いらか》を望《のぞ》んだ時《とき》の有樣《ありさま》ばかりが明瞭《めいりやう》に描《ゑが》かれ、其《そ》の外《ほか》の點《てん》はとん[#「とん」に傍点]と頭《あたま》に浮《うか》ばなかつた。だんだん大人《おとな》になつて、世間《せけん》が廣《ひろ》くなるに隨《したが》ひ、知人《ちじん》の家《いへ》を訪《たづ》ねたり、花見遊山《はなみゆさん》に出《で》かけたり、隨分《ずゐぶん》東京市中《とうきやうしちう》は隈《くま》なく步《ある》いたやうであるが、いまだに子供《こども》の時分《じぶん》經驗《けいけん》したやうな不思議《ふしぎ》な別世界《べつせかい》へ、ハタリと行《ゆ》き逢《あ》ふことが度々《たび/″\》あつた。
 さう云《い》ふ別世界《べつせかい》こそ、身《み》を匿《かく》すには究竟《くつきやう》であらうと思《おも》つて、此處彼處《こゝかしこ》といろいろに搜《さが》し求《もと》めて見《み》れば見《み》る程《ほど》、今迄《いまゝで》通《とほ》つたことのない區域《くゐき》が至《いた》る處《ところ》に發見《はつけん》された。淺草橋《あさくさばし》と和泉橋《いづみばし》は幾度《いくど》も渡《わた》つて置《お》きながら、其《そ》の間《あひだ》にある左衞門橋《さゑもんばし》を渡《わた》つたことがない。二長町《にちやうまち》の市村座《いちむらざ》へ行《ゆ》くのに、いつも電車通《でんしやどほ》りからそばやの角《かど》を右《みぎ》へ曲《まが》つたが、あの芝居《しばゐ》の前《まへ》を眞直《まつす》ぐに、柳盛座《りうせいざ》の方《はう》へ出《で》る二三町《にさんちやう》ばかりの地面《ぢめん》は、一度《いちど》も踏《ふ》んだ覺《おぼ》えはなかつた。昔《むかし》の永代橋《えいたいばし》の右岸《うがん》の袂《たもと》から、左《ひだり》の方《はう》の河岸《かし》はどんな具合《ぐあひ》になつて居《ゐ》たか、どうも好《よ》く判《わか》らなかつた。其《そ》の外《ほか》八丁堀《はつちやうぼり》、越前堀《ゑちぜんぼり》、三味線堀《しやみせんぼり》、山谷堀《さんやぼり》の界隈《かいわい》には、まだまだ知《し》らない所《ところ》が澤山《たくさん》あるらしかつた。
 松葉町《まつばちやう》のお寺《てら》の近傍《きんばう》は、其《そ》のうちでも一|番《ばん》奇妙《きめう》な町《まち》であつた。六區《ろくく》と吉原《よしはら》を鼻先《はなさき》に控《ひか》へて、ちよいと橫丁《よこちやう》を一《ひと》つ曲《まが》つた所《ところ》に、淋《さび》しい、廢《すた》れたやうな區域《くゐき》を作《つく》つてゐるのが非常《ひじやう》に私《わたし》の氣《き》に入《い》つて了《しま》つた。今迄《いまゝで》自分《じぶん》の無《む》二の親友《しんいう》であつた派手《はで》な贅澤《ぜいたく》なさうして平凡《へいぼん》な「東京《とうきやう》」と云《い》ふ奴《やつ》を、置いてき堀[#「置いてき堀」に傍点]にして、靜《しづ》かに其《そ》の騷擾《さうぜう》を傍觀《ばうくわん》しながら、こつそり身《み》を隱《かく》して居《ゐ》られるのが、愉快《ゆくわい》でならなかつた。
 隱遁《いんとん》をした目的《もくてき》は、別段《べつだん》勉强《べんきやう》をする爲《た》めではない。其《そ》の頃《ころ》私《わたし》の神經《しんけい》は、刄《は》の擦《す》り切《き》つたやすり[#「やすり」に傍点]のやうに、銳敏《えいびん》な角々《かど/\》がすつかり鈍《にぶ》つて、餘程《よほど》色彩《しきさい》の濃《こ》い、あくどい物《もの》に出逢《であ》はなければ、何《なん》の感興《かんきよう》も湧《わ》かなかつた。微細《びさい》な感受性《かんじゆせい》の働《はたら》きを要求《えうきう》する第《だい》一|流《りう》の藝術《げいじゆつ》だとか、第《だい》一|流《りう》の料理《れうり》だとかを翫味《ぐわんみ》するのが、不可能《ふかのう》になつてゐた。下町《したまち》の粹《すゐ》と云《い》はれる茶屋《ちやゝ》の板前《いたまへ》に感心《かんしん》して見《み》たり、仁左衞門《にざゑもん》や雁治朗《がんぢらう》の伎巧《ぎかう》を賞美《しやうび》したり、凡《す》べて在《あ》り來《きた》りの都會《とくわい》の歡樂《くわんらく》を受《う》け入《い》れるには、あまり心《こゝろ》が荒《すさ》んでゐた。惰力《だりよく》の爲《た》めに面白《おもしろ》くもない懶惰《らんだ》な生活《せいくわつ》を、每日《まいにち》每日《/\》繰《く》り返《かへ》して居《ゐ》るのが、堪《た》へられなくなつて、全然《ぜん/″\》舊套《きうたう》を擺脫《ひだつ》した、物好《ものず》きな、アーティフィシヤルな mode of life を見出《みいだ》して見《み》たかつたのである。
 普通《ふつう》の刺戟《しげき》に馴《な》れて了《しま》つた神經《しんけい》を顫《ふる》ひ戰《おのゝ》かすやうな、何《なに》か不思議《ふしぎ》な、奇怪《きくわい》な事《こと》はないであらうか。現實《げんじつ》をかけ離《はな》れた野蠻《やばん》な荒唐《くわうたう》な夢幻的《むげんてき》な空氣《くうき》の中《なか》に、棲息《せいそく》することは出來《でき》ないであらうか。かう思《おも》つて、私《わたし》の魂《たましひ》は遠《とほ》くバビロンやアツシリアの古代《こだい》の傳說《でんせつ》の世界《せかい》にさ迷《まよ》つたり、コナン、ドイルや淚香《るゐかう》の探偵小說《たんていせうせつ》を想像《さうざう》したり、光線《くわうせん》の熾烈《しきれつ》な熱帶地方《ねつたいちはう》の焦土《せうど》と綠野《りよくや》を戀《こ》ひ慕《した》つたり、腕白《わんぱく》な少年時代《せうねんじだい》のエクセントリツクな惡戲《あくぎ》に憧《あこが》れたりした。
 賑《にぎや》かな世間《せけん》から不意《ふい》に韜晦《たうくわい》して、行動《かうどう》を唯《たゞ》徒《いたづ》らに祕密《ひみつ》にして見《み》るだけでも、すでに一|種《しゆ》のミステリアスな、ロマンチツクな色彩《しきさい》を自分《じぶん》の生活《せいくわつ》に賦與《ふよ》することが出來《でき》ると思《おも》つた。私《わたし》は祕密《みひつ》と云《い》ふ物《もの》の面白《おもしろ》さを、子供《こども》の時分《じぶん》からしみじみと味《あぢ》はつて居《ゐ》た。かくれんぼ、寶《たから》さがし、お茶坊主《ちやばうず》のやうな遊戲《いうぎ》――殊《こと》に其《そ》れが闇《やみ》の晚《ばん》、うす暗《ぐら》い物置小屋《ものおきごや》や、觀音開《くわんのんびら》きの前《まへ》などで行《おこな》はれる時《とき》の面白味《おもしろみ》は、主《しゆ》として其《そ》の間《あひだ》に「祕密《ひみつ》」と云《い》ふ不思議《ふしぎ》な氣分《きぶん》が、潛《ひそ》んで居《ゐ》るせゐ[#「せゐ」に傍点]であつたに違《ちが》ひない。
 私《わたし》はもう一|度《ど》、幼年時代《えうねんじだい》の隱《かく》れん坊《ぼ》のやうな氣持《きもち》を經驗《けいけん》して見《み》たさに、わざと人《ひと》の氣《き》の付《つ》かない、下町《したまち》の曖昧《あいまい》なところに身《み》を隱《かく》したのであつた。其《そ》のお寺《てら》の宗旨《しうし》が「祕密《ひみつ》」とか、「禁厭《まじなひ》」とか、「呪咀《じゆそ》」とか云《い》ふものに緣《えん》の深《ふか》い眞言《しんごん》であることも、私《わたし》の好奇心《かうきしん》を誘《いざな》うて、妄想《まうさう》を育《はぐく》ませるには恰好《かつかう》であつた。部屋《へや》は新《あたら》しく建《た》て增《ま》した庫裡《くり》の一|部《ぶ》で、南《みなみ》を向《む》いた八|疊敷《でふじ》きの、日《ひ》に燒《や》けて少《すこ》し茶色《ちやいろ》がかつてゐる疊《たゝみ》が、却《かへ》つて見《み》た眼《め》には安《やす》らかな、暖《あたゝか》い感《かん》じを與《あた》へた。晝過《ひるす》ぎになると和《なご》やかな秋《あき》の日《ひ》が、幻燈《げんとう》の如《ごと》くあかあかと椽側《えんがは》の障子《しやうじ》に燃《も》えて、室内《しつない》は大《おほ》きな雪洞《ぼんぼり》のやうに明《あか》るかつた。
 それから私《わたし》は、今迄《いまゝで》親《した》しんで居《ゐ》た哲學《てつがく》や藝術《げいじゆつ》に關《くわん》する書類《しよるゐ》を、一|切《さい》戶棚《とだな》へ片附《かたづ》けて了《しま》つて、魔術《まじゆつ》だの、催眠術《さいみんじゆつ》だの、探偵小說《たんていせうせつ》だの、化學《くわがく》だの、解剖學《かいばうがく》だのの奇怪《きくわい》な說話《せつわ》と挿繪《さしゑ》に富《と》んでゐる書物《しよもつ》を、さながら土用干《どようぼし》の如《ごと》く部屋中《へやぢう》へ置《お》き散《ち》らして、寐《ね》ころびながら、手《て》あたり次第《しだい》に繰《く》りひろげては耽讀《たんどく》した。其《そ》の中《うち》には、コナン、ドイルの The Sign of Four. や、ド、キンシイの Murder as one of the Fine Arts. や、アラビアン、ナイトのやうなお伽噺《とぎばなし》から、仏蘭西物《フランスもの》の不思議《ふしぎ》な Sexuology の本《ほん》なども交《まじ》つてゐた。
 此處《ここ》の住職《ぢうしよく》が祕藏《ひざう》してゐた地獄《ぢごく》極樂《ごくらく》の圖《づ》を始《はじ》め、須彌山圖《しゆみせんづ》だの涅槃像《ねはんざう》だの、いろいろの古《ふる》い佛畫《ぶつぐわ》を强《し》ひて懇望《こんまう》して、丁度《ちやうど》學校《がくかう》の敎員室《けうゐんしつ》にかかつてゐる地圖《ちづ》のやうに、所嫌《ところきら》はず部屋《へや》の四|壁《へき》へぶら下《さ》げて見《み》た。床《とこ》の間《ま》の香爐《かうろ》からは、始終《しじゆう》紫色《むらさきいろ》の香《かう》の煙《けむり》が、眞直《まつす》ぐに靜《しづ》かに立《た》ち昇《のぼ》つて、明《あか》るい暖《あたゝか》い室内《しつない》を焚《た》きしめて居《ゐ》た。私《わたし》は時々《とき/″\》菊屋橋《きくやばし》際《ぎは》の舖《みせ》へ行《い》つて、白檀《びやくだん》や沈香《ちんかう》を買《か》つて來《き》ては、其《そ》れを燻《く》べた。
 天氣《てんき》の好《い》い日《ひ》、きらきらとした眞晝《まひる》の光線《くわうせん》が一|杯《ぱい》に障子《しやうじ》へあたる時《とき》の室内《しつない》は、眼《め》の醒《さ》めるやうな壯觀《さうくわん》を呈《てい》した。絢爛《けんらん》な色彩《しきさい》の古畫《こぐわ》の諸拂《しよぶつ》、羅漢《らかん》、比丘《びく》、比丘尼《びくに》、優婆塞《うばそく》、優婆夷《うばい》、象《ざう》、獅子《しし》、麒麟《きりん》などが四|壁《へき》の紙幅《しふく》の内《うち》から、ゆたかな光《ひかり》の中《なか》に泳《およ》ぎ出《だ》す。疊《たゝみ》の上《うへ》に投《な》げ出《だ》された無數《むすう》の書物《しよもつ》からは、慘殺《ざんさつ》、麻醉《ますゐ》、魔藥《まやく》、妖女《えうぢよ》、宗敎《しうけう》――種々雜多《しゆ/″\ざつた》の傀儡《くわいらい》が、香《かう》の煙《けむり》に溶《と》け込《こ》んで、濛々《もう/\》と立《た》ち罩《こ》める中《なか》に、二疊《にでふ》ばかりの緋《ひ》の毛氈《まうせん》を敷《し》き、どんよりとした蠻人《ばんじん》のやうな瞳《ひとみ》を据《す》ゑて、寐《ね》ころんだ儘《まゝ》、私《わたし》は每日每日《まいにちまいにち》幻覺《げんかく》を胸《むね》に描《ゑが》いた。
 夜《よる》の九|時頃《じごろ》、寺《てら》の者《もの》が大槪《たいがい》寐靜《ねしづま》つて了《しま》ふと、ヰスキーの角罎《かくびん》を呷《あほ》つて醉《よひ》を買《か》つた後《のち》、勝手《かつて》に椽側《えんがは》の雨戶《あまど》を引《ひ》き外《はづ》し、墓地《ぼち》の生垣《いけがき》を乘《の》り越《こ》えて散步《さんぽ》に出《で》かけた。成《な》る可《べ》く人目《ひとめ》にかからぬやうに、每晚《まいばん》服裝《ふくさう》を取《と》り換《か》へて、公園《こうゑん》の雜沓《ざつたう》の中《なか》を潛《くゞ》つて步《ある》いたり、古道具屋《ふるだうぐや》や古本屋《ふるほんや》の店先《みせさき》を漁《あさ》り廻《まは》つたりした。頰冠《ほゝかぶ》りに唐桟《たうざん》の絆纏《はんてん》を引掛《ひつか》け、綺麗《きれい》に硏《みが》いた素足《すあし》へ爪紅《つまべに》をさして雪駄《せつた》を穿《は》くこともあつた。金緣《きんぶち》の色眼鏡《いろめがね》に二重廻《にぢゆうまは》しの襟《えり》を立《た》てて出《で》ることもあつた。着《つ》け髭《ひげ》、ほくろ、痣《あざ》と、いろいろに面體《めんてい》を換《か》へるのを面白《おもしろ》がつたが、或《あ》る晚《ばん》、三味線堀《しやみせんぼり》の古着屋《ふるぎや》で、藍色地《あゐぢ》に大小《だいせう》あられの小紋《こもん》を白《しろ》く散《ち》らした女物《をんなもの》の袷《あはせ》が眼《め》に付《つ》いてから、急《きふ》にそれが着《き》て見《み》たくて溜《たま》らなくなつた。
 一體《いつたい》私《わたし》は衣服《いふく》反物《たんもの》に對《たい》して、單《たん》に色合《いろあひ》が好《い》いとか、柄《がら》が粹《いき》だとかいふ以外《いぐわい》に、もつと深《ふか》く銳《するど》い愛着心《あいちやくしん》を持《も》つて居《ゐ》た。女物《をんなもの》に限《かぎ》らず、凡《す》べて美《うつく》しい絹物《きぬもの》を見《み》たり、觸《ふ》れたりする時《とき》は、何《なん》となく顫《ふる》へ付《つ》きたくなつて、丁度《ちやうど》戀人《こひびと》の肌《はだ》の色《いろ》を眺《なが》めるやうな、快感《くわいかん》の高潮《かうてう》に逹《たつ》することが屢々《しば/\》であつた。殊《こと》に私《わたし》の大好《だいす》きなお召《めし》や縮緬《ちりめん》を、世間《せけん》憚《はゞから》らず、恣《ほしいまゝ》に着飾《きかざ》ることの出來《でき》る女《をんな》の境遇《きやうぐう》を、嫉《ねた》ましく思《おも》ふことさへあつた。
 あの古着屋《ふるぎや》の店《みせ》に、だらりと生々《なま/\》しく下《さが》つて居《ゐ》る小紋縮緬《こもんちりめん》の袷《あはせ》――あのしつとりとした、重《おも》い冷《つ》めたい布《きれ》が、粘《ねば》つくやうに肉體《にくたい》を包《つゝ》む時《とき》の心好《こゝろよ》さを思《おも》ふと、私《わたし》は思《おも》はず戰慄《せんりつ》した。彼《あ》の着物《きもの》を着《き》て、女《をんな》の姿《すがた》で往來《わうらい》を步《ある》いて見《み》たい。‥‥かう思《おも》つて、私《わたし》は一も二もなく其《そ》れを買《か》ふ氣《き》になり、ついでに友禪《いうぜん》の長襦袢《ながじゆばん》や、黑縮緬《くろちりめん》の羽織《はおり》迄《まで》も取《と》りそろへた。
 大柄《おほがら》の女《をんな》が着《き》たものと見《み》えて、小男《こをとこ》の私《わたし》には寸法《すんぱふ》も打《う》つてつけであつた。夜《よ》が更《ふ》けて、がらんとした寺中《てらぢゆう》がひツそりした時分《じぶん》、私《わたし》はひそかに鏡臺《きやうだい》に向《むか》つて化粧《けしやう》を始《はじ》めた。黃色《きいろ》い生地《きぢ》の鼻柱《はなばしら》へ、先《ま》づべツとりと練《ね》りおしろいをなすり着《つ》けた瞬間《しゆんかん》の容貌《ようばう》は、少《すこ》しグロテスクに見《み》えたが、濃《こ》い白《しろ》い粘液《ねんえき》を平手《ひらて》で顏中《かほぢう》へ萬遍《まんべん》なく押《お》し擴《ひろ》げると、思《おも》つたよりものり[#「のり」に傍点]が好《よ》く、甘《あま》い匂《にほひ》のひやひやとした露《つゆ》が、毛孔《けあな》へ沁《し》み入《い》る皮膚《ひふ》のよろこびは、格別《かくべつ》であつた。紅《べに》やとのこ[#「とのこ」に傍点]を塗《ぬ》るに隨《したが》つて、石膏《せきかう》の如《ごと》く唯《たゞ》徒《いたづ》らに眞白《まつしろ》であつた私《わたし》の顏《かほ》が、潑溂《はつらつ》とした生色《せいしよく》ある女《をんな》の相《さう》に變《かは》つて行《ゆ》く面白《おもしろ》さ。文士《ぶんし》や畫家《ぐわか》の藝術《げいじゆつ》よりも、俳優《はいいう》や藝者《げいしや》や一|般《ぱん》の女《をんな》が、日常《にちじやう》自分《じぶん》の體《からだ》の肉《にく》を材料《ざいれう》として試《こゝろ》みてゐる化粧《けしやう》の技巧《ぎかう》の方《はう》が、遙《はるか》かに興味《きようみ》の多《おほ》いことを知《し》つた。
 長襦袢《ながじゆばん》、半襟《はんえり》、腰卷《こしまき》、それからチユツチユツと鳴《な》る紅絹裏《もみうら》の袂《たもと》――私《わたし》の肉體《にくたい》は、凡《す》べて普通《ふつう》の女《をんな》の皮膚《ひふ》が味《あぢ》はふと同等《どうとう》の觸感《しよくかん》を與《あた》へられ、襟足《えりあし》から手頸《てくび》までも白《しろ》く塗《ぬ》つて、銀杏返《いてふがへ》しの鬘《かつら》の上《うへ》にお高祖頭巾《こそづきん》を冠《かむ》り、思《おも》ひ切《き》つて往來《わうらい》の夜道《よみち》へ紛《まぎ》れ込《こ》んで見《み》た。
 雨曇《あまぐも》りのしたうす暗《ぐら》い晚《ばん》であつた。千束町《せんぞくまち》、淸住町《きよすみちやう》、龍泉寺町《りうせんじまち》――あの邊《へん》一|帶《たい》の溝《どぶ》の多《おほ》い、淋《さび》しい街《まち》を暫《しばら》くさまよつて見《み》たが、交番《かうばん》の巡査《じゆんさ》も、通行人《つうかうにん》も、一|向《かう》氣《き》が付《つ》かないやうであつた。甘皮《あまかは》を一|枚《まい》張《は》つたやうにばさばさ乾《かわ》いてゐる顏《かほ》の上《うへ》を、夜風《よかぜ》が冷《ひやゝ》かに撫《な》でて行《ゆ》く。口邊《こうへん》を覆《おほ》うて居《ゐ》る頭巾《づきん》の布《きれ》が、息《いき》の爲《た》めに熱《あつ》く濕《うるほ》つて、步《ある》く度《たび》に長《なが》い縮緬《ちりめん》の腰卷《こしまき》の裾《すそ》は、ぢやれるやうに脚《あし》へ縺《もつ》れる。みぞおち[#「みぞおち」に傍点]から肋骨《あばら》の邊《へん》を堅《かた》く緊《し》め着《つ》けてゐる厚板《あついた》の丸帶《まるおび》と、骨盤《こつばん》の上《うへ》を括《くゝ》つてゐる扱帶《しごき》の加減《かげん》で、私《わたし》の體《からだ》の血管《けつくわん》には、自然《しぜん》と女《をんな》のやうな血《ち》が流《なが》れ始《はじ》め、男《をとこ》らしい氣分《きぶん》や姿勢《しせい》はだんだんと失《なくな》つて行《ゆ》くやうであつた。
 友禪《いうぜん》の袖《そで》の蔭《かげ》から、お白粉《しろい》を塗《ぬ》つた手《て》をつき出《だ》して見《み》ると、强《つよ》い頑丈《ぐわんぢやう》な線《せん》が闇《やみ》の中《なか》に消《き》えて、白《しろ》くふつくらと柔《やはら》かに浮《う》き出《で》て居《ゐ》る。私《わたし》は自分《じぶん》で自分《じぶん》の手《て》の美《うつく》しさに惚《ほ》れ惚《ぼ》れとした。此《こ》のやうな美《うつく》しい手《て》を、實際《じつさい》に持《も》つてゐる女《をんな》と云《い》ふ者《もの》が、羨《うらやま》しく感《かん》じられた。芝居《しばゐ》の辨天小僧《べんてんこぞう》のやうに、かう云《い》ふ姿《すがた》をして、さまざまの罪《つみ》を犯《をか》したならば、どんなに面白《おもしろ》いであらう‥‥探偵小說《たんていせうせつ》や、犯罪小說《はんざいせうせつ》の讀者《どくしや》を始終《しじゆう》喜《よろこ》ばせる「祕密《ひみつ》」「疑惑《ぎわく》」の氣分《きぶん》に髣髴《はうふつ》とした心持《こゝろもち》で、私《わたし》は次第《しだい》に人通《ひとゞほ》りの多《おほ》い、公園《こうゑん》の六|區《く》の方《はう》へ步《あゆ》みを運《はこ》んだ。さうして、殺人《さつじん》とか、强盜《がうたう》とか、何《なに》か非常《ひじやう》な殘忍《ざんにん》な惡事《あくじ》を働《はたら》いた人間《にんげん》のやうに、自分《じぶん》を思《おも》ひ込《こ》むことが出來《でき》た。
 十二階《じふにかい》の前《まへ》から、池《いけ》の汀《みぎは》について、オペラ館《くわん》の四《よ》つ角《かど》へ出《で》ると、イルミネーシヨンとアーク燈《とう》の光《ひかり》が厚化粧《あつげしやう》をした私《わたし》の顏《かほ》にきらきらと照《て》つて、着物《きもの》の色合《いろあひ》や縞目《しまめ》が、はツきりと讀《よ》める。常磐座《ときわざ》の前《まへ》へ來《き》た時《とき》、衝《つ》き當《あた》りの寫眞屋《しやしんや》の玄關《げんくわん》の大鏡《おほかゞみ》へ、ぞろぞろ雜沓《ざつたう》する群衆《ぐんしう》の中《なか》に交《まじ》つて、立派《りつぱ》に女《をんな》と化《ば》け終《をほ》せた私《わたし》の姿《すがた》が映《うつ》つて居《ゐ》た。
 こツてり塗《ぬ》り付《つ》けたお白粉《しろい》の下《した》に「男《をとこ》」と云《い》ふ祕密《ひみつ》が悉《こと/″\》く隱《かく》されて、眼《め》つきも口《くち》つきも女《をんな》のやうに動《うご》き、女《をんな》のやうに笑《わら》はうとする。甘《あま》いへんなう[#「へんなう」に傍点]の匂《にほひ》と、囁《さゝや》くやうな衣摺《きぬず》れの音《おと》を立《た》てて、私《わたし》の前後《ぜんご》を擦《す》れ違《ちが》ふ幾人《いくにん》の女《をんな》の群《むれ》も、皆《みな》私《わたし》を同類《どうるゐ》と認《みと》めて怪《あや》しまない。さうして其《そ》の女逹《をんなたち》の中《なか》には、私《わたし》の優雅《いうが》な顏《かほ》の作《つく》りと、古風《こふう》な衣裝《いしやう》の好《この》みとを、羨《うらやま》しさうに見《み》てゐる者《もの》もある。
 いつも見馴《みな》れて居《ゐ》る公園《こうゑん》の夜《よる》の騷擾《さうぜう》も、「祕密《ひみつ》」を持《も》つて居《ゐ》る私《わたし》の眼《め》には、凡《す》べてが新《あたら》しかつた。何處《どこ》へ行《い》つても、何《なに》を見《み》ても、始《はじ》めて接《せつ》する物《もの》のやうに、珍《めづら》しく、奇妙《きめう》であつた。人間《にんげん》の瞳《ひとみ》を欺《あざむ》き、電燈《でんとう》の光《ひかり》を欺《あざむ》いて、濃艶《のうえん》な脂粉《しふん》とちりめんの衣裝《いしやう》の下《した》に自分《じぶん》を潛《ひそ》ませながら、「祕密《ひみつ》」の帷《まく》を一|枚《まい》隔《へだ》てて眺《なが》める爲《た》めに、恐《おそ》らく平凡《へいぼん》な現實《げんじつ》が、夢《ゆめ》のやうな不思議《ふしぎ》な彩色《さいしき》を施《ほどこ》されるのであらう。
 それから私《わたし》は每晚《まいばん》のやうに此《こ》の假裝《かさう》をつづけて、時《とき》とすると、宮戶座《みやとざ》の立《た》ち見《み》や、活動寫眞《くわつどうしやしん》の見物《けんぶつ》の間《あひだ》へ、平氣《へいき》で割《わ》つて入《はい》るやうになつた。寺《てら》へ歸《かへ》るのは十二時《じふにじ》近《ちか》くであつたが、座敷《ざしき》に上《あが》ると早速《さつそく》空氣《くうき》ランプをつけて、疲《つか》れた體《からだ》の衣裝《いしやう》も解《と》かず、毛氈《まうせん》の上《うへ》へぐつたり嫌《いや》らしく寢崩《ねくづ》れた儘《まゝ》、殘《のこ》り惜《を》しさうに絢爛《けんらん》な着物《きもの》の色《いろ》を眺《なが》めたり、袖口《そでくち》をちやらちやらと振《ふ》つて見《み》たりした。剝《は》げかかつたお白粉《しろい》が、肌理《きめ》の粗《あら》いたるんだ頰《ほゝ》の皮《かは》へ滲《し》み着《つ》いて居《ゐ》るのを、鏡《かゞみ》に映《うつ》して凝視《ぎようし》して居《ゐ》ると、廢頽《はいたい》した快感《くわいかん》が古《ふる》い葡萄酒《ぶだうしゆ》の醉《ゑひ》のやうに魂《たましひ》をそそつた。地獄《ぢごく》極樂《ごくらく》の圖《づ》を背景《はいけい》にして、けばけばしい長襦袢《ながじゆばん》のまま、遊女《いうぢよ》の如《ごと》くなよなよと蒲團《ふとん》の上《うへ》へ腹這《はらば》つて、例《れい》の奇怪《きくわい》な書物《しよもつ》のページを夜更《よふ》くる迄《まで》飜《ひるがへ》すこともあつた。次第《しだい》に扮裝《ふんさう》も巧《うま》くなり、大膽《だいたん》にもなつて、物好《ものず》きな聯想《れんさう》を釀《かも》させる爲《た》めに、匕首《あひくち》だの麻醉藥《ますゐやく》だのを、帶《おび》の間《あひだ》へ挿《はさ》んでは外出《ぐわいしつ》した。犯罪《はんざい》を行《おこな》はずに、犯罪《はんざい》に附隨《ふずゐ》して居《ゐ》る美《うつく》しいロマンチックの匂《にほひ》だけを、充分《じうぶん》に嗅《か》いで見《み》たかつたのである。
 さうして一|週間《しゆうかん》ばかり過《す》ぎた或《あ》る晚《ばん》の事《こと》、私《わたし》は圖《はか》らずも不思議《ふしぎ》な因緣《いんねん》から、もツと奇怪《きくわい》な、もツと物好《ものず》きな、さうしてもツと神祕《しんぴ》な事件《じけん》の端緖《たんちよ》に出會《しゆつくわい》した。
 其《そ》の晚《ばん》私《わたし》は、いつもよりも多量《たりやう》にヰスキーを貪《むさぼ》つて、三友館《さんいうくわん》の二階《にかい》の貴賓席《きひんせき》に上《あが》り込《こ》んで居《ゐ》た。何《なん》でももう十時《じふじ》近《ちか》くであつたらう。恐《おそ》ろしく混《こ》んでゐる場内《ぢやうない》は、霧《きり》のやうな濁《にご》つた空氣《くうき》に充《み》たされて、黑《くろ》く、もくもくとかたまつて蠢動《しゆんどう》してゐる群衆《ぐんしゆう》の生溫《なまあたゝ》かい人《ひと》いきれが、顏《かほ》のお白粉《しろい》を腐《くさ》らせるやうに漂《たゞよ》つて居《ゐ》た。闇中《あんちゆう》にシヤキシヤキ軋《きし》みながら眼《め》まぐるしく開展《かいてん》して行《ゆ》く映畫《えいぐわ》の光線《くわうせん》の、グリグリと瞳《ひとみ》を刺《さ》す度《たび》每《ごと》に、私《わたし》の醉《よ》つた頭《あたま》は破《わ》れるやうに痛《いた》んだ。時々《とき/″\》映畫《えいぐわ》が消《き》えて、ぱツと電燈《でんとう》がつくと、溪底《たにそこ》から沸《わ》き上《あが》る雲《くも》のやうに、階下《かいか》の群衆《ぐんしゆう》の頭《あたま》の上《うへ》を浮動《ふどう》して居《ゐ》る烟草《たばこ》の烟《けむり》の間《あひだ》を透《す》かして、私《わたし》は眼深《まぶか》いお高祖頭巾《こそづきん》の蔭《かげ》から、場内《ぢやうない》に溢《あふ》れて居《ゐ》る人々《ひと/″\》の顏《かほ》を見廻《みまは》した。さうして私《わたし》の舊式《きうしき》な頭巾《づきん》の姿《すがた》を珍《めづら》しさうに窺《うかゞ》つて居《ゐ》る男《をとこ》や、粹《いき》な着附《きつ》けの色合《いろあひ》を物欲《ものほ》しさうに盜《ぬす》み視《み》てゐる女《をんな》の多《おほ》いのを、心《こゝろ》ひそかに得意《とくい》として居《ゐ》た。見物《けんぶつ》の女《をんな》のうちで、いでたちの異樣《いやう》な點《てん》から、樣子《やうす》の婀娜《あだ》つぽい點《てん》から、乃至《ないし》器量《きりやう》の點《てん》からも、私《わたし》ほど人《ひと》の眼《め》に着《つ》いた者《もの》はないらしかつた。
 初《はじ》めは誰《だれ》も居《ゐ》なかつた筈《はず》の貴賓席《きひんせき》の私《わたし》の側《そば》の椅子《いす》が、いつの間《ま》に塞《ふさ》がつたのか能《よ》くは知《し》らないが、二三度目《にさんどめ》に再《ふたゝ》び電燈《でんとう》がともされた時《とき》、私《わたし》の左隣《ひだりとなり》に二人《ふたり》の男女《だんぢよ》が腰《こし》をかけて居《ゐ》るのに氣《き》が附《つ》いた。
 女《をんな》は二十二三《にじふにさん》と見《み》えるが、其《そ》の實《じつ》六七にもなるであらう。髮《かみ》を三《み》つ輪《わ》に結《ゆ》つて、總身《そうしん》をお召《め》しの空色《そらいろ》のマントに包《つゝ》み、くツきりと水《みづ》のしたたるやうな鮮《あざや》かな美貌《びばう》ばかりを、此《こ》れ見《み》よがしに露《あら》はして居《ゐ》る。藝者《げいしや》とも令孃《れいぢやう》とも判斷《はんだん》のつき兼《か》ねる所《ところ》はあるが、連《つ》れの紳士《しんし》の態度《たいど》から推《お》して、決《けつ》して堅儀《かたぎ》の細君《さいくん》ではないらしい。
「‥‥Arrested at last.‥‥」
 と、女《をんな》は小聲《こごゑ》で、フイルムの上《うへ》に現《あらは》れた說明書《せつめいが》きを讀《よ》み上《あ》げて、土耳古卷《トルコまき》の M.C.C. の薰《かほ》りの高《たか》い烟《けむり》を私《わたし》の顏《かほ》に吹《ふ》き付《つ》けながら、指《ゆび》に篏《は》めて居《ゐ》る寶石《はうせき》よりも銳《するど》く輝《かゞや》く大《おほ》きい瞳《ひとみ》を、闇《やみ》の中《なか》できらりと私《わたし》の方《はう》へ注《そゝ》いだ。
 あでやかな姿《すがた》に似合《にあ》はぬ、太棹《ふとざを》の師匠《ししやう》のやうな皺嗄《しわが》れた聲《こゑ》、――其《そ》の聲《こゑ》は紛《まぎ》れもない、私《わたし》が二三年前《にさんねんまへ》に上海《シヤンハイ》へ旅行《りよかう》する航海《かうかい》の途中《とちう》、ふとした事《こと》から汽船《きせん》の中《なか》で暫《しばら》く關係《くわんけい》を結《むす》んで居《ゐ》たT女《ぢよ》であつた。
 女《をんな》は其《そ》の頃《ころ》から、商賣人《しやうばいにん》とも素人《しろうと》とも區別《くべつ》のつかない素振《そぶり》や服裝《ふくさう》を持《も》つて居《ゐ》たやうに覺《おぼ》えて居《ゐ》る。船中《せんちう》に同伴《どうはん》して居《ゐ》た男《をとこ》と、今夜《こんや》の男《をとこ》とはまるで風采《ふうさい》も容貌《ようばう》も變《かは》つてゐるが、多分《たぶん》は此《こ》の二人《ふたり》の男《をとこ》の間《あひだ》を連結《れんけつ》する無數《むすう》の男《をとこ》が、T女《ぢよ》の過去《くわこ》の生涯《しやうがい》を鎖《くさり》のやうに貫《つらぬ》いて居《ゐ》るのであらう。兎《と》も角《かく》も其《そ》の婦人《ふじん》が、始終《しじゆう》一人《ひとり》の男《をとこ》から他《た》の男《をとこ》へと、胡蝶《こてふ》のやうに飛《と》んで步《ある》く種類《しゆるゐ》の女《をんな》であることは確《たし》かであつた。二年前《にねんまへ》に船《ふね》で馴染《なじみ》になつた時《とき》、二人《ふたり》はいろいろの事情《じじやう》から本當《ほんたう》の姓名《せいめい》も名乘《なの》り合《あ》はず、境遇《きやうぐう》も住所《ぢうしよ》も知《し》らせずにゐるうちに上海《シヤンハイ》へ着《つ》いた。さうして私《わたし》は自分《じぶん》に戀《こ》ひ憧《こが》れてゐる女《をんな》を、好《い》い加減《かげん》に欺《あざむ》き、こツそり跡《あと》をくらまして了《しま》つた。以來《いらい》太平洋上《たいへいやうじやう》の夢《ゆめ》の中《なか》なる女《をんな》とばかり思《おも》つて居《ゐ》た其《そ》の人《ひと》の姿《すがた》を、こんな處《ところ》で見《み》ようとは全《まつた》く意外《いぐわい》である。彼《あ》の時分《じぶん》やや小太《こぶと》りに肥《こ》えて居《ゐ》た女《をんな》は、神々《かう/″\》しい迄《まで》に痩《や》せてすツきりとして、睫毛《まつげ》の長《なが》い、潤味《うるみ》を持《も》つた圓《まる》い眼《まなこ》が、拭《ぬぐ》ふが如《ごと》くに冴《さ》え返《かへ》り、男《をとこ》を男《をとこ》とも思《おも》はぬやうな凜々《りゝ》しい權威《けんゐ》さへ具《そな》へてゐる。觸《ふ》るるものに紅《くれなゐ》の血《ち》が濁染《にじ》むかと疑《うたが》はれた生々《なま/\》しい唇《くちびる》と、耳朶《みゝたぶ》の隱《かく》れさうな長《なが》い生《は》え際《ぎは》ばかりは昔《むかし》に變《かは》らないが、鼻《はな》は以前《いぜん》よりも少《すこ》し嶮《けは》しい位《くらゐ》に高《たか》く見《み》えた。
 女《をんな》は果《はた》して私《わたし》に氣《き》が付《つ》いて居《ゐ》るのであらうか。どうも判然《はんぜん》と確《たしか》めることが出來《でき》なかつた。明《あか》りがつくと連《つ》れの男《をとこ》にひそひそ戲《たはむ》れて居《ゐ》る樣子《やうす》は、傍《そば》に居《ゐ》る私《わたし》を普通《ふつう》の女《をんな》と蔑《さげす》んで、別段《べつだん》心《こゝろ》にかけて居ないやうでもあつた。實際《じつさい》其《そ》の女《をんな》の隣《となり》に居《ゐ》ると、私《わたし》は今迄《いままで》得意《とくい》であつた自分《じぶん》の扮裝《ふんさう》を卑《いや》しまない譯《わけ》には行《ゆ》かなかつた。表情《へうじやう》の自由《じいう》な、如何《いか》にも生《い》き生《い》きとした妖女《えうぢよ》の魅力《みりよく》に氣壓《けお》されて、技巧《ぎかう》を盡《つく》した化粧《けしやう》も着附《きつ》けも、醜《みにく》く淺《あさ》ましい化物《ばけもの》のやうな氣《き》がした。女《をんな》らしいと云《い》ふ點《てん》からも、美《うつく》しい器量《きりやう》からも、私《わたし》は到底《たうてい》彼《か》の女《をんな》の競爭者《きやうさうしや》ではなく、月《つき》の前《まへ》の星《ほし》のやうに果敢《はか》なく萎《しを》れて了《しま》ふのであつた。
 濛々《もう/\》と立《た》ち罩《こ》めた場内《ぢやうない》の汚《よご》れた空氣《くうき》の中《なか》に、曇《くも》りのない鮮明《せんめい》な輪廓《りんくわく》をくツきりと浮《うか》ばせて、マントの蔭《かげ》からしなやかな手《て》をちらちらと、魚《さかな》のやうに游《およ》がせてゐるあでやかさ。男《をとこ》と對談《たいだん》する間《あひだ》にも、時々《とき/″\》夢《ゆめ》のやうな瞳《ひとみ》を上《あ》げて、天井《てんじやう》を仰《あふ》いだり、眉根《まゆね》を寄《よ》せて群衆《ぐんしゆう》を見下《みお》ろしたり、眞白《まつしろ》な齒列《はならび》を見《み》せて微笑《ほゝゑ》むだり、其《そ》の度毎《たびごと》に全《まつた》く別種《べつしゆ》の表情《へうじやう》が、溢《あふ》れんばかりに湛《たゝ》へられる。如何《いか》なる意味《いみ》をも鮮《あざや》かに表《あら》はし得《う》る黑《くろ》い大《おほ》きい瞳《ひとみ》は、場内《ぢやうない》の二《ふた》つの寶石《はうせき》のやうに、遠《とほ》い階下《かいか》の隅《すみ》からも認《みと》められる。顏面《がんめん》の凡《す》べての道具《だうぐ》が、單《たん》に物《もの》を見《み》たり、嗅《か》いだり、聞《き》いたり、語《かた》つたりする機關《きくわん》としては、あまりに餘情《よじやう》に富《と》み過《す》ぎて、人間《にんげん》の顏《かほ》と云《い》ふよりも、男《をとこ》の心《こゝろ》を誘惑《いうわく》する甘味《あまみ》ある餌食《ゑじき》であつた。
 もう場内《ぢやうない》の視線《しせん》は、一《ひと》つも私《わたし》の方《はう》に注《そゝ》がれては居《ゐ》なかつた。愚《おろ》かにも、私《わたし》は自分《じぶん》の人氣《にんき》を奪《うば》ひ去《さ》つた其《そ》の女《をんな》の美貌《びばう》に對《たい》して、嫉妬《しつと》と憤怒《ふんぬ》を感《かん》じ始《はじ》めた。嘗《かつ》ては自分《じぶん》が弄《もてあそ》んで恣《ほしいまゝ》に棄《す》ててしまつた女《をんな》の容貌《ようばう》の魅力《みりよく》に、忽《たちま》ち光《ひかり》を消《け》されて、蹈《ふ》み付《つ》けられて行《ゆ》く口惜《くちを》しさ。事《こと》に依《よ》ると、女《をんな》は私《わたし》を認《みと》めて居《ゐ》ながら、わざと皮肉《ひにく》な復讎《ふくしう》をして居《ゐ》るのではないであらうか。‥‥
 私《わたし》は、美貌《びばう》を羨《うらや》む嫉妬《しつと》の情《じやう》が、胸《むね》の中《うち》で次第次第《しだいしだい》に戀慕《れんぼ》の情《じやう》に變《かは》つて行《ゆ》くのを覺《おぼ》えた。女《をんな》としての競爭《きやうさう》に敗《やぶ》れた私《わたし》は、今《いま》一度《いちど》、男《をとこ》として彼《あ》の女《をんな》を征服《せいふく》して勝《か》ち誇《ほこ》つてやりたい。かう思《おも》ふと、抑《おさ》へ難《がた》い欲望《よくばう》に驅《か》られて、しなやかな女《をんな》の體《からだ》を、いきなりむづと鷲摑《わしづかみ》にして搖《ゆ》す振《ぶ》つて見《み》たくもなつた。
[#ここから1字下げ]
 君《きみ》は予《よ》の誰《たれ》なるかを知《し》り給《たま》ふや。今夜《こんや》久《ひさ》し振《ぶり》に君《きみ》を見《み》て、 予《よ》は再《ふたゝ》び君《きみ》を戀《こ》ひし始《はじ》めたり。今《いま》一度《いちど》、予《よ》と握手《あくしゆ》し給《たま》ふお心《こゝろ》はなきか、明晚《みやうばん》も此《こ》の席《せき》に來《き》て、予《よ》を待《ま》ち給《たま》ふお心《こゝろ》はなきか、予《よ》は予《よ》の住所《ぢうしよ》を何人《なんびと》にも吿《つ》げ知《し》らする事《こと》を好《この》まねば、唯《たゞ》願《ねが》はくは明日《みやうにち》の今頃《いまごろ》、此《こ》の席《せき》に來《き》て予《よ》を待《ま》ち給《たま》へ。
[#ここで字下げ終わり]
 闇《やみ》に紛《まぎ》れて私《わたし》は帶《おび》の間《あひだ》から半紙《はんし》と鉛筆《えんぴつ》を取《と》り出《だ》し、こんな走《はし》り書《が》きをしたものを、ひそかに女《をんな》の袂《たもと》へ投《な》げ込《こ》んだ。さうして、又《また》ぢツと先方《せんぱう》の樣子《やうす》を窺《うかゞ》つてゐた。
 十一時《じふいちじ》頃《ごろ》、活動寫眞《くわつどうしやしん》の終《をは》るまでは女《をんな》は靜《しづ》かに見物《けんぶつ》してゐた。觀客《くわんかく》が總立《そうだ》ちになつて、どやどやと場外《ぢやうぐわい》へ崩《くづ》れ出《だ》す混雜《こんざつ》の際《さい》、女《をんな》はもう一|度《ど》私《わたし》の耳元《みゝもと》で、
「‥‥Arrested at last.‥‥」
 と囁《さゝや》きながら、前《まへ》よりも自信《じしん》のある、大膽《だいたん》な凝視《ぎようし》を、私《わたし》の顏《かほ》へ暫《しばら》く注《そゝ》いで、やがて男《をとこ》と一|緒《しよ》に人《ひと》ごみの中《なか》へ隱《かく》れてしまつた。
「‥‥Arrested at last.‥‥」
 女《をんな》はいつの間《ま》にか、自分《じぶん》を見付《みつ》け出《だ》して居《ゐ》たのだ。かう思《おも》つて私《わたし》は竦然《しようぜん》とした。
 それにしても明日《あす》の晚《ばん》、素直《すなほ》に來《き》てくれるであらうか。大分《だいぶ》昔《むかし》よりは年功《ねんこう》を經《へ》てゐるらしい相手《あひて》の力量《りきりやう》を測《はか》らずに、あのやうな眞似《まね》をして、却《かへ》つて弱點《じやくてん》を握《にぎ》られはしまいか、いろいろの不安《ふあん》と疑惧《ぎぐ》に狹《さしはさ》まれながら私《わたし》は寺《てら》へ歸《かへ》つた。
 いつものやうに上衣《うはぎ》を脫《ぬ》いで、長襦袢《ながじゆばん》一|枚《まい》にならうとする時《とき》、ぱらりと頭巾《づきん》の裏《うら》から四|角《かく》にたたんだ小《ち》ひさい洋紙《やうし》の切《き》れが落《お》ちた。
「Mr. S. K.」
 と書《か》き續《つゞ》けたインキの痕《あと》をすかして見《み》ると、玉甲斐絹《たまがひき》のやうに光《ひか》つてゐる。正《まさ》しく彼《か》の女《をんな》の手《て》であつた。見物中《けんぶつちう》、一二|度《ど》小用《こよう》に立《た》つたやうであつたが、早《はや》くも其《そ》の間《あひだ》に、返事《へんじ》をしたためて、人知《ひとし》れず私《わたし》の襟元《えりもと》へさし込《こ》んだものと見《み》える。
[#ここから1字下げ]
 思《おも》ひがけなき所《ところ》にて、思《おも》ひがけなき君《きみ》の姿《すがた》を見申候《みまをしさふらふ》。たとへ裝《よそほ》ひを變《か》へ給《たま》ふとも、三年《さんねん》此《こ》のかた夢寐《むび》にも忘《わす》れぬ御面影《おんおもかげ》を、いかで見逃《みのが》し候《さふらふ》べき。妾《わらは》は初《はじ》めより頭巾《づきん》の女《をんな》の君《きみ》なる事《こと》を承知仕候《しようちつかまつりさふらふ》。それにつけても相變《あひかは》らず物好《ものず》きなる君《きみ》にておはせしことの可笑《をか》しさよ。妾《わらは》に會《あ》はんと仰《おほ》せらるるも、多分《たぶん》は此《こ》の物好《ものず》きのおん興《きよう》じにやと心許《こゝろもと》なく存《ぞん》じ候《さふら》へども、あまりの嬉《うれ》しさに兎角《とかく》の分別《ふんべつ》も出《い》でず、唯々《たゞ/\》仰《おほ》せに從《したが》ひ明夜《みやうや》は必《かなら》ず御待《おま》ち申《まを》す可《べ》く候《さふらふ》。ただし、妾《わらは》に少々《せう/\》戶合《つがふ》もあり、考《かんが》へも有之候《これありさふら》へば、九|時《じ》より九|時半《じはん》までの間《あひだ》に雷門《かみなりもん》までお出《い》で下《くだ》されまじくや、其處《そこ》にて當方《たうはう》より差《さ》し向《む》けたるお迎《むか》ひの車夫《しやふ》が、必《かなら》ず君《きみ》を見《み》つけ出《だ》して拙宅《せつたく》へ御案内《ごあんない》致《いた》す可《べ》く候《さふらふ》。君《きみ》の御住所《ごぢうしよ》を祕《ひ》し給《たま》ふと同樣《どうやう》に、妾《わらは》も今《いま》の在《あ》り家《か》を御知《おし》らせ致《いた》さぬ所存《しよぞん》にて、車上《しやじやう》の君《きみ》に眼隱《めかく》しをしてお連《つ》れ申《まを》すやう取《と》りはからはせ置《お》き候《さふらふ》間《あひだ》、右《みぎ》御許《おゆる》し下《くだ》され度《たく》、若《も》し此《こ》の一|事《じ》を御承引《ごしよういん》下《くだ》され候《さふら》はずば、妾《わらは》は永遠《えいゑん》に君《きみ》を見《み》ることかなはず、此《こ》れに過《す》ぎたる悲《かな》しみは無之候《これなくさふらふ》。
[#ここで字下げ終わり]
 私《わたし》は此《こ》の手紙《てがみ》を讀《よ》んで行《ゆ》くうちに、自分《じぶん》がいつの間《ま》にか、探偵小說中《たんていせうせつちう》の人物《じんぶつ》となり終《をほ》せて居《ゐ》るのを感《かん》じた。不思議《ふしぎ》な好奇心《かうきしん》と恐怖《きやうふ》とが、頭《あたま》の中《なか》で渦《うづ》を卷《ま》いた。女《をんな》が自分《じぶん》の性癖《せいへき》を呑《の》み込《こ》んで居《ゐ》て、わざとこんな眞似《まね》をするのかと思《おも》はれた。
 明《あ》くる日《ひ》の晚《ばん》は素晴《すば》らしい大雨《たいう》であつた。私《わたし》はすつかり服裝《ふくさう》を改《あらた》めて、對《つひ》の大島《おほしま》の上《うへ》にゴム引《びき》の外套《ぐわいたう》を纏《まと》ひ、ざぶん、ざぶんと、甲斐絹張《かひきば》りの洋傘《かうもり》に、瀧《たき》の如《ごと》く叩《たゝ》きつける雨《あめ》の中《なか》を戶外《おもて》へ出《で》た。新堀《しんぼり》の溝《どぶ》が往來《わうらい》一|圓《ゑん》に溢《あふ》れてゐるので、私《わたし》は足袋《たび》を懷《ふところ》へ入《い》れたが、びしよびしよに濡《ぬ》れた素足《すあし》が、家列《やなみ》のランプに照《て》らされてぴかぴか光《ひか》つて居《ゐ》た。夥《おびたゞ》しい雨量《うりやう》が、天《てん》からざあざあと直瀉《ちよくしや》する喧囂《けんがう》の響《ひゞき》の中《なか》に、何《なに》も彼《か》も打《う》ち消《け》されて、不斷《ふだん》賑《にぎや》かな廣小路《ひろこうぢ》の通《とほ》りも大槪《たいがい》雨戶《あまど》を締《し》め切《き》り、二三|人《にん》の臀端折《しりはしを》りの男《をとこ》が、敗走《はいそう》した兵士《へいし》のやうに駈《か》け出《だ》して行《ゆ》く。電車《でんしや》が時々《とき/″\》レールの上《うへ》に溜《た》まつた水《みづ》をほどばしらせて通《とほ》る外《ほか》は、ところどころの電柱《でんちう》や廣吿《くわうこく》のあかりが、濛々《もう/\》たる雨《あめ》の空中《くうちう》をぼんやり照《て》らしてゐるばかりであつた。
 外套《ぐわいたう》から、手首《てくび》から、肘《ひぢ》の邊《へん》まで水《みづ》だらけになつて、漸《やうや》く雷門《かみなりもん》へ來《き》た私《わたし》は、雨中《うちう》にしよんぼり立《た》ち止《どま》りながら、アーク燈《とう》の光《ひかり》を透《す》かして、四邊《あたり》を見廻《みまは》したが、一《ひと》つも人影《ひとかげ》は見《み》えない。何處《どこ》かの暗《くら》い隅《すみ》に隱《かく》れて、何者《なにもの》かが私《わたし》の樣子《やうす》を窺《うかゞ》つてゐるのかも知《し》れない。かう思《おも》つて暫《しばら》く彳《たゝず》んで居《ゐ》ると、やがて吾妻橋《あづまばし》の方《はう》の暗闇《くらやみ》から、赤《あか》い提灯《ちやうちん》の火《ひ》が一《ひと》つ動《うご》き出《だ》して、がらがらがらと街鐵《がいてつ》の敷《き》き石《いし》の上《うへ》を駛走《しつそう》して來《き》た舊式《きうしき》な相乘《あひの》りの俥《くるま》が、ぴたりと私《わたし》の前《まへ》で止《と》まつた。
「旦那《だんな》、お乘《の》んなすつて下《くだ》さい」
 深《ふか》い饅頭笠《まんぢゆうがさ》の雨合羽《あまがつぱ》を着《き》た車夫《しやふ》の聲《こゑ》が、車軸《しやじく》を流《なが》す雨《あめ》の響《ひゞき》の中《なか》に消《き》えたかと思《おも》うと、男《をとこ》はいきなり私《わたし》の後《うしろ》へ廻《まは》つて、羽二重《はぶたへ》の布《きれ》を素早《すばや》く私《わたし》の兩眼《りやうがん》の上《うへ》へ二《ふ》た廻《まは》り程《ほど》卷《ま》きつけて、蟀谷《こめかみ》の皮《かは》がよぢれる程《ほど》强《つよ》く緊《し》め上《あ》げた。
「さあ、お召《め》しなさい」
 かう云《い》つて、男《をとこ》のざらざらした手《て》が、私《わたし》を摑《つか》んで、惶《あはたゞ》しく俥《くるま》の上《うへ》へ乘《の》せた。
 しめつぽい匂《にほひ》のする幌《ほろ》の上《うへ》へ、ぱらぱらと雨《あめ》の注《そゝ》ぐ音《おと》がする。疑《うたがひ》もなく私《わたし》の隣《となり》には女《をんな》が一人《ひとり》乘《の》つて居《ゐ》る。お白粉《しろい》の薰《かほり》と暖《あたゝか》い體溫《たいをん》が、幌《ほろ》の中《なか》へ蒸《む》すやうに罩《こも》つてゐた。
 轅《かぢ》を上《あ》げた俥《くるま》は、方向《はうかう》を晦《くら》ます爲《た》めに、一《ひと》つ所《ところ》をくるくると二三|度《ど》廻《まは》つて走《はし》り出《だ》したが、右《みぎ》へ曲《まが》り、左《ひだ》りへ折《を》れ、どうかすると Labyrinth の中《なか》をうろついて居《ゐ》るやうであつた。時々《とき/″\》電車通《でんしやどほ》りへ出《で》たり、小《ち》ひさな橋《はし》を渡《わた》つたりした。
 長《なが》い間《あひだ》、さうして俥《くるま》に搖《ゆ》られて居《ゐ》た。隣《となり》に列《なら》んでゐる女《をんな》は勿論《もちろん》T女《ぢよ》であらうが、默《だま》つて身《み》じろぎもせずに腰《こし》かけてゐる。多分《たぶん》私《わたし》の眼隱《めかく》しが嚴格《げんかく》に守《まも》られるか否《いな》かを監督《かんとく》する爲《た》めに同乘《どうじよう》して居《ゐ》るものらしい。しかし、私《わたし》は他人《たにん》の監督《かんとく》がなくても、決《けつ》して此《こ》の眼《め》かくしを取《と》り外《はづ》す氣《き》はなかつた。海《うみ》の上《うへ》で知《し》り合《あ》ひになつた夢《ゆめ》のやうな女《をんな》、大雨《たいう》の晚《ばん》の幌《ほろ》の中《なか》、夜《よる》の都會《とくわい》の祕密《ひみつ》、盲目《まうもく》、沈默《ちんもく》――凡《す》べての物《もの》が一《ひと》つになつて、渾然《こんぜん》たるミステリーの靄《もや》の裡《うち》に私《わたし》を投《な》げ込《こ》んで了《しま》つて居《ゐ》る。
 やがて女《をんな》は固《かた》く結《むす》んだ私《わたし》の唇《くちびる》を分《わ》けて、口《くち》の中《なか》へ卷烟草《まきたばこ》を挿《さ》し込《こ》んだ。さうしてマツチを擦《す》つて、火《ひ》をつけてくれた。
 一|時間《じかん》程《ほど》立《た》つて漸《やうや》く俥《くるま》は停《と》まつた。再《ふたゝ》びざらざらした男《をとこ》の手《て》が私《わたし》を導《みちび》きながら、狹《せま》さうな路次《ろじ》を二三|間《げん》行《ゆ》くと、裏木戶《うらきど》のやうなものをギーと開《あ》けて、家《いへ》の中《なか》へつれて行《い》つた。
 眼《め》を塞《ふさ》がれながら一人《ひとり》座敷《ざしき》に取殘《とりのこ》されて、暫《しばら》く坐《すわ》つてゐると、間《ま》もなく襖《ふすま》の開《あ》く音《おと》がして、女《をんな》は無言《むごん》の儘《まゝ》、人魚《にんぎよ》のやうに體《たい》を崩《くづ》して擦《す》り寄《よ》りつつ、私《わたし》の膝《ひざ》の上《うへ》へ仰向《あふむ》きに上半身《じやうはんしん》を凭《もた》せかけた。さうして、兩腕《りやううで》を私《わたし》の項《うなぢ》に廻《まは》して羽二重《はぶたへ》の結《むす》び目《め》をはらりと解《と》いた。
 部屋《へや》は八|疊《でふ》位《ぐらゐ》もあらう。普請《ふしん》と云《い》ひ、裝飾《さうしよく》と云《い》ひ、なかなか立派《りつぱ》で、木柄《きがら》なども選《えら》んではあるが、丁度《ちやうど》此《こ》の女《をんな》の身分《みぶん》が分《わか》らぬと同樣《どうやう》に、待合《まちあひ》とも、妾宅《せふたく》とも、上流《じやうりう》の堅儀《かたぎ》な住居《すまゐ》とも見極《みきは》めがつかない、一|方《ぱう》の椽側《えんがは》の外《そと》にはこんもりとした植《う》ゑ込《こ》みがあつて、其《そ》の向《むか》うは板塀《いたべい》に圍《かこ》はれてゐる。唯《たゞ》此《こ》れだけの眼界《がんかい》では、此《こ》の家《いへ》が東京《とうきやう》のどの邊《へん》にあたるのか、大凡《おほよそ》の見當《けんたう》すら判《わか》らなかつた。
「よく來《き》て下《くだ》さいましたね。」
 かう云《い》ひながら、女《をんな》は座敷《ざしき》の中央《ちうわう》の、四|角《かく》な紫檀《したん》の机《つくゑ》へ身《み》を凭《よ》せかけて、白《しろ》い兩腕《りやううで》を二|匹《ひき》の生《い》き物《もの》のやうに、だらりと卓上《たくじやう》に這《は》はせた。襟《えり》のかかつた澁《しぶ》い縞《しま》お召《めし》に腹合《はらあは》せ帶《おび》をしめて、銀杏返《いてふがへ》しに結《ゆ》つて居《ゐ》る風情《ふぜい》の、昨夜《ゆふべ》と恐《おそ》ろしく趣《おもむき》が變《かは》つてゐるのに、私《わたし》は先《ま》づ驚《おどろ》かされた。
「あなたは、今夜《こんや》あたしがこんな風《ふう》をして居《ゐ》るのを可笑《をか》しいと思《おも》つて居《ゐ》らツしやるんでせう。それでも人《ひと》に身分《みぶん》を知《し》らせないやうにするには、かうやつて每日《まいにち》身《み》なりを換《か》へるより外《ほか》に仕方《しかた》がありませんからね。」
 卓上《たくじやう》に伏《ふ》せてある洋盃《コツプ》を起《おこ》して、葡萄酒《ぶだうしゆ》を注《つ》ぎながら、こんな事《こと》を云《い》ふ女《をんな》の素振《そぶ》りは、思《おも》つたよりもしとやかに打《う》ち萎《しを》れて居《ゐ》た。
「でも好《よ》く覺《おぼ》えて居《ゐ》て下《くだ》さいましたね、上海《シヤンハイ》でお別《わか》れしてから、いろいろの男《をとこ》と苦勞《くらう》もして見《み》ましたが、妙《めう》にあなたの事《こと》を忘《わす》れることが出來《でき》ませんでした。もう今度《こんど》こそは私《わたし》を棄《す》てないで下《くだ》さいまし。身分《みぶん》も境遇《きやうぐう》も判《わか》らない、夢《ゆめ》のやうな女《をんな》だと思《おも》つて、いつまでもお附《つ》き合《あ》ひなすつて下《くだ》さい。」
 女《をんな》の語《かた》る一言一句《いちごんいちく》が、遠《とほ》い國《くに》の歌《うた》のしらべのやうに、哀韻《あいゐん》を含《ふく》んで私《わたし》の胸《むね》に響《ひゞ》いた。昨夜《ゆふべ》のやうな派手《はで》な勝氣《かちき》な悧發《りはつ》な女《をんな》が、どうしてかう云《い》ふ憂鬱《いううつ》な、殊勝《しゆしよう》な姿《すがた》を見《み》せることが出來《でき》るのであらう。さながら萬事《ばんじ》を打《う》ち捨《す》てて、私《わたし》の前《まへ》に魂《たましひ》を投《な》げ出《だ》してゐるやうであつた。
「夢《ゆめ》の中《なか》の女《をんな》」「祕密《ひみつ》の女《をんな》」朦朧《もうろう》とした、現實《げんじつ》とも幻覺《げんかく》とも區別《くべつ》の付《つ》かない love adventure の面白《おもしろ》さに、私《わたし》は其《そ》れから每晚《まいばん》のやうに女《をんな》の許《もと》に通《かよ》ひ、夜半《よなか》の二時《にじ》頃迄《ごろまで》遊《あそ》んでは、また眼《め》かくしをして雷門《かみなりもん》まで送《おく》り返《かへ》された。一《ひ》と月《つき》も二《ふ》た月《つき》も、お互《たがひ》に所《ところ》を知《し》らず、名《な》を知《し》らずに會見《くわいけん》してゐた。女《をんな》の境遇《きやうぐう》や住宅《ぢうたく》を搜《さぐ》り出《だ》さうと云《い》ふ氣《き》は少《すこ》しもなかつたが、だんだん時日《じじつ》が立《た》つに從《したが》ひ、私《わたし》は妙《めう》な好奇心《かうきしん》から自分《じぶん》を乘《の》せた俥《くるま》が、果《はた》して東京《とうきやう》の何方《どつち》の方面《はうめん》に二人《ふたり》を運《はこ》んで行《ゆ》くのか、自分《じぶん》の今《いま》眼《め》を塞《ふさ》がれて通《とほ》つて居《ゐ》る處《ところ》は、淺草《あさくさ》から、何《ど》の邊《へん》に方《あたつ》て居《ゐ》るのか、唯《たゞ》其《そ》れだけを是非共《ぜひとも》知《し》つて見《み》たくなつた。三十分《さんじつぷん》も一時間《いちじかん》も、時《とき》とすると一時間半《いちじかんはん》もがらがらと市街《しがい》を走《はし》つてから、轅《かぢ》を下《お》ろす女《をんな》の家《いへ》は、案外《あんぐわい》雷門《かみなりもん》の近《ちか》くにあるのかも知《し》れない。私《わたし》は每夜《まいよ》俥《くるま》に搖《ゆ》す振《ぶ》られながら、此處《こゝ》か彼處《あすこ》かと心《こゝろ》の中《なか》に憶測《おくそく》を廻《めぐ》らす事《こと》を禁《きん》じ得《え》なかつた。
 或《あ》る晚《ばん》、私《わたし》はたうとう溜《たま》らなくなつて、
「一寸《ちよつと》でも好《い》いから、此《こ》の眼《め》かくしを取《と》つてくれ。」
 と俥《くるま》の上《うへ》で女《をんな》にせがんだ。
「いけません、いけません」
 と、女《をんな》は惶《あは》てて、私《わたし》の兩手《りやうて》をしツかり押《おさ》へて、其《そ》の上《うへ》へ顏《かほ》を押《お》しあてた。
「何卒《どうぞ》そんな我儘《わがまゝ》を云《い》はないで下《くだ》さい。此處《こゝ》の往來《わうらい》はあたしの祕密《ひみつ》です。此《こ》の祕密《ひみつ》を知《し》られれば、あたしはあなたに捨《す》てられるかも知《し》れません。」
「どうして私《わたし》に捨《す》てられるのだ。」
「さうなれば、あたしはもう『夢《ゆめ》の中《なか》の女《をんな》』ではありません。あなたは私《わたし》を戀《こ》ひして居《ゐ》るよりも、『夢《ゆめ》の中《なか》の女《をんな》』を戀《こひ》して居《ゐ》るのですもの。」
 いろいろに言葉《ことば》を盡《つく》して賴《たの》んだが、私《わたし》は何《なん》と云《い》つても聞《き》き入《い》れなかつた。
「仕方《しかた》がない。そんなら見《み》せて上《あ》げませう。‥‥其《そ》の代《かは》り一寸《ちよつと》ですよ。」
 女《をんな》は嘆息《たんそく》するやうに云《い》つて、力《ちから》なく眼《め》かくしの布《ぬの》を取《と》りながら、
「此處《こゝ》が何處《どこ》だか判《わか》りますか。」
 と、心許《こゝろもと》ない顏《かほ》つきをした。
 美《うつく》しく晴《は》れ渡《わた》つた空《そら》の地色《ぢいろ》は、妙《めう》に黑《くろ》ずんで星《ほし》が一|面《めん》にきらきらと輝《かゞや》き、白《しろ》い霞《かすみ》のやうな天《あま》の川《がは》が果《は》てから果《は》てへ流《なが》れてゐる。狹《せま》い道路《だうろ》の兩側《りやうがは》には商店《しやうてん》が軒《のき》を列《なら》べて、燈火《とうくわ》の光《ひかり》が賑《にぎや》かに町《まち》を照《て》らしてゐた。
 不思議《ふしぎ》な事《こと》には、可《か》なり繁華《はんくわ》な通《とほ》りであるらしいのに、私《わたし》は其《そ》れが何處《どこ》の街《まち》であるか、さつぱり見當《けんたう》が付《つ》かなかつた。俥《くるま》はどんどん其《そ》の通《とほ》りを走《はし》つて、やがて一二町《いちにちやう》先《さき》の突《つ》き當《あた》りの正面《しやうめん》に精美堂《せいびだう》と大《おほ》きく書《か》いた印形屋《いんぎやうや》の看板《かんばん》が見《み》え出《だ》した。
 私《わたし》が看板《かんばん》の橫《よこ》に書《か》いてある細《こまか》い文字《もんじ》の町名《ちやうめい》番地《ばんち》を、俥《くるま》の上《うへ》で遠《とほ》くから覗《のぞ》き込《こ》むやうにすると、女《をんな》は忽《たちま》ち氣《き》が付《つ》いたか、
「あれツ」
 と云《い》つて、再《ふたゝ》び私《わたし》の眼《め》を塞《ふさ》いで了《しま》つた。
 賑《にぎや》かな商店《しやうてん》の多《おほ》い小路《こうぢ》で、突《つ》きあたりに印形屋《いんぎやうや》の看板《かんばん》の見《み》える街《まち》――どう考《かんが》へて見《み》ても、私《わたし》は今迄《いままで》通《とほ》つたことのない往來《わうらい》の一《ひと》つに違《ちが》ひないと思《おも》つた。子供時代《こどもじだい》に經驗《けいけん》したやうな謎《なぞ》の世界《せかい》の感《かん》じに、再《ふたゝ》び私《わたし》は誘《いざな》はれた。
「あなた、彼《あ》の看板《かんばん》の字《じ》が讀《よ》めましたか。」
「いや、讀《よ》めなかつた。一|體《たい》此處《こゝ》は何處《どこ》なのだか私《わたし》にはまるで判《わか》らない。私《わたし》はお前《まへ》の生活《せいくわつ》に就《つ》いては、三年前《さんねんまへ》の太平洋《たいへいやう》の波《なみ》の上《うへ》の事《こと》ばかりしか知《し》らないのだ。私《わたし》はお前《まへ》に誘惑《いうわく》されて、何《なん》だか遠《とほ》い海《うみ》の向《むか》うの、幻《まぼろ》しの國《くに》へ伴《つ》れて來《こ》られたやうに思《おも》はれる。」
 私《わたし》が斯《か》う答《こた》へると、女《をんな》はしみじみとした悲《かな》しい聲《こゑ》で、こんな事《こと》を云《い》つた。
「後生《ごしやう》だからいつまでもさう云《い》ふ氣持《きもち》で居《ゐ》て下《くだ》さい。幻《まぼろ》しの國《くに》に住《す》む、夢《ゆめ》の中《なか》の女《をんな》だと思《おも》つて居《ゐ》て下《くだ》さい。もう二|度《ど》と再《ふたゝ》び、今夜《こんや》のやうな我《わ》が儘《まゝ》を云《い》はないで下《くだ》さい。」
 女《をんな》の眼《め》からは、淚《なみだ》が流《なが》れて居《ゐ》るらしかつた。

 其《そ》の後《ご》暫《しばら》く、私《わたし》は、彼《あ》の晚《ばん》女《をんな》に見《み》せられた不思議《ふしぎ》な街の《まち》光景《くわうけい》を忘《わす》れることが出來《でき》なかつた。燈火《とうくわ》のかんかんともつて[#「ともつて」に傍点]ゐる賑《にぎや》かな狹《せま》い小路《こうぢ》の突《つ》き當《あた》りに見《み》えた印形屋《いんぎやうや》の看板《かんばん》が、頭《あたま》にはツきりと印象《いんしやう》されて居《ゐ》た。何《なん》とかして、あの町《まち》の在《あ》りかを搜《さが》し出《だ》さうと苦心《くしん》した揚句《あげく》、私《わたし》は漸《やうや》く一|策《さく》を案《あん》じ出《だ》した。
 長《なが》い月日《つきひ》の間《あひだ》、每夜《まいよ》のやうに相乘《あひの》りをして引《ひ》き擦《ず》り廻《まは》されて居《ゐ》るうちに、雷門《かみなりもん》で俥《くるま》がくるくると一《ひと》つ所《ところ》を廻《まは》る度數《どすう》や、右《みぎ》に折《を》れ左《ひだり》に曲《まが》る囘數《くわいすう》まで、自《おのづか》ら一|定《てい》して來《き》て、私《わたし》はいつともなく其《そ》の鹽梅《あんばい》を覺《おぼ》え込《こ》んでしまつた。或《あ》る朝《あさ》、私《わたし》は雷門《かみなりもん》の角《かど》へ立《た》つて眼《め》をつぶりながら二三度《にさんど》ぐるぐると體《からだ》を廻《まは》した後《のち》、此《こ》の位《くらゐ》だと思《おも》ふ時分《じぶん》に、俥《くるま》と同《おな》じ位《くらゐ》の速度《そくど》で一方《いつぱう》へ駈《か》け出《だ》して見《み》た。唯《たゞ》好《い》い加減《かげん》に時間《じかん》を見《み》はからつて、彼方此方《あつちこつち》の橫丁《よこちやう》を折《を》れ曲《まが》るより外《ほか》の方法《はうはふ》はなかつたが、丁度《ちやうど》此《こ》の邊《へん》と思《おも》ふ所《ところ》に、豫想《よさう》の如《ごと》く、橋《はし》もあれば、電車通《でんしやどほ》りもあつて、確《たし》かに此《こ》の道《みち》に相違《さうゐ》ないと思《おも》はれた。
 道《みち》は最初《さいしよ》雷門《かみなりもん》から公園《こうゑん》の外廓《ぐわいくわく》を廻《めぐ》つて千束町《せんぞくまち》に出《い》で、龍泉寺町《りうせんじまち》の細《ほそ》い通《とほ》りを上野《うへの》の方《はう》へ進《すゝ》んで行《い》つたが、車坂下《くるまざかした》で更《さら》に左《ひだり》へ折《を》れ、お徒町《かちまち》の往來《わうらい》を七八|町《ちやう》も行《ゆ》くと、やがて又《また》左《ひだり》へ曲《まが》り始《はじ》める。私《わたし》は其處《そこ》でハタリと此《こ》の間《あひだ》の小路《こうぢ》にぶつかつた。
 成《な》る程《ほど》正面《しやうめん》に印形屋《いんぎやうや》の看板《かんばん》が見《み》える。
 其《そ》れを望《のぞ》みながら、祕密《ひみつ》の潛《ひそ》んでゐる巖穴《がんけつ》の奧《おく》を究《きは》めでもするやうに、つかつかと進《すゝ》んで行《い》つたが、つきあたりの通《とほ》りへ出《で》ると、思《おも》ひがけなくも、其處《そこ》は每晚《まいばん》夜店《よみせ》の出《で》る下谷竹町《したやたけちやう》の往來《わうらい》の續《つゞ》きであつた。いつぞや小紋《こもん》の縮緬《ちりめん》を買《か》つた古着屋《ふるぎや》の店《みせ》も、つい[#「つい」に傍点]五六|間《けん》先《さき》に見《み》えて居《ゐ》る。不思議《ふしぎ》な小路《こうぢ》は、三味線堀《しやみせんぼり》と仲《なか》お徒町《かちまち》の通《とほ》りを橫《よこ》に繫《つな》いで居《ゐ》る街路《がいろ》であつたが、どうも私《わたし》は今迄《いままで》其處《そこ》を通《とほ》つた覺《おぼ》えがなかつた。散々《さん/″\》私《わたし》を惱《なや》ませた精美堂《せいびだう》の看板《かんばん》の前《まへ》に立《た》つて、私《わたし》は暫《しばら》く彳《たゝず》んで居《ゐ》た。燦爛《さんらん》とした星《ほし》の空《そら》を戴《いたゞ》いて夢《ゆめ》のやうな神祕《しんぴ》な空氣《くうき》に蔽《おほ》はれながら、赤《あか》い燈火《とうくわ》を湛《たゝ》へて居《ゐ》る夜《よる》の趣《おもむき》とは全《まつた》く異《ことな》り、秋《あき》の日《ひ》にかんかん照《て》り付《つ》けられて乾涸《ひか》らびて居《ゐ》る貧相《ひんさう》な家並《やなみ》を見《み》ると、何《なん》だか一時《いちじ》にがつかりして興《きよう》が覺《さ》めて了《しま》つた。
 抑《おさ》へ難《がた》い好奇心《かうきしん》に驅《か》られ、犬《いぬ》が路上《ろじやう》の匂《にほひ》を嗅《か》ぎつつ自分《じぶん》の棲《す》み家《か》へ歸《かへ》るやうに、私《わたし》は又《また》其處《そこ》から見當《けんたう》をつけて走《はし》り出《だ》した。
 道《みち》は再《ふたゝ》び淺草區《あさくさく》へ入つて、小島町《こじまちやう》から右《みぎ》へ右《みぎ》へと進《すゝ》み、菅橋《すがばし》の近所《きんじよ》で電車通《でんしやどほ》りを越《こ》え、代地河岸《だいちがし》を柳橋《やなぎばし》の方《はう》へ曲《まが》つて、遂《つひ》に兩國《りやうごく》の廣小路《ひろこうぢ》へ出《で》た。女《をんな》が如何《いか》に方角《はうがく》を悟《さと》らせまいとして、大迂廻《だいうくわい》をやつて居《ゐ》たかが察《さつ》せられる。藥硏堀《やげんぼり》、久松町《ひさまつちやう》、濱町《はまちやう》と來《き》て、蠣濱橋《かきはまばし》を渡《わた》つたところで、急《きふ》に其《そ》の先《さき》が判《わか》らなくなつた。
 何《なん》でも女《をんな》の家《いへ》は、此《こ》の邊《へん》の路次《ろじ》にあるらしかつた。一時間《いちじかん》ばかりかかつて、私《わたし》は其《そ》の近所《きんじよ》の狹《せま》い橫町《よこちやう》を幾度《いくど》も出《で》つ入《い》りつした。
 丁度《ちやうど》道了權現《だうれうごんげん》の向《むか》ひ側《がは》の、ぎつしり列《なら》んだ家《いへ》と家《いへ》との庇間《ひあはひ》を分《わ》けて、殆《ほと》んど眼《め》につかないやうな、極《きは》めて細《ほそ》い、ささやかな小路《こみち》のあるのを見《み》つけ出《だ》した時《とき》、私《わたし》は直覺的《ちよくかくてき》に女《をんな》の家《いへ》が其《そ》の奧《おく》に潛《ひそ》んで居《ゐ》ることを知《し》つた。中《なか》へ入《はい》つて行《ゆ》くと右側《みぎがは》の二三軒目《にさんげんめ》の、見事《みごと》な洗《あら》ひ出《だ》しの板塀《いたべい》に圍《かこ》まれた二階《にかい》の欄杆《らんかん》から、松《まつ》の葉《は》越《ご》しに女《をんな》は死人《しにん》のやうな顏《かほ》をして、ぢつと此方《こつち》を見下《みお》ろして居《ゐ》た。
 思《おも》はず嘲《あざ》けるやうな瞳《ひとみ》を擧《あ》げて、二階《にかい》を仰《あふ》ぎ視《み》ると、寧《むし》ろ空惚《そらとぼ》けて別人《べつじん》を裝《よそほ》ふものの如《ごと》く、女《をんな》はにこりともせずに私《わたし》の姿《すがた》を眺《なが》めて居《ゐ》たが、別人《べつじん》を裝《よそほ》うても怪《あや》しまれぬくらゐ、其《そ》の容貌《ようばう》は夜《よる》の感《かん》じと異《ことな》つて居《ゐ》た。たツた一度《いちど》、男《をとこ》の乞《こ》ひを許《ゆる》して、眼《め》かくしの布《きれ》を弛《ゆる》めたばかりに、祕密《ひみつ》を發《あば》かれた悔恨《くわいこん》、失意《しつい》の情《じやう》が見《み》る見《み》る色《いろ》に表《あらは》れて、やがて靜《しづ》かに障子《しやうじ》の蔭《かげ》へ隱《かく》れて了《しま》つた。
 女《をんな》は芳野《よしの》と云《い》ふ其《そ》の界隈《かいわい》での物持《ものも》ちの後家《ごけ》であつた。あの印形屋《いんぎやうや》の看板《かんばん》と同《おな》じやうに、凡《す》べての謎《なぞ》は解《と》かれて了《しま》つた。私《わたし》は其《そ》れきり其《そ》の女《をんな》を捨《す》てた。

 二三日《にさんにち》過《す》ぎてから、急《きふ》に私《わたし》は寺《てら》を引《ひ》き拂《はら》つて田端《たばた》の方《はう》へ移轉《いてん》した。私《わたし》の心《こゝろ》はだんだん「祕密《ひみつ》」などと云《い》ふ手《て》ぬるい淡《あは》い快感《くわいかん》に滿足《まんぞく》しなくなつて、もツと色彩《しきさい》の濃《こ》い、血《ち》だらけな歡樂《くわんらく》を求《もと》めるやうに傾《かたむ》いて行《い》つた。


戲曲 象

[#ここから3字下げ]
    登《とう》   場《ぢやう》   者《しや》
 享保《きやうほ》十三年《じふさんねん》廣南國《くわうなんこく》より幕府《ばくふ》へ獻《けん》じたる雄象《をざう》一|匹《ぴき》。及《およ》び當時《たうじ》江戶《えど》の民衆《みんしう》。

 今《いま》を去《さ》る凡《およ》そ二百年前《にひやくねんぜん》。家康《いへやす》の海内統一《かいだいとういつ》より凡《およ》そ百|年《ねん》、鄭成功《ていせいこう》の高砂島《たかさごたう》占領《せんりやう》より凡《およ》そ七十|年《ねん》を經《へ》たる享保《きやうほ》某年《ばうねん》六|月《ぐわつ》十五|日《にち》、山王祭禮《さんわうさいれい》の朝《あさ》の麹町貝塚《かうじまちかひづか》(今《いま》の隼町《はやぶさちやう》邊《へん》)の湟端《ほりばた》。
 上手《かみて》より下手《しもて》へかけて、湟《ほり》に沿《そ》ひたる道端《みちばた》に、今《いま》しも山王神輿《さんわうしんよ》の御通《おとほ》りを拜《はい》せんとする武家《ぶけ》町方《まちがた》の老若男女《らうじやくだんぢよ》一|杯《ぱい》に居列《ゐなら》び、忙《いそがは》しげに扇子《せんす》團扇《うちは》を使《つか》ひながら、汗《あせ》を拭《ふ》き拭《ふ》き頻《しきり》に首《くび》を伸《の》ばして上手《かみて》を見込《みこ》む。與力《よりき》、同心《どうしん》、鳶《とび》の者《もの》共《ども》、見物人《けんぶつにん》の前《まへ》を右往左往《うわうさわう》して行列《ぎやうれつ》の通路《つうろ》を警護《けいご》す。群衆《ぐんしう》のうしろ、湟《ほり》を隔《へだ》てて、遙《はるか》かに千代田《ちよだ》の城垣《しろがき》を望《のぞ》む。時刻《じこく》午前《ごぜん》六|時《じ》頃《ごろ》。天《てん》よく晴《は》る。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]
與力[#「與力」に傍点]。あ、これ、これ。皆《みな》さう前《まへ》へ出張《でば》つては相成《あひな》らん。もう直《ぢき》に御神輿《おみこし》のお通《とほ》りだ。
鳶の者[#「鳶の者」に傍点]。(大手《おほて》を擴《ひろ》げて、見物人《けんぶつにん》を後《うしろ》へ押《お》しながら、)さあ、お前逹《まへたち》はもう一|間《けん》ばかり後《あと》へ退《さが》んなせえ。これぢやあ御通《おとほ》り筋《すぢ》が塞《ふさ》がつ了《ちま》はあ。
職人體の男一[#「職人體の男一」に傍点]。此《こ》の暑《あつ》いのに斯《か》う後前《うしろまへ》から押《お》されちやあ抗《かな》はねえな。――何《なに》しろどうも近年《きんねん》にない豪勢《がうせい》な雜沓《ひとで》だ。
職人體の男二[#「職人體の男二」に傍点]。其《そ》の筈《はず》だあな、皆《みな》御神輿《おみこし》よりも象《ざう》の花車《だし》を挽《ひ》く所《ところ》を見《み》ようてんだ。
職人體の男一[#「職人體の男一」に傍点]。ちよいと半藏御門《はんざうごもん》の方《はう》を見《み》ねえ。まるで黑山《くろやま》のやうだぜ。
幇間風の男[#「幇間風の男」に傍点]。旦那《だんな》、どうでげす。象《ざう》の人氣《にんき》も大《たい》したものぢやごわせんか。――如何《いか》に山王樣《さんわうさま》の御神輿《おみこし》がお有難《ありがた》かつたつて、每年《まいねん》同《おな》じ事《こと》を繰《く》り返《かへ》したんぢや始《はじ》まらないてんで、象《ざう》を擔《かつ》ぎ込《こ》んで景氣《けいき》を附《つ》けるなざあ、思《おも》ひ付《つ》きでげす。
町家の旦那[#「町家の旦那」に傍点]。全《まつた》くさ。象《ざう》もはるばる日本《にほん》へ渡《わた》つて來《き》た效《かひ》があると云《い》ふものだ。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。さうですよ。外國《あつち》ぢやあ別《べつ》に珍《めづら》しがられもしますまいからな。何《なん》でも暹羅《しやむ》などと云《い》ふ國《くに》では、國王《こくわう》のお姬樣《ひいさま》始《はじ》め、下々《した/″\》の女子供《をんなこども》迄《まで》が牛馬《ぎうば》同樣《どうやう》に追《お》ひ使《つか》つてると云《い》ふ話《はなし》を、私《わたし》は物《もの》の本《ほん》で見《み》た事《こと》がある。
幇間風の男[#「幇間風の男」に傍点]。成《な》る程《ほど》、そんなものでげすかな。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。兎《と》に角《かく》象《ざう》が花車《だし》を挽《ひ》く所《ところ》は見物《みもの》でせうな。どうも當節《たうせつ》の若《わか》い者《もの》は思《おも》ひ切《き》つた事《こと》をやりますよ。長壽《ながいき》をすると種種《いろいろ》と不思議《ふしぎ》な事《こと》に出會《でつくわ》します。
町家の女房[#「町家の女房」に傍点]。一|體《たい》そんな獸《けもの》が何處《どこ》の國《くに》から來《き》たのでせうね。
町家の旦那[#「町家の旦那」に傍点]。何《なん》でも唐土《もろこし》か天竺《てんぢく》の方《はう》からだらう。
幇間風の男[#「幇間風の男」に傍点]。南蠻《なんばん》の方《はう》でげせう。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。なあに暹羅《しやむ》から來《き》たのさ。
町家の若旦那[#「町家の若旦那」に傍点]。兎角《とかく》老人《らうじん》や女子供《をんなこども》は時勢《じせい》に疎《うと》くつていけない。彼《あれ》は廣南國《くわうなんこく》から、鄭大成《ていだいせい》と云《い》ふ人《ひと》が、船《ふね》へ乘《の》せて持《も》つて來《き》たのだ。
職人體の男[#「職人體の男」に傍点]。一寸《ちよつと》お伺《うかゞ》い致《いた》しやすが、その廣南國《くわうなんこく》てえのは、孰方《どつち》の方《はう》にあるのでございます。
幇間風の男[#「幇間風の男」に傍点]。廣南《くわうなん》と云《い》ふから、いづれ南《みなみ》の方《はう》でげすかな。
町家の若旦那[#「町家の若旦那」に傍点]。唐土《もろこし》と天竺《てんぢく》の間《あひだ》にある國《くに》で、年中《ねんぢう》春《はる》が續《つゞ》いて夏《なつ》と冬《ふゆ》のない所《ところ》ださうだ。
子供を背負ひたる小僧[#「子供を背負ひたる小僧」に傍点]。此方等《こちとら》もそんな暖《あつたか》い國《くに》に生《うま》れれば好《よ》かつた。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。いや、やつぱり我《わ》が國《くに》程《ほど》結構《けつこう》な所《ところ》はあるまいて。
職人體の男二[#「職人體の男二」に傍点]。廣南國《くわうなんこく》てえのは、あんまり講釋《かうしやく》にも出《で》て來《こ》ねえ國《くに》だな。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。天竺《てんぢく》と唐土《もろこし》の間《あひだ》にあるのなら、きつと暹羅國《しやむこく》の異名《いみやう》だらう。
町家の若旦那[#「町家の若旦那」に傍点]。いや、暹羅《しやむ》とは違《ちが》ひます。鄭大成《ていたいせい》と云《い》ふ人名《じんめい》が唐人《たうじん》らしいから、どうしても唐土《もろこし》の屬國《ぞくこく》だ。
町家の手代[#「町家の手代」に傍点]。所《ところ》が天竺《てんぢく》の屬國《ぞくこく》だと云《い》ふ話《はなし》ですぜ。
旗本の若侍[#「旗本の若侍」に傍点]。其《そ》の方《はう》共《ども》の無學《むがく》にも困《こま》つたものだ。伴《つ》れて來《き》た人《じん》は福建《ふくけん》の鄭大成《ていたいせい》だが、國《くに》は天竺《てんぢく》の屬國《ぞくこく》なのだ。
職人體の男一[#「職人體の男一」に傍点]。はてね。また知《し》らない國《くに》が出《で》やしたが、福建《ふくけん》てえのは那邊《どのへん》にあるのでございます。
旗本の若侍[#「旗本の若侍」に傍点]。左樣《さやう》さ。何《なん》でも唐土《もろこし》の近所《きんじよ》だらう。
職人體の男二[#「職人體の男二」に傍点]。すると唐土《もろこし》の屬國《ぞくこく》でございますか。
旗本の若侍[#「旗本の若侍」に傍点]。其《そ》の邊《へん》はしかと判《わか》らん。
出家[#「出家」に傍点]。福建《ふくけん》と云《い》ふのは、和唐内《わたうない》が征伐《せいばつ》した高砂島《たかさごたう》の對岸《たいがん》にある唐土《もろこし》の領分《りやうぶん》ぢや。天竺《てんぢく》の獸《けもの》を唐人《たうじん》が伴《つ》れて來《き》たのぢや。
幇間風の男[#「幇間風の男」に傍点]。何《なん》だか謎々《なぞ/″\》の文句《もんく》のやうでげすな。
見物一同[#「見物一同」に傍点]。あはゝゝゝゝ。
同心[#「同心」に傍点]。これ、もうちつと靜《しづ》かにしろ。
湯女の一[#「湯女の一」に傍点]。それはさうと、もうお通《とほ》りになりさうなものだね。
茶屋女の一[#「茶屋女の一」に傍点]。ほんたうにさ。今《いま》にそろそろ日《ひ》が高《たか》くなると、暑《あつ》くつて抗《かな》やしない。
遊び人[#「遊び人」に傍点]。暑《あつ》いよりは、日《ひ》に燒《や》ける方《はう》が氣《き》になるだらう。
仲間風の男[#「仲間風の男」に傍点]。全《まつた》く暑《あつ》いな。お祭《まつり》には結構《けつこう》なお天氣《てんき》だが、見物人《けんぶつにん》は堪《たま》らねえや。
遊び人[#「遊び人」に傍点]。頭《かしら》、もう行列《ぎやうれつ》は彼方《あつち》をお繰《く》り出《だ》しになりやしたかい。
鳶の者[#「鳶の者」に傍点]。今《いま》しがたお繰《く》り出《だ》しになりやした。丁度《ちやうど》西尾樣《にしをさま》のお邸《やしき》前《まへ》を、お通《とほ》りの刻限《こくげん》でがす。
仲間風の男[#「仲間風の男」に傍点]。それぢや、まだ小半時《こはんとき》も待《ま》たなくつちや。
湯女の二[#「湯女の二」に傍点]。おや、そんなに待《ま》たされるの。
仲間風の男[#「仲間風の男」に傍点]。さうともよ。何《なん》しろ每年《まいねん》每年《まいねん》お大名《だいみやう》やお旗本衆《はたもとしう》が、永田町《ながだちやう》の通《とほ》りからずつと一|面《めん》に棧敷《さじき》を拵《こしら》へて、一々《いち/\》行列《ぎやうれつ》の花車《だし》屋臺《やたい》を停《と》めさせては、藝《げい》をやらせてるんだから、手間《てま》が懸《かゝ》らあ。
茶屋女の二[#「茶屋女の二」に傍点]。お武家《ぶけ》と云《い》ふものは勝手なものだね。下々《しも/″\》の迷惑《めいわく》もかまはずに、屋臺《やたい》を停《と》めさせて見物《けんぶつ》してるなんて。
湯女の一[#「湯女の一」に傍点]。その位《くらゐ》なら、平常《ふだん》から蒼蠅《うるさ》く茶屋《ちやや》や芝居《しばゐ》の取締《とりしまり》をしないが好《い》いぢやないか。
仲間風の男[#「仲間風の男」に傍点]。しツ。あんまり大《おほ》きな聲《こゑ》を出《だ》しなさんな。お役人《やくにん》に聞《きこ》えると惡《わる》い。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。もうそろそろお先觸《さきぶれ》が見《み》えても好《い》いぢやございませんか。象《ざう》と云《い》ふのは足《あし》の緩《のろ》い獸《けだもの》だと見えますな。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。馬鹿《ばか》に體《からだ》が大《おほ》きいさうだから、日本人《にほんじん》には自由《じいう》にならないのでせうよ。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。そんな事《こと》かも知《し》れません。何《なに》しろ大國《たいこく》の獸《けもの》は異《ちが》つたものですな。高《たか》さが一|丈《ぢやう》の餘《よ》もあるさうですから。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。花車《だし》なんぞも餘程《よほど》大《おほ》きなものでないと、不釣合《ふつりあひ》ですな。大方《おほかた》象《ざう》が嗤《わら》つて居《ゐ》るかも知《し》れません。
子供を背負ひたる小僧[#「子供を背負ひたる小僧」に傍点]。象《ざう》はどんなものを喰《た》べて居《ゐ》るのでせう。
町醫者[#「町醫者」に傍点]。饅頭《まんぢゆう》と笹《さゝ》の葉《は》をやるのださうぢや。――それに、甚《はなは》だ尾籠《びらう》なお話《はなし》ぢやが、象《ざう》の糞《ふん》は瘡毒《さうどく》の藥《くすり》になります。
幇間風の男[#「幇間風の男」に傍点]。へーえ。
町醫者[#「町醫者」に傍点]。それから、彼《あ》の牙《きば》が大《たい》したものでがす。象牙細工《ざうげざいく》にすると中々《なか/\》高直《かうぢき》な品《しな》になります。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。牙《きば》や糞《ふん》迄《まで》が役《やく》に立《た》つんだから、重寶《ちようはう》な獸《けだもの》ですな。
町醫者[#「町醫者」に傍点]。「大男《おほをとこ》總身《そうみ》に知慧《いゑ》が廻《まは》りかね」と云《い》ひますが、象《ざう》は大《おほ》きくつても、非常《ひじやう》に怜悧《りかう》ださうですな。此《こ》の間《あひだ》上方《かみがた》から歸《かへ》つて來《き》た人《ひと》の話《はなし》に、西京《さいきやう》で天子樣《てんしさま》が叡覽《えいらん》遊《あそ》ばした時《とき》には、あの象《ざう》がちやんと前足《まへあし》を折《を》つて、首《くび》を下《さ》げたと云《い》ひます。其《そ》の代《かは》り、人《ひと》があんまり馬鹿《ばか》にすると、長《なが》い鼻《はな》で捲《ま》き上《あ》げて置《お》いて、一《ひ》と縊《し》めにしめ殺《ころ》すさうです。
子供を背負ひたる小僧[#「子供を背負ひたる小僧」に傍点]。それぢやあ熊《くま》や虎《とら》よりも强《つよ》いでせうか。
町醫者[#「町醫者」に傍点]。うん、いざとなつたら强《つよ》いだらうよ。これも西京《さいきやう》で見《み》て來《き》た人《ひと》の話《はなし》ぢやが、潭數潭綿《たんすうたんめん》と云《い》ふ廣南人《くわうなんじん》の象使《ざうつか》ひが、鳶口《とびぐち》を象《ざう》の背《せ》に突《つ》き立《た》てて追《お》ひ廻《まは》しても、一|向《かう》痛《いた》がる樣子《やうす》もなかつたと云《い》ふ事《こと》ぢや。それだから熊《くま》だつて虎《とら》だつて爪《つめ》も立《た》つまい。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。けれども獅子《しゝ》には抗《かな》はないでせう。獅子《しゝ》は百|獸《じゆう》の王《わう》だと云《い》ひますからな。
町醫者[#「町醫者」に傍点]。いや、獅子《しゝ》だつて抗《かな》ひますまいよ。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。そんな獸《けもの》を、不馴《ふなれ》れな日本人《にほんじん》が使《つか》ふのは物騷《ぶつさう》な話《はなし》ですな。今《いま》に何《なに》か禍害《まちがひ》でもなければいいが。
町家の女房[#「町家の女房」に傍点]。手前共《てまへども》の娘《むすめ》が踊娘《をどりこ》になつて屋臺《やたい》に乘《の》つて居《を》りますが、大丈夫《だいぢやうぶ》でございませうか。
町家の旦那[#「町家の旦那」に傍点]。さう云《い》へば、私《わたし》の伜《せがれ》も花車《だし》を挽《ひ》いて居《を》りますが、鼻《はな》で捲《ま》き上《あ》げられやしませんかな。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。それは御心配《ごしんぱい》ですな。どうも子供衆《こどもしう》は氣早《きばや》だから一寸《ちよつと》も眼《め》が放《はな》されませんよ。
出家[#「出家」に傍点]。いや御心配《ごしんぱい》なさる事《こと》はござるまい。昔《むかし》から象《ざう》は普賢菩薩《ふげんぼさつ》のお乘物《のりもの》になる位《くらゐ》で、有難《ありがた》い獸《けもの》でござる。
町家の手代[#「町家の手代」に傍点]。獅子《しゝ》は文珠菩薩《もんじゆぼさつ》の御家來《ごけらい》だが、普賢菩薩《ふげんぼさつ》の御乘物《おんのりもの》になる所《ところ》を見《み》ると、象《ざう》は女《をんな》の臀《しり》が好《す》きなんだな。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。なる程《ほど》な。諺《ことわざ》にも「女《をんな》の黑髮《くろがみ》には大象《だいざう》も維《つな》がれる。」とありますな。
職人體の男一[#「職人體の男一」に傍点]。一體《いつたい》今度《こんど》の象《ざう》は、雄《をす》でせうか雌《めす》でせうか。
町醫者[#「町醫者」に傍点]。長崎《ながさき》までは雌雄《めすをす》で來《き》たのぢやが、雌《めす》は彼處《あすこ》で死亡《なくな》つて、雄《をす》ばかりが生殘《いきのこ》つたのぢや。
幇間風の男[#「幇間風の男」に傍点]。して見《み》ると、畜類《ちくるゐ》ながら死《し》んだ女房《にようぼ》が戀《こ》ひしうがせうな。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。雄《をす》だとすると、愈《いよ/\》以《もつ》て女《をんな》の臀《しり》を狙《ねら》ふ譯《わけ》ですな。
町醫者[#「町醫者」に傍点]。女《をんな》は好《す》きかも知《し》れませんが、鼠《ねずみ》が大《たい》さう嫌《きら》ひださうです。それについて可笑《をか》しな話《はなし》がありますよ。唐人《たうじん》が彼《あ》の獸《けもの》を伴《つ》れて來《き》た時《とき》には鼠《ねずみ》を鋼網《かなあみ》の箱《はこ》の中《なか》へ入《い》れて、あてがつて置《お》いたのです。すると象《ざう》の奴《やつ》め、鼠《ねずみ》が網《あみ》の外《そと》へ跳《と》び出《だ》しては大變《たいへん》だと云《い》ふので、唯《たゞ》もう一生懸命《いつしやうけんめい》四|本《ほん》の足《あし》で箱《はこ》を踏《ふ》まへて其《そ》の方《はう》へばかり氣《き》を奪《と》られて居《ゐ》るんですな。若《も》しさうでもしないと、彼《かれ》は游《およ》ぎが逹者《たつしや》だから、海《うみ》へ飛《と》び込《こ》んで廣南《くわうなん》へ歸《かへ》つて了《しま》ひますとさ。
町家の旦那[#「町家の旦那」に傍点]。なんぼ象《ざう》でも、天竺《てんぢく》まで海上《かいじやう》を游《およ》いでは行《ゆ》けますまい。
町家の若旦那[#「町家の若旦那」に傍点]。なあに、體《からだ》が大《おほ》きいから、其《そ》の位《くらゐ》な事《こと》は出來《でき》ませうよ。
町醫者[#「町醫者」に傍点]。西京《さいきやう》の天子樣《てんしさま》が象《ざう》を叡覽《えいらん》遊《あそ》ばした時《とき》の、御製《ぎよせい》の御歌《おうた》と云《い》ふのを御存知《ごぞんぢ》かな。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。たしか、「時《とき》しあれば人《ひと》の國《くに》なるけだものも、けふ九重《こゝのへ》に見《み》るが嬉《うれ》しさ」とか云《い》ふのだと伺《うかゞ》ひました。それから院《ゐん》の御歌《おうた》が、「めづらしく都《みやこ》にきさ[#「きさ」に傍点]の唐《から》やまと、過《す》ぎし野山《のやま》は幾千里《いくちさと》なる」とございました。
町家の手代[#「町家の手代」に傍点]。宗匠《そうしやう》そのきさ[#「きさ」に傍点]と云《い》ふのは何《なん》の事《こと》でございます。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。象《ざう》の和名《わめい》でせう。
町家の若旦那[#「町家の若旦那」に傍点]。象潟町《きさがたちやう》などと云《い》ひますからな。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。芭蕉翁《おきな》の句《く》にも、「象潟《きさがた》の雨《あめ》や西施《せいし》がねむの花《はな》」と云《い》ふのがあります。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。西京《さいきやう》では天子樣《てんしさま》が歌《うた》をお詠《よ》みになるし、今日《こんにち》は又《また》將軍樣《しやうぐんさま》が御覽《ごらん》になるし、象《ざう》も仕合者《しあはせもの》ですな。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。上方《かみがた》ではもう詠象詩《えいざうし》と云《い》ふ、象《ざう》の詩歌《しいか》を集《あつ》めたものが、出版《しゆつぱん》になりました。
町家の若旦那[#「町家の若旦那」に傍点]。江戶《えど》でも追々《おひ/\》團十郞《だんじふらう》が、象《ざう》に因《ちな》んだ狂言《きやうげん》でも出《だ》すでせうな。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。これから一《ひ》としきり世間《せけん》が象《ざう》で持《も》ち切《き》りますな。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 此《こ》の時《とき》、上手《かみて》遙《はるか》に、三味線《しやみせん》、笛《ふえ》、太鼓《たいこ》、拍子木《へうしぎ》の音《おと》きこゆ。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]
湯女の一[#「湯女の一」に傍点]。おや、そろそろ行列《ぎやうれつ》がやつて來《く》るよ。
子供を背負ひたる小僧[#「子供を背負ひたる小僧」に傍点]。さあ、坊《ぼつ》ちやん。もう直《ぢき》ですよ。――皆《みんな》子供《こども》が居《ゐ》るんだから、さう押《お》さないでお吳《く》んなさい。
男の聲[#「男の聲」に傍点]。(後《うしろ》の方《はう》にて、)ええ、眞平御免《まつぴらごめん》ねえ。私《わつち》を其處《そこ》へ割《わ》り込《こ》ましておくんなせえ。
仲間風の男[#「仲間風の男」に傍点]。(後《うしろ》をふりかへり、)誰《だれ》だ、誰《だれ》だ、無暗《むやみ》に押《お》して來《き》ちやあ危《あぶね》えぢやねえか。
同心[#「同心」に傍点]。こらこら騷《さわ》いではならん。
鳶の者[#「鳶の者」に傍点]。(兩手《りやうて》にて見物人《けんぶつにん》を後《うしろ》へ押《お》しながら、)お前逹《まへたち》はいくら云《い》つても、前《まへ》へ出《で》て來《く》るのだな。皆《みんな》もつと後《あと》へ退《さが》つた、退《さが》つた。
多勢の聲[#「多勢の聲」に傍点]。(後《うしろ》の方《はう》にて、)さう押《お》して來《き》ちやあ、お湟《ほり》へ落《おつこ》ちるぢやねえか。
與力[#「與力」に傍点]。あ、町人《ちやうにん》町人《ちやうにん》。土手《どて》の上《うへ》へ上《あが》つては相成《あひな》らんぞ。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。(群衆《ぐんしう》にもまれてよろよろしながら、)象《ざう》を見《み》るのも死《し》ぬやうな苦《くる》しみですな。
娘の聲[#「娘の聲」に傍点]。(後《うしろ》の方《はう》にて、)あれエ、苦《くる》しいツ、皆《みんな》押《お》さないで下《くだ》さいよう!
遊び人[#「遊び人」に傍点]。おやおや何處《どこ》かで女《をんな》が苦《くる》しがつて泣《な》いてるぜ。あんな色氣《いろけ》のない聲《こゑ》を出《だ》す位《くらゐ》なら、見物《けんぶつ》に來《こ》ないがいいや。
湯女の二[#「湯女の二」に傍点]。あら、亂暴《らんばう》だねえ、此《こ》の人《ひと》は。結《ゆ》ひたての髮《かみ》が滅茶滅茶《めちやめちや》になつちまふぢやないか。
遊び人[#「遊び人」に傍点]。そんな事《こと》を云《い》つてる場合《ばあひ》ぢやねえ。全體《ぜんたい》女子供《をんなこども》がこんな時《とき》に出《で》しやばるのが間違《まちが》つてらあ。
茶屋女の二[#「茶屋女の二」に傍点]。女《をんな》だつて新《あたら》しいものは見《み》たいやね。
仲間風の男[#「仲間風の男」に傍点]。何《なに》しろ今度《こんど》の象《ざう》を見《み》なけりやあ話《はなし》にならねえからの。
茶屋女の一[#「茶屋女の一」に傍点]。そら、もう彼處《あすこ》に見《み》え出《だ》した。
鳶の者[#「鳶の者」に傍点]。さあ、行列《ぎやうれつ》の御先觸《おさきぶれ》がお見《み》えになりやした。皆《みんな》騷《さわ》いぢやいけねえ。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 見物《けんぶつ》の一同《いちどう》、靜肅《せいしゆく》に立《た》ち列《なら》びてお先行列《さきぎやうれつ》を迎《むか》ふ。突棒《つくぼう》、指俣《さすまた》、錑《もぢり》を持《も》ちたる同心《どうしん》三人《さんにん》眞先《まつさき》に進《すゝ》み、同心《どうしん》五人《ごにん》朱槍《しゆやり》を捧《さゝ》げ與力《よりき》三人《さんにん》獅子《しゝ》に附《つ》き添《そ》ひて其《そ》の後《うしろ》につづき、ついで獅子《しゝ》に附《つ》き添《そ》へる同心《どうしん》二人《ふたり》を左右《さいう》に從《したが》へて若黨《わかとう》二行《にぎやう》、草履取《ざうりとり》一行《いちぎやう》、槍《やり》一行《いちぎやう》、狹箱《はさみばこ》一行《いちぎやう》、合羽籠《かつぱかご》一行《いちぎやう》、最後《さいご》に再《ふたゝ》び突棒《つくぼう》、指俣《さすまた》、錑《もぢり》を持《も》てる同心《どうしん》三人《さんにん》、朱槍《しゆやり》を持《も》てる同心《どうしん》五|人《にん》、獅子《しゝ》、榊《さかき》の順序《じゆんじよ》にて上手《かみて》より下手《しもて》へしづしづと練《ね》つて行《ゆ》く。
 お先行列《さきぎやうれつ》の全《まつた》く通過《つうくわ》し終《をは》りたる頃《ころ》、更《さら》に上手《かみて》より御跡行列《おあとぎやうれつ》の隊伍《たいご》、日枝《ひえ》神社《じんじや》の神與《しんよ》を先《さき》に立《た》てて、突棒《つくぼう》、指俣《さすまた》、錑《もぢり》の一行《いちぎやう》、朱槍《しゆやり》五|本《ほん》獅子《しゝ》の一行《いちぎやう》、與力《よりき》三人《さんにん》の一行《いちぎやう》、四行《しぎやう》になりて進《すゝ》み、同心《どうしん》二人《ににん》獅子《しゝ》二頭《にとう》を左右《さいう》に、若黨《わかとう》二行《にぎやう》、馬《うま》一行《いちぎやう》、狹箱《はさみばこ》一行《いちぎやう》、合羽籠《かつぱかご》一行《いちぎやう》、縱《たて》に列《なら》び、突棒《つくぼう》、指俣《さすまた》、錑《もぢり》、朱槍《しゆやり》五本《ごほん》を殿《しんが》りにして下手《しもて》へ步《あゆ》み去《さ》る。
 見物《けんぶつ》の老若《らうにやく》、或《あるひ》は合掌《がつしやう》し、或《あるひ》は叩頭《かうとう》し、柏手《かしはで》をうちて神與《しんよ》を禮拜《らいはい》す。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]
子供を背負ひたる小僧[#「子供を背負ひたる小僧」に傍点]。坊《ぼつ》ちやん、御神輿《おみこし》が濟《す》んだら、いよいよ象《ざう》が參《まゐ》りますよ。
町の老婆[#「町の老婆」に傍点]。お前《まへ》さん方《がた》は、さう御神輿《おみこし》をないがしろにすると罰《ばち》があたりますよ。
子供を背負ひたる小僧[#「子供を背負ひたる小僧」に傍点]。だつて面白《おもしろ》いものは面白《おもしろ》いや。
町の老婆[#「町の老婆」に傍点]。その面白《おもしろ》い象《ざう》や屋臺《やたい》が見《み》られると云《い》ふのも、つまり山王樣《さんのうさま》のお蔭《かげ》ですよ。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。いつの世《よ》になつても、御神輿《おみこし》の渡御《とぎよ》などと云《い》ふものは、流石《さすが》神々《かう/″\》しくつて有難味《ありがたみ》がござる。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。御尤《ごもつとも》でございますな。手前《てまへ》なども御神輿《おみこし》を拜《おが》みますと、何《なん》となく忝《かたじけな》さに淚《なみだ》がこぼれます。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。左樣《さやう》な心掛《こゝろがけ》は、今《いま》の若者《わかもの》には爪《つめ》の垢《あか》ほどもござらぬ。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 鳴物《なりもの》の響《ひゞき》、だんだんに近《ちか》づく。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]
茶屋女の一[#「茶屋女の一」に傍点]。おや、どうしたんだらう。花車《だし》が見《み》えなくつて、屋臺《やたい》ばかり澤山《たくさん》やつて來《く》るよ。
仲間風の男[#「仲間風の男」に傍点]。頭《かしら》、象《ざう》はどうしたんだね。
鳶の者[#「鳶の者」に傍点]。花車《だし》は後《あと》になりやした。屋臺《やたい》だけは足弱《あしよわ》な踊娘《をどりこ》が疲《つか》れると云《い》ふので捷徑《ちかみち》を取《と》つても可《い》いと云《い》ふお免許《ゆるし》が出《で》たのでがす。多分《たぶん》半藏御門《はんざうごもん》外《そと》で待《ま》ち合《あ》はせる積《つも》りでがせう。
職人體の男一[#「職人體の男一」に傍点]。お上《かみ》でも踊娘《をどりこ》にはお察《さつ》しがいい。
職人體の男二[#「職人體の男二」に傍点]。將軍樣《しやうぐんさま》は何處《どこ》で御上覽《ごじやうらん》遊《あそ》ばすんでげすい。
鳶の者[#「鳶の者」に傍点]。何《なん》でも半藏御門《はんざうごもん》内《うち》のお矢來《やらい》の外《そと》まで、行列《ぎやうれつ》が繰《く》り込《こ》むのだてえから、彼處《あすこ》で御上覽《ごじやうらん》になるんでがせう。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。大分《だいぶ》近《ちか》くなりましたな。一|番《ばん》先《さき》の屋臺《やたい》が内藤樣《ないとうさま》の前《まへ》で停《とま》りました。
町家の手代[#「町家の手代」に傍点]。後《うしろ》の屋臺《やたい》も殘《のこ》らず停《とま》つたやうですぜ。又《また》彼處《あすこ》で手間《てま》がとれるんだらう。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。(小手《こて》を翳《かざ》しながら、)何《なに》か踊《をど》つて居《ゐ》るやうです。
幇間風の男[#「幇間風の男」に傍点]。あれは狐噌《こんくわい》でげせう。保名《やすな》狂亂《きやうらん》の所作事《しよさごと》でげす。
町家の若旦那[#「町家の若旦那」に傍点]。其《そ》の次《つぎ》のは鞘當《さやあて》かね。
幇間風の男[#「幇間風の男」に傍点]。さうでげす。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。保名《やすな》になつて居《ゐ》るのは、誰《だれ》でせう。
町家の手代[#「町家の手代」に傍点]。源之丞《げんのじよう》と云《い》ふ平河天神《ひらかはてんじん》の陰間《かげま》ださうですぜ。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。陰間《かげま》が御神輿《おみこし》のお供《とも》をしたり、御上覽《ごじやうらん》に供《そなは》つたり、怪《け》しからん世《よ》の中《なか》になつたわい。
旗本の若侍[#「旗本の若侍」に傍点]。左樣《さやう》な理屈《りくつ》は、あまり當世《たうせい》ははやりませんな。
町醫者[#「町醫者」に傍点]。男《をとこ》でも女《をんな》でも、容貌《きりやう》の好《よ》いものは一|德《とく》でござるて。
子供を背負ひたる小僧[#「子供を背負ひたる小僧」に傍点]。そら、やつと動《うご》き出《だ》した。今度《こんど》こそやつて來《く》るだらう。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 屋臺《やたい》いよいよ群衆《ぐんしう》に近《ちか》づきたるけはひ。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]
男の聲[#「男の聲」に傍点]。いよう!源之丞《げんのじよう》!日本一《につぽんいち》!
出家[#「出家」に傍点]。なる程《ほど》、源之丞《げんのじよう》と申《まを》すのは、中々《なか/\》な美少人《びせうにん》でござるな。
田舍武士[#「田舍武士」に傍点]。仰《おほ》せの如《ごと》、天下《てんか》に稀《まれ》な好《よ》か稚兒《ちご》でござる。御坊《ごばう》も大分《だいぶ》御執心《ごしふしん》の御樣子《ごやうす》と相見《あひみ》える。今夜《こんや》あたり平河天神《ひらかはてんじん》へお伴《とも》仕《つかまつ》らうか。
遊び人[#「遊び人」に傍点]。姐《ねえ》さん逹《たち》、何《なん》とか聲《こゑ》をかけてやりねえ。源之丞《げんのじよう》が大汗《おほあせ》になつて居《ゐ》らあ。
湯女の一[#「湯女の一」に傍点]。お駒《こま》さん。お前《まへ》何《なん》とか云《い》つておやりな。屹度《きつと》彼《あ》の子《こ》が喜《よろこ》ぶよ。
湯女の二[#「湯女の二」に傍点]。それはお人《ひと》が違《ちが》ふわね。滅渡《めつた》な事《こと》を云《い》ふと、誰《だれ》かさんに怒《おこ》られるもの。
茶屋女の一[#「茶屋女の一」に傍点]。だが全《まつた》くああして見《み》ると、惚《ほ》れ惚《ぼ》れするやうな子《こ》だねえ。
茶屋女の二[#「茶屋女の二」に傍点]。雜沓《ひとごみ》で暑《あつ》い最中《さなか》に、お惚《のろ》けは堪忍《かに》しておくれよ。
四人の女[#「四人の女」に傍点]。おほゝゝゝゝゝ。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 上手《かみて》より揃《そろ》ひの浴衣《ゆかた》に、鉢卷《はちまき》、芳原冠《よしはらかむ》りなどして、澁團扇《しぶうちは》を持《も》ちたる若者共《わかものども》、阿部《あべ》の保名《やすな》に扮《ふん》せる十五六|歲《さい》の美少年《びせうねん》を乘《の》せて、踊屋臺《をどりやたい》を挽《ひ》き、唄三味線《うたしやみせん》の大夫共《たいふども》を後《うしろ》に隨《したが》へて出《い》で來《きた》り、舞臺《ぶたい》少《すこ》しく下手《しもて》に停《とゞま》りて狐噌《こんくわい》を踊《をど》る。群衆《ぐんしう》の中《なか》に急霰《きふさん》の如《ごと》き拍手《はくしゆ》起《おこ》る。少年《せうねん》踊《をど》り終《をは》りて見物《けんぶつ》に一|禮《れい》し、屋臺《やたい》の欄《らん》にもたれて踊《をど》りの扇子《あふぎ》を使《つか》ひ、汗《あせ》を拭《ふ》き拭《ふ》き見物《けんぶつ》の湯女《ゆな》茶屋女《ちややをんな》とむつましげに語《かた》りあひながら、嫌《いや》らしく笑《わら》ふ。
 ついで第《だい》二の屋臺《やたい》登場《とうぢやう》、やや上手《かみて》に停《とゞま》りて少年《せうねん》少女《せうぢよ》の扮《ふん》せる伴作山三傾城《ばんさくさんざけいせい》の三|人《にん》、胡蝶《こてふ》の如《ごと》く入《い》り亂《みだ》れつつ鞘當《さやあて》を演《えん》ず。再《ふたゝ》び群衆《ぐんしう》の拍手《はくしゆ》の間《あひだ》に、二|臺《だい》とも下手《しもて》へ挽《ひ》き去《さ》らる。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。どうも子供にしては皆《みんな》よくやりますな。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。全《まつた》くな。今《いま》に役者《やくしや》にでもなつたら、大《たい》した評判《ひやうばん》でがせう。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。あの傾城《けいせい》になつた子供《こども》は、ほんたうの女《をんな》でせうか。
町醫者[#「町醫者」に傍点]。あれは麹町《かうじまち》三丁目《さんちやうめ》の長唄《ながうた》の師匠《ししやう》の娘《むすめ》で評判《ひやうばん》のはねつかへり[#「はねつかへり」に傍点]です。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。素人《しろうと》の娘《むすめ》が陰間《かげま》などと一|緖《しよ》に藝《げい》をやるとは宜《よ》くない事《こと》ぢや。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。一|體《たい》この頃《ごろ》の娘《むすめ》は、平氣《へいき》で男《をとこ》の前《まへ》へのさばり出《で》ますが、惡《わる》いことでございますよ。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。左樣《さやう》左樣《さやう》。某《それがし》などは抑《そもそ》もあの芝居《しばゐ》狂言《きやうげん》などからして、不都合《ふつがふ》だと存《ぞん》ずるな。お能《のう》と云《い》ふ誠《まこと》に結構《けつこう》なものがござるに、男子《なんし》が女子《によし》の如《ごと》く粉黛《ふんたい》を施《ほどこ》し、又《また》は傾城《けいせい》遊女《いうぢよ》の所作《しよさ》を演《えん》ずると云《い》ふ次第《しだい》が解《わか》らん。此《こ》の分《ぶん》では、世《よ》の中《なか》が益々《ます/\》惰弱《だじやく》に流《なが》れるでござらう。嘆《なげ》かはしいことぢや。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。こればかりは、お上《かみ》の御威勢《ごゐせい》でも、どうもなりませんと見《み》えます。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。八代樣《はちだいさま》は勤儉尚武《きんけんしやうぶ》のお方《かた》で、度々《たび/\》町人《ちやうにん》の分《ぶん》に過《す》ぎたる贅澤《ぜいたく》をお差止《さしと》めになつたやうぢやが、今日《こんにち》の樣子《やうす》では、あまり上樣《うへさま》の御趣意《ごしゆい》が下々《しも/″\》へ通《とほ》つて居《を》らんと相見《あひみ》える。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。象《ざう》にかこつけて、いろいろと惡《わる》い事《こと》が流行《はや》るやうでございます。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。全體《ぜんたい》異國《いこく》の四足獸《よつあし》を、御門《ごもん》内《ない》へ入《い》れると云《い》ふ事《こと》が、老人《らうじん》などには合點《がてん》が參《まゐ》らぬ。舶來《はくらい》の者《もの》と云《い》ふと、猥《みだ》りに珍重《ちんちよう》するのは輕擧《かるはづみ》と申《まを》すものぢや。過《す》ぎたるは猶《なほ》及《およ》ばざるが如《ごと》しとか申《まを》して、象《ざう》のやうに圖拔《づぬ》けて大《おほ》きいものは、却《かへ》つて敏捷《びんせう》な働《はたら》きが出來《でき》ぬに依《よ》つて、あまり役《やく》には立《た》たぬものぢや。日本《にほん》には牛馬《ぎうば》と云《い》ふ重寶《ちようはう》な獸《けもの》があるから、あれで澤山《たくさん》ぢや。
旗本の若侍[#「旗本の若侍」に傍点]。そんな事《こと》を仰《おつ》しやる御貴殿《ごきでん》が、何故《なぜ》見物《けんぶつ》に來《こ》られたのだ。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。いや、拙者《せつしや》は日枝神社《ひえじんじや》の御神輿《ごしんよ》を拜《おが》みに參《まゐ》つたのぢや。象《ざう》は唯《たゞ》其《そ》のついでに見物《けんぶつ》致《いた》すのぢや。
男の聲[#「男の聲」に傍点]。誰《だれ》だ、誰《だれ》だ。舊弊《きうへい》な事《こと》を吐《ぬ》かす奴《やつ》は、侍《さむらひ》でも何《なん》でも打擲《ぶんなぐ》つちまへ。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。(聲《こゑ》の方《はう》を振《ふ》り向《む》き、)武士《ぶし》に向《むか》つて無禮《ぶれい》な奴《やつ》ぢや。聞《き》き捨《ず》てに相成《あひな》らん。さつさと此處《こゝ》へ出《で》ろ。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。まあ御了見《ごれうけん》なさいまし。何《なに》しろお祭《まつり》で氣《き》が立《た》つて居《ゐ》ますから、手がつけられませんよ。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 再《ふたゝ》び鳴物《なりもの》太鼓《たいこ》拍子木《へうしぎ》の響《ひゞき》。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]
職人體の男一[#「職人體の男一」に傍点]。大分《だいぶ》屋臺《やたい》がつづいてやつて來《き》た。
職人體の男二[#「職人體の男二」に傍点]。あれは何處《どこ》の町内《ちやうない》のだらう。
町家の手代[#「町家の手代」に傍点]。一|番目《ばんめ》のが、麹町《かうじまち》二丁目《にちやうめ》の七福神《しちふくじん》でせう。
町家の若旦那[#「町家の若旦那」に傍点]。其《そ》の次《つぎ》のは、三丁目《さんちやうめ》の天人羽衣《てんにんはごろも》だ。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。あれも矢張《やはり》陰間《かげま》でござるか。
町醫者[#「町醫者」に傍点]。いや、あれは孰《いづ》れも町内《ちやうない》の踊娘《をどりこ》でございます。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。此《こ》の頃《ごろ》は素人《しろうと》が役者《やくしや》の眞似《まね》を上手《じやうづ》に致《いた》しますな。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。山《やま》の手《て》も仲々《なか/\》下町《したまち》に負《ま》けて居《ゐ》ませんよ。
仲間風の男[#「仲間風の男」に傍点]。何《なん》でも二丁目《にちやうめ》の七福神《しちふくじん》の辨財天《べんざいてん》と、三丁目《さんちやうめ》の天人羽衣《てんにんはごろも》とが、容貌《きりやう》競《くら》べなのださうだ。
遊び人[#「遊び人」に傍点]。孰方《どつち》も町内《ちやうない》の小町娘《こまちむすめ》だからな。
湯女の一[#「湯女の一」に傍点]。あの二人《ふたり》にや女《をんな》でも惚《ほ》れ惚《ぼ》れするよ。
湯女の二[#「湯女の二」に傍点]。浮氣者《うはきもの》だから、男《をとこ》だけぢやあ惚《ほ》れ足《た》りないんだね。
茶屋女の一[#「茶屋女の一」に傍点]。たしか一昨年《をととし》のお祭《まつり》に、平河町《ひらかはちやう》の吳服屋《ごふくや》の娘《むすめ》が、屋臺《やたい》で道成寺《だうじやうじ》を踊《をど》つたつけが、何《なん》でもその時《とき》さるお大名《だいみやう》の殿樣《とのさま》の御目《おめ》に止《とま》つて、今《いま》ぢや立派《りつぱ》なお部屋樣《へやさま》になつて居《ゐ》るとさ。
仲間風の男[#「仲間風の男」に傍点]。それだものを。此《こ》の頃《ごろ》の娘《むすめ》はいやに如才《ぢよさい》なく塗《ぬ》りたてて、高貴《かうき》のお方《かた》のお目《め》にとまるやうにとばかり仕向《しむ》けやがる。
茶屋女の二[#「茶屋女の二」に傍点]。今度《こんど》だつて、大分《だいぶ》娘《むすめ》の親逹《おやたち》が力《りき》み返《かへ》つて居《ゐ》るやうだよ。
遊び人[#「遊び人」に傍点]。親逹《おやたち》ばかりか、町内《ちやうない》の若《わか》い者《もの》が皆《みんな》涎《よだれ》を滴《た》らして屋臺《やたい》を挽《ひ》いてるぜ。
湯女の一[#「湯女の一」に傍点]。あの娘《むすめ》にぞつこん惚《ほ》れ込《こ》んだ大家《たいけ》の若旦那《わかだんな》が、五六人《ごろくにん》も若《わか》い衆《しう》に交《まじ》つて挽《ひ》いてるさうだね。
仲間風の男[#「仲間風の男」に傍点]。昨夜《ゆふべ》もあぶなく娘《むすめ》の事《こと》で、二丁目《にちやうめ》と三丁目《さんちやうめ》の若《わか》い衆《しう》が血《ち》の雨《あめ》を降《ふ》らす所《ところ》だつたとよ。
湯女の二[#「湯女の二」に傍点]。象《ざう》もああ云《い》ふとりまきが附《つ》いちやあ嬉《うれ》しいだらうね。
職人體の男一[#「職人體の男一」に傍点]。そらやつて來《き》た。どうだ見《み》ねえ。美《い》い女《をんな》だなあ。
職人體の男二[#「職人體の男二」に傍点]。成《な》る程《ほど》、此《こ》の方《はう》が餘程《よつぽど》お神輿《みこし》よりも御利益《ごりやく》がありさうだ。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 上手《かみて》より「七|福神《ふくじん》」「天人羽衣《てんにんはごろも》」の屋臺《やたい》、花《はな》の如《ごと》く着飾《きかざ》りたる少女等《せうぢよら》を載《の》せて、多勢《おほぜい》の若《わか》い衆《しう》に挽《ひ》かれつつ練《ね》り來《きた》る。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]
與力[#「與力」に傍点]。(屋臺《やたい》に附《つ》き添《そ》ふ若《わか》い衆《しう》に對《むか》ひ、)これこれ、大分《だいぶ》刻限《こくげん》が遲《おく》れたではないか。
若い衆の一[#「若い衆の一」に傍点]。へえ、へえ。まことに恐入《おそれい》りやす。どうも方々《はう/″\》のお邸《やしき》で踊《をどり》を御所望《ごしよまう》なさるものでごぜえやすから、ついつい遲《おそ》くなつて相濟《あひす》みやせん。
同心[#「同心」に傍点]。花車《だし》はまだ中々《なか/\》參《まゐ》らぬかの。
若い衆の二[#「若い衆の二」に傍点]。なに、もうすぐでごぜえやす。あの通《とほ》り後方《うしろ》に見《み》えて居《を》りやす。
同心[#「同心」に傍点]。然《しか》らばもう此處《こゝ》では踊《をど》るに及《およ》ばんから、急《いそ》いで半藏御門《はんざうごもん》外《そと》まで參《まゐ》るがよい。
若い衆一同[#「若い衆一同」に傍点]。承知致《しようちいた》しやした。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 若《わか》い衆《しう》、拍子木《へうしぎ》をうちて景氣《けいき》よく囃《はや》しながら、二《ふた》つの屋臺《やたい》を下手《しもて》へ挽《ひ》き行《ゆ》く。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]
町家の女房[#「町家の女房」に傍点]。まことに可愛《かあい》らしい踊娘《をどりこ》だね。
町家の娘[#「町家の娘」に傍点]。あいさ。容貌《きりやう》の好《い》い娘《むすめ》は仕合《しあは》せでございますのさ。
町家の女房[#「町家の女房」に傍点]。將軍樣《しやうぐんさま》が御覽《ごらん》になるのださうだから、娘《むすめ》の身《み》になつたらどんなに嬉《うれ》しいだらう。
町家の下女[#「町家の下女」に傍点]。ほんとに羨《うらやま》しいではございませんか。來年《らいねん》はお孃樣《ぢやうさま》もお出遊《であそ》ばせよ。
町家の娘[#「町家の娘」に傍点]。妾《わたし》のやうなお多福《たふく》だと、將軍樣《しやうぐんさま》がお笑《わら》ひになるだらうよ。
町家の下女[#「町家の下女」に傍点]。何《なに》、そんな事《こと》がございますものか。屹度《きつと》江戶中《えどぢう》の男《をとこ》が戀病《こひわづらひ》にかかつて了《しま》ひます。
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。象《ざう》も見《み》ものでせうが、踊屋臺《をどりやたい》などと云《い》ふものも、亦《また》捨《す》てられない趣《おもむき》がありますな。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。さうですとも。やつぱり我《わ》が國《くに》の習俗《しきたり》の方《はう》が面白《おもしろ》い處《ところ》がありますよ。象《ざう》なんてものは、一時《いちじ》の氣紛《きまぐ》れに流行《はや》るのでせうな。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 花車《だし》追《お》ひ追《お》ひに近《ちか》づきたるけはひ。太鼓《たいこ》馬鹿囃《ばかばや》しの音《おと》、木遣《きやり》の聲《こゑ》、波《なみ》の崩《くづ》るるやうに聞《きこ》ゆ。一|同《どう》どよめき立《た》ちて、押《お》しあひ、へしあひ、前列《ぜんれつ》に出《い》でんともがく。與力《よりき》、同心《どうしん》、鳶《とび》の者共《ものども》、頻《しきり》に手《て》もて群衆《ぐんしう》を制《せい》す。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]
仲間風の男[#「仲間風の男」に傍点]。そら、今度《こんど》こそ花車《だし》に違《ちげ》へねえ。
遊び人[#「遊び人」に傍点]。うむ、さうださうだ。彼處《あすこ》に來《き》たのが象《ざう》らしいぜ。
職人體の男一[#「職人體の男一」に傍点]。なある程《ほど》巨《おほ》きいや。まるで土藏《どざう》の動《うご》くやうだ。
職人體の男二[#「職人體の男二」に傍点]。話《はなし》にきいたよりも長《なが》え鼻《はな》だな。地面《ぢめん》を舐《な》めて居《ゐ》るぜ。
町家の若旦那[#「町家の若旦那」に傍点]。白象《はくざう》だと云《い》ふ噂《うはさ》だつたが何《なん》だか、黑《くろ》いやうだ。
町家の手代[#「町家の手代」に傍点]。黑象《こくざう》と云《い》ふのもあるのでせう。
幇間風の男[#「幇間風の男」に傍点]。すると普賢菩薩《ふげんぼさつ》でなくつて、虛空藏菩薩《こくざうぼさつ》でげすかな。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。黑《くろ》とも白《しろ》ともつきませんな。灰《はひ》のやうな曖昧《あいまい》な色《いろ》をしてますな。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 象《ざう》、神武天皇《じんむてんわう》の花車《だし》を挽《ひ》き、多勢《おほぜい》の鳶人足《とびにんそく》、町《まち》の若者《わかもの》子供《こども》などに景氣《けいき》よく取《と》り卷《ま》かれて上手《かみて》よりのそりのそり[#「のそりのそり」に傍点]と步《あゆ》み出《い》づ。屋臺《やたい》の上《うへ》には、馬鹿《ばか》、ひよつとこ[#「ひよつとこ」に傍点]の面《めん》を被《かぶ》りたる男共《をとこども》、太神樂《だいかぐら》につれて踊《をどり》ををどる。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]
俳諧の宗匠[#「俳諧の宗匠」に傍点]。成《な》る程《ほど》、これは珍《ちん》な獸《けもの》ですな。
町醫者[#「町醫者」に傍点]。どうも彼《あ》の鼻《はな》が乙《おつ》でござるな。
旗本の若侍[#「旗本の若侍」に傍点]。あの悠長《いうちやう》な步《ある》きつ振《ぷり》が面白《おもしろ》うござる。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。何《なん》だか體《からだ》の大《おほ》きい割《わり》には、步行《あし》の緩《のろ》い獸《けもの》ぢや。
出家[#「出家」に傍点]。さすが佛典《ぶつてん》にも載《の》つて居《ゐ》るだけあつて、見《み》た所《ところ》貴《たふと》い獸《けもの》ぢや。
町家の手代[#「町家の手代」に傍点]。あの牙《きば》が素晴《すば》らしいものですな。
町家の若旦那[#「町家の若旦那」に傍点]。あの眼《め》つきが怜悧《りこう》さうぢやないか。
幇間風の男[#「幇間風の男」に傍点]。何《なに》しろ妙《めう》でがす、珍《ちん》でがす、乙《おつ》な獸《けもの》でがす。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 象《ざう》、花車《だし》を挽《ひ》きて下手《しもて》へ去《さ》る。群衆《ぐんしう》總崩《そうくづ》れになりて、花車《だし》の跡《あと》より騷《さわ》ぎながら從《したが》ひ行《ゆ》く。隱居《いんきよ》、老年《らうねん》の武士《ぶし》、兩人《りやうにん》舞臺《ぶたい》に居殘《ゐのこ》る。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して1字下げ]
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。はゝゝゝゝゝ。男《をとこ》も女《をんな》も、われがちに象《ざう》の後《あと》にくつ附《つ》いて行《い》つて了《しま》ひましたな。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。皆《みんな》、狂《きちがひ》のやうでござる。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。何《なん》だか灰色《はひいろ》の馬鹿《ばか》に巨《おほ》きな獸《けもの》でございましたな。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。圖拔《ずぬ》けて大《おほ》きいばかりで、拙者《せつしや》などにはえたいが[#「えたい」に傍点]判《わか》らん。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。もう半藏御門《はんざうごもん》の所《ところ》まで參《まゐ》つたやうです。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。緩《のろ》いやうでも大《おほ》きいだけに案外《あんぐわい》步行《あし》は早《はや》いと見《み》える。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。神武天皇《じんむてんわう》が象《ざう》にお挽《ひ》かれなさると云《い》ふのも不思議《ふしぎ》な因緣《いんねん》でございますな。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。やつぱり牛《うし》に挽《ひ》かせた方《はう》が、うつりが好《よ》いやうぢや。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。それ、半藏御門《はんざうごもん》の方《はう》を御覽《ごらん》なさい。象《ざう》の體《からだ》が御門《ごもん》を一|杯《ぱい》に塞《ふさ》いで了《しま》ひました。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。成《な》る程《ほど》――はてな、首《くび》を半分《はんぶん》御門《ごもん》へ突込《つゝこ》んだまま後《あと》へも先《さき》へも動《うご》かなくなつたやうぢや。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。多勢《おほぜい》寄《よ》つて蝟集《たか》つて大騷《おほさわ》ぎをして居《を》りますな。
老年の武士[#「老年の武士」に傍点]。小《ち》ひさな門《もん》へ、大《おほ》きな獸《けもの》を入《い》れやうとするのは若《わか》い者《もの》の無鐵砲《むてつぱう》ぢや。
町家の隱居[#「町家の隱居」に傍点]。左樣《さやう》でございますな。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 兩人《りやうにん》顏《かほ》を見合《みあは》せ、暫《しばら》く默《もく》したるまま下手《しもて》へ對《むか》ひて佇立《ちよりつ》す。                   (幕)
[#ここで字下げ終わり]


 信西《しんぜい》

[#ここから3字下げ]
   登《とう》 場《ぢやう》 者《しや》
 少納言《せうなごん》入道《にふだう》信西《しんぜい》
 師《もろ》 光《みつ》┓
 師《もろ》 淸《きよ》┃信西《しんぜい》の郞黨《らうだう》
 成《なり》 景《かげ》┃
 淸《きよ》 實《ざね》┛
 出雲前司光泰《いづものぜんじみつやす》
 光泰《みつやす》の郞黨《らうだう》數人《すにん》
[#ここで字下げ終わり]

 時  平治《へいぢ》元年《ぐわんねん》十二|月《ぐわつ》、信賴《のぶより》義朝《よしとも》の謀叛《むほん》ありたる夜《よ》。

 所  山城《やましろ》近江《あふみ》の國境《くにざかひ》、信樂山《しがらきやま》の奧《おく》。

[#ここから3字下げ]
 荒廢《くわうはい》した山奧《やまおく》の深夜《しんや》。枯燥《こさう》せる雜草《ざつさう》、灌木《くわんぼく》、落葉《らくえふ》、石《いし》ころなどが、處《ところ》嫌《きら》はず亂雜《らんざつ》に群《むらが》り、背後《はいご》は一帶《いつたい》の竹藪《たけやぶ》に掩《おほ》はる。舞臺《ぶたい》の中央《ちうあう》に太《ふと》き老杉《らうさん》の幹《みき》一|本《ぽん》高《たか》く聳《そび》え、こんもり[#「こんもり」に傍点]した枝《えだ》を傘《かさ》の如《ごと》く擴《ひろ》げる。能《あた》ふ限《かぎ》り舞臺面《ぶたいめん》の上下《じやうげ》を高《たか》くして、曇《くも》りたる冬《ふゆ》の夜《よ》の空《そら》を充分《じうぶん》に見《み》せ、幽鬱《いううつ》な、暗澹《あんたん》たる薄光《はくくわう》を以《もつ》て四邊《しへん》をつつむ。
 信西《しんぜい》、年《とし》の頃《ころ》七十|餘歲《よさい》、編笠《あみがさ》を戴《いたゞ》き、黑《くろ》き法衣《ほふえ》を纏《まと》うて杉《すぎ》の根《ね》かたに腰《こし》をかけ、兩手《りやうて》に膝頭《ひざがしら》を抱《いだ》いてうつむいて居《ゐ》る。其《そ》の向《むか》つて右《みぎ》に師光《もろみつ》、淸實《きよざね》、左《ひだり》に師淸《もろきよ》、成景《なりかげ》、物《もの》の具《ぐ》に身《み》を固《かた》めて蹲踞《うづくま》る。此《こ》の主從《しゆじゆう》五|人《にん》は、始終《しじう》何物《なにもの》かを憚《はゞか》るやうな低《ひく》い調子《てうし》で、囁《さゝや》くが如《ごと》くに語《かた》る。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して2字下げ]
(信西《しんぜい》)(ぢつと地面《ぢめん》を視詰《みつ》めた儘《まゝ》、皺嗄《しわが》れた聲《こゑ》。)師光《もろみつ》、師淸《もろきよ》、成景《なりかげ》、淸實《きよざね》、皆《みんな》其處《そこ》に居《を》るか。
(郞黨《らうだう》四|人《にん》)はい、此處《こゝ》に控《ひか》へて居《を》ります。
(信西《しんぜい》)わしは先刻《さつき》から眼《まなこ》をつぶつて居《を》る。もう世《よ》の中《なか》の物《もの》を見《み》る氣力《きりよく》も失《う》せて了《しま》うた、――どうぢや、空《そら》は曇《くも》つて居《を》るか。星《ほし》が一《ひと》つも見《み》えずなつて居《を》るか。
(師光《もろみつ》)(他《た》の三|人《にん》の郞黨《らうだう》と共《とも》に空《そら》を仰《あふ》ぎながら、)隈《くま》なく曇《くも》つて居《を》ります。
(信西《しんぜい》)星《ほし》が一《ひと》つも見《み》えぬと申《まを》すのぢやな。
(師光《もろみつ》)左樣《さやう》でござります。
(師淸《もろきよ》)我《わ》が君《きみ》、何故《なにゆゑ》そのやうに空《そら》の星《ほし》を氣《き》になされまする。
(信西《しんぜい》)あの忌《い》まはしい星《ほし》が見《み》える間《あひだ》は、わしは眼《まなこ》を開《ひら》く勇氣《ゆうき》がないわ。(と云《い》ひつつ、笠《かさ》を脫《ぬ》ぎ、眼《め》をしばだたきながら、恐《おそ》る恐《おそ》る上下左右《じやうげさいう》を見廻《みまは》す。)もう大分《だいぶ》夜《よ》が更《ふ》けたやうぢやな。曇《くも》つて居《ゐ》ても、空《そら》には月《つき》があると見《み》えて雲《くも》が鉛《なまり》のやうに光《ひか》つて居《ゐ》る。
(成景《なりかげ》)月《つき》の光《ひかり》が雲《くも》を射徹《いとほ》して、私《わたくし》の額《ひたひ》を冷《ひやゝ》かに照《て》らして居《を》ります。そこいら中《ぢゆう》の草木《さうもく》の色《いろ》が、謎《なぞ》の世界《せかい》のもののやうに見《み》えて居《を》ります。
(淸實《きよざね》)これが秋《あき》の夜《よ》であつたら、溪川《たにがは》の水《みづ》に月《つき》が映《うつ》つて、妻《つま》戀《こ》ふる鹿《しか》の聲《こゑ》も聞《きこ》えるでござりませうに、冬枯《ふゆが》れ時《どき》の眞夜中《まよなか》では、山《やま》も草木《くさき》も死《し》んだやうでござります。
(信西《しんぜい》)(身《み》を戰《おのゝ》かせ恐《おそ》ろしげに、)みんな暫《しばら》く默《だま》つて見《み》てくれ。さうして、靜《しづか》に耳《みゝ》を澄《す》ましてあの物音《ものおと》を聽《き》いてみてくれ。お前逹《まへたち》にはあの物音《ものおと》が聞《きこ》えないか。あの何處《どこ》やらで、がさがさと云《い》ふ物《もの》の音《おと》が‥‥‥‥‥
(師光《もろみつ》)あれは大方《おほかた》、夜風《よかぜ》がうしろの竹藪《たけやぶ》にあたる音《おと》でござりませう。
(信西《しんぜい》)わしには、何《なん》となく人《ひと》の足音《あしおと》のやうに聞《きこ》えるが‥‥‥‥‥
(師淸《もろきよ》)こんな夜更《よふけ》に、この山奧《やまおく》へ參《まゐ》る者《もの》はござりますまい。
(信西《しんぜい》)いや、さうも云《い》はれないのぢや。いつ何時《なんどき》わしの命《いのち》を奪《と》りに來《く》る者《もの》があるかも知《し》れないのぢや。この信西《しんぜい》の首《かうべ》が欲《ほ》しさに、どのやうな山《やま》の奧《おく》、野《の》の末《すゑ》までも、草木《くさき》を分《わ》けて尋《たづ》ね歩《ある》く人逹《ひとたち》が多勢《おほぜい》居《ゐ》るのぢや。今頃《いまごろ》京都《みやこ》では、「信西《しんぜい》は何處《どこ》へ逃《に》げた、早《はや》く搜《さが》し出《だ》してあの男《をとこ》の首《くび》を斬《き》れ。」と、源氏《げんじ》の侍共《さむらひども》が騷《さわ》いで居《を》るであらう。
(成景《なりかげ》)それは合點《がてん》の參《まゐ》らぬことでござります。學問《がくもん》と申《まを》し、器量《きりやう》と申《まを》し、今《いま》の朝廷《てうてい》に肩《かた》を列《なら》べる者《もの》もない、御威勢《ごゐせい》のある我《わ》が君《きみ》を、殊《こと》に主上《しゆじやう》の御覺《おおぼ》えの優《すぐ》れてめでたい我《わ》が君《きみ》の御命《おんいのち》を、源氏《げんじ》の侍《さむらひ》が附《つ》け狙《ねら》ふとはどう云《い》う譯《わけ》でござります。
(信西《しんぜい》)お前逹《まへたち》には、其《そ》の仔細《しさい》が解《わか》らぬであらうな。
(成景《なりかげ》)一向《いつかう》合點《がてん》が參《まゐ》りませぬ。
(淸實《きよざね》)私共《わたくしども》は、唯《たゞ》君《きみ》の仰《おほ》せのままに、此處《こゝ》までお供《とも》致《いた》して參《まゐ》つたのでござります。丁度《ちやうど》今日《けふ》の午頃《ひるごろ》のこと、わが君《きみ》には急《きふ》に靑褪《あをざ》めた顏《かほ》をなすつて、「都《みやこ》に居《ゐ》ては命《いのち》が危《あやう》い故《ゆゑ》、一刻《いつこく》も早《はや》くわしを何處《どこ》かの山奧《やまおく》へ伴《つ》れて行《い》つて、隱《かく》してくれい。」と仰《おつ》しやりました。それで私共《わたくしども》は取《と》る物《もの》も取《と》り敢《あ》へず、深《ふか》い仔細《しさい》も承《うけたまは》らずに、君《きみ》をお伴《つ》れ申《まを》して、一《ひ》と先《ま》づ田原《たはら》の奧《おく》の大道寺《だいだうじ》の所領《しよりやう》まで逃《に》げのびたのでござりました。すると君《きみ》には、「いや、まだ此處《こゝ》では安心《あんしん》が出來《でき》ない。もつと人里《ひとざと》を離《はな》れた、もつと寂《さび》しい處《ところ》へ行《ゆ》かねばならぬ。」と仰《おつ》しやつて、たうとうこんな山奧《やまおく》へ參《まゐ》つたのでござります。
(師淸《もろきよ》)あの時《とき》の君《きみ》の御樣子《ごやうす》と申《まを》したら、失禮《しつれい》ながら、まるで御心《おこゝろ》が狂《くる》つたやうで、正氣《しやうき》ある人《ひと》の沙汰《さた》とは覺《おぼ》えぬ程《ほど》でござりました。
(師光《もろみつ》)保元《ほげん》このかた世《よ》には泰平《たいへい》が打《う》ち續《つゞ》いて、源平《げんぺい》の武士《ぶし》は内裏《だいり》を守護《しゆご》し奉《たてまつ》り、朝廷《てうてい》の御威光《ごゐくわう》の至《いた》らぬ隈《くま》もなく、わが君《きみ》の御身《おみ》の上《うへ》は盤石《ばんじやく》のやうに確《たしか》だと思《おも》はれますのに、どのやうな仔細《しさい》があつて、今宵《こよひ》のやうな見苦《みぐる》しい事《こと》をなされまする。
(信西《しんぜい》)お前逹《まへたち》のやうな無學《むがく》な人《ひと》は仕合《しあは》せぢや。わしは昨日《きのふ》迄《まで》自分《じぶん》の學問《がくもん》や才智《さいち》を誇《ほこ》つて居《を》つたが、今《いま》となつて見《み》れば、却《かへ》つて愚《おろか》な人《ひと》が羨《うらやま》しいわ。わしは若《わか》い時分《じぶん》に、唐土《もろこし》の孔子《こうし》の道《みち》を學《まな》んだ。さうして僅《わづか》一年程《いちねんほど》の間《あひだ》に其《そ》の奧儀《あうぎ》を究《きは》めて了《しま》つた。それからわしは老子《らうし》の道《みち》を學《まな》んだ。さうしてまた一年《いちねん》も立《た》つと、其《そ》の奧儀《あうぎ》を究《きは》めることが出來《でき》た。其《そ》の次《つぎ》には佛《ほとけ》の道《みち》を學《まな》んだ。さうして此《こ》れも一年《いちねん》ばかりの間《あひだ》に、殘《のこ》らず學《まな》び盡《つく》して了《しま》つた。最後《さいご》にわしは、此《こ》の宇宙《うちう》の間《あひだ》にある凡《す》べての事柄《ことがら》を、悉《こと/″\》く知《し》らうとした。天文《てんもん》でも、醫術《いじゆつ》でも、陰陽《いんやう》五行《ごぎやう》の道《みち》でも、わしの學《まな》ばない處《ところ》はなかつた。星《ほし》の運行《うんかう》に依《よ》つて、世間《せけん》の有為轉變《うゐてんぺん》を占《うらな》ふことも、人間《にんげん》の相《さう》を觀《み》て、其《そ》の人《ひと》の吉凶禍福《きつきようくわふく》を判《はん》ずる事《こと》も、出來《でき》るやうになつたのぢや。わしの眼《め》には、遠《とほ》い未來《みらい》の事《こと》までも明《あきらか》に見《み》える。世《よ》の中《なか》や人《ひと》の身《み》の上《うへ》に大事件《だいじけん》が起《おこ》る前《まへ》には、必《かなら》ず其《そ》の兆《きざし》が現《あらは》れるものぢやが、わしの眼《め》には其《そ》れがはつきりと見《み》えるやうになつたのぢや。しまひには自分《じぶん》の悲《かな》しい運命《うんめい》迄《まで》が、自分《じぶん》に能《よ》く見《み》えるやうになつて來《き》た。其《そ》れがわしの不仕合《ふしあは》せであつたのぢや。
(師淸《もろきよ》)それでは近頃《ちかごろ》に、何《なに》か其《そ》のやうな恐《おそ》ろしい前兆《ぜんてう》でも現《あらは》れたのでござりまするか。
(信西《しんぜい》)うむ、わしが其《そ》れに氣《き》が附《つ》いたのは、今日《けふ》の午頃《ひるごろ》であつた。院《ゐん》の御所《ごしよ》に伺《うかゞ》ふ途中《とちゆう》でふと空《そら》を仰《あふ》ぐと、天《てん》の中央《なかば》に懸《かゝ》つた日輪《にちりん》が、白《しろ》い暈《かさ》を被《かぶ》つて居《ゐ》た。あれは「白虹《はくこう》日《ひ》を貫《つらぬ》く。」と云《い》うて、時《とき》を移《うつ》さず朝敵《てうてき》が都《みやこ》に起《おこ》り、國難《こくなん》を釀《かも》す前兆《ぜんてう》なのぢや。また時《とき》ならぬ眞晝《まひる》の空《そら》に、大伯星《たいはくせい》がきらきらと光《ひか》つて居《ゐ》るのを見《み》た。それは「大伯《たいはく》經天《けいてん》に侵《をか》す。」と云《い》うて、今夜《こんや》の中《うち》に朝廷《てうてい》の忠臣《ちゆうしん》が、君《きみ》に代《かは》り參《まゐ》らせて命《いのち》を落《おと》す證據《しようこ》なのぢや。
(成景《なりかげ》)其《そ》の忠臣《ちゆうしん》と仰《おつ》しやるのは、誰方《どなた》の事《こと》でござりませう。
(信西《しんぜい》)其《そ》れはわしの事《こと》であらう。――わしは其《そ》れに就《つ》いて、いろいろと思《おも》ひ合《あ》はす事《こと》がある。昔《むかし》、まだわしが通憲《みちのり》と云《い》ふ俗人《ぞくじん》であつた時分《じぶん》、熊野權現《くまのごんげん》へ參詣《さんけい》に行《ゆ》く路《みち》すがら、或《あ》る占者《うらなひしや》がわしの相《さう》を觀《み》て云《い》うた言葉《ことば》があつた。「あなたは諸道《しよだう》に優《すぐ》れた人《ひと》ぢやが、倂《しか》し、氣《き》の毒《どく》な事《こと》には行《ゆ》く末《すゑ》首《かうべ》を劍《つるぎ》にかけられて、屍骸《しかばね》を野原《のはら》に曝《さら》す相《さう》がある。萬一《まんいち》出家《しゆつけ》でもしたならば、其《そ》の禍《わざはひ》を免《まぬか》れる事《こと》もあるであらうが、其《そ》れも七十を越《こ》す迄《まで》生《い》きて居《ゐ》たらば危《あやう》からう。」と其《そ》の占者《うらなひしや》が云《い》うたのぢや。わしは其《そ》の時《とき》早速《さつそく》鏡《かゞみ》の前《まへ》で、自分《じぶん》の顏《かほ》をつくづくと眺《なが》めた。すると恐《おそ》ろしい事《こと》には、其《そ》の占者《うらなひしや》の云《い》うた通《とほ》り、劍難《けんなん》の相《さう》が現《あらは》れて居《ゐ》た。それからわしは此《こ》のやうに頭《あたま》を圓《まろ》めて、名《な》も信西《しんぜい》と改《あらた》めたのぢやが、七十の坂《さか》はもう四五|年前《ねんまへ》に越《こ》して了《しま》うた。それや此《こ》れやを考《かんが》へ合《あ》はせると、今度《こんど》はどうしても、わしの命《いのち》は助《たす》からないのであらう。………しかし、わしのやうに自分《じぶん》の運命《うんめい》が、あまりハツキリ見《み》えすぎると、人《ひと》は臆病《おくびやう》にならずには居《ゐ》られぬものぢや。見《み》す見《み》す判《わか》つて居《ゐ》ながら、どうかして其《そ》の運命《うんめい》に打《う》ち克《か》たう、打《う》ち克《か》たうとしたくなるのぢや。わしは七十の坂《さか》を越《こ》してからと云《い》ふもの、一日《いちじつ》として安《やす》い心《こゝろ》はなかつたのぢや。
(淸實《きよざね》)それでは其《そ》の朝敵《てうてき》と仰《おつ》しやるのは誰《だれ》の事《こと》でござります。
(信西《しんぜい》)云《い》はずと知《し》れた信賴《のぶより》と義朝《よしとも》ぢや。あの二人《ふたり》は日頃《ひごろ》から、恐《おそ》れ多《おほ》くも主上《しゆじやう》や院《ゐん》を始《はじ》め、わしや淸盛《きよもり》などに大分《だいぶ》怨《うらみ》を抱《いだ》いて居《ゐ》た。丁度《ちやうど》今《いま》淸盛《きよもり》が熊野《くまの》へ參詣《さんけい》に行《い》つた留守《るす》を幸《さいは》ひ、信賴《のぶより》の奴《やつ》が愚者《おろかもの》の義朝《よしとも》と語《かた》らうて、謀叛《むほん》を起《おこ》すのであらう。きつと今頃《いまごろ》はあの二人《ふたり》が、主上《しゆじやう》や院《ゐん》を御所《ごしよ》へ押《お》し込《こ》め奉《たてまつ》り、わしや淸盛《きよもり》の邸《やしき》を燒打《やきうち》にして居《ゐ》る時分《じぶん》ぢや。さうして、あわよくば思《おも》ふが儘《まゝ》の高位《かうゐ》高官《かうくわん》に上《のぼ》り、二人《ふたり》して天下《てんか》の政治《せいぢ》を勝手《かつて》に料理《れうり》しようとするのであらう。
(師光《もろみつ》)何《なん》と仰《おつ》しやります。其《そ》れが眞實《まこと》なら、容易《ようい》ならぬ事《こと》ではござりませぬか。
(信西《しんぜい》)まこととも、まこととも、お前逹《まへたち》は物《もの》を眼《め》の前《まへ》に見《み》せられぬ間《あひだ》は、其《そ》の眞實《まこと》を信《しん》ずることが出來《でき》ぬかな。――さうぢや、あの信賴《のぶより》の事《こと》に就《つ》いても想《おも》ひ出《だ》す事《こと》があるわ。いつであつたか彼《あ》の男《をとこ》が、近衞大將《このゑたいしやう》の位《くらゐ》を所望《しよまう》した折《をり》、院《ゐん》には如何《いかゞ》したものであらうと、わしに御尋《おたづ》ね遊《あそ》ばした事《こと》があつた。わしは其《そ》の時《とき》、「どうしてどうして、あのやうな男《をとこ》を近衞大將《このゑたいしやう》になさつてはなりませぬ。そんな事《こと》をなされると、彼《あれ》は今《いま》に增長《ぞうちやう》して謀叛《むほん》でも起《おこ》し兼《か》ねない人物《じんぶつ》でござります」と、唐土《もろこし》の安祿山《あんろくざん》の例《ためし》を引《ひ》いてお止《と》め申《まを》したことがあった。今《いま》思《おも》へば其《そ》れが矢張《やはり》中《あた》つたのぢや。わしの判斷《はんだん》は、今迄《いままで》一度《いちど》も外《はづ》れた事《こと》はないのぢや。
(師光《もろみつ》)たとへ京都《みやこ》は、一旦《いつたん》右衞門督《うゑもんのかみ》(信賴《のぶより》)や左馬頭《さまのかみ》(義朝《よしとも》)の手《て》に落《お》ちても、昔《むかし》から朝敵《てうてき》の榮《さか》えた例《ためし》はござりませぬ。紀州《きしう》に赴《おもむ》かれた大貳殿《だいにどの》(淸盛《きよもり》)が變《へん》を聞《き》いて引返《ひきかへ》されたら、不敵《ふてき》の輩《やから》も瞬《またゝ》くうちに滅《ほろ》ぼされるでござりませう。
(信西《しんぜい》)さうであらう。お前《まへ》の今《いま》云《い》うた事《こと》は、やがて眞實《まこと》となるであらう。淸盛《きよもり》が戾《もど》って來《き》たら忽《たちま》ち滅《ほろ》ぼされて、あの二人《ふたり》の首《くび》は獄門《ごくもん》に曝《さら》されるであらう。だが明日《あす》をも知《し》れぬ自分《じぶん》の運命《うんめい》に心付《こゝろづ》かず、勇《いさ》ましく働《はたら》いて居《ゐ》る愚《おろか》な義朝《よしとも》は、わしより仕合《しあは》せであるかも知《し》れぬ。わしは今《いま》、自分《じぶん》で自分《じぶん》の運命《うんめい》に詛《のろ》はれて、手《て》も足《あし》も出《で》ずに居《ゐ》るのぢやから。
(師淸《もろきよ》)しかし、今日《けふ》こそ我《わ》が君《きみ》の學問《がくもん》の效果《きゝめ》が現《あらは》れたのでござりませう。御身《おんみ》の上《うへ》にふりかかる禍《わざはひ》を未然《みぜん》に防《ふせ》がれて、此《こ》の山奧《やまおく》に姿《すがた》を隱《かく》され、朝敵《てうてき》に一泡《ひとあわ》吹《ふ》かせてやつたのは、快《こゝろよ》いことでござります。嘸《さぞ》今頃《いまごろ》は、血眼《ちまなこ》になつて御行衞《おんゆくゑ》を搜《さが》し求《もと》めて居《を》りませう。
(成景《なりかげ》)もう此處《こゝ》まで落《お》ちのびた上《うへ》は、よもや敵《かたき》の目《め》に止《とま》ることはござりますまい。大貳殿《だいにどの》の戾《もど》られるまで、暫《しばら》く此處《こゝ》に御辛抱《ごしんばう》なされれば大丈夫《だいぢやうぶ》でござります。
(信西《しんぜい》)お前逹《まへたち》はさう思《おも》つて居《ゐ》るのか。わしの日頃《ひごろ》の學問《がくもん》が役《やく》に立《た》つたと云《い》ふのか。あの執念深《しふねんぶか》い信賴《のぶより》と云《い》ふ男《をとこ》が、一《ひ》と通《とほ》りの事《こと》でわしを搜《さが》す事《こと》を思《おも》ひ切《き》ると思《おも》ふのか。ああ、どうかしてわしも其《そ》のやうな氣持《きもち》になりたい。どうせ殺《ころ》されるにしても、殺《ころ》される間際《まぎは》まで其《そ》の氣持《きもち》で居《ゐ》たいものぢや。あの信賴《のぶより》は、草《くさ》を分《わ》けても此《こ》の信西《しんぜい》を搜《さが》し出《だ》さずには措《お》かぬ男《をとこ》ぢや。今頃《いまごろ》源氏《げんじ》の郞黨共《らうだうども》は、手《て》に手《て》に炬松《たいまつ》を持《も》つて、京都《みやこ》の八方《はつぱう》へ放《はな》たれたであらう。先刻《さつき》まで忍《しの》んで居《ゐ》た大道寺《だいだうじ》の所領《しよりやう》へも來《き》たであらう。ふとしたら、もう此《こ》の山《やま》の周圍《ぐるり》を取《と》り卷《ま》いて、そろそろと登《のぼ》つて來《く》るかも知《し》れぬ。一町《いつちやう》、二町《にちやう》、三町《さんちやう》、と、だんだん近《ちか》くなつて、此《こ》の後《うしろ》の竹藪《たけやぶ》に忍《しの》び込《こ》んだかも知《し》れぬ。ああ、わしはとても助《たす》からないのぢや。わしは死《し》ぬのぢや。殺《ころ》されるのぢや。あの二人《ふたり》の首《くび》が獄門《ごくもん》に掛《か》けられぬ前《まへ》に、先《ま》づわしの首《くび》が鴨河原《かもがはら》へ曝《さら》されるのぢや。………わしは其《そ》れをよく知《し》つて居《ゐ》る。わしには其《そ》れが能《よ》く判《わか》つて居《ゐ》る。………判《わか》つて居《ゐ》る事《こと》が何《なん》にならう。何《なん》の爲《た》めにならう。………ああ、わしはどうしても助《たす》からない。………どうしても………
(師光《もろみつ》)わが君《きみ》、如何《いかゞ》なされました。御心《おこゝろ》を確《たしか》になさりませい。天下《てんが》に響《ひゞ》いた少納言《せうなごん》信西《しんぜい》と云《い》ふお名前《なまへ》に恥《は》ぢぬやうに。
(信西《しんぜい》)お前《まへ》はわしを卑怯《ひけふ》だと思《おも》ふのぢやな。わしは運命《うんめい》の前《まへ》にお辭儀《じぎ》をするのが嫌《いや》なのぢや。卑怯《ひけふ》だと云《い》はれても構《かま》はないのぢや。ひろいひろい天下《てんか》に一人《ひとり》位《ぐらゐ》は、あの愚《おろか》な義朝《よしとも》の勇氣《ゆうき》よりも、此《こ》の信西《しんぜい》の臆病《おくびやう》の方《はう》が貴《たうと》いものぢやと云《い》ふ事《こと》を知《し》つてくれる者《もの》があらう。わしは唐土《もろこし》にも天竺《てんぢく》にも、肩《かた》を列《なら》べる者《もの》のない學者《がくしや》なのぢや。久壽《きうじゆ》の昔《むかし》那智山《なちざん》で觀世音菩薩《ぐわんぜおんぼさつ》の化身《けしん》ぢやと云《い》はれた事《こと》もあるのぢや。――しかし其《そ》れも、みんな過《す》ぎ去《さ》つた事《こと》になつた。此《こ》の日本《につぽん》の國《くに》に、自分《じぶん》を蹴落《けおと》すものはないと思《おも》つて居《ゐ》たのは昨日《きのふ》のことであつた。わしは、あの文盲《もんまう》な、そうして勇猛《ゆうまう》な、東夷《あづまゑびす》の義朝《よしとも》に蹴落《けおと》されたのぢや。「老《お》いて此《こ》の世《よ》を存《ながら》ふれば、辱《はづかしめ》を受《う》くること多《おほ》し」と云《い》ふが、其《そ》の通《とほ》りであつた。此《こ》れ程《ほど》年《とし》をとりながら、わしは何故《なぜ》君《きみ》の爲《た》め國《くに》の爲《た》めに、命《いのち》を捨《す》てる氣《き》にならないのであらう。――おお、また一入《ひとしほ》と寒《さむ》くなつて來《き》たな。命《いのち》の火《ひ》の消《き》えかかつて居《ゐ》るわしの體《からだ》は、この寒《さむ》さに堪《た》へられさうにも覺《おぼ》えぬわ。
(淸實《きよざね》)お傷《いた》はしう存《ぞん》じます。
(師光《もろみつ》)わが君《きみ》、何故《なぜ》其《そ》のやうな弱々《よわ/\》しいことを仰《おつ》しやります。日頃《ひごろ》の御氣象《ごきしやう》にも似合《にあ》はぬことでござります。氣《き》をしツかりとお持《も》ちなされい。愚者《おろかもの》の、東夷《あづまゑびす》の、左馬頭《さまのかみ》のやうな――天《てん》を恐《おそ》れず、神《かみ》を憚《はゞか》らぬ左馬頭《さまのかみ》のやうな强《つよ》い心《こゝろ》をお持《も》ちなされい。力《ちから》をこめて、運命《うんめい》の網《あみ》を突《つ》き破《やぶ》つておしまひなされい。(曇《くも》りたる空《そら》、次第次第《しだいしだい》に晴《は》れ渡《わた》り、拭《ぬぐ》ふが如《ごと》くに冴《さ》えて星《ほし》五《いつ》つ六《む》つきらきらと輝《かゞや》き、月光《げつくわう》普《あまね》く地上《ちじやう》を照《てら》らす。但《たゞ》し、月《つき》は舞臺面《ぶたいめん》に現《あらは》さざること。)おお、いつの間《ま》にか空《そら》が晴《は》れて參《まゐ》りました。さあ我《わ》が君《きみ》、恐《おそ》れることはござりませぬ。あの空《そら》の星《ほし》を、あの忌《い》まはしい空《そら》の星《ほし》を、額《ひたひ》を上《あ》げて、胸《むね》を張《は》つて、つくづくと御覽《ごらん》なされい。
(信西《しんぜい》)(靜《しづか》に、おづおづと頭《かうべ》を上《あ》げて、空《そら》を仰《あふ》ぐ。)あの星《ほし》が其《そ》れぢや。あれ、彼處《あすこ》に、銳《するど》い月《つき》の光《ひかり》にもめげずに瞬《またゝ》いて居《ゐ》るあの星《ほし》が、わしの運命《うんめい》を詛《のろ》ふのぢや。(風《かぜ》吹《ふ》き來《きた》りて竹藪《たけやぶ》をざわざわと鳴《な》らす。)あれはやつぱり風《かぜ》の音《おと》か、此《こ》の次《つぎ》に竹藪《たけやぶ》が鳴《な》る時《とき》は、源氏《げんじ》の討手《うつて》が現《あらは》れるであらう。
(成景《なりかげ》)私共《わたくしども》は先刻《さつき》からのお言葉《ことば》を、まだ疑《うたが》うて居《を》りますが、若《も》しも源氏《げんじ》の討手《うつて》が參《まゐ》らうなら、腕《うで》の限《かぎ》り斬《き》つて斬《き》りまくり、我《わ》が君《きみ》に指《ゆび》でもささせぬ覺悟《かくご》でござります。
(信西《しんぜい》)ふむ、まだお前逹《まへたち》は、わしの言葉《ことば》が信《しん》じられぬと云《い》ふのぢやな。
(淸實《きよざね》)誰《だれ》も、誰《だれ》も、君《きみ》の御判斷《ごはんだん》の中《あた》らぬことを願《ねが》うて居《を》ります。
(信西《しんぜい》)討手《うつて》の影《かげ》が見《み》えてから、始《はじ》めて眞實《まこと》と悟《さと》つたとて何《なん》にならう。たとへお前逹《まへたち》四人《よにん》が力《ちから》の限《かぎ》り刄向《はむか》うても、名《な》に負《お》ふ源氏《げんじ》の荒武者《あらむしや》が十騎《じつき》も二十騎《にじつき》も押《お》し寄《よ》せたら手《て》もない事《こと》ぢや。あの星《ほし》を見《み》るがよい。あの星《ほし》を。あれが何《なに》よりの證據《しようこ》なのぢや。あの星《ほし》の光《ひかり》が消《き》えるか、わしの命《いのち》が消《き》えるか、二《ふた》つに一《ひと》つぢや。
(師淸《もろきよ》)それでは兎《と》も角《かく》も、お心《こゝろ》の休《やす》まるやうに、今《いま》少《すこ》し山《やま》の奧《おく》か、それとも亦《また》、南都《なんと》の方《はう》へ落《お》ちのびませうか。
(信西《しんぜい》)頭《あたま》の上《うへ》にあの星《ほし》が睨《にら》んで居《ゐ》る間《あひだ》は、何處《いづこ》へ行《い》つても同《おな》じ事《こと》ぢや。わしにはあの星《ほし》を空《そら》から射落《いおと》す力《ちから》はない。あの星《ほし》を、頭《あたま》の上《うへ》から引《ひ》きずり下《お》ろす力《ちから》がないのぢや。どうかして、あの星《ほし》の見《み》えない處《ところ》へ行《ゆ》きたいものぢや。(ふと、何《なに》かを見付《みつ》けたやうに、下手《しもて》の方《はう》を見《み》やりて頷《うなづ》く。)うむ、彼處《あすこ》に材木《ざいもく》と鍬《くわ》とが置《お》いてある。大方《おほかた》樵夫《きこり》が遺《わす》れて行《い》つたのであらう。お前逹《まへたち》、あれを此處《こゝ》へ持《も》つて來《き》てくれ。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 郞黨等《らうだうら》、下手《しもて》から新《あたら》しく挽《ひ》きたる四|分《ぶ》板《いた》四五|枚《まい》と鍬《くわ》とを運《はこ》び來《きた》る。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して2字下げ]
(師光《もろみつ》)わが君《きみ》、これを如何《どう》なされるのでござります。
(信西《しんぜい》)星《ほし》の見《み》えない處《ところ》へ身《み》を隱《かく》すのぢや。此《こ》の杉《すぎ》の木蔭《こかげ》に穴《あな》を掘《ほ》つて、土《つち》の中《なか》に身《み》を埋《うづ》め、竹《たけ》の節《ふし》で氣息《いき》を通《かよ》はせれば、生《い》きて居《ゐ》られるであらう。あの星《ほし》の光《ひかり》が消《き》えるまで、わしはさうして生《い》きながらへ、運命《うんめい》の力《ちから》に克《か》つて見《み》せるのぢや。………時《とき》のたたないうちに、早《はや》く其處《そこ》を堀《ほ》つてくれい。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 郞黨等《らうだうら》、杉《すぎ》の木蔭《こかげ》を穿《うが》ち、穴《あな》の中《なか》を板《いた》にてかこひ、後《うしろ》の竹藪《たけやぶ》から竹《たけ》の幹《みき》を切《き》つて來《く》る。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して2字下げ]
(師光《もろみつ》)仰《おほ》せの通《とほ》りにしつらへました。
(信西《しんぜい》)いろいろと大儀《たいぎ》であつたなう。お前逹《まへたち》の心《こゝろ》づくしは、死《し》ぬるまで過分《くわぶん》に思《おも》うて忘《わす》れぬであらう。それでは、わしは此《こ》の穴《あな》に身《み》を埋《うづ》めて、世《よ》の中《なか》の靜《しづ》まるのを待《ま》つとしよう。再《ふたゝ》び日《ひ》の目《め》が見《み》られたらば、お前逹《まへたち》にも厚《あつ》く禮《れい》をするつもりぢや。お前逹《まへたち》も人目《ひとめ》にかからぬうち、早《はや》く此處《こゝ》を立《た》ち退《の》いて、何處《いづこ》の山里《やまざと》へなりと身《み》を落《お》ち着《つ》けたがよい。もしまたわしの體《からだ》に萬一《まんいち》の事《こと》があつたなら、京都《みやこ》に殘《のこ》して置《お》いた妻子共《つまこども》の面倒《めんだう》を見《み》てやつてくれるやうに、くれぐれも賴《たの》んで置《お》くぞ。
(師淸《もろきよ》)仰《おほ》せまでもないことでござります。我《わ》が君《きみ》にもどのやうな事《こと》があらうとも、命《いのち》の綱《つな》をしつかと摑《つか》むで放《はな》さぬやうになされませい。
(師光《もろみつ》)君《きみ》にお願《ねが》ひがござります。忌《い》まはしいことながら、萬々一《まん/\いち》、これが長《なが》いお別《わか》れとならぬとも限《かぎ》りませぬ。何卒《なにとぞ》其《そ》の時《とき》は世《よ》の物笑《ものわらひ》とならぬやう、天晴《あつぱ》れの御最後《ごさいご》をお願《ねが》ひ申《まを》して置《お》きます。また其《そ》の時《とき》に私共《わたくしども》が亡《な》き後《あと》の君《きみ》の御囘向《ごゑかう》を葬《とぶら》ふことが出來《でき》ますやうに、唯今《たゞいま》此《こ》の場《ば》で髻《もとゞり》を切《き》りたう存《ぞん》じます。師淸《もろきよ》も、成景《なりかげ》も、淸實《きよざね》も、別《べつ》に異存《いぞん》はなからうな。
(師淸《もろきよ》、成景《なりかげ》、淸實《きよざね》)決《けつ》して異存《いぞん》はない。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 四人《よにん》、一度《いちど》に髻《もとゞり》を切《き》る。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して2字下げ]
(師光《もろみつ》)かうなつた上《うへ》は、われわれ四人《よにん》に、何卒《なにとぞ》法名《はふみやう》をお授《さづ》け下《くだ》さいまし。
(信西《しんぜい》)うむ、ようこそ申《まを》してくれた。――師光《もろみつ》………
(師光《もろみつ》)はい。
(信西《しんぜい》)信西《しんぜい》の一字《いちじ》を取《と》つて、お前《まへ》の法名《はふみやう》は西光《さいくわう》と稱《とな》へるがよい。
(師光《もろみつ》)忝《かたじけ》なう存《ぞん》じます。
(信西《しんぜい》)師淸《もろきよ》、お前《まへ》の法名《はふみやう》は西淸《さいせい》。
(師淸《もろきよ》)はい。
(信西《しんぜい》)成景《なりかげ》は西景《さいけい》、淸實《きよざね》は西實《さいじつ》と稱《とな》へるがよい。
(師淸《もろきよ》、成景《なりかげ》、淸實《きよざね》)忝《かたじけ》なう存《ぞん》じます。
(師光《もろみつ》)いつまで居《ゐ》てもお名殘《なごり》は盡《つ》きませぬ、それではこれで一同《いちどう》お暇《いとま》を願《ねが》ひます。
(信西《しんぜい》)うむ、(と云《い》ひつつ、つかつかと穴《あな》の端《はた》に進《すゝ》み、そこに彳《たゝず》みて無言《むごん》の儘《まゝ》暫《しばら》く空《そら》の星《ほし》を凝視《ぎようし》し、力《ちから》なげにうなだれる………)星《ほし》はまだ光《ひか》つて居《ゐ》る。………わしは此《こ》の穴《あな》の中《なか》で、息氣《いき》のつづく限《かぎ》り念佛《ねんぶつ》を稱《とな》へて居《ゐ》よう。………
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 信西《しんぜい》穴《あな》の中《なか》に入《い》る。郞黨等《らうだうら》、竹《たけ》の幹《みき》の一端《いつたん》を土中《どちゆう》に入《い》れ、一端《いつたん》を地上《ちじやう》に露出《ろしゆつ》せしめ、穴《あな》の上《うへ》を板《いた》にて蔽《おほ》ひ塞《ふさ》ぎ、更《さら》に其《そ》の上《うへ》へ土《つち》を盛《も》る。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して2字下げ]
(師光)それではお暇《いとま》を申《まを》します。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 郞黨《らうだう》四|人《にん》、穴《あな》の中《なか》に向《むか》ひて叩頭《こうとう》す。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して2字下げ]
(信西《しんぜい》の聲《こゑ》)(穴《あな》の中《なか》より、)師光《もろみつ》、師光《もろみつ》。
(師光《もろみつ》)はい。(這《は》ひ寄《よ》りて、竹《たけ》の端《はし》に耳《みゝ》をつける。)
(信西《しんぜい》の聲《こゑ》)星《ほし》はまだ光《ひか》つて居《を》るか。
(師光《もろみつ》)はい、未《いまだ》に光《ひかり》は衰《おとろ》へませぬ。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 四人《よにん》、立《た》ち上《あが》りて下手《しもて》へ歩《あゆ》み行《ゆ》く。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して2字下げ]
(淸實《きよざね》)いまだに討手《うつて》は來《こ》ないやうだ。己《おれ》はどうも君《きみ》の仰《おつ》しやつた事《こと》が、ほんたうとは思《おも》はれない。
(成景《なりかげ》)己《おれ》も半信半疑《はんしんはんぎ》で居《ゐ》る。
(師淸《もろきよ》)もしも仰《おつ》しやつた事《こと》が中《あた》らないとすれば、こんな騷《さわ》ぎをしたのは馬鹿々々《ばか/\》しい。師光《もろみつ》、お前《まへ》は何《なん》でまた髻《もとゞり》を切《き》るの、長《なが》のお別《わか》れだのと、不吉《ふきつ》なことを云《い》ひ出《だ》したのだ。
(師光《もろみつ》)己《おれ》の觀《み》た處《ところ》では、君《きみ》のお命《いのち》はもうないものにきまつて居《ゐ》るのだ。たとへ世《よ》の中《なか》が亂《みだ》れようが亂《みだ》れまいが、人間《にんげん》があんなことを考《かんが》へたり、喋《しやべ》つたりすると云《い》ふのは、もう直《ぢ》き死《し》ぬる前兆《ぜんてう》にきまつて居《ゐ》るものだ。
(成景《なりかげ》)いやな事《こと》を云《い》ふではないか。
(師光《もろみつ》)いやな事《こと》でも、其《そ》れは本當《ほんたう》の事《こと》だ。
(淸實《きよざね》)さうして見《み》ると、事《こと》に依《よ》つたら、本當《ほんたう》に世《よ》の中《なか》が亂《みだ》れ出《だ》したのかも知《し》れない。今《いま》まで君《きみ》の仰《おつ》しやつたことで、中《あた》らないかつたことはなかつたからなう。
(師淸《もろきよ》)さうだとすると、こんな處《ところ》にぐづぐづしては居《ゐ》られない。早《はや》く何處《どこ》かへ落《お》ちのびよう。
(成景《なりかげ》)しかし己《おれ》はどうしてもまだ半信半疑《はんしんはんぎ》だ。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 四人《よにん》下手《しもて》へ退場《たいぢやう》。山中《さんちゆう》に隻影《せきえい》なく、月光《げつくわう》霜《しも》の如《ごと》くに地上《ちじやう》を照《て》らして寂寞《せきばく》として居《ゐ》る。唯《たゞ》信西《しんぜい》の穴《あな》の中《なか》にて唱《とな》ふる不斷《ふだん》の念佛《ねんぶつ》の聲《こゑ》、南無阿彌陀佛《なむあみだぶつ》、南無阿彌陀佛《なむあみだぶつ》と微《かすか》に聞《きこ》ゆ。
 暫《しばら》くして、上手《かみて》、下手《しもて》、後《うしろ》の竹藪《たけやぶ》などの處々《ところ/″\》より、甲冑《かつちう》に身《み》を固《かた》めたる兵士《へいし》五六|人《にん》、手《て》に手《て》に炬松《たいまつ》を持《も》ちて、一人《ひとり》又《また》は二人《ふたり》づつ現《あらは》れる。出雲前司光泰《いづものぜんじみつやす》が、郞黨《らうだう》を率《ひき》ゐて出《で》て來《き》たのである。兵士等《へいしら》、盜賊《たうぞく》の如《ごと》く足音《あしおと》をしのばせ、互《たがひ》に耳《みゝ》うちをして、ひそひそと囁《さゝや》き合《あ》ふ。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して2字下げ]
(光泰《みつやす》)人聲《ひとごゑ》の聞《きこ》えたのは、たしかに此《こ》の邊《へん》であつたらしいが。………
(郞黨《らうだう》の一)はい、此《こ》の邊《へん》でござりました。まだ聞《きこ》えて居《を》るやうでござります。
(郞黨《らうだう》の二)あの聲《こゑ》は、何《なに》を喋《しやべ》つて居《ゐ》るのだらう。
(郞黨《らうだう》の三)あれは念佛《ねんぶつ》を唱《とな》へて居《ゐ》るらしい。
(光泰《みつやす》)あの藪《やぶ》の中《なか》ではないか。
(郞黨《らうだう》の四)藪《やぶ》の中《なか》はすつかり搜《さが》して見《み》ましたが、何《なに》も居《を》りませぬ。
(郞黨《らうだう》の五)可笑《をか》しいな。
(郞黨《らうだう》の六)可笑《をか》しいな。
(郞黨《らうだう》の一)まるで地《ち》の底《そこ》から聞《きこ》えるやうだな。
(郞黨《らうだう》の二)さうだ、これは不思議《ふしぎ》だ。己逹《おれたち》の足《あし》の下《した》で聲《こゑ》がするのだ。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 兵士等《へいしら》頻《しきり》に耳《みゝ》をかしげ、地面《ぢめん》を眺《なが》めつつ杉《すぎ》の木蔭《こかげ》に集《あつま》る。念佛《ねんぶつ》の音《おと》ハツタリ止《や》む。光泰《みつやす》、竹《たけ》の先《さき》を指《ゆびさ》し示《しめ》し、目《め》くばせにて掘《ほ》れと命《めい》ず。兵士等《へいしら》心得《こゝろえ》て忽《たちま》ち穴《あな》を發《あば》く。信西《しんぜい》、自《みづか》ら懷劍《くわいけん》を脇腹《わきばら》につき立《た》てたれど未《いま》だ死《し》に切《き》れず、滿身《まんしん》鮮血《せんけつ》に染《そ》み、肩息《かたいき》になりて摑《つか》み出《いだ》さる。兵士等《へいしら》炬松《たいまつ》を信西《しんぜい》の面上《めんじやう》に打《う》ち振《ふ》る。
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから改行天付き、折り返して2字下げ]
(光泰《みつやす》)己《おれ》は信西《しんぜい》法師《ほふし》の顏《かほ》を知《し》らぬが、誰《だれ》か知《し》つた者《もの》はないか。
(郞黨《らうだう》の一)誰《だれ》も存《ぞん》じませぬ。
(光泰《みつやす》)しかし、此《こ》の坊主《ばうず》が信西《しんぜい》に相違《さうゐ》あるまい。
(郞黨《らうだう》の二)まだ氣息《いき》があるやうでございます。訊《たづ》ねたら返辭《へんじ》をするかも知《し》れませぬ。
(光泰《みつやす》)(信西《しんぜい》の顏《かほ》を凝視《ぎようし》して、)こら、お前《まへ》は信西《しんぜい》法師《ほふし》であらうな。右衞門督殿《うゑもんのかみどの》の命《めい》をうけて、出雲前司光泰《いづものぜんじみつやす》がお前《まへ》を召《め》し捕《と》りに來《き》たのだぞ。お前《まへ》は世間《せけん》の評判《ひやうばん》にも似合《にあ》はぬたわけた憶病者《おくびやうもの》だな、命《いのち》が惜《を》しさに、穴《あな》の中《なか》に埋《うづ》まつて居《ゐ》るとは、何《なん》と云《い》ふ卑怯《ひけふ》な奴《やつ》だ。
(信西《しんぜい》)(光泰《みつやす》の言葉《ことば》を解《かい》せざるものの如《ごと》く、眼瞼《まぶた》をはためかせて囈語《げいご》のやうに、)星《ほし》はまだ光《ひか》つて居《を》るか。………
[#ここで字下げ終わり]
[#ここから3字下げ]
 光泰《みつやす》心付《こゝろづ》きてふと天《そら》を見《み》る。夜《よる》ほのぼのとあけかかりて、白《しら》み初《そ》めたる空《そら》に明星《みやうじやう》明滅《めいめつ》す。遠《とほ》き山里《やまざと》に鷄鳴《けいめい》を聞《き》き、冬《ふゆ》の佛曉《ふつげう》の覺束《おぼつか》なき薄明《うすあかり》のうちに幕《まく》を垂《た》れる。
[#ここで字下げ終わり]


   ┃刺《し》 靑《せい》 ………………………一―一六
  刺┃麒《き》 麟《りん》 ………………………一―四二
  靑┃少《せう》 年《ねん》………………………一―一○二
  目┃幇《ほう》 間《かん》………………………一―五二
  次┃祕《ひ》 密《みつ》 ………………………一―六○
   ┃象《ざう》      ………………………一―四八
    信《しん》 西《ぜい》………………………一―四○


 明治四十四年十二月五日印刷
 明治四十四年十二月十日發行
     定價金壹圓

 著作者  谷崎潤一郞
    東京市京橋區築地二丁目十五番地
 發行者  籾山仁三郞
    東京市麹町區飯田町五丁目十三番地
 印刷者  小松周助
    東京市芝區愛宕町三丁目二番地
 印刷所  東洋印刷株式會社

 發行所
 東京市京橋區築地二丁目十五番地
 京都市上京區麩屋町丸太町通下ル
      籾山書店
      振替貯金 東京二四一七番
           大阪一三八六番


Transcriber's Notes(Page numbers are those of the original text)

 刺靑

原文 軌《きし》み(p. 3)
訂正 軋《きし》み
原文 なよやなか體(p. 14)
訂正 なよやかな體
原文 血死期(p. 7)
訂正 知死期

 麒麟

原文 小鳥《こどり》(p. 13)
訂正 小鳥《ことり》
原文 あの男《をとこ》の項《うなじ》に(p. 14)
訂正 あの男《をとこ》の項《うなじ》は
原文 驚《おどろ》きの眼《め》の(p. 14)
訂正 驚《おどろ》きの眼《め》を
原文 立派は相貌(p. 15)
訂正 立派な相貌
原文 先生《せんせん》(p. 18)
訂正 先生《せんせい》
原文 久《さ》しく(p. 24)
訂正 久《ひさ》しく
原文 相閱《あひせめ》いで居《ゐ》た(p. 27)
訂正 相鬩《あひせめ》いで居《ゐ》た
原文 逆《さから》ふことが出來《ていき》なかつた。(p. 28)
訂正 逆《さから》ふことが出來《でき》なかつた。
原文 步搖《ぶえう》(p. 28)
訂正 步搖《ほえう》
原文 笄《かうがひ》(p. 29)
訂正 笄《かうがい》
原文 知《し》つて思《ゐ》るが(p. 31)
訂正 知《し》つて居《ゐ》るが
原文 凝《こ》つたものでつた(p. 33)
訂正 凝《こ》つたものであつた
原文 頭《かしら》を以《も》て(p. 34)
訂正 頭《かしら》を以《もつ》て
原文 體《からだ》を括《くゝ》りを(p. 35)
訂正 體《からだ》の括《くゝ》りを
原文 かく云《い》ひ終《おは》るや。(p. 36)
訂正 かく云《い》ひ終《おは》るや、
原文 潛《ひそ》むて居《ゐ》た(p. 39)
訂正 潛《ひそ》むで居《ゐ》た
原文 お前《まへ》を惜《にく》むで(p. 41)
訂正 お前《まへ》を憎《にく》むで

 少年

原文 水《みつ》(p. 11)
訂正 水《みづ》
原文 如める(p. 30)
訂正 始める
原文 栲問(p. 31)
訂正 拷問
原文 血死期(p. 37)
訂正 知死期
原文 腎端折《しりぱしよ》り(p. 51)
訂正 臀端折《しりぱしよ》り
原文 堪《たま》らねやうに(p. 53)
訂正 堪《たま》らぬやうに
原文 喞《ふく》んでは(p. 56)
訂正 啣《ふく》んでは
原文 夢中《むちやう》になつて(p. 73)
訂正 夢中《むちゆう》になつて
原文 上氣《ぼ》せた(p. 77)
訂正 上氣《のぼ》せた
原文 䡄《きし》んで(p. 80)
訂正 軋《きし》んで
原文 鏗然《けんぜん》(p. 85)
訂正 鏗然《かうぜん》
原文 優長(p. 87)
訂正 悠長
原文 朧朦と(p. 93)
訂正 朦朧と
原文 額の眞中へを(p. 97)
訂正 額の眞中へ
原文 溫飩粉(p. 99)
訂正 饂飩粉

 幇間

原文 船頭《せんどう》を頭(p. 7)
訂正 船頭《せんどう》の頭
原文 旦那《だんな》も藝者《げいしや》を(p. 12)
訂正 旦那《だんな》も藝者《げいしや》も
原文 駈《か》け廻《まは》るのですか(p. 12)
訂正 駈《か》け廻《まは》るのですが
原文 芝生《しばぶ》(p. 14)
訂正 芝生《しばふ》
原文 贔負(p. 15)
訂正 贔屓
原文 『女《をんな》ならでは夜《よ》の明《あ》けぬ國《くに》』なかと(p. 31)
訂正 『女《をんな》ならでは夜《よ》の明《あ》けぬ國《くに》』などと
原文 千變萬化《せんぺんばんぐわ》(p. 39)
訂正 千變萬化《せんぺんばんくわ》
原文 商賣抦(p. 42)
訂正 商賣柄
原文 瀨戶際《せどぎは》(p. 47)
訂正 瀨戶際《せとぎは》

 祕密

原文 土塀《とべい》(p. 4)
訂正 土塀《どべい》
原文 川幅《かはねば》(p. 7)
訂正 川幅《かはゝば》
原文 其《その》の外(p. 9)
訂正 其《そ》の外
原文 八丁堀《はちつやうぼり》(p. 9)
訂正 八丁堀《はつちやうぼり》
原文 賞美《じやうび》(p. 11)
訂正 賞美《しやうび》
原文 [りっしんべんに頼]惰(p. 11)
訂正 懶惰
原文 蹈晦(p. 12)
訂正 韜晦
原文 仏蘭西物《ふランスもの》(p. 14)
訂正 仏蘭西物《フランスもの》
原文 唐綫(pp. 16-17)
訂正 唐桟
原文 剝《は》げかたつた(p. 25)
訂正 剝《は》げかかつた
原文 軌《きし》みながら(p. 26)
訂正 軋《きし》みながら
原文 竦然《そつぜん》(p. 36)
訂正 竦然《しようぜん》
原文 びしよびよし(p. 40)
訂正 びしよびしよ
原文 直潟(p. 40)
訂正 直瀉

 象

原文 手前共《てまへども》の娘《むすめ》の(p. 16)
訂正 手前共《てまへども》の娘《むすめ》が
原文 (後《うしろ》の方《はう》にて)、(p. 21)
訂正 (後《うしろ》の方《はう》にて、)
原文 忝《かたじけ》さ(p. 26)
訂正 忝《かたじけな》さ
原文 出《で》で來《きた》り(p. 31)
訂正 出《い》で來《きた》り
原文 (屋臺《やたい》に附《つ》き添《そ》ふ若《わか》い衆《しう》に對《むか》ひ)、(p. 39)
訂正 (屋臺《やたい》に附《つ》き添《そ》ふ若《わか》い衆《しう》に對《むか》ひ、)
原文 若衆の二(p. 40)
訂正 若い衆の二
原文 こざいますものか(p. 41)
訂正 ございますものか
原文 見合《みあ》せ(p. 47)
訂正 見合《みあは》せ
鄭大成のルビには「ていだいせい」と「ていたいせい」が混在しているが、そのままにした。

 信西

原文 大導寺(p. 10)
訂正 大道寺
原文 咀《のろ》はれて(p. 19)
訂正 詛《のろ》はれて
原文 御辛抱《ごしんばう》なされれば(p. 20)
訂正 御辛抱《ごしんばう》なされば
原文 咀《のろ》ふ(p. 25)
訂正 詛《のろ》ふ

文字に関する補足

本テキスト中「節」の字であらわされている字は原文では「癤」のやまいだれの中の字。
本テキスト中「隙」の字であらわされている字は原文では右上の「小」が「少」。





*** End of this Doctrine Publishing Corporation Digital Book "刺靑" ***

Doctrine Publishing Corporation provides digitized public domain materials.
Public domain books belong to the public and we are merely their custodians.
This effort is time consuming and expensive, so in order to keep providing
this resource, we have taken steps to prevent abuse by commercial parties,
including placing technical restrictions on automated querying.

We also ask that you:

+ Make non-commercial use of the files We designed Doctrine Publishing
Corporation's ISYS search for use by individuals, and we request that you
use these files for personal, non-commercial purposes.

+ Refrain from automated querying Do not send automated queries of any sort
to Doctrine Publishing's system: If you are conducting research on machine
translation, optical character recognition or other areas where access to a
large amount of text is helpful, please contact us. We encourage the use of
public domain materials for these purposes and may be able to help.

+ Keep it legal -  Whatever your use, remember that you are responsible for
ensuring that what you are doing is legal. Do not assume that just because
we believe a book is in the public domain for users in the United States,
that the work is also in the public domain for users in other countries.
Whether a book is still in copyright varies from country to country, and we
can't offer guidance on whether any specific use of any specific book is
allowed. Please do not assume that a book's appearance in Doctrine Publishing
ISYS search  means it can be used in any manner anywhere in the world.
Copyright infringement liability can be quite severe.

About ISYS® Search Software
Established in 1988, ISYS Search Software is a global supplier of enterprise
search solutions for business and government.  The company's award-winning
software suite offers a broad range of search, navigation and discovery
solutions for desktop search, intranet search, SharePoint search and embedded
search applications.  ISYS has been deployed by thousands of organizations
operating in a variety of industries, including government, legal, law
enforcement, financial services, healthcare and recruitment.



Home